TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

TOEICのスコアが上がらない人によくある3つの特徴

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rテスト(以下:TOEIC)のスコアが上がらなくて悩んでいる人


 

TOEICの勉強している人に最もよくある悩みが

「なかなかTOEICのスコアが上がらない!!」

というものです。

 

僕も今でこそTOEIC900点に到達しましたが、勉強を始めたばかりの頃はスコアが上がらなすぎて落ち込んでいました。

なので、その気持ちは良くわかります。

 

そこでこの記事では、僕の経験を踏まえて「TOEICのスコアが上がらない人によくある特徴」についてまとめてみました。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

勉強する順番が悪い

 

1つ目の特徴が「勉強する順番が悪い」ということ。

 

最初に勉強すべきなのは"文法"と"単語"

最初に勉強すべきなのが「文法」と「単語」。

なぜかというと、この2つが英語の基礎だからです。

 

基礎ができていないと、応用はできないですよね?

だからこそ、最初に「文法」と「単語」をミッチリ勉強しないといけないのです。

 

文法と単語をしっかり覚えていないと、リスニングのスコアも上がらないし、リーディングのスコアも上がりません。

たまに「文法なんて知らなくても英語はできる」と言って、文法を軽視する人がいますが、真に受けないようにしましょう。

 

詳しくは以下の記事をチェックしてください。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

リスニングのオススメ勉強順

文法と単語を覚えたら、リスニング対策とリーディング対策を本格的にやりましょう。

 

まずはリスニングの勉強法から解説します。

リスニングは、以下の順番で勉強してください。

 

【リスニング勉強法】

1:英語の発音を学ぶ

2:品詞分解する

3:リスニング音声に合わせて音読

4:音声スピードを速くして聴き込む

5:リスニング音声をひたすら聴き込む

6:瞬間英作文をする

7:模試を繰り返し解く

 

この方法は、僕がTOEIC900点を取るために実際にやった勉強です。

詳しくは以下の記事にまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

 

リーディングのオススメ勉強順

次にリーディングの勉強法です。

リーディングは、以下の順番で勉強してください。

 

【リーディング勉強法】

1:品詞分解

2:短い文章を速く読む練習

3:音読

4:瞬間英作文

5:模試を繰り返し解く

 

この方法は、僕がTOEIC900点を取るために実際にやった勉強です。

詳しくは以下の記事にまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

 

ちなみにリスニングを先に勉強した方が、TOEICのスコアは上がりやすいです。

なので、手っ取り早くスコアを上げたい人は、リスニングパートから勉強しましょう。

 

詳しくは以下の記事を参照してください。

>> 「リスニング」と「リーディング」どっちを先に勉強するべき?

 

 

音読していない

 

TOEICのスコアが上がらない人にありがちな2つ目の特徴が「音読していない」ということ。

 

音読は軽視されがちな勉強法ですが、TOEICのスコアアップに非常に有効です。

もちろんTOEICだけでなく、「ゆくゆくは英会話もできるようになりたい」と思っている人にとっても、音読は避けては通れません。

 

音読が重要な理由

では、なぜ音読が重要なのか。

それは「英語脳」を作れるからです。

 

より具体的に言うと、英語を英語のまま理解できるようになるということですね。

 

英語→日本語のように頭の中で変換していると、どうしても英語の処理速度が遅くなります。

当然ですが、英語を英語のまま理解できた方が処理速度は速いのです。

 

そのため、TOEICのスコアを上げるには、音読をして英語脳を作る必要があります。

英語脳ができると、リスニング力とリーディング力が一気に上がるのです。

 

英語の勉強をする時は必ず音読しよう

「英語の勉強をする時は音読する」という気持ちでいましょう。

それくらい、音読は非常に重要です。

 

今まで音読をしていなかった人は、騙されたと思って音読を取り入れてみてください。

その効果を実感できると思います。

 

音読については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は音読だ!

 

 

スポンサーリンク

勉強時間が少ない

 

TOEICのスコアが上がらない人によくある3つ目の特徴が「勉強時間が少ない」ということ。

TOEICのスコアが上がらない最も大きな原因がこれです。

 

勉強法よりも勉強時間が大事

TOEICのスコアが上がらない人は、

 

「TOEICのスコアが上がらないのは勉強法が悪いのかも」

とか

「もっと良い参考書があるのかもしれない」

 

といった勘違いをしがちです。

たしかに、これらの要因でTOEICのスコアが上がらないことはあるでしょう。

 

しかし最も大きな原因は、そんなことではありません。

勉強時間が単純に少ないこと原因です。

 

勉強法よりも、参考書選びよりも、勉強時間の方がよっぽど重要なのです。

時間をかけて勉強しないければ、TOEICのスコアは上がりません。

 

簡単にTOEICスコアが上がるなら誰も苦労はしない

インターネット上には「あっという間にTOEICのスコアを上げる方法」みたいな記事があふれています。

しかし、あれは120%ウソです。

 

そんな簡単にTOEICのスコアが上がるのなら、誰も苦労はしません。

 

リスニング力を上げたければ、英語をたくさん聴く必要があります。

ちょっと英語を聴いたくらいでは、リスニングの点数は上がりません。

>> あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

リーディングだってそうです。

リーディングの点数を上げたければ、英語をたくさん読まなければなりません。

>> リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?

 

人によって成長速度は違います。

だから「〇〇時間勉強しましょう」とは正確には言えません。

 

しかし、少なくとも300〜500時間以上勉強しないことには、目に見える成果はでないと思った方が良いでしょう。

コツコツ勉強することが何よりも大事なのです。

 

「勉強時間が足りないな」と思った人は、以下の記事を参考に勉強時間を捻出してみてください。

>> TOEICの勉強をする時間がない場合の解決策とは?

 

勉強時間というより、モチベーションを保つのがキツイという場合。

その場合は以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

 

まとめ

TOEICのスコアが上がらない人には、以下の3つの特徴があります。

 

【特徴】

1:勉強順が悪い

2:音読していない

3:勉強時間が少ない

 

他にもスコアが上がらない要因はあるかと思います。

しかし僕の経験上、この3つの影響が最も大きいかなと思っています。

 

特に影響が大きいのは、3つ目の「勉強時間が少ない」ことです。

スキマ時間を有効活用して勉強しないと、なかなかスコアが上がらないということは、心の片隅に常に置いておきましょう。

 

重要なことなので何度も言いますが、ちょっと勉強したくらいではTOEICの点数は上がりません。

コツコツと継続して勉強する必要があるのです。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.