TOEIC L&R 疑問・悩み

TOEICの勉強が全く無駄じゃない理由とは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆本当にTOEIC L&Rの勉強は役に立つのか疑問に思っている人


 

「TOEICで高得点を取れたとしても、英語を喋れるようにならないじゃん」

これは「TOEICの勉強なんて無駄」と主張する人たちがよく言うことです。

 

たしかに「〇〇な選択肢は間違っている可能性が高い」みたいなテクニックもあるので、こういったテクニックを使えばスコアが上がりやすくなるのは事実です。

 

しかし、このような事実があっても、僕は「TOEICの勉強は無駄じゃない」と主張します。

むしろTOEICを通して英語を勉強するのは有益だと考えています。

 

そこでこの記事では「TOEICは本当に役立つのか」という疑問について、僕なりの考えをまとめてみました。

この記事を読み終わった後、「TOEICの勉強は意味があるのか」を各自で判断していただければと思います。

 

では、本題へ!

 

 

スポンサーリンク

「TOEICの勉強が無駄」だと言われる理由

 

TOEIC L&Rテストは、日本で最もポピュラーな英語力を測る試験です。

その受験者数は、年間200万人以上にも達します。

 

そもそもTOEICってどんな試験?

TOEICは「45分のリスニング試験」と「75分のリーディング試験」の2部構成です。

リスニング力とリーディング力が、それぞれ495点満点でスコア化されます。(トータル990点満点)

 

日本企業では、TOEIC L&Rテストのスコアを英語力の指標として使うことが多いため、就活前の学生やビジネスパーソンに特に人気です。

有名な会社だと、楽天は昇格の条件にTOEICのスコアが導入されているようですね。

 

実際、TOEIC700点以上の88%が希望の会社へ転職でき、年収もアップしたというデータもあります。

(詳しくは、以下の記事参照)

>>TOEIC700点って転職に有利なの?-ホントのところを徹底解説-

 

2015年の3月には、単回での受験者数が20万人過去最多になり、その人気は上がり続けています。

 

TOEICの勉強が無駄と言われる理由

では、これだけ人気なTOEIC L&Rテストの勉強が、なぜ無駄だと言われてしまうのでしょうか。

その大きな理由は、TOEICの問題構成にあります。

 

先ほども書いた通り、TOEIC L&Rは「45分のリスニング試験」と「75分のリーディング試験」で構成されています。

そのため「TOEICはリスニング力とリーディング力しか測れないから、勉強を頑張ったって喋れるようにならないし意味ないじゃん」と批判されるというわけです。

 

【TOEIC L&Rテストで測れる技能】

:リスニング

:リーディング

×:ライティング

×:スピーキング

 

 

他には「〇〇な選択肢は間違っている可能性が高い」みたいなテクニックを駆使すれば、スコアが実力以上に出てしまうという批判もあります。

この批判に関しては、「どんな試験でも、それは同じやんけ。。。」と思うのですが。

 

 

「TOEICの勉強は無駄」は間違っている

前述の通り、TOEIC L&Rはリスニング・リーディングスキルを測るテストです。

そのため「TOEICができても英語を話すことができない。だからTOEICは意味がない」という批判が、たびたび聞かれます。

 

「TOEICが高得点でも英語を話せない」は正しい

たしかに「TOEICで高得点が取れても、英語を話せるようにならない」というのは正しいです。

実は僕もTOEIC900点を取った時、スピーキングに関しては得意じゃありませんでした。(詳しくは、以下の記事参照)

>>TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

 

しかし、実際900点を取って思ったことは「TOEICなんて勉強しなきゃ良かった」ではありませんでした。

むしろ「勉強してホントに良かった」と思いました。

 

「TOEICの勉強が無駄」という意見は間違っている理由

「TOEICの勉強が無駄という意見は間違っている」と、僕が思う理由は2つあります。

 

1:TOEICすらできない人に英会話は無理

1つ目の理由が「TOEICすらできない人は英語も話せない」ということ。

TOEIC L&Rの勉強をしていると「友達にTOEICの点数は高くないけど、英会話できる人いるよー」と言う人が必ずいます。

 

でも、よく考えてください。

TOEIC L&Rテストのスコアが高くないということは、リスニング力が低いわけです。

もっと言ったら、単語だってろくに知らないでしょう。

 

ということは、相手の言っていることを理解できるわけないですよね?

相手の言っていることが分からないのに、どうやって会話しているのでしょうか?

 

TOEICと英会話の関係については、以下の記事に詳しくまとました。

ぜひチェックしてみてください。

>>英会話をしたい人がTOEICの勉強を最初にするべき理由

 

 

2:社会的証明になる

2つ目の理由が、「社会的証明になる」ということ。

TOEIC L&Rテストは日本で広く浸透しているため、ある程度のスコアを持っていれば自分の英語力を客観的に証明できます。

 

要するに、TOEICのスコアが高ければ、「英語ができる人」と認識してもらいやすいというわけです。

実際、企業が人材の採用を行う際に、7割の会社が採用の基準にすると回答しています。

引用:「上場企業における英語活用実態調査 」報告書

 

このように、TOEICができるだけで、自分の可能性が大きく広がるのです。

先ほどもチラッと書きましたが、TOEICスコアが700点以上の88%が、希望する会社に転職し、年収も大幅にアップできているというデータもあります。

 

TOEICのスコアが高いと年収も上がるということは、社会的な評価が高い証明です。

(詳しくは、以下の記事参照)

>>TOEIC700点って転職に有利なの?-ホントのところを徹底解説-

 

 

スポンサーリンク

TOEICはあくまで通過点

 

以上のように、TOEICの勉強は無駄ではありません。

特に「英会話をできるようになりたい」と思っている人は、TOEICをまず受験するのがオススメです。

 

TOEICは英語の基礎を学ぶための試験

勘違いしている人が多いのですが、TOEICは英会話を上達させるための試験ではないです。

あくまでも「英語を話すための基礎を鍛える試験」なのです。

 

先ほども書きましたが、TOEICができない人は英会話もできません。

なぜならTOEICができない=英語の基礎ができていないからです。

 

で、TOEIC L&Rは英語の基礎を学ぶのに非常に最適です。

僕がTOEICが英語の基礎を学ぶのにピッタリだと考える理由は3つあります。

 

1:基礎を身につけないとスコアが上がらない

1つ目の理由が「TOEICは英語の基礎力がないとスコアが上がらないようになっている」ということ。

 

先ほど、「〇〇な選択肢は間違っている可能性が高い」みたいなテクニックがあるという話をしましたが、そんな小手先の技を使ったところで、そこまでスコアが上振れすることはありません。

そのため、スコアを上げるには、英語の基礎をしっかりと身につける必要があります。

 

2:問題のレベルがそこまで高くない

2つ目の理由が「問題のレベルがそこまで高くない」ということ。

例えば大学受験の英語は抽象的で、日本語で読んでも理解するのが難しかったりします。

 

一方TOEICは、仕事や日常生活で使う英語中心で問題が構成されているので、難易度的にはそこまで高くありません。

イメージとしては、標準的なレベルの問題を素早く処理することを求められるのがTOEICという試験です。

 

そのためTOEIC L&Rテストは、英語の基礎学力を向上させるのに適しています

 

3:質の高い参考書が充実している

3つ目の理由が「質の高い参考書が充実している」という点。

TOEICは日本で最もポピュラーな英語の試験なので、質の高い参考書がたくさん出版されています。

 

学校の英語の授業ではつまずいたけど、TOEICの参考書で勉強したら理解できたなんてことも珍しくありません。

英語が苦手だった人でも勉強しやすいので、英語学習の導入にTOEICはピッタリと言えます。

 

オススメの参考書については、以下の記事をチェックしてください。

【あわせて読みたい記事】

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

 

TOEICはゴールではなく通過点

確かにTOEICができても、英語を話せるようにはなりません。

しかしTOEICができないようであれば、英語は話せないのです。

 

実際、僕はTOEIC900点を超えた時、スピーキングはまだまだだなと強く感じました。(詳しくは以下の記事参照)

>>TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

 

しかし900点を取れる基礎があったからこそ、通訳案内士試験にパスできるレベルまでに英会話が上達したのです。

つまり、TOEICは英語学習の通過点ということです。

 

「TOEICは英語を話すための基礎づくりのために受けるもの」であって、英会話ができるようになるためのテストではないのです。

 

より詳しいTOEIC L&Rのメリット・デメリットは以下の記事にまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>> TOEIC L&Rテストを受験するメリット・デメリットを徹底解説する

 

 

TOEICの目標スコアは?

 

では本格的に英会話の勉強をするには、TOEICでどれくらいのスコアを取れば良いのでしょうか?

 

まずはTOEIC700点を目指そう

僕の経験上、英会話の勉強を始めても大丈夫なTOEICスコアは700点くらいからです。

どんなに低くても600点ですね。

 

なので、まずはTOEIC700点を目指して、700点に到達したら英会話の勉強も少しずつ始める感じが良いかなと。

ただしTOEIC700点でも十分とは言えないので、最低でも800点くらいに到達するくらいまではTOEICと英会話の勉強を並行してやるのがオススメです。

 

700点に到達するためのオススメ参考書・勉強法については以下の記事をチェックしてみください。

>>目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

英会話の勉強は何をすれば良い?

英会話の勉強法ですが、僕がオススメしているのは「オンライン英会話」または「TOEIC S&Wの受験」です。

どちらもオススメなんですが、「純粋に英会話を楽しみたい」という人にはオンライン英会話がオススメですね。

 

オンライン英会話をすると、「国際交流できてるー!」という感覚をお手軽に体感できるので、英語の勉強がより楽しく感じられると思います。

>>オンライン英会話って何?メリット・デメリットから注意点まで徹底解説!

 

一方TOEIC S&Wは、自分のスピーキング力とライティング力を数値化して知りたいという人向けですね。

または「仕事で英語を使う人」や「転職・就活で英語力アピールをしたい人」もTOEIC S&Wの受験がオススメです。

>>TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

 

 

スポンサーリンク

まとめ

TOEIC L&Rの勉強は、決して無駄ではありません。

なぜならTOEICは、英語の基礎を学ぶのにぴったりの試験だからです。

 

「英語の基礎を知らなければ、そもそも英会話はできない」ということを忘れてはいけません。

「英語を喋れるようになりたい」と思っている人も、いきなり英会話を始めるのではなく、TOEICの受験を通して英語の基礎を身につけましょう。

 

遠回りなようですが、これが最短ルートです。

勉強法については、以下の記事をチェックしてみてください。

>>TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

TOEIC L&Rテストは修行期間だと思って、基礎力をしっかりと養いましょう。

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.