TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

リーディング 参考書

【TOEIC L&R】Part7対策にオススメの参考書とは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&RのPart7対策の参考書を探している人


 

「TOEICの参考書が多すぎて、どれを選べばいいか分からない!!」

たしかにTOEICの参考書は色んな種類があって、どれが良いのか分かりにくいですよね。

 

そこでこの記事では、TOEIC L&R Part7対策のオススメ参考書をまとめてみました。

では本題へ!

 

*ちなみにPart5・6も苦手な場合は、Part7よりもPart5・6をまず勉強した方が良いです。

以下のリンクから、Part5・6のオススメ参考書をチェックしてください。

>>【TOEIC L&R】Part5・6対策にオススメの参考書とは?

 

 

スポンサーリンク

TOEIC Part7の効果的な勉強法

 

TOEIC Part7効果的な勉強法は、大きく分けて2つあります。

それが「品詞分解」と「英語の多読」です。

 

1:品詞分解

品詞分解が重要な理由は、「英語を読むスピードが上がるから」です。

 

品詞分解のトレーニングを積むことにより、英語を英語のまま理解できるようになります。

その結果、英語を速く正確に読めるようになるのです。

 

TOEIC Part7のような長文を読んでいる時に途中で意味が分からなくなって、もう1度最初から読み直してしまったことはありませんか?

なぜ戻り読みしてしまうかというと、英語を英語のまま理解できないからです。

 

ちゃんと品詞分解をできるようになると、戻り読みが減ります。

その結果、リーディングスピードが上がるのです。

 

品詞分解の重要性については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、あわせチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】 リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

2:英語の多読

2つ目の重要な勉強が「英語の多読」です。

要するに、「英語をたくさん読もう」ということですね。

 

初心者の場合、ちょっと勉強しただけなのに

「英語をちゃんと読めないなぁ。もっといい勉強法があるんじゃないか」

と思い込み、すぐにインターネットで勉強法を検索しがちです。

 

しかし、読めなくて当たり前なんですね。

なぜなら、「読んだ英語の量が少なすぎるから」です。

 

ちょっと英語を読んだくらいでは、リーディング力は上がりません。

品詞分解をしながら、たくさん英語を読む必要があるのです。

 

多読の重要性に関しては、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、チェックしてみてください。

>>  リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?

 

 

TOEIC Part7対策オススメの参考書

 

TOEIC Part7の勉強は、そして「品詞分解の練習をする」、「英語をたくさん読む」の2つが重要です。

つまり、TOEIC Part7の対策には、品詞分解、多読の参考書を選びましょう。

 

【選ぶべき参考書】

◆品詞分解の参考書

◆多読の参考書

 

そして、これらの勉強をするときは必ず音読しましょう。

音読することにより、さらにリーディング力のアップが期待できます。(詳しくは以下参照)

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

品詞分解のオススメ参考書

品詞分解の参考書としては、「新形式問題対応 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法」がオススメです。

 

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

「新形式問題対応 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法」は、その名の通りPart5・6に特化した参考書です。

 

品詞分解に慣れていないと「どれが主語で、どれが動詞で、どれが目的語」なのか、なかなか分からないものです。

その点、この参考書は「〇〇が主語で、〇〇が動詞で〜」とちゃんと書いてあるので、品詞分解が苦手な人でも取り組みやすくなっています。

 

「品詞分解なら得意!」という人には必要ないかもしれないですが、品詞分解初心者には個人的にとてもお勧めです。

この参考書で品詞分解のトレーニングをしつつ、Part5・6のトレーニングをしましょう。

 

 

多読のオススメ参考書

ちなみに「Part7対策だから、たくさん長文を読むべき」と思っているかもしれませんが、長文ではなくPart5・6のような短い文を重点的に読みましょう。

 

なぜなら、「長文=短い文が集まったもの」だからです。

要するに、短い文を速く正確に読めれば、長文も速く正確に読めるようになるのです。

 

さらに言うと、長文を読むのはシンドイですけど、短い英文なら途中で嫌になりにくいというメリットもあります。

挫折しにくいので、短い英文の多読は非常にオススメです。

 

僕はPart5のような短い英語の多読をした結果、リーディングパートで5分程度時間が余るまでになりました。(詳しくは以下参照)

>>【TOEIC L&R】リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

 

スタディサプリENGLISH

 

 

まずオススメしたいのが「スタディサプリ ENGLISH」です。

リクルートが運営する超人気アプリ「スタディサプリ」のTOEICに特化したバーションですね。

 

スタディサプリENGLISHはTOEICの全パートを対策できるのですが、リーディング力を上げたい人に特にオススメなポイントが3つあります。

 

1:時間制限機能がついている

1つ目のポイントが「時間制限機能」がついていること。

 

特にやりこんでほしいのは、もちろんPart5の問題です。

Part5の問題を1問15秒程度で解けるようになれば、リーディングパートを時間内に終わらせられるようになります。

 

なので、時間制限を15秒にして問題をたくさん解いてください。

時間を意識しながら英語を読むトレーニングを積むことにより、速く正確に英語を読む力を養うことができます。

 

【Part5】

 

スタディサプリENGLISHのPart5

 

【Part6】

スタディサプリENGLISHのpart6

 

 

ちなみに、スタディサプリENGLISHではTOEICの全パートを対策できるので、時間制限機能を使ってリーディングパートを全て解いてみるのもオススメです。

 

詳しい時間配分については、以下の記事を参照してください。

>>【TOEIC L&R】リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】

 

スタディサプリENGLISHのPart7

 

2:スキマ時間に勉強しやすい

先ほども書いた通り、リーディング力を上げるには「英語をどれだけ読んだか」が重要です。

そのため、ちょっとしたスキマ時間を使って、コツコツと英語を読むことが大切というわけですね。

 

その点、スタディサプリENGLISHはスマホアプリなので、通勤・通学などのスキマ時間に勉強しやすいという特徴があります。

ちょっと空き時間ができたらすぐに勉強できるので、TOEICのスコアを早く上げたい人にはピッタリです。

 

3:TOEIC対策の人気講師による解説講義を視聴できる

3つ目のメリットが「TOEIC対策の人気講師による講義動画を視聴できる」という点。

ちなみに人気講師というのは、先ほど紹介した「新形式問題対応 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)」の著者の先生です。

 

 

リーディングの勉強をしていて「解説を読んでも分からない。。」という経験をしたことはありませんか?

 

そんな人は、スタディサプリENGLISHの講義動画を視聴してみると良いでしょう。

この講義では練習問題の解説がされるので、紙の参考書のように「読んでも分からない」ということにはなりにくいです。

 

その他にも、「どんな勉強をすればスコアが伸びるか」や「問題を解く時のコツ」を学べます。

これらの講義は、TOEIC700点未満の人には特にオススメですね。

 

スタディサプリENGLISH まとめ

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や2ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

 

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかどうかを確認した上で、課金するか決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



 

ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

ぜひチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

 

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

 

安く済ませたいなら、千本ノックシリーズもオススメです。

この参考書は、Part5・6に特化しています。

 

僕はこの千本ノックシリーズがすごく好きで、「英語を読む練習用」に計4冊買っています。

コンパクトで持ち運びにも便利なので、僕は通勤中によく勉強していました。

 

個人的にかなりお勧めの参考書で、僕がTOEIC900点に到達したのも、この参考書をやりこんだからです。

かなりリーディングスピードが速くなりました。

 

解説はあっさりしていますが、この参考書をスラスラ読めるようになれば、TOEICのリーディングパートは楽勝でしょう。

 

 

 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

3つ目にオススメなのが「速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」です。

単語帳なんですけど、非常に万能な参考書なので、ぜひ紹介させてください。

 

この単語帳は多読に非常に向いていて、適度な長さの英文がたくさん取り扱われています。

そのため、多読にピッタリなのです。

 

 

 

さらに言うと、リスニングCDもついているので、リーディング対策も可能です。

以下のステップで勉強数するのがオススメです。

 

【おすすめの勉強法】

1:品詞分解しながら英文を読む

2:リスニングCDを聴く

3:リスニング音声をマネしながら音読する

 

以上の勉強をすると、リーディング力を鍛えつつ、リスニング力アップも期待できます。

ちなみに僕の友人は、リスニング音源を聴きつつ何回も何回も音読していたんですけど、TOEIC800点近くのスコアを取れるまでになっていました。

 

 

より詳しいレビューをみてから購入したいという場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

>>語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

 

 

中学から英語が少し苦手だった場合は、速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3の単語帳から取り組みましょう。

こちらの方が、全体的にレベルがやさしいです。

 

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3もリスニングCDがついているので、それを音読しながら覚えるのがおすすめです。

 


 

スポンサーリンク

まとめ

TOEIC Part7は、「品詞分解」と「多読」の2つを意識するのが重要です。

そのため、「品詞分解の参考書」と「多読の参考書」を買いましょう。

 

【品詞分解の参考書】

新形式問題対応 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

【多読の参考書】

スタディサプリ ENGLISH

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

この記事では「Part5のような短い英語を読みまくりましょう」と書きました。

ただし、本番の試験を受ける前は、必ず公式問題集のPart7も解くようにして下さい。

 

テストである以上、どんな問題かを知っていた方がスコアは伸びやすくなります。

(公式問題集の選び方については以下の記事参照)

>> TOEIC L&R 公式問題集の効果的で正しい使い方!

 

「Part5・6対策のオススメ参考書も知りたい」という場合は、以下の記事をチェックしてください。

>>【TOEIC L&R】Part5・6対策にオススメの参考書とは?

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-リーディング 参考書

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.