【TOEIC L&R】リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rの時間配分と解き方が分からない人


TOEIC L&Rテストのリーディングパートは、時間配分を意識することが非常に重要です。

タイムマネジメントをしっかりしていなかったために、「マークシートを勘で塗りつぶすハメになった」経験があるのは、僕だけではないでしょう。

そこでこの記事では、TOEIC L&Rのタイムマネジメントについてまとめてみました。

では本題へ。

リーディングパートの時間配分

まずは大まか時間配分について。

TOEICのリーディングパートでは、以下のような時間配分を意識することがオススメです。

【リーディングパートの時間配分】

Part5:約7分

Part6:約10分

Part7:約58分

ただしこれは、あくまでも理想です。

できればPart5・6をさらに早く終わらせて、なるべく多くの時間をPart7に使えるのが理想となります。

Part5の問題構成と時間配分

Part5の問題構成と時間配分は、以下のようになっています。

▼Part5の問題構成

Part5は「短文の穴埋め問題」です。

不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選ぶ問題です。

主に「語彙力」や「英文法の理解度」を測ります。

【Part5の特徴】

◆短文穴埋め問題

◆語彙力・英文法の理解度を測る

▼Part5の時間配分

時間配分は「1問あたり15秒」くらいを目安に解くのが良いでしょう。

Part5の問題数は全部で30問。

「30問×15秒=7.5分」、つまり約7分程度で終わらせるようにするのがオススメです。

Part5の効果的な勉強法や解き方については、以下の記事に詳しく書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> リーディングの時間が足りない人がやるべき勉強と対策(Part5・6編)

Part6の問題構成と時間配分

Part6の問題構成と時間配分は、以下のようになっています。

▼Part6の問題構成

Part6は「長文穴埋め問題」で、4つの長文で構成されています。

各長文に設問が4つずつあります。

設問の内容についてはPart5と似ていて、不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選ぶ問題です。

Part5と同様に主に「語彙力」や「英文法の理解度」を測る問題で構成されていますが、Part5と違って長文なので少し厄介なパートと言えるでしょう。

【Part6の特徴】

◆長文穴埋め問題

◆語彙力・英文法の理解度を測る

▼Part6の時間配分

時間配分は「1問あたり35秒」くらいを目安に解くのが良いでしょう。

Part6の問題数は全部で16問。

「16問×35秒=9.3分」、つまり約10分程度で終わらせるようにするのがオススメです。

Part6の効果的な勉強法や解き方については、以下の記事に詳しく書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> リーディングの時間が足りない人がやるべき勉強と対策(Part5・6編)

スポンサーリンク

Part7の問題構成と時間配分

Part7の問題構成と時間配分は、以下のようになっています。

▼Part7の問題構成

Part7は「長文読解問題」です。

長文読解問題では「1つの文書を読んで設問に答える問題が計29問」、そして「複数の文書を読んで設問に答える問題が計25問」で構成されています。

複数の文書を読む問題とは、具体的に言うと「複数のメールのやりとり」や「LINEのようなチャット」などを読んで答える問題のことを指します。

【Part7の特徴】

◆長文読解問題

◆長い英文を読んで内容をきちんと理解できるか測る

▼Part7の時間配分

時間配分は「1問あたり1分ちょっと」で解く必要があります。

Part7の問題数は全部で54問。

Part5を7分、Part6を10分で解くので、残りの58分すべてをPart7に使います。

Part7の効果的な勉強法や解き方については、以下の記事に詳しく書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> リーディングの時間が足りない人がやるべき勉強と対策(Part7編)

とっておきの時間節約法

時間配分が分かったところで、最後にとっておきの時間節約方法をご紹介します。

みなさんはマークシートを塗りつぶすときに何を使っていますか?

普通のシャーペンや鉛筆を使っている人は、ぶっちゃけかなり損をしています。

実は、劇的にマークシートを塗りつぶす時間を短縮することができる秘密兵器があるのです。

その秘密兵器というのが、こちらのシャーペンです。

コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D

このコクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mmは芯が1.3mmで、通常の芯(0.5mm)よりもかなり太くなっています。

通常のシャーペンよりも芯が太いので、素早くマークシートを塗りつぶせるのです。

通常のシャーペンで1つのマークシートを塗りつぶす時間が5秒くらいかかります。

一方このシャーペンは、たったの2秒でマークシートを塗りつぶせます。(当サイト調べ)

つまり1問当たり3秒の節約になります。

リーディングは全部100問あるので、3秒×100問=計300秒の節約ができるのです。

Part5は1問当たり15秒で解くので、浮いた300秒で20問も解ける計算になります。

Part5は計30問なので、3分の2の問題を浮いた時間で解けてしまうのです。

「塵も積もれば山となる」で、ここまで大きな差が出ます。

ワンコインで買えるので、ぜひ使ってみて欲しいなと。

今まで普通のシャーペンや鉛筆を使っていた人は、そのスピードの速さに感動すると思います。

以上が「TOEICリーディングパートの最適な時間配分」についてでした。

参考になれば嬉しいです。

ちなみに各パートの効果的な勉強法や解き方については、以下の記事で詳しく解説しています。

興味があればチェックしてみてください。

リーディングの時間が足りない人がやるべき勉強と対策(Part5・6編)

リーディングの時間が足りない人がやるべき勉強と対策(Part7編)

あわせて読みたい人気記事

【人気記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

【TOEIC L&R】リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!