TOEIC L&R TOEIC S&W

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちが就活・転職で役立つのか

投稿日:

 

「TOEIC L&RとTOEIC S&W、どっちの方が役に立つんだろう?」

 

たしかに、気になりますよね。

 

TOEIC L&Rは、リスニング・リーディングの試験。

TOEIC S&Wは、スピーキング・ライティングの試験ですが、どっちのスコアも重要そうに感じるかと思います。

 

そこでこの記事では

  • TOEIC L&RとTOEIC S&Wどっちが就活・転職で役立つのか
  • 最低でもどれくらいのスコアを目指すべきか

についてまとめてみました。

 

本記事を書いている僕は、TOEIC900点や国家資格である通訳案内士を持っています。

なので、多少は参考になるかなと。

 

では本題へ!

 

 

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちが就活・転職で役立つのか

 

結論から言うと、TOEIC L&Rの方が就活・転職では役に立ちます

 

TOEIC L&Rの方が就活・転職で役に立つ理由

TOEIC L&Rの方が就活・転職で役に立つのは、「TOEIC L&Rの方が有名な試験だから」です。

 

TOEICには

  • TOEIC L&R
  • TOEIC S&W
  • TOEIC Bridge

がありますが、一般的に「TOEIC = TOEIC L&R」のことを指します。

 

採用担当がTOEIC S&Wを知らないこともある

実は採用担当者の中には、TOEIC S&Wの存在を知らない人もいます。

 

以前、転職活動をしていたとき、僕は「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアを履歴書に書いていました。

 

しかし、採用担当から衝撃の一言が。

「TOEIC S&Wってなんですか?」

 

それくらい「TOEIC S&W」は、まだまだマイナーな試験なのです。

 

その証拠に受験者数には大きな差があります。

TOEIC L&Rは毎月10万人くらいが受けますが、TOEIC S&Wは1000人前後しかいません。

 

ポイント

TOEIC L&Rの方がメジャーな試験

 

就活・転職で有利になりたいならTOEIC L&Rを重点的に勉強しよう

したがって、就活・転職でTOEICのスコアを使いたい場合は、TOEIC L&Rの勉強をしましょう。

 

TOEIC L&Rの勉強をしておけば間違いないです。

採用担当でTOEIC L&Rを知らない人はほぼいないので、TOEIC L&Rでハイスコアを取っておけば有利になります。

 

より詳しい勉強法については、以下の記事にまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

 

 

TOEIC L&Rのオススメ目標スコア

就活・転職でTOEIC L&Rのスコアを使いたい場合は、どんなに低くても600点は必要です。

TOEIC600点が履歴書に書ける最低ラインなので、それ未満だと意味がありません。

 

そして、TOEIC700点くらいから少しずつ就活・転職で有利になっていきます。

英語をバリバリ使う企業で働きたい人は、TOEIC800点を目標にしましょう。

 

TOEICのスコア別の評価は、以下の記事にまとめました。

目標設定に役立つと思うので、興味があれば読んでみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&Wも就活・転職に役立つ

 

ただし、

「TOEIC S&Wの受験は意味ない」

と言っているわけではありません。

 

TOEIC S&Wも就活・転職で役に立ちます

TOEIC S&Wのスコアも就活・転職で役に立ちます。

 

あくまでも、

「TOEIC L&Rのスコアに比べたら役に立たない」

というだけです。

 

実はTOEIC L&Rのスコアが高くても、英語を話せない人はたくさんいます。

これは企業の採用担当者も知っていることです。

 

なので、TOEIC L&RのスコアとTOEIC S&Wのスコアを一緒に履歴書へ書ければ、「TOEIC L&Rのスコアだけ高い人ではない」ことをアピールできるのです。

 

もちろん、TOEIC S&Wの知名度はそこまで高くないので、TOEIC S&Wを知らない採用担当者もいるでしょう。

 

しかし、面接の中で

「TOEIC S&Wのスコアを見ていただければ分かるように、英語もちゃんと話せます」

と、根拠を持ってアピールすれば良いだけの話です。

 

TOEIC S&Wの知識は仕事で役に立ちやすい

TOEIC S&Wで勉強することは、仕事でかなり役立ちます。

 

例えば、

  • 英語によるメールのやり取り
  • 外国人の同僚とのコミュニケーション

などが必要な環境であれば、TOEIC S&Wで勉強したことは非常に役立つでしょう。

 

このような理由により、TOEIC S&Wの受験も決して無駄にはなりません。

むしろ仕事において、必ず活きてきます。

 

就活・転職で使うのならTOEIC L&Rの受験を優先すべきです。

しかし、余裕があるならTOEIC S&Wの受験もやった方が良いでしょう。

 

TOEIC S&Wのオススメ目標スコア

TOEIC S&Wのおすすめスコアとしては

  • スピーキング:160点
  • ライティング:170点

くらいが良いかなと個人的には思っています。

 

スピーキング160点は、

  • 意見を述べたり、複雑な要求に応えられる最低ライン
  • 時折間違いがあるものの、コミュニケーションを妨げるほどではない

といったレベル。

 

そしてライティング170点は

  • おおむね的確な英語を書ける
  • ミスもみられるが、一貫性のある主張をできる

レベルです。

 

これくらいのレベルであれば、英語力が就活・転職で武器となると思います。

 

より詳しいスコア別の目安は、以下の記事にまとめました。

目標スコアの設定の参考にしてみてください。

 

 

 

受験する順番はTOEIC L&R→TOEIC S&Wがおすすめ

 

もしかしたら、

「面接では英会話力をアピールしたいから、TOEIC S&Wをメインに受けよう!」

と思った人もいるかもしれません。

 

けど、それはやめた方が良いです。

 

TOEIC L&Rから受験した方が良い件

英会話力を鍛えたい人も、TOEIC L&Rから受験した方が良いです。

なぜかというと、TOEIC L&Rが分からない人がTOEIC S&Wを受けても、問題を解けないから

 

リスニングとリーディングが分からないと、相手の言っていることを理解できません。

つまり、会話なんてできないんですね。

 

ある程度のリスニング・リーディング力がなければ、スピーキング・ライティングはできないのです。

 

より詳しくは、以下の記事をどうぞ。

 

 

まずは基礎固めとしてTOEIC L&Rの受験をしましょう

ここまで読み進めて、「TOEIC L&Rの受験を先にした方が良い」ということは分かっていただけたかなと。

 

理由としては2つあって

  • 就活・転職で役立つから
  • 基礎固めにピッタリな試験だから

です。

 

TOEIC S&Wの受験をするにしても、せめてTOEIC L&Rで700点くらいを取ってからの方が良いでしょう。

 

その方がスムーズにTOEIC S&Wの受験をできます。

まずはTOEIC L&Rを受験して、基礎を固めてください。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

就活・転職では、TOEIC L&R・TOEIC S&Wどっちの方が役に立つか。

完全にTOEIC L&Rの方が役に立ちます

 

なので、まずはTOEIC L&Rの受験に力を入れてください。

最低でも600点、できれば800点を目指しましょう。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-TOEIC L&R, TOEIC S&W

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.