リーディング

あなたが英語を読めない理由-効果的な勉強法を教えます-

更新日:

この記事が役に立つ人

◆英語をスラスラ読めない人


 

「英語を読めないのは何でだろう?」

この記事では、こんな疑問にお答えします。

 

僕自身、TOEIC900点・通訳案内士資格の取得など、今まで英語をそれなりに勉強してきたので、英語を読めない理由は何となく分かります。

 

なので、多少は参考になるかなと。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

英語を読めない主な理由

 

なぜ英語のリーディングができないのでしょうか。

 

英語を読めない理由は大きく分けて3つある

英語を読めない理由は、大きく分けて3つあると僕は考えています。

それが以下の3つです。

 

【英語を読めない主な理由】

  • 英文法の勉強が不十分
  • 知っている英単語の数が少ない
  • リーディングに費やした時間が少ない

 

英語を読めないのは英語の基礎学習がおろそかになっている可能性が高い

英語は以下の4技能で構成されています。

 

【英語の4技能】

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

 

で、僕の経験上、まずリーディングができるようになります。

その次がリスニングで、それからライティング、スピーキングと上達していきます。

 

最初のステップの「英語を読む」ができないということは、基礎学習が不十分な可能性が高いです。

 

なので、英語をスラスラ読めない人は、基礎学習に力を入れましょう。

 

 

英語を読めない人は英文法の理解度が低い可能性がある

 

英語を読むのが苦手な人は、英文法の理解度が十分でない可能性が高いです。

 

英語のリーディングに英文法が重要な理由

なぜ英語を読むのに、英文法の知識が重要なのか。

それは英文法=英語のルールだからです。

 

例えば、「将棋をやりたい」と思ったら、まずはルールを覚えますよね?

いきなり、将棋の駒を動かしたいとは思わないはずです。

 

英語もそれと同じです。

まずは、英文法というルールを覚える必要があります

 

「英文法の勉強はいらない」は本当か?-120%大ウソです-という記事でも書いたように、英文法ができないと英語は上達しません。

 

よく「英文法なんて英会話には必要ない」という意見も聞きますが、それもウソです。

 

英文法を分かっていないと、リーディングもリスニングもライティングもスピーキングも、何もかもできません。

 

それくらい英文法の勉強は重要です。

 

英文法を学ぶのにオススメの参考書

英文法の勉強には、以下の3冊がオススメです。

 

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

最初におすすめなのが、中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」です。

英語の超基礎から学び直したい社会人・大人向けの参考書ですね。

 

平易な言葉で解説されているので、中学生の頃から英語が苦手だったという人に非常におすすめの参考書です。

 

 

山口俊治 英文法講義の実況中継

山口俊治 英文法講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

2冊目が「山口俊治 英文法講義の実況中継」です。

この参考書は、高校レベルの文法書です。

 

高校レベルの英文法は非常に難しいというイメージがあると思うんですが、山口 英文法で勉強すれば理解できます。

僕がTOEIC900点を取得できたのも、この参考書でミッチリ基礎を学んだおかげです。

 

中学レベルの文法を理解してから、山口英文法で高校レベルの英文法をマスターしましょう。

2冊あるんですが、分かりやすさ抜群なので、高校英語でつまずいた人にピッタリですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

英語を読めない人は知っている英単語の数が少ない

英語を読めない人は知っている英単語の数が少ない

 

英語を読めない人によくある特徴の2つ目が、「知っている英単語が少ない」ということです。

 

英語をスラスラ読むには英単語の勉強がかかせない

なぜ英語をスラスラ読むのに、英単語の勉強が欠かせないのか。

 

理由は、知らない英単語に出くわすと、意味を理解できないからです。

まぁ、当たり前なんですけど(笑)

 

つまり、知っている英単語が増えれば増えるほど、読める英語も多くなるというわけですね。

 

英単語をたくさん知っている人は、リーディング力が高い傾向にあります。

「英語を読めない」と悩んでいる人は、とりあえず英単語をしっかり覚えましょう。

 

 

オススメの英単語帳

僕のオススメの単語帳は、以下の2つです。

 

速読速聴・英単語 Basic 2400

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

中学レベルの単語は速読速聴・英単語 Basic 2400」がオススメです。

 

この単語帳の良いところは、「英文の中で使われている単語を覚えていく」という点です。

要するに、単語力をアップさせつつ、リーディング力を鍛えることができるのです。

 

 

 

 

中学レベルから鍛えたいという人に非常におすすめの単語帳ですね。

ちなみに音声CD付きのため、リスニングの勉強もできます。

 

 

 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

高校レベルの単語は速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」がオススメ。

TOEIC対策の単語帳なんですけど、高校レベルの単語はこの単語帳で十分網羅できます。

 

先ほど紹介した単語帳と同様、英文の中に使われている単語を覚えていくタイプの単語帳で音声CD付きです。

 

これ1冊で、単語力、リスニング力はもちろんのこと、リーディング力もバッチリ鍛えることが可能です。

 

 

 

英語を読めない人はリーディングの勉強時間が少ない

 

英語を読めない人によくありがちな特徴の3つ目が、「リーディングの勉強時間が少ない」ということです。

 

英語を読めるようになるにはリーディングをたくさんしなければならない

「英語を読めない」と嘆いている人のほとんどは、読んだ英語の量が少なすぎます。

 

参考書を1冊勉強したくらいでは、スラスラ英語を読めるようにはなりません

英語を読めないなら、もっとたくさん英語を読む必要があります。

 

少しでも良いから、コツコツと英語を読みましょう。

それしかリーディング力を上げる方法はありません。

 

英語を読むのが苦手な人は品詞分解をしよう

英語を読むのが苦手な人は品詞分解をしながらリーディングしましょう。

 

具体的にいうと、「これが主語で、これが動詞で・・」と、どの単語がどんな働きをしているのかチェックしながら読んでいくのです。

 

例えば、I love you.を品詞分解するなら、「Iが主語」、「loveが動詞」、「youが目的語」といった感じですね。

 

【品詞分解の例】

I:主語

love:動詞

you:目的語

 

英語と日本語は、語順が違います。

I love youを日本語の語順にすると、I you love(私はあなたを愛してます)になりますよね?

 

この語順の違いに慣れる上で、品詞分解はとても効果的です。

英語の語順に慣れると、あなたのリーディング力は確実にアップします。

 

英語を読む練習をするのにオススメの参考書

参考書としては、先ほど紹介した単語帳がオススメです。

単語帳の例文を品詞分解しながら、丁寧に英語を読む練習をしましょう。

 

「品詞分解が苦手という人」や「そもそも品詞分解がよく分からない」という場合は、「世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6)」をあわせて勉強すると良いと思います。

 

世界一わかりやすいTOEICテストの授業

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

この参考書は、短い英文で問題が構成されているのですが、品詞分解の解説が詳しくされています。

そのため、「品詞分解が苦手」という人にも取り組みやすい参考書です。

 

 

 

スポンサーリンク

英語をスラスラ読めるようになりたいならTOEICの受験がオススメ

 

英語をスラスラ読めるようになりたいのであれば、TOEIC L&Rの受験もオススメです。

 

リーディング力アップにTOEIC L&Rがオススメの理由

僕がリーディング力アップにTOEIC L&Rの受験をオススメしている理由は4つあります。

 

【TOEICがオススメの理由】

  • 目標設定をしやすい
  • 難易度が標準的
  • 英語の基礎をミッチリ学べる
  • 就活・転職で役に立つ

 

理由1:目標設定しやすい

1つ目の理由が「目標設定をしやすい」という点。

ヒトは明確な目標がないと、なかなか頑張れないものです。

 

そもそも「英語を読めるようになりたい」って、少し目標があやふやですよね?

 

しかしTOEIC L&Rでは、スコアとして自分のリーディング力が分かります。

そのため、目標設定がしやすいです。

 

まずはTOEIC700点くらいを目標にするのがオススメです。

>>【TOEIC L&R】 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

理由2:難易度が標準的

理由の2つ目が、「難度が標準的である」という点。

TOEIC L&Rは、大学受験のような抽象的で難解な英語が題材ではありません。

 

日常生活や仕事で使うことを想定した英語で構成されています。

そのため、そこまで難易度が高くなく、実用的な英語を学べるのです。

 

理由3:英語の基礎をみっちり学べる

そして重要なのが、英語の基礎をみっちり学べるという点。

これもかなり大きなポイントですね。

 

TOEIC L&Rは、基礎的な英語力がしっかりしていないとスコアが伸びません。

そのため、TOEIC L&Rを受験すれば、着実に英語の基礎を身につけることができます。

 

理由4:就活・転職で役に立つ

理由の4つ目が、就活・転職で役に立つということ。

 

TOEICのスコアが高ければ、就活・転職で有利になります

 

実際、TOEIC700点を取れば希望の会社に転職でき、年収がアップするというデータもあります。(詳しくは以下の記事)

>> TOEIC700点って転職に有利なの?-ホントのところを徹底解説-

 

TOEIC L&Rの勉強はどこから始めれば良いか

では、TOEIC L&Rの勉強はどこから始めれば良いのでしょうか。

これは、もちろん「英文法」と「英単語」です。

 

なぜかというと、「英文法」と「英単語」は英語学習の基礎中の基礎だからです。

もう何度も書いているので、いい加減しつこいと思われているかと思いますが(笑)

 

より詳しくは、以下の記事にまとめています。

興味があれば、チェックしてみてください。

>> 【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

 

まとめ

英語を読めない理由には、色々な原因が考えられます。

この記事で取り上げた理由としては、以下の3つです。

 

【英語を読めない主な理由】

  • 英文法の勉強が不十分
  • 知っている英単語の数が少ない
  • リーディングに費やした時間が少ない

 

心当たりがある場合は、ひとつずつ改善してきましょう。

 

英語をスラスラ読めるようになりたいのであれば、TOEIC L&Rの受験もオススメです。

 

TOEIC L&Rで最低でも700点を取れるよう頑張れば、確実に英語を読むのが得意になります。

 

勉強法については、以下の記事を参照してください。

>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

参考になれば嬉しいです。

では!

RELATED

-リーディング

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.