TOEIC990点(満点)を目指すのはコスパが悪いという話

この記事が役に立つ人

◆TOEIC990点を目指している人


この前カフェで勉強をしていたら、TOEICの勉強をしている社会人サークルに出くわしました。

「どんな会話をしてるのかなー」と盗み聞きしていたんですが、どうやら彼らはTOEIC990点を目指しているようでした。

そして、こんな声が聞こえました。

「TOEIC900点を取ったらTOEICの勉強を終わりにした方が良いと言っている人が多いから、990点(満点)を取得すれば他の人と差別化ができる!」と。

果たして本当に差別できるのか。

残念ながら、僕はTOEIC990点(満点)の取得が差別化につながるとは1ミリも思いません。

絶対に「TOEICは900点くらいで卒業したほうが良い」です。

そこでこの記事は、「なぜTOEIC990点(満点)が差別化につながらないのか」についてまとめました。

では本題へ。

TOEIC990点を取れる人はすごい

まず誤解のないように言っておきますですが、僕はTOEIC990点を取得できる人は本当にすごいと思っています。

僕もTOEIC900点を取得していますが、TOEIC900点から満点である990点を目指すとなると、相当な努力が必要ということが体感的に分かるからです。

あくまでも予想ですが、900点からTOEIC満点である990点まで上げるのは、かなり頑張ったとしても1年以上かかるのではないでしょうか。

だからもう一度言います。

僕はTOEIC990点ホルダーの人たちは本当にすごいと思っています。

ただし、すごいとは思ってますが、990点を取ったしても大して差別化にはつながらないでしょう。

より具体的に言えば、就職活動や転職活動において、TOEIC900点とTOEIC990点(満点)では、そこまで評価に大きな差はないということです。

スポンサーリンク

TOEIC990点が差別化にならない理由

繰り返しになりますが、僕はTOEIC990点を取得できる人はすごいと思っています。

しかし、それと同時に差別化にはならないとも思っています。

それはなぜなのか。

例えばですけど、あなたはある会社の営業部の部長だったとしましょう。

この会社は外国人社員も多く、英語を話す機会も多いです。

そして、あなたには2人の直属の部下がいます。

どちらもTOEIC900点を持っていて、ある程度の英語力はあります。

しかしその2人は、力を入れていることが違います。

一人はさらに英語力を高めようとTOEIC990点の取得を目指しています。

通勤時間にはリスニング音源を聴き込み、休み時間も英語の勉強を熱心にしています。

もう一人は英語の勉強にはさほど力を入れていません。

しかし日々の営業活動をより成功させるために「どんな言葉が人に刺さりやすいのか」や「デキる営業マンはどんなことを考えているのか」などを普段の実務や読書を通して積極的に学んでいます。

営業部長のあなたはどちらの部下を高く評価するでしょうか?

ちなみに僕だったら断然後者を評価します。

なぜなら会社の目的は売り上げをあげることだからです。

英語力の向上よりも、どうやって営業で成果が出やすいかを追求する方が重要に決まっています。

「外国人の同僚とのコミュニケーションも大事じゃないか」という意見もありそうですが、TOEIC900点くらいで十分なコミュニケーションは取れるはずです。

本当に990点である必要があるのでしょうか?

むしろ900点すらなくても良いかもしれない。

英語力はあくまでも仕事で使うツールの1つに過ぎないという事実を忘れてはいけません。

TOEICは日常生活や仕事において、最低でもこれくらいの英語力が必要だよという理解度を測るだけのテストなのです。

必要とされるスコアを取得できれば良い

要するに僕が何を言いたいかというと、「TOEICは自分の目標を達成するのに必要なスコアを取得できれば良い」ということです。

例えば仕事で英語を話す必要があるのであれば、TOEIC800点くらいを取得したら、オンライン英会話でスピーキング力を伸ばす練習をしたほうが良いでしょう。

海外旅行で困らない程度であれば、TOEIC700点くらいでも充分かもしれません。

(勉強法については、以下の記事参照)

>>> 初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

つまりある程度の英語力があるならば、TOEIC990点(満点)を目指すのではなく、自分の専門分野に力を入れた方が会社からの評価も上がり、収入アップにもつながりやすいのです。

「お金が全てではない」という意見はごもっともですが、どう考えてもTOEIC900点から990点を目指すよりも、自分のメインの仕事に力を入れたほうがコスパが良いです。

TOEIC900点とTOEIC990点では大きな差別化につながることはありません。

まとめ

もちろん「TOEICが趣味だから、990点(満点)を目指したい」というのであれば、頑張って勉強するのも良いでしょう。

「TOEICの講師になるんだ」という人が、ブランディングのために990点を目指すのもアリだと思います。

しかし、それ以外の人に関しては話が別です。

他の人と差別化するために、社会人が990点を目指すのは、はっきり言ってコスパが悪いです。

僕は差別化目的でのTOEIC990点を目指すのは止めた方が良いと思います。

もしTOEIC990点(満点)を目指そうかなと考えているのであれば、まず自分が何のためにTOEICの勉強をしているのか考えてみましょう。

それを考えた上で、目標スコアを決めるのがお勧めです。

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【朗報!】簡単にできる英語学習を長続きさせる4つのコツ

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

TOEIC990点(満点)を目指すのはコスパが悪いという話
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!