リスニング 勉強法

TOEC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rリスニングパートのスコアを上げたい人


 

「TOEICリスニングパートのスコアがなかなか上がらない!!」

 

TOEICリスニングパートは難しいですよね。

 

僕もリスニングパートのスコアがなかなか上がらなかったので、その気持ちはよく分かります。

 

そこで、この記事ではリスニング力をアップさせるのに効果的な勉強法や対策について紹介します。

 

これから紹介する勉強をすれば、遅かれ早かれ必ず結果が出るでしょう。

 

僕はこのステップで勉強をしてTOEIC900点に到達したので、再現性はかなり高いのではないかと思います。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC900点を取れるリスニング対策・勉強法

 

TOEIC900点到達には、以下の5つの勉強が効果的です。

 

僕はこの勉強法で、TOEIC900点に到達しました。

 

【TOEIC900点を取るためのリスニング対策・勉強法】

  1. 英文法・英単語を覚える
  2. 発音の勉強をする
  3. リスニング音声を聴き込む
  4. 瞬間英作文
  5. 問題演習をする

 

では、それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

 

 

TOEICリスニングのスコアアップには英文法・単語の勉強が必要不可欠

 

TOEICリスニングパートのスコアを上げるには、まず英文法と英単語をしっかり覚える必要があります。

 

英文法・英単語は英語のルールなのでしっかり覚えよう

英文法と英単語は英語のルールです。

 

例えば、将棋を指そうと思ったら、まずはルールを覚えますよね?

 

英語もそれと同じです。

 

「英語をできるようになりたい」と思ったら、最初に英語のルールである英文法と英単語を覚える必要があります

 

特に英文法の知識は、本当に重要です。

 

より詳しくは以下の記事に書いたので、興味があればチェックしてみてください。

>>「英文法の勉強はいらない」は本当か?-120%大ウソです-

 

英文法の参考書は山口俊治 英文法講義の実況中継がオススメ

 

山口俊治 英文法講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

英文法の参考書は、山口俊治 英文法講義の実況中継がオススメです。

 

僕は高校レベルの英語から分からなくなってしまったタイプの人間なのですが、山口英文法で勉強したらちゃんと理解できるようになりました。

 

僕みたいに学校の英語の授業でつまずいた人でも、山口英文法で勉強すれば理解できると思います。

 

それくらい分かりやすいですね。

 

僕がTOEIC900点を取れたのは、山口英文法で英文法を学んだからと言っても過言ではありません。

 

分かりやすい言葉で解説されているので、本当にオススメの参考書です。

 

詳しいレビューは、以下の記事にまとめました。

 

ぜひチェックしてみてください。

>>英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

 

 

ちなみに中学レベルの英文法が分からないという場合。

 

その場合は中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。を最初に勉強するのがオススメです。

 

まずは中学レベルの英文法を理解した上で、山口英文法を勉強すると、より理解が深まります。

 

 

 

単語帳はTOEIC TEST STANDARD 1800がオススメ

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

単語帳は、 速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800がオススメです。

 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800は、英文の中で使われている単語を覚えていく形式の単語帳です。

 

 

ストーリー形式になっているので、ただ単語が羅列してあるだけの単語帳に比べで格段に覚えやすいですね。

 

しかも頻出単語を中心に覚えられるので、ホントにオススメです。

 

リスニングCD付きなのでリスニング対策としても使用可能ですし、TOEIC形式の英文で構成されているのでリーディング対策もできちゃいます。

 

コスパに優れた単語帳なので、ぜひ使ってみてください。

 

詳しいレビューについては、以下の記事をどうぞ。

>> 語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

 

 

 

STANDARD1800は、中学レベルの英語があやふやな人にはレベルが少し高いです。

 

そのため、中学英語の理解度がちょっとあやしい場合は、最初に姉妹本である速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3で勉強してから、今回紹介した単語帳で勉強するのがオススメです。

 

 

 

ちなみに単語の効果的な覚え方については、以下の記事にまとめました。

 

あわせてチェックしてみてください。

>>効果抜群!TOEICの英単語を覚えるためのマル秘テクニック

 

 

スポンサーリンク

リスニング力アップには発音学習が必須

 

リスニング力アップには、発音学習が必須です。

 

TOEICリスニングパート対策としての発音学習は軽視されがちですが、必ず勉強しておきましょう。

 

発音学習をしないとTOEICリスニングのスコアは上がらない

日本語と英語の発音は全く違います。

 

どれくらい違うかというと、「メロン」と「メロンパン」くらいの違いがあるのです。

 

たとえば「Right」と「Light」は、どちらも「ライト」と読む人が多いですよね?

 

けど、実はこれらの発音は全く違います。

 

「あれっ、知っている単語のはずなのに聞き取れなかった。。。」という経験はありませんか?

 

これは英語の発音をちゃんと勉強していないことが原因です。

 

より詳しい発音学習の重要性については、以下の記事をどうぞ。

>> リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

 

発音学習のオススメ参考書はフォニックス

発音学習はリスニングの基礎中の基礎です。

 

発音学習なしでのリスニング力アップは、まずありえません。

 

発音学習をしたことがない人は、フォニックス<発音>トレーニングBOOKで発音の勉強をしましょう。

 

初心者には、この参考書が1番お勧めです。

 

簡単な言葉で解説されている上、発音する際の口の動きをイラスト付きなので、とても分かりやすいです。

 

詳しいレビューについては、以下の記事をどうぞ。

>> 英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

 

 

 

 

発音学習をする際は、自分の発音が合っているかを確認しながらやりましょう。

 

Google翻訳なら、無料で自分の発音を確認できます。

 

詳しくは以下の記事をどうぞ。

>> 自分の英語の発音が正しいか確認する方法

 

 

TOEICのスコアが上がるリスニング音声の聴き方

 

発音まで勉強したら、リスニング音声を聴き込みましょう。

 

以下のステップでリスニング音声を聴くと、効率的かつ効果的にリスニング力をアップできます。

 

【リスニング音声の聴き方】

  1. リスニングする英文の品詞分解
  2. リスニングする英文の音読
  3. リスニング音声をひたすら聴き込む

 

ステップ1:リスニングする英文の品詞分解

まずはリスニングする英文を品詞分解して、英文の意味をちゃんと理解しましょう

 

品詞分解すると英語を英語のまま理解できるようになる

品詞分解とは、「これが主語で、これが動詞で・・」と確認する勉強です。

 

たとえば、以下の例文をこれからリスニングするとしますしょう。

 

【例】

I thought that Mr.Tanaka's presentation was really good.

 

この英文を「Iが主語で、thoughtが動詞で・・」と確認するのが品詞分解です。

 

品詞分解をして英文の意味を理解することにより、英語を英語のまま理解できるようになります

 

その結果、英語を聞き取る力がつくというわけです。

 

品詞分解の重要性については、以下の記事に詳しくまとめました。

 

リーディング力アップのために書いた記事ですが、リスニングの勉強にも参考になるので、ぜひチェックしてみてください。

>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

リスニング音声の聞き流しは意味がない

「聞き流すだけで英語を聞き取れるようになる!」みたいな教材もあるようですが、聞き流すだけでリスニング力が向上するなんて、まずありえないと思って良いです。

 

小さい子供なら効果はあるかもしれませんが、大人が「聞き流す」という勉強をしても効果はありません。

 

子供と大人では、言語の吸収力が違います。

大人がリスニング力をアップさせるには、品詞分解してリスニングする英文の意味をちゃんと理解することが非常に重要なのです。

 

聞き流しがダメな理由については、以下の記事に詳しくまとめました。

 

「聞き流しをしている」または「聞き流し系の教材を買おうと思っている」という人は、ぜひチェックしてみてください。

>>TOEICリスニング対策に「聞き流し」は意味がない理由

 

ステップ2:リスニングする英文の音読

品詞分解が終わったら、リスニング音声を聴き始めましょう。

 

音読してからリスニング音声を聴くと効果的

リスニング音声を聴くときは、必ず音読をやりましょう。

 

具体的には、以下のステップでリスニング音声を聴いてください。

 

【勉強の順番】

  1. リスニング音声を数回聴く
  2. 英文を数回音読する
  3. リスニング音声にあわせて音読する

 

リスニング音声を数回聴く

最初にリスニング音声を数回聴いてください。

 

発音やイントネーションなどをしっかりチェックしましょう。

 

英文を数回音読する

リスニング音声を聴いたら、音読してください。

 

この時に重要なのが、リスニング音声をマネしながら音読するということです。

 

発音やイントネーションを意識しながら音読しましょう。

 

リスニング音声にあわせて音読する

スラスラ音読できるようになったら、リスニング音声と一緒に音読しましょう。

 

この勉強法をオーバーラッピングと呼びます。

イメージとしては、カラオケですね。

 

好きな歌手の曲を聴いてるとき、一緒に口ずさんだことってありませんか?

 

誰しもが1度はやったことあると思うんですけど、オーバーラッピングはそんなイメージです。

 

【オーバーラッピング】

音声: You should sleep for at least 8 hours.

自分: You should sleep for at least 8 hours.

 

オーバーラッピングはリスニング力アップに効果的

品詞分解と同様、オーバーラッピングも英語を英語のまま理解するのに役立ちます

 

オーバーラッピングを繰り返すことにより、英語を日本語に訳すことなく、英語のまま理解できるようになるのです。

 

実際、僕はオーバーラッピングをやったおかげで、TOEICリスニングパートだけで一気に65点も上がりました。

 

騙されたと思って、ぜひトライしてみてください。

本当にリスニング力アップに効果的です。

 

オーバーラッピングの詳しい解説については、以下の記事をどうぞ。

>>リンスニングのスコアが伸びない人はオーバーラッピングをやるべき

 

慣れてきたなら音声スピードを速くして英語を聴こう

慣れてきたら、音声スピードを速くして英語を聴くのもオススメです。

 

僕の経験上、緊張のせいか、TOEIC本番だと「リスニング音声がいつもよりも速い!!」と感じることが多いんですよね。

 

なので、普段から音声スピードを速くして聴こうというわけです。

 

ウォークマンまたはアプリで音声スピードを速くするのがオススメ

僕は英語学習用のウォークマンを買ってリスニングしていました。

 

SONY ウォークマン Eシリーズを買ったのですが、このウォークマンは0.25%単位でスピードを変えられるので便利です。

 

また英語学習専用に買ったので、「今日は音楽でも聴くか」という誘惑も断ち切れます。

 

ちなみに容量は4GBなんですけど、僕は今17枚のリスニングCDを入れていて1.8GBしか容量を使っていません。

 

なので、40枚弱くらいCDを入れられるのではないかと思います。

英語学習専用で使うなら充分な容量ですね。

 

 

 

また、あまりお金をかけたくないという人はAudipo -倍速再生、耳コピ、リスニングに-というアプリを使うのもアリです。

 

ウォークマンの方が学習効率は断然良いですが、このアプリもリスニングのお供に良いと思います。

 

僕もウォークマンを買うまでは、このアプリを使っていました。

>>App store (iPhone用)

>>Google play (Android用)

 

先ほど紹介したウォークマンやAudioのレビューは、以下の記事にまとめました。

 

オススメ記事なので、ぜひチェックしてみてください。

>> リスニング音声が速く聞こえる対策-効果的な勉強法-

 

ステップ3:リスニング音声をひたすら聴き込む

ステップ2までやったら、あとはリスニング音声をひたすら聴き込みましょう。

 

リスニング力を上げるにはたくさん英語を聴かなければならない

リスニング力をアップさせるには、リスニング音声をたくさん聴くことが重要です。

 

なぜかというと、良い勉強法を知っていても、英語をたくさん聴かなければ、リスニング力は上がらないからです

 

たとえば、サッカーのドリブルが上手くなりたいと思って、ずっとドリブルのやり方の本を読んでも意味ないですよね?

 

ドリブルが上手くなりたかったら、実際にサッカーボールを蹴ることが重要です。

 

英語もそれと同じで、リスニング力を上げたければ、英語をたくさん聴くしかないのです。

 

コツコツ英語を聴き続けることが重要

今の時代、インターネットで検索すれば、いくらでも素晴らしい勉強法を探すことができます。

 

しかも、これらの情報は無料です。

それにも関わらず、なぜTOEIC900点を取れる人は少ないのでしょうか?

 

効率的な勉強法がインターネット上でたくさん公開されているのに、TOEIC900点を取れる人がごくわずかなのはおかしいと思いませんか?

 

理由は簡単です。

それは正しい勉強法を知っていても、継続して勉強できないからです。

 

英語学習は勉強しても、すぐに結果がでません。

そのため、多くの人は途中で嫌になって勉強をやめてしまうのです。

 

リスニング力を上げたければ、英語をコツコツ聴き続けなければいけないのですが、それを多くの人はできないんですね。

 

継続して英語を聴き込むことの重要性は、以下の記事にまとめました。

 

当サイトで最も読まれている記事の1つなので、ぜひチェックしてみてください。

>> あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

 

スポンサーリンク

瞬間英作文をするとさらにTOEICのスコアが上がりやすくなる

 

ここまで紹介した勉強法だけでも、十分リスニング力はアップしますが、さらにリスニング力をつけたい人は瞬間英作文もやりましょう。

 

瞬間英作文をすると英語を瞬時に理解できるようになる

瞬間英作文のトレーニングを積むと、英語を瞬時に理解できるようになります。

 

瞬間英作文は日本語を英語へ素早く変換するトレーニング

例えば、下のような日本語文があります。

 

【例文】

  • 彼は東京で10年以上働いています。
  • これは何でできているんですか?
  • これは彼が書いた絵です。

 

これらの日本語を瞬時に英語へ変換するのが瞬間英作文です。

 

瞬間英作文は英語を英語のまま理解するのに効果的

品詞分解やオーバーラッピングと同様、瞬間英作文をすると英語を英語のまま理解できるようになります

 

TOEICでよくある悩みの1つに「ところどころ聞き取れるけど、全体の意味までは分からない」というものがあります。

 

僕の経験上、瞬間英作文は、こういった悩みを解決してくれる効果的な勉強法です。

 

より詳しい瞬間英作文の解説は、以下の記事にまとめました。

 

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>リーディング・リスニングが苦手なら、瞬間英作文を絶対にやるべき!

 

オススメな瞬間英作文参考書

オススメな瞬間英作文の参考書は、英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニングです。

 

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング【MP3 CD付】

 

NOBU式トレーニングは中学英語のみで構成されていますが、意外と中学レベルの英語でも瞬時に日本語から英語へ変換するのは難しかったりします。

 

中学英語を瞬時に理解できるだけでもリスニング力はかなり上がるので、ぜひトライしてみてほしいです。

 

 

 

仕上げにTOEICの問題演習をたくさんやろう

 

最後の仕上げとして、模試を解きましょう。

 

学校のテスト前に過去問を解いて、本番に備えたことはありませんか?

 

イメージとしては、そんな感じです。

 

TOEICもテストなので、模試を解くことによりスコアアップを期待できます

 

TOEIC模試を解く時の3つの注意点

TOEIC 公式問題集の効果的で正しい使い方!という記事でも書きましたが、模試を勉強する時の注意点としては、大きく分けて3つあります。

 

【効果的なTOEIC模試の使い方】

  1. 本番と同じように問題を解く
  2. 間違えた問題は復習する
  3. 繰り返し問題を解く

 

1:本番と同じように問題を解く

1つ目の注意点が、「本番と同じように問題を解く」ということ。

 

聞き取れなかったからといって、音声を聞き直すのはダメです。

 

模試を解く目的は、あなたの弱点を見つけることなので、音声を聞き直してしまうと意味がありません。

 

必ず本番と同じように問題を解きましょう。

 

2:間違えた問題を復習する

2つ目の注意点が、「解いたら必ず復習する」ということ。

 

模試を解き終わって「これくらいのスコアなら取れそうだな~」で終わってはダメです。

 

必ず間違えた問題を復習しましょう。

 

復習をして1個ずつ分からないことをつぶしていくことが、TOEIC900点に到達する近道です。

 

3:繰り返し問題を解く

TOEIC模試は、繰り返し解き直しましょう。

 

先ほども書いたように、TOEICは繰り返し問題演習することにより、スコアが上がりやすくなります

 

問題演習の教材としてオススメなのは、以下の2つです。

 

TOEIC公式問題集

1つ目がTOEIC公式問題集です。

 

TOEICを制作している団体が作っている問題集なので、質の高い問題が多いです。

 

購入する場合は、もっとも新しいTOEIC公式問題集を使って勉強しましょう。

 

なぜかというと、最新のTOEIC公式問題集が、もっとも最近の傾向をとらえているからです。

 

公式問題集の選び方については、以下の記事をどうぞ。

>>TOEIC 公式問題集はどれから解けば良いの?

 

スタディサプリENGLISH

スタディサプリ ENGLISH

 

2つ目がスタディサプリENGLISHというアプリです。

 

スタディサプリENGLISHは、TOEIC全パートの対策をできます

 

僕がスタディサプリENGLISHをオススメする理由は4つあります。

 

【オススメの理由】

  • 問題数が豊富
  • リスニング力がアップしやすいカリキュラム
  • スキマ時間で勉強しやすい
  • コスパが良い

 

問題数が豊富

まず問題数が豊富です。

どれくらい豊富かというと、模試10回分以上の問題を解けます

 

しかも、新しい問題が毎月追加されます。

まさに問題演習をしたい人にとって、ピッタリの教材なのです。

 

【Part1】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part1

 

【Part2】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part2

 

【Part3】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part3

 

【Part4】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part4

 

リスニング力がアップしやすいカリキュラム

僕の経験上、リスニング力アップには、「どれだけ真剣に英語を聴いたか」が重要です。

 

で、スタディサプリENGLISHは、リスニング力がアップしやすいカリキュラムを採用しています。

 

それが何かというと、ディクテーションです。

ディクテーションとは、「流れてきた英語音声を書き取る勉強」のことを指します。

 

以下の画像は、スタディサプリENGLISHのリスニングパートの問題なのですが、英語音声で「He's looking at a screen.」と流れます。

 

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part1

 

この時、「He's looking at a screen.」と、以下のように書き取る必要があるというわけです。

 

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part1

 

「書きとらなきゃ」という意識が働くので、自然と集中して英語を聴くようになります

 

その結果、リスニング力がアップするというわけです。

 

個人的に、ディクテーション機能は本当に良いなと思いました。

 

TOEICリスニングのスコアが伸び悩んでいる人は、ぜひやってみてほしいです。

 

スキマ時間で勉強しやすい

スタディサプリEGNLSIHは、空き時間で勉強しやすいこともポイントですね。

 

忙しい人だと、勉強時間を捻出するのも一苦労です。

その点、スタディサプリENGLISHはスマホアプリなので、通勤・通学やお昼休みなどのスキマ時間でもササッと勉強できます

 

コスパが良い

コスパを考えると、TOEIC公式問題集よりもスタディサプリENGLISHの方が良いですね。

 

TOEIC公式問題集が1冊3000円で模試2回分の問題演習しかできないのに対し、スタディサプリENGLISHは月額2980円で10回分以上の模試を解けます。

 

さらに言えば、毎月新しい問題が追加されるので、問題演習をたくさんしたい人にとってはピッタリな教材と言えます。

 

スタディサプリENGLISHは、リーディング・リスニングの問題演習に加え、TOEIC対策の人気講師による「効果的な勉強法」や「解答のコツ」などの講義も視聴できます。

 

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や2ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

 

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、7日間の無料体験をできます

 

なので、無料体験をして自分に合うかを確認した上で、課金するか決めてください。

 

スタディサプリ ENGLISH

 

ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

 

興味があればチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が、TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法でした。

 

もう1度おさらいをすると、以下の通りです。

 

【TOEIC900点を取るためのリスニング対策・勉強法】

  1. 英文法・英単語を覚える
  2. 発音の勉強をする
  3. リスニング音声を聴き込む
  4. 瞬間英作文
  5. 問題演習をする

 

特に重要なのが、6つ目の「リスニングに多くの時間を使うこと」です。

これは、本当にメチャクチャ大事です。

手っ取り早くリスニング力アップなんて夢物語であって、結局コツコツ勉強するしかありません。

 

少し勉強をしただけなのに「英語が聞き取れません。なぜでしょう?」と聞かれることがたまにありますが、聞き取れないのは勉強不足が主な原因です。

 

あらゆる隙間時間にリスニングする癖をつけないと、なかなかTOEICのスコアは上がらないです。(詳しくは以下の記事参照)

>> あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

やることが多すぎて嫌になってしまった人もいるかもしれませんが、このステップで勉強していけばTOEICリスニングパートの攻略は余裕です。

コツコツ地道に勉強しましょう。

 

ちなみに「リーディングパートの勉強法も気になる!」という場合は、以下の記事もあわせてどうぞ。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

RELATED

-リスニング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.