あなたの英語力をアップさせる英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R TOEIC S&W

TOEICのスコアに有効期限はある?正しい履歴書への書き方を徹底解説!

更新日:

 

「TOEICのスコアに有効期限ってあるのかな?

就活(転職)でアピールしたいから、TOEICスコアの正しい書き方を知りたい」

 

たしかに、「TOEICは有効期限がある」というウワサもあるので、履歴書に書く場合は気になるポイントですよね。

 

そこでこの記事では

  • TOEICのスコアに有効期限はあるのか
  • 履歴書へのTOEICスコアの正しい書き方
  • 履歴書に書くときの注意点

についてまとめてみました。

 

本記事を書いている僕は、TOEIC900点や国家資格である通訳案内士を持っています。

なので、多少は参考になるかなと。

 

では本題へ!

 

 

TOEICのスコアに有効期限はない

 

結論から言うと、TOEICのスコアに有効期限はありません。

一度取得したら、いつまで経っても公式スコアとして認められます。

 

「TOEICのスコアに有効期限がある」という噂はウソ

よく

  • TOEICのスコアは有効期限が2年しかない
  • 一定期間が過ぎると無効になる

といった話を聞きます。

 

しかし、それはただのウワサです。

 

何年前のスコアであろうと、無効になることはありません

TOEICのスコアに有効期限など存在しないのです。

 

これはTOEICの公式ページにも書かれています。

その証拠に「有効期限はありません。」とハッキリ書かれていますよね?

 

 

TOEICのスコアに有効期限があるという噂が広まった理由

繰り返しになりますが、TOEICのスコアに有効期限はありません。

 

では、なぜ「TOEICのスコアには有効期限がある」というウワサが流れたのでしょうか?

僕は2つ理由があると考えています。

 

理由1:TOEICスコアの"再発行期限"と"有効期限"が勘違いされた

TOEICスコアに有効期限はないのですが、再発行期限はあります。

要するに、スコアが書かれたシートを再度発行してもらう期限ですね。

 

この再発行期限が、実は2年なのです。

そのため、再発行期限が2年なのに、いつの間にか「有効期限が2年」と勘違いされてしまった可能性があります

 

理由2:企業の求めるTOEICスコアが期限つきの場合がある

履歴書に

「2年以内に取得したTOEICスコアを記載してください」

と求める企業もあります。

 

そこから派生して、「TOEICのスコアには有効期限がある」というウワサが広がった可能も考えれらるかなと。

 

ちなみに、この場合はいくらTOEICスコアに有効期限がないといっても、企業が要求する有効期限を過ぎているので、企業へのアピール効果は弱まります。

 

履歴書にTOEICスコアを書く場合はできるだけ最近のものが望ましい

ただし、履歴書にTOEICスコアを書く場合は、できるだけ最近のものが望ましいです。

 

英語力は勉強していないと落ちる

なぜなら、勉強しないと英語力は落ちるから

僕自身、TOEIC900点・通訳案内士資格を持っていますが、少し英語を使わないとスッと英語が出てこなくなってしまいます。

 

例えば、「10年前のTOEICスコア」と「1年前のTOEICスコア」を比較した場合、1年前のスコアの方が信頼性があるのは直感的に分かりますよね?

 

それを企業側もよく分かっているのです。

 

もし自分が採用担当だった場合を想像してみましょう。

10年前のTOEICスコアが記載された履歴書を見たら、「この人はまだちゃんと英語ができるのだろうか」と感じるはずです。

 

 

昔のTOEICスコアしか持っていないなら再受験がオススメ

TOEICスコアを取ったのが5年以上前で、就職活動や転職活動でTOEICスコアを利用したいなら、再受験するのがオススメです。

 

再受験した方が、確実に自分の実力をアピールできます

 

効果的な勉強法については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

TOEICスコアの正しい履歴書への書き方

 

最後に

TOEICスコアを履歴書へ正しく書く方法

について解説します。

 

履歴書にTOEICスコアを書くときの注意点

履歴書にTOEICスコアを書くときは、以下の3点に注意しましょう。

 

注意点1:TOEICの種類をちゃんと書く

TOEICは複数の種類があります。

  • TOEIC L&R
  • TOEIC S&W
  • TOEIC Bridge

の3種類です。

 

なので、どのTOEICのスコアなのかちゃんと書いてください

ちなみに、TOEIC Bridgeは英語初心者向けの試験なので、履歴書に書いてもアピールになりません。

 

TOEIC L&RのスコアまたはTOEIC S&Wのスコアを書きましょう。

 

TOEICの種類については以下の記事に詳しくまとめたので、興味があればどうぞ。

 

 

注意点2:技能ごとにスコアを書く

技能ごとにスコアを書きましょう。

 

TOEIC L&Rであれば、リスニングのスコアとリーディングのスコアを。

TOEIC S&Wなら、スピーキングのスコアとライティングのスコアを書いてください。

 

トータルのスコアだけ書くのはNGです。

 

注意点3:企業が求める期限内のスコアを書く

企業によっては

「2年以内のTOEICスコアを書いてください」

と要求してくる場合があります。

 

その場合は、期限内のスコアを書きましょう。

再受験する余裕があるのなら、再受験することをオススメします

 

もし新たに受験している時間がないようなら、古いスコアを書いてしまうのも選択肢としてはアリでしょう。

 

「古いスコアなら書かない方が良い」という考え方もあると思いますが、僕なら書いちゃいますね。

なぜかというと、「以前はTOEIC〇〇点の実力はあった」という証明になるからです。

 

スコアを書かないと全くアピールできませんが、とりあえず書いておけば少しはアピールになるかなと。

 

ただし、「"2年以内のTOEICスコアを書いてください"と言ってるのに、なんで古いスコアなんか書いてるんだ」と思われる可能性もゼロじゃないので注意してください。

 

心配なら、面接の時に口頭で「昔はTOEIC〇〇点だった」とアピールするのも良いと思います。

 

TOEICスコアの履歴書への記載例

TOEICのスコアを履歴書に書く際は、以下のように書きましょう。

具体的には、こんな感じで書いてください。

 

【例】

  • 2019年 6月 TOEIC L&Rテスト 900点取得(Listenig:450 Reading:450)
  • 2019年 6月 TOEIC S&Wテスト 340点取得(Speaking:160 Writing:180)

 

日付+TOEICの種類++スコア+パート別のスコアの順で書くのがオススメです。

 

履歴書でアピールできるTOEICスコアは最低でも600点

ちなみに、履歴書でアピールできるTOEIC L&Rのスコアは最低でも600点からです。

 

TOEIC600点がスタートラインで、700点で少し有利に、800点でかなり有利、そして900点で非常に有利になるといったイメージですね。

 

TOEIC600点未満だと、アピールになることはまずありません。

TOEIC600点を超えていないなら、履歴書には書かなくて良いでしょう。

 

TOEIC L&Rのスコア別の評価については以下の記事に詳しくまとめたので、興味があればどうぞ。

 

 

TOEIC S&Wのスコア別の評価については、こちらの記事です。

 

 

 

 

まとめ

TOEICスコアに有効期限はありません。

期限があるのは、スコアシートを再発行する期限です。

 

ただし、企業によっては「〇〇年以内のTOEICスコアを記載してください」と要求してくることがあります。

 

この場合は、いくらTOEICスコアに有効期限がないといっても、履歴書には書けないので注意してください。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-TOEIC L&R, TOEIC S&W

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.