TOEIC S&W 悩み・疑問

【TOEIC S&W】スコア別の目安を徹底解説!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC S&Wのスコア別の実力を知りたい人


 

「TOEIC S&W 〇〇点ってどれくらいの実力なんだろう?」

こう思ったことはありませんか?

 

スコアの目安が分からないと目標スコアを決められないので、たしかに気になりますよね。

そこでこの記事では、TOEIC S&W スコア別の目安をまとめてみました。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&W スピーキングパートのスコア別の目安

TOEIC S&W スピーキングパートのスコア別の目安

 

TOEIC  S&W スピーキングパートは、200点満点で評価されます。

スコア別の目安は、以下の通りです。

 

TOEIC S&W スピーキングパート:190点〜200点(レベル8)

TOEIC S&W スピーキングパートで190点〜200点は、全受験者の上位1%にあたります。

 

このレベルになると、自分の言いたいことをちゃんと伝えられるし、複雑な要求にも応えられます。

もちろん、聞く側にとっても理解しやすい英語を話せます。

 

複雑な英文もうまく使いこなし、使用する語彙・語句は正確。

発音、イントネーション、アクセントは大変わかりやすいです。

 

具体的に言うと、職場でのコミュニケーションは問題ないレベルですね。

 

【スピーキングパート 190点〜200点】

  • 全受験者の上位1%
  • 自分の言いたいことを伝えられる
  • 聞き取りやすい英語を話せる
  • 職場でのコミュニケーションは特に問題なし

 

 

TOEIC S&W スピーキングパート:160点〜180点(レベル7)

TOEIC S&W スピーキングパートで160点〜180点は、全受験者の上位15%にあたります。

 

このレベルは、意見を述べたり、複雑な要求に応えられる最低ラインです。

長い応答では、多少間違いがみられますが、コミュニケーションを妨げるほどではありません。

 

「発音」や「イントネーション」、使用する「英文法」、「語彙・語句」に間違いがみれらることがあります。

相手の言っていることを理解できない場合もありますが、職場でのコミュニケーションはそこまで問題ないでしょう。

 

【スピーキングパート 160点〜180点】

  • 全受験者の上位15%
  • 意見を述べたり、複雑な要求に応えられる最低ライン
  • 時折間違いがあるものの、コミュニケーションを妨げるほどではない
  • 職場でのコミュニケーションは特に問題なし

 

 

TOEIC S&W スピーキングパート:130点〜150点(レベル6)

TOEIC S&W スピーキングパート130点〜150点は、全受験者の上位60%にあたります。

スピーキングパートの平均点は120〜130点くらいなので、受験者の多くがレベル6に属します。

 

意見を述べたり、要求にも応えられますが、それらの理由・根拠を説明するのは難しいです。

 

使用できる語彙・語句が少なく、文法に誤りもみられます。

発音・イントネーションも部分的に不適切です。

 

話している内容は理解しにくいこともあるが、簡単な質問への回答、情報提供はできます。

職場でのコミュニケーションは少し大変なレベルです。

 

【スピーキングパート 130点〜150点】

  • 全受験者の上位60%
  • 意見を述べたり、要求にも応えられるが、その理由・根拠を説明するのは難しい
  • 話す英語が少し聞き取りにくい
  • 職場でのコミュニケーションは少し大変

 

 

TOEIC S&W スピーキングパート:110点〜120点(レベル5)

TOEIC S&W スピーキングパート110点〜120点は、全受験者の下位40%にあたります。

ある程度は意見を述べたり、要求に応えることができます。

 

ただし、「間が多い」、「使用する語彙・語句が少ない」、「同じ言葉を繰り返す」、「表現が不正確」などの問題が見られることが多いです。

質問への回答、情報提供は可能ですが、その内容を理解しにくかったりします。

 

会話中の英語において、発音やイントネーション、アクセントに時々間違いがみられます。

職場でのコミュニケーションは、少し難しいレベルです。

 

【スピーキングパート 110点〜120点】

  • 全受験者の下位40%
  • ある程度言いたいことは言える
  • 間が多く、表現も不正確なことが多い
  • 職場でのコミュニケーションは少し難しい

 

 

TOEIC S&W スピーキングパート:80点〜100点(レベル4)

TOEIC S&W スピーキングパート80点〜120点は、全受験者の下位20%にあたります。

このレベルだと、意見を述べたり、要求に応えるのは難しいです。

 

応答の際に話す英語がとても短く、ワンセンテンスで終わってしまうことも多々あります。

発音やイントネーション、アクセントに問題があり、会話中にできる間も多いです。

 

質問への回答や情報提供はできません。

仕事では英語を使えないレベルです。

 

【スピーキングパート 80点〜100点】

  • 全受験者の下位20%
  • 意見を述べたり、要求に応えるのは難しい
  • 発音、イントネーション、アクセントに問題あり
  • 仕事で英語を使えないレベル

 

 

TOEIC S&W スピーキングパート:60点〜70点(レベル3)

TOEIC S&W スピーキングパート60点〜70点は、全受験者の下位6%にあたります。

 

このレベルは、使用できる語彙・語句が不十分です。

簡単な描写もできません。

 

「なぜ自分がそう思うのか」などの理由は言えず、複雑な要求に対する応答はかなり難しいです。

ほとんどの場合、質問への回答、情報を提供はできません。

 

仕事では、英語を使えるレベルにありません。

 

【スピーキングパート 60点〜70点】

  • 全受験者の下位6%
  • 簡単な描写もできない
  • 質問への回答、情報提供はできない
  • 仕事では、英語を使えるレベルにない

 

 

TOEIC S&W スピーキングパート:40点〜50点(レベル2)

TOEIC S&W スピーキングパート40点〜50点は、全受験者の下位3%にあたります。

 

正直、ほとんど何もできないレベルです。

仕事では、使いものになりません。

 

【スピーキングパート 40点〜50点】

  • 全受験者の下位3%
  • ほとんど何もできないレベル
  • 仕事でも使いものにならない

 

 

TOEIC S&W スピーキングパート:0点〜30点(レベル1)

TOEIC S&W スピーキングパート40点〜50点は、全受験者の下位1〜2%にあたります。

 

問題にほとんど回答していないレベルです。

設問を理解するためのリスニング・リーディング力が不十分の可能性が高いです。

 

【スピーキングパート 0点〜30点】

  • 全受験者の下位1〜2%
  • 問題にほとんど回答していないレベル
  • 設問を理解するためのリスニング・リーディング力が不十分の可能性が高い

 

 

発音の目安

TOEIC S&Wのスピーキングパートでは、発音も評価基準の1つとなっています。

発音は「HIGH」、「MIDIUM」、「LOW」の3段階評価です。

 

【HIGH】

  • 全受験者の約15%
  • 英文を音読する際、とてもわかりやすい

 

【MEDIUM】

  • 全受験者の約75%
  • 英文を音読する際、些細なミスはあるが全体的にわかりやすい

 

【LOW】

  • 全受験者の約5%
  • 英文を音読する際、全体的にわかりにくい

 

 

イントネーション・アクセントの目安

TOEIC S&Wのスピーキングパートでは、イントネーション・アクセントも評価基準の1つとなっています。

イントネーション・アクセントは「HIGH」、「MIDIUM」、「LOW」の3段階評価です。

 

【HIGH】

  • 全受験者の約20%
  • 英文を音読する際、イントネーションとアクセントが、とても効果的

 

【MEDIUM】

  • 全受験者の約70%
  • 英文を音読する際、イントネーションとアクセントが、ほとんどの場合効果的

 

【LOW】

  • 全受験者の約10%
  • 英文を音読する際、イントネーションとアクセントが、ほとんどの場合効果的ではない

 

 

TOEIC S&W ライティングパートのスコア別の目安

 

TOEIC  S&Wのライティングパートは、200点満点で評価されます。

スコア別の目安は、以下の通りです。

 

TOEIC S&W ライティングパート 200点(レベル9)

TOEIC S&W スピーキングパート40点〜50点は、全受験者の上位2%にあたります。

 

このレベルは、理由や例を交えて説明でき、明確で一貫性のある英語を書けます。

使用する構文や語彙・語句も豊富です。

 

【ライティングパート 200点】

  • 全受験者の上位2%
  • 理由や例を交えて説明できる
  • 主張は明確で一貫性がある
  • 使用する構文や語彙・語句が豊富

 

TOEIC S&W ライティングパート 170〜190点(レベル8)

TOEIC S&W ライティングパート170点〜190点は、全受験者の上位20%にあたります。

このレベルは、おおむね的確な英語を書くことが可能です。

 

たまに小さな文法・語彙・語句の間違いがみられたり、不必要に同じ表現を繰り返すことがあるものの、理由や例を交えて説明ができ、おおむね一貫性のある主張をできます。

 

【ライティングパート170点〜190点】

  • 全受験者の上位20%
  • おおむね的確な英語を書ける
  • ミスもみられるが、一貫性のある主張をできる

 

TOEIC S&W ライティングパート 140〜160点(レベル7)

TOEIC S&W ライティングパート140点〜160点は、全受験者の上位70%にあたります。

ライティングパートの平均点は140点くらいなので、受験者の半分くらいがレベル7に属します。

 

理由や例を挙げて説明するのは少し難しいですが、おおむね的確な英語を書くことができます。

書いた英語の論理展開が不明確であることが多いです。

 

【ライティングパート140点〜160点】

  • 全受験者の上位70%
  • おおむね的確な英語を書ける
  • 書いた英語の論理展開が不明確であることが多い

 

TOEIC S&W ライティングパート 110〜130点(レベル6)

TOEIC S&W ライティングパート110点〜130点は、全受験者の下位30%にあたります。

分かりにくい部分はあるものの、簡単な英語を書くことができるレベルです。

 

理由づけが不十分だったり、文法上の誤り、使用する語彙・語句に間違いがみられます。

また、書いた英語の論理展開が不明確であることが多いです。

 

【ライティングパート110点〜130点】

  • 全受験者の下位30%
  • 分かりにくい部分はるが、簡単な英語なら書ける
  • ミスが見られ、論理展開が不明確であることが多い

 

TOEIC S&W ライティングパート90点〜100点(レベル5)

TOEIC S&W ライティングパート90点〜100点は、全受験者の下位10%にあたります。

簡単な英語を書くことはできるが、理由や例を挙げて説明することはできません。

 

論理展開が不十分で、文法に重大なミスがみらます。

また使用する語彙・語句も不正確です。

 

【ライティングパート90点〜100点】

  • 全受験者の下位10%
  • 簡単な英語を書くことはできるが、理由を交えての説明はできない
  • 論理展開が不十分かつ重大な文法ミスがみられる
  • 使用する語彙・語句が不正確

 

 

TOEIC S&W ライティングパート70点〜80点(レベル4)

TOEIC S&W ライティングパート70点〜80点は、全受験者の下位5%にあたります。

英語で書けることが限られているため、情報伝達が難しいレベルです。

 

文法に重大なミスがみられ、ミスの数も多いです。

使用する語彙・語句が不正確で、論理展開に一貫性が欠けます。

 

【ライティングパート70点〜80点】

  • 全受験者の下位5%
  • 英語で書けることが限られている
  • 文法に重大なミスがあり、ミスの数も多い
  • 論理展開に一貫性が欠ける

 

 

TOEIC S&W ライティングパート 50〜60点(レベル3)

TOEIC S&W ライティングパート50〜60点は、全受験者の下位3%にあたります。

 

英語で書けることが限られているため、簡単な情報提供をするのが難しいです。

 

文法的なミスが非常に多く、使用する語彙・語句も不正確です。

主張に一貫性が欠けます。

 

【ライティングパート50点〜60点】

  • 全受験者の下位3%
  • 英語で書けることが限られている
  • ミスが非常に多い
  • 主張に一貫性がない

 

 

TOEIC S&W ライティングパート 40点(レベル2)

TOEIC S&W ライティングパート40点は、全受験者の下位2%にあたります。

 

英語で書けることが非常に限られているため、情報伝達は難しいレベルです。

簡単な情報提供もできません。

 

文法をちゃんと理解していないため、正確な文章を書くのが難しいです。

文法的なミスが非常にに多く、使用する語彙・語句も不正確です。

 

また主張が一貫性に欠けます。

 

【ライティングパート40点】

  • 全受験者の下位2%
  • 英語で書けることが非常に限られている
  • ミスが多く、正確な文章を書くのは難しい
  • 主張に一貫性が欠ける

 

 

TOEIC S&W ライティングパート 0〜30点(レベル1)

TOEIC S&W ライティングパート0点〜30点は、全受験者の下位1%にあたります。

 

このレベルは、問題にほとんど回答していないレベルです。

設問の内容を理解するためのリーディング力が不十分の可能性があります。

 

【ライティングパート0点〜30点】

  • 全受験者の下位1%
  • 問題にほとんど回答していないレベル
  • 設問を理解するためのリーディング力が不足している可能性あり

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、TOEIC S&Wのスコア別の目安でした。

人それぞれ必要とする英語力は違うので、自分の目指す英語力と照らし合わせて目標設定をしてみてください。

 

オススメの目標スコアについては、以下の記事にまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>> TOEIC S&Wのスコアはどれくらいを目指すべき?

 

TOEIC S&Wの効果的な勉強法については、以下の記事にまとめました。

ぜひあわせてチェックしてみてください。

>> TOEIC S&Wの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する【初心者向け】

 

オススメの参考書については、以下の記事をどうぞ。

>> 実際に使って分かった!TOEIC S&Wのオススメ参考書・問題集【まとめ】

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

その他のTOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

 >> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-TOEIC S&W 悩み・疑問

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.