あなたの英語力をアップさせる英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R

「TOEICと英語力は関係ない」は大ウソな件

更新日:

 

「TOEICと英語力は関係ない!」

よくこんなことを言っている人がいます。

 

けど、そんなことはありません。

確実にTOEICと英語力は関係があります。

 

そこでこの記事では

  • TOEICと英語力は関係ある理由
  • 総合的な英語力を高めるための勉強法

についてまとめてみました。

 

この記事を書いている僕は、TOEIC900点や国家資格である通訳案内士を持っています。

なので、多少は参考になるかなと。

 

では本題へ!

 

 

「TOEICと英語力は関係ない」は大ウソな件

 

冒頭にも書いた通り、TOEICと英語力は関係があります。

 

「TOEICは英語力と関係ない」と言う人がいる理由

なぜ「TOEICは英語力と関係ない」と言う人がいるのか。

それは、TOEICのスコアが高くても英語を話せるようにならないからです。

 

たしかに、TOEICはできるけど英語を話せない人がいるのは本当です。

実際、僕もTOEIC900点を取ったとき、英語を話すのは得意ではありませんでした。

 

 

しかし、このような事実はあるものの、僕は「TOEICと英語力は関係ある」と考えています。

 

TOEICと英語力は関係あります

繰り返しになりますが、TOEICのスコアが高くても英語を話せない人はいます。

 

けど、「TOEICのスコアは高いけど英語を話せない=TOEICと英語力は関係ない」は間違った考えなんですね。

 

リスニングとリーディングができないと英語は話せない

なぜそう言い切れるかというと、リスニング・リーディングができないと英語は話せないからです。

 

TOEICができないということは、リスニング・リーディング力が低いということですよね?

こんな状態で相手の言っていることを理解できると思いますか?

 

どう考えても無理ですよね。

つまり、英語を話せるようになるには、最初の段階でリスニング・リーディング力を鍛えなければならないのです。

 

たまに

「TOEICはできないけど、英語はできる」

と言ってる人がいるんですけど、これはウソです。

 

TOEIC900点かつ通訳案内士資格を持っている僕が言うんだから間違いありません。

 

英語の4技能のうち2技能はTOEICと大きく関係ある

英語は

  • リスニング
  • リーディング
  • ライティング
  • スピーキング

の4技能で構成されています。

 

で、この4技能の総合力がいわゆる英語力というわけです。

TOEICはリスニング・リーディング力を測る試験なので、4技能のうち半分と関係しています。

 

こう考えると、

「TOEICは英語力と関係がある」

と言って良いんじゃないかなと。

 

  • TOEICは英語の4技能のうち2技能と関係している
  • リスニング・リーディングができないと英会話はできない

 

以上2つの理由から、TOEICは英語力と大いに関係あると僕は考えています。

 

 

 

スポンサーリンク

総合的な英語力を上げたい人はTOEIC受験から始めるのがオススメ

 

 

TOEICは英会話に必要なリスニング・リーディング力を効率よく鍛えられるテストです。

 

そのため

「総合的な英語力を高めたい人ほど、TOEICの受験はしておいた方が良い」

と言えます。

 

総合的な英語力を高めたい人ほどTOEICを受験しよう

僕の経験上、英語は以下のステップで上達していきます。

 

【上達するステップ】

  1. リーディング
  2. リスニング
  3. ライティング
  4. スピーキング

 

したがって、総合的な英語力を身につけるにはリスニング・リーディング力を身につけることが必須です。

 

よく「英会話をできるようになりたいからTOEICの勉強はしない」と言っている人がいるんですが、個人的にはあまりオススメできません。

 

繰り返しになりますが、リスニング・リーディングができない人は英会話なんてできないからです。

 

総合的な英語力を身につけて英会話をできるようになりたい人は、まずTOEICを受験して基礎的なリスニング・リーディング力を身につけましょう。

 

それが英語力を高める1番の近道となります。

 

総合的な英語力を上げる方法

最後に総合的な英語力を上げる1番オススメの方法について解説します。

基本的には、以下のステップで勉強を進めるのがオススメです。

 

ステップ1:TOEIC L&Rの受験

まずはTOEIC L&Rを受験してください。

何度もしつこいですが、リスニング・リーディング力がないと英語力は上がらないからです。

 

TOEIC L&Rは、基礎的なリスニング・リーディング力が身についていないとスコアが上がりません。

そのため、TOEIC L&Rは英語の基礎力を鍛えるのにピッタリな試験なのです。

 

目標スコアは、最低でも600点ですね。

できれば800点くらいを目指しましょう。

 

勉強法については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、チェックしてみてください。

 

 

ステップ2:TOEIC S&Wの受験

TOEIC L&Rである程度のスコアを取れたら、TOEIC S&Wの勉強をしましょう。

 

TOEIC S&Wは

  • スピーキング
  • ライティング

の試験です。

 

そのため、TOEIC S&Wを受験することにより

  • リスニング
  • リーディング
  • スピーキング
  • ライティング

の4技能を効率的に鍛えることができます。

 

目標スコアは、スピーキングが160点・ライティング180点くらいが良いかなと。

これくらいのスコアを取れれば、仕事でも英語を使えると思います。

 

TOEIC S&Wは少しマイナーな試験なので

「ん?なにその試験?」

と思った人もいるでしょう。

 

以下の記事でTOEIC S&Wについて詳しくまとめたので、興味があればチェックしてみてください。

 

 

ステップ3:オンライン英会話

最後のステップがオンライン英会話です。

 

TOEIC S&Wの対策でもオンライン英会話を利用するのですが、この段階ではテーマを決めてのディスカッションやフリートークをやります

 

フリートークまでできれば完璧ですね。

ここまでくれば、英語力は申し分ないレベルになっているでしょう。

 

効果的なオンライン英会話の使い方については、以下の記事をどうぞ。

 

 

 

まとめ

TOEICと英会話力は大いに関係あります。

理由は以下の2つです。

 

【理由】

  • TOEICは英語の4技能のうち2技能と関係している
  • リスニング・リーディングができないと英会話はできない

 

英語ができる人でTOEICをできない人はいません。

なぜなら、TOEICは英語の基礎力を身につけるための試験だからです。

 

なので、最初の段階でTOEICの勉強はしっかりやっておきましょう。

それが英語力を高めるための1番の近道です。

 

では!

 

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-TOEIC L&R

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.