あなたの英語力をアップさせる英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R

「TOEIC」と「英検」どっちの方が転職活動で役に立つ?

更新日:

 

「TOEICと英検ってどっちが転職活動で役に立つんだろう?」

 

結論から言ってしまうと、TOEICの方が転職活動で有利になりやすいです。

したがって、転職で英語力をアピールしたいならTOEIC受験をオススメします。

 

この記事では

  • 英検よりもTOEICの方が転職で有利になる理由

について詳しくまとめてみました。

 

本記事を書いている僕は、TOEIC900点や国家資格である通訳案内士を持っています。

なので、多少は参考になるかなと。

 

では本題へ!

 

 

英検よりもTOEICの方が転職で有利です

 

冒頭にも書いた通り、転職活動では英検よりもTOEICの方が有利です。

 

TOEICの方が英検よりも求人数が多い

なぜ転職活動において、英検よりもTOEICの方が有利と言えるのか。

それは転職サイトで求人数を比較すれば一目瞭然です。

 

転職情報サイト「doda(デューダ)」で、英検に関連する求人をチェックしてみましょう。

なんと、英検はたったの75件しかヒットしません。

 

 

メモ

 

一方、TOEICの求人はどうでしょうか?

なんと、TOEIC関連の求人は2119件もヒットしました。

 

メモ

 

このように、英検とTOEICでは、求人数に大きな差があります。

その差はなんと30倍。

 

実際の求人をチェックすると分かると思いますが、募集要項に「英検〇〇級以上」と書かれていることよりも、「TOEIC〇〇点以上」と書かれていることの方が多いです。

 

転職で有利になりたいならTOEICのスコアアップを狙おう

以上のような理由から、転職で有利になりたい場合はTOEICのスコアアップを狙いましょう。

 

転職は人生における一大イベントのひとつ。

より多くの選択肢から、比較検討して転職先を選んだ方が絶対に良いです。

 

英検を持っていても選択肢は75件しかありませんが、TOEICであれば2000以上の選択肢があります。

 

英検よりもTOEICの方が明らかに転職では有利になるので、転職で英語力をアピールしたい場合はTOEICのスコアアップを狙った方が得策です。

 

転職で使うなら目標スコアは最低でもTOEIC700点

転職でTOEICスコアを使う場合は、とりあえずTOEIC700点を目指しましょう。

履歴書に書けるTOEICスコアの最低ラインが600点なので、そのちょっと上を狙う感じですね。

 

ただし、TOEIC700点でも「ちょっと有利かな」くらいです。

なので、できれば800点以上を目指した方が良いかなと。

 

英語をバリバリ使いたいなら、TOEIC800点が必須ですね。

より詳しいスコア別の評価については、以下の記事をどうぞ。

 

 

またTOEICの効果的な勉強法については、以下の記事にまとめてあります。

ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

なぜ英検よりもTOEICの方が転職市場で評価されやすいのか

 

なぜ英検よりもTOEICの方が、転職活動で有利なのでしょうか?

 

TOEICが英検よりも転職市場で評価されやすい理由

僕の予想になってしまいますが、以下のような理由が考えられます。

 

理由1:英検とTOEICでは試験内容が違う

まず英検とTOEICでは試験内容に違いがあります。

 

英検は、どちらかというと科学技術や医療の評論など、アカデミックな話題が多いです。

簡単にいうと、英検は知的な人が好みそうな話題が中心となっています。

 

一方、TOEICはより日常生活に密着した内容なのでより実践的です。

例えば、仕事でよく使うような英語を中心に出題されます。

 

何が言いたいかというと、TOEICの方が普段の生活でよく使う英語なので、企業側としても英検よりTOEICをできた方がありがたいわけです。

 

TOEICの問題を見るとよく分かるのですが、ビジネスシーンで英語を使うことを明らかに意識しています。

いかにも企業ウケしやすい内容なんですよね。

 

ポイント

  • 英検:アカデミックな内容
  • TOEIC:実践的な内容

 

理由2:TOEICの方が英検よりも受験しやすい

そして、TOEICの方が英検よりも受験しやすいです。

英検は年に3回しか開催されていませんが、TOEICは年に10回も開催されています。

 

そのため、会社側も社員の英語力を測るために受験させやすいですし、転職希望者側も「3月から転職活動するから、来月TOEICの受験しよう」みたいな感じで、気軽に受験できるのです。

 

そうなると、在籍している社員と転職希望者の英語力も比較しやすいですよね?

受験しやすさは、たくさんのメリットがあるのです。

 

TOEICの試験内容については、以下の記事が詳しいです。

 

 

TOEIC S&Wを受験するとさらに転職で有利になる

「英検と違ってTOEICにはスピーキングの試験がないから、TOEICスコアだけ高い人がいる」

という批判もあります。

 

これは一理ありますね。

たしかに、TOEIC900点を取れても英語を話せない人はいます。

 

というか、かつての僕がそうでした。(詳しくは以下)

 

 

けど、今はTOEIC S&Wというスピーキングを測る試験もあります。

 

TOEIC S&Wはビジネスシーンでかなり寄った試験内容なので、転職活動で英語力をアピールしたい場合はもはや英検を受ける必要はありません

 

TOEICスコア+TOEIC S&Wスコアを持っていれば、TOEICのスコアだけ高くて話せない人と思われる心配もないのです。

 

 

TOEIC S&Wよりも、まずはTOEICを受験しよう

「自分は英会話できることを転職でアピールしたいから、TOEIC S&Wから受験しよう」

と思った人もいるかもしれません。

 

けど、まずは普通のTOEICから受験した方が良いです。

なぜかというと、スピーキングは英語の基礎を分かっていないとできないから

 

なので、普通のTOEICをできない人が、TOEIC S&Wを受験しても意味がありません。

まずはTOEICを受験して基礎を固めましょう。

 

 

転職で評価されやすいのも普通のTOEIC

ちなみに、転職市場で評価されやすいのも普通のTOEICです。

理由は簡単で、TOEIC S&Wはまだまだマイナーな試験だからです。

 

採用担当者がTOEIC S&Wを知らないこともあるので、普通のTOEICの方がアピールしやすいでしょう。

 

 

 

まとめ

転職活動で英語力をアピールしたいなら、断然TOEICの方が良いです。

英検を受けるのはやめましょう。

 

効果的な勉強法については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

 

 

参考になれば嬉しいです。

では!

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-TOEIC L&R

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.