通訳案内士

通訳案内士試験はTOEICのスコアがどれくらいなら受かる?

更新日:

 

この記事が役に立つ人

◆通訳案内士試験をこれから受けようと思っている人


 

「通訳案内士試験って、TOEICでどれくらいのスコアを取れれば受かるんだろう?」

通訳案内士の資格を取りたいと思っている人にとっては、たしかに気になるトピックですよね。

 

そこでこの記事では、僕が通訳案内士資格をパスした時の経験談を元に、通訳案内士試験とTOEICの関係についてまとめてみました。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEICのスコアが高くても通訳案内士試験をパスできるとは限らない

 

実は「TOEICのスコアが高ければ、通訳案内士試験に余裕で受かる」というわけではありません。

実際、僕はTOEIC900点の時に受験しましたが、1度目の受験は落ちました。(詳しくは以下の記事参照)

>>通訳案内士試験に合格したので受験の体験談を書いてみた

 

TOEICが高くないと受からない

ただし注意してほしいのが、TOEICのスコアが低いと確実に受からないということです。

 

TOEICのスコアが高くても確実に通訳案内士試験に受かるわけではないけど、スコアが高いに越したことはないんですね。

なぜかというと、「TOEICのスコアが高い=英語の基礎を理解している」と言えるからです。

 

先ほど、TOEIC900点でも通訳案内士試験に1度落ちたと書きました。(2回目で受かった)

しかしTOEIC900点を持っていて、ちゃんと試験対策をすれば受かる確率はかなり高いのです。

 

一方、TOEIC400点の人が試験対策をすれば受かるのでしょうか?

断言してもいいですけど、確実に受かりません。

 

なぜなら英語の基礎ができていないからです。

 

TOEICができない人は英会話もできない

たまに「TOEICができなくても、英語を話せる人はいる」と言っている人がいます。

しかし、これは完全に嘘です。

 

TOEICができないということは、知っている語彙も少ないし、リスニング力も低いってことですよね?

どうやって相手の言っていることを理解しているのでしょうか。

 

TOEICすらできないのであれば、相手の英語なんて分かるわけないのです。

 

「TOEIC」と「英会話」の関係については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先に勉強するべき?

 

 

目指すべきTOEICスコア

 

では、一体どれくらいのTOEICスコアを取れば良いのでしょうか。

通訳案内士の資格を取ろうと思っているのなら、最低でもTOEIC800点以上を目指しましょう。

 

TOEIC800点を取るべき理由

なぜ800点かというと、TOEIC800点を下回るようであれば、英語の基礎がまだ不十分だからです。

具体的に言うと、面接官の話す英語をちゃんと聞き取れなかったり、言いたいことを言うための語彙力が足りない可能性がかなり高いです。

 

とりあえず、800点を取得できるように勉強しましょう。

TOEIC800点を取れるようになると、「基礎をかなり理解できるようになった」という実感を得られるようになります。

 

勉強法やオススメ参考書については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 目標800点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

できればTOEIC900点を目指そう

ちなみに1次試験の英語は、TOEIC900点を持っていると免除になります。

なので800点と言わず、できれば900点以上を目指すのがオススメです。

 

英語が免除になると、1次試験は「地理」、「歴史」、「一般常識」の3科目の受験ですむので非常に楽です。

過去問をみた限り、1次試験の英語は意外と難しそうなので、TOEICで免除を狙う方が個人的にはお得かなと思っています。

 

僕がTOEIC900点を取るためにやった勉強法については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>>TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

>>TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

 

 

スポンサーリンク

通訳案内士試験に受かるための勉強法

 

TOEIC800点は、通訳案内士試験をパスするための最低条件です。

800点を取れるレベルでないと、受かるのはかなり厳しいでしょう。

 

では、これからTOEIC800点以上を取れたら、どんな勉強をすれば良いのかを解説します。

ちなみに僕は全部独学しました。(詳細は以下参照)

>>通訳案内士試験の勉強は対策講座に通うべき?-独学で全く問題ない件について-

 

一次試験対策には何をすれば良い?

通訳案内士の一次試験対策は、ひたすら暗記です。

参考書の内容を頭に詰め込んでください。

 

頭を使う問題は出題されないので、「どれだけ知っているのか」の勝負になってきます。

ひたすら覚えましょう。

 

ちなみに一次試験の英語は、先ほども書いたように免除を狙うことをオススメします。

「地理」、「歴史」、「一般常識」の試験範囲が広いので、英語まで対策するのは正直しんどいです。

 

一次試験の「地理」、「歴史」、「一般常識」の勉強法やオススメ参考書は、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>>【通訳案内士】一次試験(筆記試験)のおすすめ参考書・勉強法について解説する

 

二次試験対策(口述試験)には何をすれば良い?

で、多くの人が気になるのは、口述試験(2次試験)の勉強法でしょう。

 

口述試験は、プレゼンテーション対策をメインにやるのがオススメです。

僕は以下のステップで対策しました。

 

【口述試験の勉強法】

1:覚えるトピックを決める

2:日本語で説明文を考える

3:英訳する

4:音読する

5:オンライン英会話

 

このステップで勉強すれば、かなりの確度で受かるのではないかなと。

 

ちなみに勉強法も重要ですが、1次試験が終わったらすぐに2次試験対策することも非常に重要です。

1次試験の手応えがなくても、意外と受かってたりします。

 

1次試験の合格発表は、2次試験の3週間くらい前です。

なので、1次試験の合格が確定してから対策を始めても、手遅れになってしまいます。

実はこれ、僕の実話です。

 

僕は1次試験の手応えがなくて、2次試験対策を全くしていませんでした。

その結果、1回目の受験では2次試験を突破できなかったのです。

 

僕と同じ失敗をしないように気をつけてください。(詳しくは以下の記事)

1年を無駄にするハメになります。

>>通訳案内士試験に合格したので受験の体験談を書いてみた

 

詳しい勉強法については、以下の記事にまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>> 【通訳案内士】二次試験(口述)の勉強法・対策について解説する

 

 

まとめ

通訳案内士試験は、「TOEICのスコアが高ければ受かる」というような単純な試験ではありません。

 

しかし、最低でもTOEIC800点は取れないと受からないでしょう。

なぜならTOEIC800点を取れないなら、英語の基礎が不十分だからです。

 

TOEIC800点に満たないスコアの場合は、まず800点を目指して、英語の基礎をしっかり学ぶことをオススメします。

(詳しくは以下の記事参照)

>>【TOEIC L&R】 目標800点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

まだTOEICを受けたことがない人は、以下の記事を参考にしながら、TOEICを受験してみましょう。

急がば回れです。

>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

英会話の勉強を中心にやりたいかもしれませんが、TOEICができないと英会話は上達しません。

TOEIC受験を通して、しっかり基礎を学びましょう。(詳しくは以下の記事参照)

>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先に勉強するべき?

 

参考になれば嬉しいです。

では!

RELATED

-通訳案内士

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.