TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC S&W

TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

更新日:

この記事が役に立つ人

◆これからTOEIC S&Wの勉強を始める人


 

「スピーキング力とライティング力」を客観的に測定する目的で、TOEIC S&Wテストを受験する人が少ずつ増えています。

 

ただし知名度はまだ低く、TOEICと言えば「TOEIC L&R」を思い浮かべる人が多いです。

そのため、「TOEIC S&Wテストに関する情報が少なすぎる!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、すでに10回以上TOEIC S&Wテストを受験している僕が、「TOEIC S&Wテストはどんな内容のテストなのか」について解説したいと思います。(ついでに、ざっくりとした「勉強法・対策」についても)

 

では、本題へ!

 

*勉強法だけ知りたいという場合は、以下の記事をチェックしてください

>> TOEIC S&Wの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する【初心者向け】

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&Wとは?

 

TOEIC S&Wテストとは、「話す能力(スピーキング)」と「書く能力(ライティング)」を測るテストです。

 

聴く力(リスニング)、読む力(リーディング)を測るTOEIC L&Rテストが1979年にスタートしたのに対し、TOEIC S&Wテストは2007年にスタートしたばかりの比較的新しい試験です。

 

【始まった年】

TOEIC L&R:1979年

TOEIC S&W:2007年

 

TOEIC S&WテストはTOEIC L&Rテストのようなマークシート形式ではなく、ヘッドセットを装着し、PCに表示される指示通りに音声を吹き込んだり文章を書いたりして解答します。

 

以下の動画をチェックしていただくとイメージが分かりやすいと思います。

 

TOEIC S&W スピーキングパートの解説動画

 

TOEIC S&W ライティングパートの解説動画

 

TOEIC S&WとTOEIC L&Rの違い

 

TOEIC S&WとTOEIC L&Rとの違いは、試験内容だけではありません。

 

スコアの違い

スコアはTOEIC L&Rテストのように990点満点ではなく、スピーキングパートが200点、ライティングパートが200点の400点満点となっています。

 

【スコアの違い】

TOEIC L&R:990点満点

TOEIC S&W:400点満点

 

TOEIC S&Wのスコア別の目安については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC S&W】スコア別の目安を徹底解説!

 

受験料の違い

そして気になる受験料も、TOEIC L&Rテストとはかなり違います。

TOEIC L&Rテストの受験料が5,725円 なのに対し、TOEIC S&Wテストは10,260円もします。

 

ただし、スピーキングテストだけの受験も可能となっていて、スピーキングテストだけの受験する場合は6,804円です。(ライティングのみの受験は不可)

 

【受験料の違い】

TOEIC L&R:5,725円

TOEIC S&W:10,260円

TOEIC Speaking:6,804円

 

試験時間の違い

さらに試験時間も違います。

TOEIC L&Rテストは13:00から15:00の120分ですが、TOEIC S&Wは80分です。

(内訳:スピーキング20分+ライティング60分)

 

【試験時間の違い】

TOEIC L&R:120分

TOEIC S&W:80分(スピーキング20分+ライティング60分)

 

試験日時の違い

さらにさらに試験日時も違います。

 

ひと月に開催される回数は1回と共通していますが、TOEIC L&Rテストは13時開始の1回のみ、TOEIC S&Wは10時開始と14時開始の計2回あります。

 

つまり、TOEIC S&Wはの好きな時間を選択して受験が可能なのです。

ちなみにスピーキングテストのみの受験なら9:45、11:45、13:45、15:45の中から選ぶことができます。

 

【試験日時の違い】

TOEIC L&R:13時開始

TOEIC S&W:10時開始と14時開始

TOEIC Speaking:9:45開始、11:45開始、13:45開始、15:45開始

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&WとTOEIC L&Rどっちから受けるべき?

 

では、TOEIC S&WとTOEIC L&Rどちらから受けるべきなのでしょうか?

結論から言うと、TOEIC L&Rから受けた方が良いです。

 

なぜかというと、リスニングとリーディングをある程度できないと、スピーキングとライティングはできないからです。

 

より詳しくは、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、合わせてチェックしてみてください。

>>「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちから受けるべき?

 

最低でもTOEIC L&Rで700点必要

僕の体感から言うと、TOEIC S&Wを受験するには、最低でもTOEIC L&Rで700点、できれば800点必要だと思います。

なぜならTOEIC L&Rテスト700点未満の場合、まだ英語の基礎力が十分ではないからです。

 

ある程度の基礎力がないと、そもそもTOEIC S&Wの問題を聞き取れません。

さらに言うと、語彙力・文法力の不足により、英語をちゃんと書けない可能性がかなり高いです。

 

まずはTOEIC700点を目指そう

そのため、TOEIC L&Rのスコアがまだ700点に到達していない場合は、まずはTOEIC L&Rの勉強に力を入れましょう。

 

「早く英語を喋れるようになりたいから、TOEIC L&Rを飛ばしてS&Wを受験しよう」という考えは、英語を喋れるようになるための近道のように見えて、実はかなりの遠回りになります。

 

TOEIC700点を目指すための勉強については、以下の記事がオススメです。

>>目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

 

TOEIC S&Wスピーキングパートの内容

 

TOEIC S&Wテストのスピーキングパートは6つに分かれています。

 

それが「音読問題」、「写真描写問題」、「応答問題」、「提示された情報に基づく問題」「解決策を提案する問題」、「意見を述べる問題」です。

 

【スピーキングパートの構成】

Unit1:音読問題

Unit2:写真描写問題

Unit3:応答問題

Unit4:提示された情報に基づく問題

Unit5:解決策を提案する問題

Unit6:意見を述べる問題

 

Unit1:音読問題

音読問題は、PC画面に表示させる英文を音読する問題です。

 

内容は多岐に渡り、交通情報のこともあれば、スーパーの広告、紹介文などがあります。

英文の長さはそれほど長くなく、約60語前後です。

 

設問数は2問。

準備時間として45秒があり、この時間に1~2度読む練習をすることができます。

 

制限時間は45秒ですが、僕の経験から言うと、どんなにゆっくり読んだとしても制限時間内に必ず読み終わります。

 

【音読問題】

内容:短い英文の音読

設問数:2問

準備時間:45秒

解答時間:45秒

 

音読問題の詳しい勉強法・対策については、以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit1の勉強法・対策を紹介する【音読問題】

 

Unit2:写真描写問題

写真描写問題は、PC画面に映し出された写真について、英語で説明する問題です。

 

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

 

上の写真を例に挙げると、以下のように回答します。

(英語が間違ってたらごめんなさい)

 

【例】

This is the picture of a meeting room. I can see 5 people in this room.  A man is making a presentation in front of the whiteboard.There is a laptop on the table.

 

この写真はどこかの会議室の写真です。この会議室には5人の人がいて、1人の男性がホワイトボードの前でプレゼンをしています。テーブルの上にはラップトップがあります。

 

30秒の準備時間があり、45秒で写真について説明します。

設問数は1問です。

 

【写真描写問題】

内容:写真の内容を英語で説明

設問数:1問

準備時間:30秒

解答時間:45秒

 

写真描写問題の詳しい勉強法・対策については、以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit2の勉強法・対策を紹介する【写真描写問題】

 

Unit3:応答問題

応答問題は、「外国のマーケティング会社からインタビューを受ける」という設定で質問に答えます。

 

例えば「好きな食べ物はなんですか」、「よく行くレストランについて教えてください」といった質問をされるので、それに「I like Japanese food.」とか「I often go to an Italian restaurant near my home. 」

 

設問数は全部で3問で、最初の2問の解答時間は15秒ずつ、最後の1問は30秒です。

準備時間はなく、質問されたらすぐに解答しなけれなりません。

 

【応答問題】

内容:インタビュー形式で質問に答える

設問数:3問

準備時間:なし。質問されたらすぐに答える

解答時間:最初の2問が15秒、最後の1問は30秒

 

応答問題の詳しい勉強法・対策については、以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit3の勉強法・対策を紹介する【応答問題】

 

Unit4:提示された情報に基づく応答問題

TOEIC S&Wテスト Unit4は、提示された情報に基づく応答問題です。

 

PC上に、以下のような情報が表示されます。

この情報に基づいて、電話による問い合わせに回答する設定です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-22-34-28

参照:TOEIC 公式サイト

 

上の情報はセミナーに関するものなので、以下のような質問がされます。

 

【例】

Q1:「セミナーは何時から始まりますか?」

Q2:「セミナーの参加費用はいくらですか?」

Q3:「午後のセミナーの内容について教えてくれますか」

*日本語で書きましたが、もちろん英語で聞かれます

 

設問は全部で3問あり、最初の2問の解答時間は15秒ずつ、最後の1問は30秒です。

準備時間は最初に資料を読む時間として30秒が与えられますが、各質問に答える際の準備時間はありません。

 

【提示された情報に基づく応答問題】

内容:与えられた情報に基づいての電話対応

設問数:3問

準備時間:最初に資料を読む時間が30秒。その後は質問されたらすぐに答える

解答時間:最初の2問が15秒、最後の1問は30秒

 

提示された情報に基づく応答問題の詳しい勉強法・対策については、以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit4の勉強法・対策を紹介する【提示された情報に基づく応答問題】

 

Unit5:解決策を提案する問題

解決策を提案する問題は、留守番電話のメッセージを聞いて、相手が抱えている問題を理解し、その問題に対する解決策を提案するという設定です。

 

具体例を挙げると、「レストランを経営しているのだけど、ランチは順調なのにディナータイムは客足がイマイチ。どうすればお客さんを増やせるだろう?」という留守電をまず聞きます。

 

その後、解決策として「チラシを配ったり、CMを打てばいいんじゃない?」というような提案をするのがUnit5です。

 

設問数は1つ、回答時間は60分です。

準備時間はメッセージを聞いた後に30秒が与えられています。

 

【解決策を提案する問題】

内容:留守番電話に残されたメッセ―ジを聞いて、相手が抱えている問題を理解し、その問題に対する解決策の提案

設問数:1問

準備時間:メッセージを聞いたあとに30秒

解答時間:60秒

 

解決策を提案する問題の詳しい勉強法・対策については、以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit5の勉強法・対策を紹介する【解決策を提案する問題】

 

Unit6:意見を述べる問題

意見を述べる問題は、提示されたテーマに対して「なぜそう思うのか」という理由を交えて自分の意見を述べるという設定です。

 

例えば「小さい子どもにスマートフォンを与えることについて、あなたはどう思いますか?」というテーマを与えられたとしましょう。

このテーマに対して「私は小さい子供にスマートフォンを与えることに賛成です。理由は3つあって~」と答える問題です。

 

設問数は1つ、解答時間は60秒です。

準備時間は15秒が与えられています。

 

【意見を述べる問題】

内容:提示されたテーマに対して「なぜそう思うのか」という理由を交えつつ自分の意見を述べる

設問数:1問

準備時間:15秒

解答時間:60秒

 

意見を述べる問題の詳しい勉強法・対策については、以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit6の勉強法・対策を紹介する【意見を述べる問題】

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&Wライティングパートの内容

 

TOEIC S&Wテストのライティングパートは3つに分かれています。

それが「写真描写問題」、「Eメール作成問題」、「意見を記述する問題」です。

 

【ライティングパートの構成】

Unit7:写真描写問題

Unit8:Eメール作成問題

Unit9:意見を記述する問題

 

Unit7:写真描写問題

写真描写問題は、与えられた2つの語(句)を使い、写真の内容に合う1文を作成する問題です。

写真描写問題は全部で5題出題され、解答時間は全部で8分です。

 

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

man / presentation

 

PC画面に上のような写真が映し出されます。

そして与えられた2つの語(manとpresentation)を使って、写真の内容を英語で書きます。

 

例えば上の問題であれば、「A man is making a presentation.」という解答をすれば良いということです。

 

【写真描写問題】

内容:与えられた語句を使って写真を描写

設問数:5問

解答時間:8分

 

写真描写問題の詳しい勉強法・対策については以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit7の勉強法・対策を紹介する【写真描写問題】

 

Unit8:Eメール作成問題

Eメール作成問題では、PC画面に以下のようなEメールが表示されます。

Eメールを読んで、Directionsに書かれた指示に沿った返信E-mailを書くという設定です。

 

TOEIC SW E-mail

参照:TOEIC 公式ホームページ

 

上の問題では「少なくとも2つ、知りたい情報をリクエストする」という指示がでています。

Eメール作成問題は計2問が出題され、それぞれ10分間の制限時間があります。

 

【Eメール作成問題】

内容:与えられた課題にそったEメールを作成

設問数:2問

解答時間:各10分

 

E-mail作成問題の詳しい勉強法・対策は下記の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit8の勉強法・対策を紹介する【Eメール作成問題】

 

Unit9:意見を記述する問題

意見を記述する問題は、提示されたテーマについて自分の意見を300語以上で書くという問題です。

 

例えば「テクノロジーは世界を変えたと思うか」というテーマであれば、このテーマに対する自分の意見を「なぜそう思うのか」などの理由を交えながら書いていきます。

 

解答時間は30分です。

30分と聞いて「少し長いな」と感じたかもしれませんが、かなり時間的にはギリギリです。

 

僕はライティングテストで200点満点中190点を取得していますが、制限時間の1~2分前にようやく終わったという感じでした。

 

【意見を記述する問題】

内容:与えられたテーマについて自分の意見を記述

設問数:1問

解答時間:30分

 

意見を記述する問題の詳しい勉強法・対策は以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit9の勉強法・対策を紹介する【意見を記述する問題】

 

 

TOEIC S&Wの勉強法・対策

 

最後にTOEIC S&Wの対策・勉強法について簡単に解説します。

 

TOEIC S&W スピーキングパートの対策・勉強法

TOEIC S&W スピーキングパートは、以下の勉強をしましょう。

 

【オススメ勉強法】

  1. 発音学習
  2. 問題演習
  3. 英語フレーズのインプット
  4. オンライン英会話

 

どのパートもこの4つを勉強すればOKです。

 

1:発音学習

まず発音学習です。

 

TOEIC S&W スピーキングパートでは、発音も評価対象となります。

なので、必ず発音を学びましょう。

 

詳しい勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC S&W】スピーキングパートのオススメ勉強法・対策【まとめ】

 

2:問題演習

発音の勉強が終わったら、スピーキングパートの問題演習をしていきます。

TOEIC S&Wはあくまでもテストなので、問題数をこなせばこなすほどスコアが伸びやすくなります。

 

オススメの参考書・教材については、以下の記事をご覧ください。

>>【TOEIC S&W】スピーキングパートのオススメ参考書・教材を紹介する

 

3:英語フレーズのインプット

問題演習と同時に、英語フレーズのインプットをしていきましょう。

知っている英語フレーズが多ければ多いほど、話せる英語の幅が増えていきます。

 

オススメの教材はスタディサプリENGLISH(日常英会話コース)です。

ストーリー仕立てになっていて、英語フレーズが覚えやすいです。

 

スタディサプリENGLISH(日常英会話)のディクテーション

スタディサプリENGLISH(日常英会話)ディクテーション問題の解答

スタディサプリENGLISH(日常英会話)のなりきりスピーキング

スタディサプリENGLISH(日常英会話)の会話文チェック

 

スマホから勉強できるので、通勤・通学の電車でコツコツ覚えていくのがオススメです。

スキマ時間を有効活用しましょう。

 

詳しいレビューについては、以下の記事をチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕がスタディサプリENGLISHを100時間やった感想【日常英会話コース】

 

4:オンライン英会話

次にオンライン英会話です。

オンライン英会話は、英語で瞬時に応答するための瞬発力を鍛えるために利用します。

 

英語を話していて、なかなか英語が出てこないという経験をしたことはありませんか?

「あー」とか「えー」しかでてこないみたいな(笑)

 

これは瞬発力が足りないからです。

瞬発力を鍛えるには、すぐに英語を話さなければならない状況に身を置く必要があります。

 

オンライン英会話だとすぐに英語を話さなければいけないので、瞬発力を鍛えるにはピッタリです。

 

ちなみに話すテーマは、なんでも大丈夫です。

あくまでも瞬発力を鍛えるためにやるので、TOEIC S&Wに特化している必要はありません。

 

特に話す内容がないなら、自己紹介がオススメです。(詳しくは以下の記事)

>>【初心者向け】簡単で効果的なオンライン英会話の受け方とは?

 

オススメのオンライン英会話サービスについては、以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

TOEIC S&W ライティングパートの対策・勉強法

TOEIC S&W ライティングパートは、以下の勉強をしましょう。

 

【オススメ勉強法】

  1. 問題演習
  2. 英語フレーズのインプット
  3. 音読

 

どのパートもこの3つを勉強すればOKです。

 

1:問題演習

まず問題演習ですね。

問題数をこなせばこなすほど、スコアは上がりやすくなります。

 

特にライティングパートはそこまで難しくないので、スピーキングパートよりもスコアが上がりやすいです。

僕は2回目の受験で、200点満点中190点を取れました。

 

オススメの参考書・教材については、以下の記事をご覧ください。

>>【TOEIC S&W】ライティングパートのオススメ参考書・教材を紹介する

 

2:英語フレーズのインプット

次に英語フレーズのインプットです。

知っている英語フレーズが多ければ多いほど、書ける英語の幅が増えていきます。

 

なので、英語フレーズをどんどん覚えていきましょう。

教材は、先ほど紹介したスタディサプリENGLISH(日常英会話コース)がオススメです。

 

スマホからでも勉強できるので、通勤・通学の時間を使ってコツコツ覚えていきましょう。

 

詳しいレビューについては、以下の記事をチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕がスタディサプリENGLISHを100時間やった感想【日常英会話コース】

 

3:音読

ライティングパート対策なので必須ではないですが、音読すると記憶に残りやすくなります。

なので、「問題演習」したり「英語フレーズ」を覚える時は、音読することをオススメします。

 

個人的には、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング関わらず、英語の勉強をする時は音読した方が良いと思っています。

 

より詳しくは、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC S&W】ライティングパートのオススメ勉強法・対策【まとめ】

 

ライティングパートのオススメ参考書・教材はこちら。

>>【TOEIC S&W】ライティングパートのオススメ参考書・教材を紹介する

 

 

スポンサーリンク

まとめ

非常に長くなってしまいましたが、以上TOEIC S&Wの概要についてでした。

 

個人的にはライティングに力を入れることが、TOEIC S&Wで高スコア取得するのに非常に重要かなと考えています。

なぜなら英語を話すということは、頭の中で超高速で英作文をすることだからです。

 

僕自身も英語を書くようになってから少しずつ英語を喋るようになってきた感覚があるので、英作文はスピーキング力の向上にかなり効果があると確信しています。

そのため、スピーキング力を向上させたいのであれば英作文に力を入れることがお勧めです。

 

参考になれば幸いです。

では!

 

*その他のTOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

RELATED

-TOEIC S&W

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.