初心者向け!簡単で効果的なオンライン英会話勉強法を解説する

この記事が役に立つ人

◆オンライン英会話をこれから始める人

◆オンライン英会話をやってるけど、先生の方が喋る割合が多くなっている人


「オンライン英会話の勉強法が分からない!」

こんな風に思ったことはないでしょうか。

僕はあります(笑)

僕がオンライン英会話を始めたきっかけは、留学前に「オンライン英会話で英語を話すことに慣れておくように」と語学学校の学習アドバイザーの方から指示を受けた時です。

当時は英会話をほとんどやったことがなかったので、正直なところ「何を話せばいいねん!」って思ったのが1番の感想でした(笑)

というか

「何を話せば良いんだろう?」

って困ってる人は、僕以外にもいっぱいいるのではないかと思うんですよね。

そこで、

「これからオンライン英会話を始めようかな」

とか

「始めたけどいまいち効果があるのか分からない」

というオンライン英会話初心者向けに、簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法について書いてみました。

オンライン英会話を受講できるレベルとは

最初にオンライン英会話を受講しても問題ないレベルの英語力は、どれくらいなのについて確認しておきます。

結論から言うと、オンライン英会話を効果的に活用するにはTOEIC700点くらいは必要です。

どんなに低くても600点はほしい。

これくらいのスコアがないと、オンライン英会話を受講してもメリットはありません。

【Point!】

◆最低でもTOEIC600点の英語力が必要(できれば700点)

なぜかというと、TOEIC600点に満たないスコアでは、英語の基礎ができていないと考えられるからです。

リスニング力が低いので相手が言っていることも聞き取れないし、ボキャブラリーもないので言いたいこともろくに言えません。

そのためTOEICの点数が低い人は、オンライン英会話を受講する前に、TOEICのスコアをアップさせ、英語の基礎力を上げることに専念しましょう。

遠回りなようで、これが英会話をできるようになるための1番の近道です。

この前Twitterを見ていたら、おすすめオンライン英会話ランキングという記事に「聴く、読む、書くよりも話すことに重点を置こう」と書いてありました。

しかし、聴く、読む、書くが出来ないことには話すなんて絶対に無理です。

こういったウソをつく人は、ネット上にたくさんいるので騙されないようにしましょう。

嘘っぱちです。

TOEICを受験したことがない人は、下記の記事がおすすめです。

>>>TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

受験したことがあるけど、700点に満たないという場合は、以下の記事がオススメです。

>>> TOEIC L&R 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

オンライン英会話の効果的な勉強法

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

オンライン英会話は、以下の3ステップで勉強すると効果的です。

【オンライン英会話の効果的な活用法】

1:レッスン中に話すことをあらかじめ英作文する

2:書いた英文を何度か音読する

3:オンライン英会話で英作文した内容を話す

最初のステップで、授業中に話すことをあらかじめ英作文しておきます。

つまり言葉は悪いですが、カンニングペーパー(以下カンペ)を作っておこうということです。

そしてステップ2では、ステップ1で書いた英作文を何度か音読して、スラスラ喋れるように練習します。

完璧に覚える必要はないですが、口になじませるようにしておきましょう。

最後のステップで、いよいよオンライン英会話を受けます。

オンライン英会話のレッスン中には、できるだけカンペを見ずに喋るようしてください。

ただし話すことを忘れてしまった場合は、遠慮くなくカンペを見ちゃって大丈夫です。

以上の3ステップが、効果的なオンライン英会話勉強法です。

英会話レッスンの前に英作文をする理由

もしかしたら

「オンライン英会話なのに、英作文するの!?」

と思った人もいるのではないでしょうか?

その気持ちは、とてもよく分かります。

しかし英作文は非常に効果的なんです。

なぜ効果的と断言できるかというと、僕はこの方法で通訳案内士試験に合格できるレベルのスピーキング力になったからです。

オンライン英会話のレッスン前に英作文をしておいた方が良い理由は2つあります。

1つ目が「英語を話す時間を劇的に増やせるということ」、2つ目が「ライティングはスピーキング力の向上に効果的だということ」です。

1:英語を話す時間を増やせる

あらかじめ話す内容を書いておくことによって、レッスン中に先生の話す時間を減らし、逆に自分が英語を話す時間を劇的に増やすことができます。

当たり前ですが英会話のレッスンなので、話す時間が増えれば増えるほど、英会話力は向上します。

このように、レッスン中に話すことを英作文しておくだけで、受け身にならずに済んでしまうのです。

2:ライティングはスピーキング力の向上に効果的

そして必ず知っておいて欲しいのが、ライティングができなければ、スピーキングはできるようにはならないということです

なぜならスピーキングとは、頭の中で超高速でライティングすることだからです。

【Point!】

スピーキング=頭の中で超高速でライティングすること

つまり、自分が書けないことは話すことも出来ないのです。

なので、心置きなくカンペを作りましょう。

というかオンライン英会話をする前は、毎回英作文をしてください。

自分が作った英作文をアウトプットすることによって、英作文した表現をスピーキングでも使えるようになるし、先生も積極的に授業に参加していると褒めてくれるので、勉強のやる気がアップします。

こんなにいい事ばっかりなのだから、オンライン英会話初心者の場合は、カンペは絶対に作った方が良いです。

なぜかライティングってリスニング、リーディング、スピーキングに比べると軽視されがちなんですけど、英語を書く事はスピーキング力向上にもつながるのです。

ほとんどの受講生は受け身になっている

実はこの記事を書くに当たり、オンライン英会話の先生にどれくらいの生徒が受身にならず、積極的に英語を話しているかという質問をぶつけてみました。

なんと先生の回答によれば、積極的に英語を喋っている受講生は全体の3割にも満たないくらいだそうです。(ただし、サンプル5人)

あとの7割は先生の喋る割合が多く、生徒は相槌を打ったり簡単な質問を先生にして、先生がそれに回答するという受け身な授業になっているみたいですね。

ただオンライン英会話で受身になって、自分が喋る割合が少ないと非常にもったいない。

それを防ぐための解決策が、カンペを書くということなのです。

これをやるだけで、レッスン中に喋ることが明確になり、自分主導で授業を進めることが出来るようになります。

だって事前に英作文したことを喋るだけで良いのですから。

EVERNOTEのようなオンライン上のノートやWordに、カンペを書いておくのが個人的にお勧めです。

PC上で使えるので、先生の顔を見ながら自然にカンペを見ることができます。

何について英作文すれば良いか

ここまで読み進めて、

「書くことがない( ;∀;)」

と思った人もいるかもしれません。

これに関しては僕も色々と悩んだのですが、「自己紹介が一番簡単で英会話初心者には最適」だという結論に達しました。

なぜかというと、下記の3つが理由です。

【自己紹介がおすすめの理由】

1:レッスンの最初に自己紹介をする流れになるため

2:先生がたくさんいるので、繰り返し自己紹介の練習ができるため

3:自己紹介文は他のトピックに比べて書きやすいため

1:レッスンの最初に自己紹介をする流れになる

オンライン英会話では、初めてレッスンを受ける先生の場合、最初に自己紹介する流れになることが多いです。

そのため自然な流れで、自分が事前に書いた自己紹介文を使うことができます。

だいたい25分くらいのレッスンですが、この時間を全部自己紹介に費やすつもりでやりましょう。

先生が途中でちょっとした質問をしてくれるので、それに答えつつカンペというレールから外れないようにレッスンを進めていくのがお勧めです。

2:先生がたくさん在籍している

オンライン英会話には先生が多く在籍しています。

1度レッスンを受けた先生には自己紹介を何度もできませんが、多くの先生が在籍しているため、1度書いた自己紹介文を納得がいくまで何度も練習することができます

3:自己紹介は英作文しやすい

自己紹介は自分のことを書くだけなので比較的書きやすいです。

例えば「趣味」、「住んでいる場所」、「職業」、「何人兄弟なのか」、「専攻している学問は何か」など、ちょっと考えただけで色々とでてきます。

レッスンによって

「今日は趣味について多く喋ろう」

とか

「今回は自分が将来やりたいことについてをメインにしよう」

など、内容を少しずつ変えていくのも面白いと思います。

このように、自己紹介文は他の話題に比べて書きやすいので、オンライン英会話初心者には特にお勧めです。

英作文をする時に気を付けたいこと

英作文をする時に気をつけたいことが1つあります。

それが「できるだけ多くの構文を使う」ということです。

なぜかというと、使える構文が多くなればなるほど喋れることが爆発的に増えるからです。

例えばですけど、I’m~の使い方を覚えたとしましょう。

「~」の中に違う単語を入れるだけで多くのことを言えるようになります。

僕の職業は薬剤師なので、「~」にPharamacistを入れれば自分の職業を、kindを入れれば自分の性格を(←例えです笑)、standingを入れれば自分の動作を表現できます。

例:I’m~

◆I’m a pharmacist. (私の職業は薬剤師です。)

⇒職業を表現

◆I’m kind. (私は親切です。) 

⇒性格を表現

◆I’m standing. (私は立っています。)

⇒動作を表現

このように1つの構文を使えるだけで、様々なことを表現できるようになります。

そのため英作文をする際は「できるだけ多くの構文を使う」ということを心がけるようにしましょう。

英作文が苦手という人は、下記の参考書が役に立つと思います。

【おすすめ参考書】

英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニング

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング【MP3 CD付】

この参考書には、中学レベルの構文を使った例文がたくさん載っています。

しかも、日常英会話で使いやすい例文ばかり。

そのため、英作文をする時に参考として使うと非常に便利だと思います。

僕もよくこの参考書の例文をパクってオンライン英会話で使っています。

ここに載っている構文を使いこなせれば、かなり英会話が得意になります。

まずはこの参考書の構文を使いこなせるようになることを目指すのがお勧めです。

お勧めのオンライン英会話

今回紹介した「ライティングした後に、オンライン英会話をする」という勉強法は、「ベストティーチャー(Best Teacher)」で行うことも可能です。

ベストティーチャー(Best Teacher)では、ライティングレッスンとスピーキングレッスンで1セットになっており、必ず英語を書くことになります。

つまり最初に英語を書いて、書いた英語を元にスピーキングレッスンをするということですね。

そのため、効果的にライティング力・スピーキング力を磨くことが可能です。

しかも英語を書くネタが提供されているので、ネタ切れの心配がありません。

例えば「自分の会社に説明しよう」とか「好きな映画について話してみよう」など、1000以上のネタが提供されています。

毎日レッスンをしたとしても3年くらいネタ切れしません。

というわけで、今回紹介した「ライティングした後に、オンライン英会話をする」という勉強法をやるなら「ベストティーチャー(Best Teacher)」が最適だと思います。

無料体験レッスンを受けることができるので、気になった人は是非トライしてみてください。

詳細は下の公式ホームページからどうぞ。

>>> ベストティーチャーで無料体験レッスンを受けてみる

以上が僕がやっているオンライン英会話の利用法でした。

だいたい1ヶ月くらい受講すれば「あっ、なんか英語を喋れてる!」と効果を実感できると思います。

参考になれば嬉しいです。

では!

あわせて読みたい人気記事

【オンライン英会話の選び方】

オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

通学型英会話とオンライン英会話の違いとは?メリットとデメリットは何?

【オンライン英会話勉強法】

オンライン英会話に効果的!必ずやるべきオススメ瞬間英作文5選

オンライン英会話を使った効果的な発音学習のやり方を紹介する

オンライン英会を100回以上受けてわかった知ってると便利なフレーズ50選

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

初心者向け!簡単で効果的なオンライン英会話勉強法を解説する
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!