TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴とは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人


 

「TOEICリスニングパートのスコアが上がらない。。何でだろう?」

この記事では、こんな疑問にお答えします。

 

僕自身、今までに何度もTOEICを受験してやっとTOEIC900点に到達したので、スコアが上がらない理由はだいたい分かります。

この記事を読んで、なぜリスニングパートのスコアが上がらないのか理由を探してみましょう。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴とは?

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴

 

僕の経験上、TOEICのリスニングパートのスコアが上がらない人には、いくつか特徴があります。

 

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の主な特徴

「TOEICリスニングパートのスコアが上がらない」と悩んでいる人は、以下の5つに心当たりはないでしょうか?

もし「あっ、これ当てはまってるかも。。」と思うようなら、それがリスニングパートのスコアが上がらない理由です。

 

【主な特徴】

1:文法の知識があいまい

2:覚えている単語が少ない

3:発音の勉強をしていない

4:リスニングの勉強時間が少ない

5:聞き流しをしている

6:問題の先読みをしていない

 

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人は弱点を潰していこう

いくつか心当たりはありましたか?

おそらく、リスニングパートのスコアが上がらなくて悩んでいる人は、少なくとも2個くらい当てはまったと思います。

 

でも原因が分かってしまえば、もう大丈夫です。

それを一つずつ潰していけば、少しずつTOEICリスニングパートのスコアは上がっていきます。

 

ではそれぞれの特徴について、これから詳しく解説していきます。

 

 

特徴1:文法の知識があいまい

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴1:文法の知識があいまい

 

1つ目の特徴が「文法の知識があいまい」ということ。

 

英文法を知らないとTOEICリスニングのスコアが上がらない理由

「英文法」と聞くとリーディングを思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、英文法はリスニングパートのスコアアップを狙う上で非常に重要です。

 

なぜ英文法が大事かというと、英文法は英語のルールだからです。

例えば将棋を指そうと思ったら、まずはルールを覚えますよね?

 

英語もそれと同じで、最初に英文法というルールを覚える必要があるのです。

英文法の知識がしっかりしていないと、TOEICのスコアは上がりません。

 

英文法の重要性については、以下の記事に詳しく書きました。

あわせてチェックしてみてください。

>>「英文法の勉強はいらない」は本当か?-120%大ウソです-

 

英文法を覚えないと英語の意味を理解できない

英文法を覚えていないと、英語の意味を正確に理解できません。

 

例えば、This is all you have to do.という英語。

英文法の勉強をしていない人が、正確に訳すのは難しいです。

 

すべて中学1年生レベルの単語ですが、文法が分からないと意味を理解できないのです。

ちなみに、文法の勉強をしていない人は「これがあなたたち全員が、しなければならないことだ」と訳すことが多いです。

 

This is all you have to do.を訳せなかった人やTOEIC600点未満の人は、まず英文法をちゃんと勉強しましょう。

基礎がしっかりしていないと、TOEICのスコアは上がりません。

 

オススメの参考書については、以下の記事をチェックしてください。

>>【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

 

スポンサーリンク

特徴2:覚えている単語が少ない

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴2:覚えている単語の量が少ない

 

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない2つ目の理由が「覚えている単語の数が少ない」ということ。

 

覚えている単語が少ないとTOEICリスニングのスコアが上がらない理由

覚えている単語の数が少ないと、なぜリスニングパートのスコアが伸びないのか。

それは「知っている英語しか聞き取れないから」です。

 

僕はTOEIC900点や通訳案内士資格を取得しています。

しかし、このレベルであっても知らない英語になると全く聞き取れません。

 

正直、いまだに語彙力が足りないなぁと実感します。

このように覚えている単語の数は、リスニング力と密接に関係しているのです。

 

1冊の単語帳をやり込もう

「語彙力がなさすぎるのかも」と自覚がある場合は、英単語をコツコツ覚えていきましょう。

この"コツコツ"が、あなたのリスニング力をアップさせます。

 

英単語を覚えるときは、1冊の単語帳をやり込んでください。

【TOEIC L&R】 同じ参考書を何度も勉強すべき理由とは?という記事でも書きましたが、複数の単語帳を使うよりも、1つの単語帳を覚えた方が記憶に定着しやすいです。

 

まず8割の単語を覚えることを目標に頑張りましょう。

8割くらい覚えてしまえば、聞き取れる英語がだいぶ増えます。

 

オススメのTOEIC単語帳は、以下の記事で紹介しました。

あわせてチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】 語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

 

 

特徴3:発音の勉強をしていない

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴3:発音の勉強をしていない

 

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない3つ目の理由が「覚えている単語の数が少ない」ということ。

 

発音の勉強をしないとTOEICリスニングのスコアが上がらない理由

発音学習が重要な理由は、「英語の発音と日本語の発音は全く違うものだから」です。

 

英語の発音には、日本の発音にない音がたくさんあります。

じゃあ、発音学習をしていない日本人はどうやって英語を認識しているのかというと、「日本語の音を強引に当てはめている」のです。

 

要するに、英語として聞いていないんですね。

日本語の音を強引に当てはめてしまっているから、リスニング力が上がらないというわけです。

 

例えば、Theは日本語の音を強引に当てはめていることが多いです。

実は「ザ」と読みません。

 

Rightもそうです。

本当の読み方は「ライト」ではありません。

 

発音学習の重要性については、以下の記事をチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】 リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

 

リスニング力をアップさせる発音の勉強法

発音学習では、まず発音のルールを覚えましょう。

発音のルールを覚えないことには、何も始まりません。

 

参考書は、フォニックスが1番オススメです。

これを買っておけば間違いないです。

 

 

フォニックスのレビューは、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

 

発音の勉強をする時は、必ず声に出すようにしましょう。

音読必須です。

 

Google翻訳を使うと自分の発音を確認できるので、発音が正しいかをチェックしながら勉強を進めてください。

 

Google翻訳の使い方については、以下の記事をどうぞ。

>>自分の英語の発音が正しいかを確認する簡単な方法を教える

 

 

スポンサーリンク

特徴5:リスニングの勉強時間が少ない

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴4:勉強時間が少ない

 

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない4つ目の理由が「勉強時間が少ない」ということ。

 

TOEICリスニングのスコアが上がらない人は勉強時間が少なすぎる

TOEICリスニングのスコアが上がらないと「あれっ、勉強法が悪いのかな?」と、多くの人が不安に感じます。

 

しかし大抵の場合、それは勘違いです。

単純に英語を聴いている時間が少なすぎるのです。

 

リスニング力を鍛えるには、英語をたくさん聴く以外に方法はありません。

勉強法も重要ですが、コツコツ英語を聴くことはさらに重要なのです。

 

英語をたくさん聴くことの重要性については、以下の記事に詳しくまとめました。

人気記事の1つなので、ぜひチェックしてみてください。

>>「あなたがTOEICリスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-」

 

リスニングの勉強をコツコツ勉強する秘訣

リスニング力を上げるには、たくさん英語を聴かなければなりません。

 

しかし、コツコツ勉強できないから困っているんだという人も多いと思います。

そんな人は、まずリスニング学習の習慣化に力を入れましょう。

 

例えば、歯磨きって毎日やりますよね?

それと同じように、リスニング学習も習慣化してしまうのです。

 

習慣化してしまえば、リスニング学習をするのも苦じゃなくなります。

コツコツ勉強するのが苦手な人ほど、習慣化に力を入れてください。

 

習慣化するコツについては、以下の記事をチェックしてください。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

 

特徴5:聞き流しをしている

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴5:聞き流しをしている

 

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない5つ目の理由が「聞き流しをしている」ということ。

 

聞き流しをしているとTOEICリスニングのスコアが上がらない理由

たくさん英語を聴くことは、リスニング力アップに効果的です。

しかし、聞き流しをしていては意味がありません。

 

なぜかというと、「真剣に聴いた英語の量」がリスニング力アップのカギとなるからです。

真面目に英語を聴かないことには、リスニング力は鍛えられないのです。

 

残念ながら、聞き流しは「真剣に聴いた英語の量」にはカウントされません。

 

詳しくは以下の記事をどうぞ。

聞き流しが意味ない理由について、かなり詳しく書きました。

>> TOEICリスニング対策に「聞き流し」は意味がない理由

 

「聞き流すだけでリスニング力アップ!」系の教材は嘘

「聞き流しだけでリスニング力アップ!」のような教材もありますが、あれば嘘です。

情報弱者向けの教材なので、信用しちゃダメです。

 

そんな簡単にリスニング力がアップするなら誰も苦労はしません。

重要なことなので繰り返しますが、「真剣に聴いた英語の量」がリスニング力アップをさせるのです。

 

リスニングする英文を品詞分解し、意味をちゃんと理解してからリスニングしましょう。

そして、リスニングしたら音読してください。

 

詳しいTOEICリスニングパートの勉強法については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、チェックしてみてください。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

 

 

スポンサーリンク

特徴6:先読みをしていない

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人の特徴6:先読みをしていない

 

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない6つ目の理由が「先読みをしていない」ということ。

 

先読みしないとTOEICリスニングのスコアが上がりにくい理由

TOEICの問題を解く時に重要なのが、「設問の先読み」です。

 

リスニング音声が流れてくる前に設問を読むことによって、「流れてくる音声がどんな内容なのか」予想がつくようになります。

その結果、英語を聞き取りやすくなるというわけです。

 

先読みについては、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】TOEIC900点の僕が先読みのやり方を詳しく解説します

 

先読みはTOEIC600点以上の人に有効

ただし設問の先読みは、TOEIC600点以上でないと機能しません。

なぜかというと、TOEIC600点未満の場合は、英語の基礎がまだしっかりしていないからです。

 

設問の意味を理解するのにも時間がかかってしまうので、先読みの効果を十分に得られません。(詳しくは以下参照)

>> TOEIC初心者がリスニングパートの「先読み」をすべきでない理由

 

なので、TOEIC600点未満の人は、まず600点を目指しましょう。

(できれば700点)

>>【TOEIC L&R】 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

 

 まとめ

TOEICリスニングパートのスコアが上がらない人には、いくつか共通した特徴があります。

それが以下の6つです。

 

【主な特徴】

1:文法の知識があいまい

2:覚えている単語が少ない

3:発音の勉強をしていない

4:リスニングの勉強時間が少ない

5:聞き流しをしている

6:問題の先読みをしていない

 

もし心当たりがある場合は、一つずつ弱点を補強していきましょう。

それを繰り返すことにより、リスニング力は確実に上がっていきます。

 

「TOEICリーディングパートのスコアも上がらなくて困っている!!」という人は、以下の記事もどうぞ。

>> TOEICリーディングパートのスコアが上がらない人の特徴とは?

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.