TOEIC L&R

【暴露】TOEIC900点の本当の実力をTOEIC900点の僕が教えます

更新日:

 

「TOEIC900点って実際どれくらいの実力なんだろう?」

 

結論から言うと、TOEIC900点の実力はそんなに大したことないです

正直、TOEIC900点は過大評価されていますね。。

 

ただ、これは「TOEIC900点を取っても意味がない」ということではありません。

むしろ、TOEIC900点は取っておくことをオススメします。

 

この記事では、

  • TOEIC900点の本当の実力
  • なぜTOEIC900点を取るべきか

についてまとめてみました。

 

この記事を書いている僕は、TOEIC900点や国家資格である通訳案内士を持っています。

なので、多少は参考になるかなと。

 

では本題へ!

 

 

TOEIC900点の実際のレベルについて

 

 

結論からいうと、TOEIC900点は大したレベルではありません

明らかに、TOEIC900点は過剰評価されています。

 

TOEIC900点ホルダーが語るTOEIC900点の実力

同じTOEIC900点でも実力差があると思いますが、僕がTOEIC900点を取得したときに感じた4技能のスキルは以下のような感じです。

 

リスニング:普通の人よりはできるけど大したレベルじゃない

TOEIC900点でもリスニングは大してできるようになりません。

 

例えば、海外ドラマを字幕なしで理解するのは無理です

正直、字幕があってもちゃんと理解するのは厳しいでしょう。

 

おそらく、全体の3割も理解できないと思います。

たまに、「あっ、この英語知ってる!」くらいしか分かりません。

 

「オンライン英会話をやっていて、先生の言っていることを理解できない」

なんてことはザラにあります。

 

ただし、

  • 海外旅行
  • ちょっとだけ仕事で使う

くらいだったら、まぁ大丈夫かなと言った感じです。

 

ポイント

  • 普通の人に比べたらできるけど大したレベルではない
  • 字幕なしで海外ドラマを観るのは難しい

 

リーディング:そこそこできる

リーディングに関しては、TOEIC900点になるとそこそこできます。

唯一リーディングだけは、4技能のうち「それなりにできます」と言って良いレベルかなと

 

ただし、TOEICの範囲外になると知らない単語に出くわすことがかなり多いです。

 

例えば、

  • 英字新聞
  • 洋書

などは、知らない単語が多いので、スラスラ読めません。

概要はなんとなく理解できるものの、知らない単語がちょくちょくあるので、調べならがら読んでいく必要があります。

 

ポイント

  • 英語はそこそこ読める
  • まだまだ知らない単語が多いことを痛感させられる

 

スピーキング:ペラペラ話せない

肝心の英会話ですが、TOEIC900点を取っただけではペラペラ話せません。

スピーキングに関しては、びっくりするくらいダメです。(後ほど詳しく書きます)

 

「TOEIC900点を取れば、英語もペラペラです!」

とネット上に書いている人が少なからずいますが、絶対ウソですね。

 

正直、そういうことを言っている人は、

「本当にTOEIC900点持っているんですか?」

と疑ってしまいます。

 

英会話をできるようになるには、TOEICの勉強ではなく、スピーキングのトレーニングをする必要があるのです

 

ポイント

  • 英会話はできない

 

ライティング:ちゃんと書けない

TOEIC900点でもライティングはちゃんとできません。

 

簡単な英文メールなら書けると思いますが、会社概要とか商品情報みたいなフォーマルな英語を書くのはかなり厳しいです。

 

話す練習をしないとスピーキングが上達しないのと同様に、書く練習をしないことにはライティングは上達しません。

 

ポイント

  • 簡単な英語メールは書ける
  • フォーマルな英語を書くのは厳しい

 

 

スポンサーリンク

「TOEIC900点は全くすごくない」エピソードの紹介

 

僕がTOEIC900点を取得してから、友人とお好み焼きを食べに行った時のことです。

このとき、「あっ、TOEIC900点って大したことがないんだ」と痛感させられました。

 

アメリカ人の家族と相席して英会話をすることに

お店の中は連休ということもあり、とても混雑していました。

混雑しているため、知らない人と相席することになったのです。

 

で、僕たちが相席することになったのが、日本へ旅行に来ているアメリカ人の家族(お父さん、お母さん、5歳の男の子)でした。

 

彼らはお好み焼き初体験らしく、作り方が分からないようでした。

そこで僕が、ざっくりと作り方を教えてあげたのです。

 

5歳の男の子の英語が分からない衝撃

それがきっかけで彼らと仲良くなり、一緒に楽しくお好み焼きを食べていました。

で、最初はお父さんとお母さんと喋っていました。

 

「自分の英語けっこうイケてるかもしれん」

と思ったくらい会話ができていたのです。

 

そこで5歳の男の子にも話しかけてみたのです。

そして、ここで問題が発生。

 

なんと、5歳の男の子が何を言っているのか理解できなかったのです。

 

「お父さんとお母さんの英語は分かったのになぜ?!」

これは僕にとって、本当にショッキングな出来事でした。

 

お父さんとお母さんは低レベルな僕の英語力に合わせてくれた

なぜ大人の英語は分かって、子供の英語は分からなかったのか。

 

僕の推測ですが理由は

  • お父さんとお母さんはレベルの低い僕の英語力に合わせてくれた

からです。

 

大人なので僕の英語力を察して、僕が会話しやすいよう配慮してくれていたんですよね。

 

一方、5歳の男の子は僕の英語力に合わせようなんて考えは1ミリもありません。

なぜなら、彼は5歳の幼い子供だから。

 

このように、TOEIC900点は5歳児とも満足に会話ができないレベルなのです。

 

 

英語を話せるようになりたい人にとってTOEIC900点は通過点

 

ここまで「TOEIC900点は大したことがない」と書いてきました。

 

しかし、僕が言いたいのは「英語を話せるようになりたいなら、TOEICなんて意味ないじゃん」ということではありません。

 

むしろ「TOEIC900点は取っておいた方が良いよ」というのが僕の主張です。

 

TOEICで高得点を取れない人は英語を話せない

たしかにTOEIC900点を取っても、英語をペラペラ話せるようにはなりません。

しかし、TOEICで高得点を取れない人は、英語を話せるようにならないのです。

 

【間違っている】

  • TOEIC L&Rテストで高得点を取れれば、英語を喋れる

 

【正しい】

  • TOEIC L&Rテストで高スコアが取れなければ、英語は喋れない

 

「TOEICはできないけど、英会話はできる!」

と言っている人がネット上にはよくいるんですけど、あれは大ウソですからね。

 

なぜ「TOEICはできないけど、英会話はできる」が大ウソと言えるのか。

理由は2つあります。

 

理由1:リスニングができないと相手の発言を聞き取れない

TOEICができない=リスニング力が低い

ことを意味します。

 

この状態で、相手の言っていることを聞き取れると思いますか?

どう考えても無理ですよね。

 

理由2:リーディングができないと相手の発言の意味を理解できない

TOEICができない=リーディング力が低い

とも言えます。

 

この状態で、相手の発言の意味を理解できると思いますか?

確実に無理です。

 

TOEICは英語の基礎を学ぶための試験

「勉強しても英会話をできるようにならないから、TOEICの勉強は意味がない」

こんなことを言う人は少なくなりません。

 

けど、これってそもそも主張としておかしいんですね。

なぜかというと、TOEICはリスニングとリーディングの試験だからです。

 

リスニングとリーディングの勉強しかしていないんだから、普通に考えて英語を話せるようになるわけないんですよね

 

じゃあ、なぜTOEICは存在するのか。

それはリスニングとリーディングができないと英会話をできないからです。

 

英会話で必要な基礎力を鍛えるために、TOEICテストは存在しているのです。

 

 

 

スポンサーリンク

TOEIC900点を取得するメリット・デメリット

 

「英語の基礎を学ぶために、TOEICの勉強をしておけ」

といくら言われても、正直やる気が出ないでしょう。

 

けど、TOEIC900点を目指すメリットは、英語の基礎が身に付く以外にもたくさんあります。

なので、簡単にメリットを紹介します。

 

TOEIC900点を取得するメリット

TOEIC900点を取得するメリットは、以下の通りです。

 

1:周りから「すごい!」と褒めてもらえる

TOEIC900点を取ると、「周りからすごいですね!」と言ってもらえることが多いです。

 

友人も褒めてくれますし、同僚も褒めてくれます。

褒められることにより自信がつくし、英語学習へのモチベーションもさらに上がるので、一石二鳥です

 

TOEICは日本で最もポピュラーな英語力を測るテストです。

そのテストで受験者の上位3%にあたる900点を取れたことは自信につながりました。

 

ここで得られた自信は英語学習だけではなく、仕事にも良い影響を与えてくれたように思います。

以前に比べて「とりあえずチャレンジしてみるか」と思えることが格段に増えました。

 

2:就活・転職で役に立つ

TOEIC900点を持っていると、就活・転職でとても役立ちます。

 

実際、TOEIC900点を取ったばかりの時、ちょうど転職活動中だったのですが、採用担当からの印象がかなり良かったです。

 

「えっ、TOEIC900点もあるんですか?」

みたいな感じで。

 

もちろん、転職活動中に面接を受けた5社からは、すべて内定を頂けました。

TOEIC900点は、就活・転職市場においてブランド力があるのです。

 

 

3:仕事で役立つ

TOEIC900点レベルの英語力は、仕事でかなり役立ちます。

 

僕は医療系の仕事とWeb系の仕事をしているのですが

  • 英語しか話せない患者の対応
  • 英語で書かれたリファレンスの読解(プログラミング関係)

などをできるようようになりました。

 

TOEIC900点を取得するデメリット

TOEIC900点を取るデメリットはありません。

強いて言うのであれば、「英語がペラペラだと勘違いされることがある」くらいですね。

 

「例えば〇〇って英語でなんて言うの~?」

と聞かれても、TOEICの範囲外のことだと分かりません。

 

こういった質問に答えられないと、

(´・ω・`)

みたいな顔をされてしまいます。

 

しかし、圧倒的にデメリットよりもメリットの方が多いので、ぜひ挑戦してみてください。

きっと、あなたの人生にプラスへ作用します。

 

TOEIC900点を取れる効果的な勉強法ついては、以下の記事にまとめました。

興味があればどうぞ。

 

 

TOEIC満点(990点)まで目指す必要はない

ちなみにですが、いくら基礎を理解しておいた方が良いからと言って、TOEIC満点(990点)を目指すまで頑張る必要はありません。

 

なぜかと言うと、満点を目指すのはコスパが悪いからです

そして何より、英会話をする上で必要な基礎力は、TOEIC900点を取れれば十分と言えます。

 

より詳しくは以下の記事にまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

 

 

まとめ

TOEIC900点の実力は、大したことありません。

ぶっちゃけた話、過大評価されています。

 

けど、TOEICでハイスコアを取れないと英会話をできるようにならないので、TOEIC900点の取得が無駄ということはないです

 

むしろ、取れるのなら絶対にTOEIC900点は取った方が良いでしょう。

メリットの方が明らかに多いです。

 

では!

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-TOEIC L&R

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.