リーディング 勉強法

【TOEIC L&R】 リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rテストのリーディングパートが苦手な人(350点未満)

◆英語を読むのが遅い人


 

TOEIC L&Rのリーディングパートに対して、苦手意識を持っている人は少なくありません。

特に勉強を始めたばかりの人は、リーディングパートが全く終わらなくてヘコんでいるのではないでしょうか?

 

その気持ち、痛いほど分かります。

僕もTOEIC L&Rの受験を始めたばかりの頃は、あまりにも時間が足りなさ過ぎて絶望しました。

 

しかしそんな僕でも、今ではリーディングパートが時間内に終わり、無事に900点の大台を突破することができました。

 

そこでこの記事では、TOEICのリーディングパートが終わらない人にとって、最も力を入れるべき勉強である「品詞分解」の勉強法についてまとめました。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

リーディングが時間内に終わる英語力とは

 

まず、TOEIC L&Rリーディングパートを時間内に終わらせることができるレベルの英語力について確認しておきましょう。

時間内にTOEICリーディンパートを終わらせることができるレベルとは

時間内にTOEICリーディングパートを終わらせることができるレベル。

これは僕の経験から言って、TOEIC800点レベルの人です。

 

しかもTOEIC800点アラウンドでも、正直かなりギリギリですね。

余裕をもって終わらせるには、800点台後半のスコアが必要です。

 

リーディングパートだけのスコアで言うと、380〜400点くらいでギリギリ終わるレベル。

そして450点前後を取れるようになると、5分くらい時間が余るレベルです。

 

ほとんどの人は時間内に終わらない

ぶっちゃけTOEICリーディングパートは、ほとんどの人が時間内に終わりません。

先ほど「リーディングだけで400点を取れないと時間内に終わらない」と書きましたが、受験者のどれくらいが400点を取れるか知っていますか?

 

リーディングパートだけで400点を取れる人は、実は上位8%くらいしかいません。

要するに時間内に終わるのは、全体の10%もいないのです。

参照:TOEICテスト スコア分布

 

上位8%と聞くと「自分には無理なんじゃないか」と思ってしまうかもしれません。

しかし品詞分解をやりまくれば、絶対にTOEICは時間内に終わるようになります。

 

英語がそんなに得意ではなかった僕でも、TOEIC900点を取れたので大丈夫です。

少しずつ頑張っていきましょう。

 

ちなみに、リーディングパートが苦手過ぎて心が折れかけている人には、以下の記事がオススメです。

ぜひチェックしてみてください。

>>もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

 

 

品詞分解とは

では「品詞分解」とは、いったいどんな勉強なのか。

知っている人もいるかもしれませんが、念のため確認しておきましょう。

 

品詞分解とは

例を出します。

それぞれ、どれが主語で、どれが動詞で、どれが目的語で、どれが補語か分かりますか?

 

【例文】

I believed she was innocent.

私は彼女が無実であると信じていた

 

この英文では、主語が2つ、動詞が2つ、補語が1つで構成されています。

 

主語が「I」と「she」、動詞が「believed」と「was」、そして「innocent」が補語に当たります。

そして大きなくくりで見ると「she was innocent」が、believeに対する目的語となっています。

 

【答え】

主語: 「I」と「she」

動詞:「believed」と「was」

補語:「innocent」

目的語:「she was innocent」

 

これが品詞分解です。

つまり「どれが主語で、どれが動詞で・・・と確認していく作業」が品詞分解ということです。

 

品詞分解をするメリット

品詞分解のメリットとは何か。

それは「英語を英語のまま理解できる英語脳を作れる」ということです。

 

例えば「I love you」という英文であれば、「私はあなたを愛しています」と一瞬で理解できますよね?

感覚としてはそんな感じです。

 

読んだ瞬間に英語を英語のまま理解できる。

これが英語脳です。

 

当たり前ですが、英語を英語のまま理解できるようになると、英語を読むスピードが速くなります。

品詞分解には、リーディングスピードをアップさせる効果があるのです。

 

【Point!】

品詞分解をすることにより、英語を英語のまま理解できるようになる

 

 

スポンサーリンク

品詞分解すると英語の語順に慣れることができる

 

英語脳と言われても、ピンとこない人もいるのではないでしょうか?

そこで、より詳しく英語脳について解説していきます。

日本語と英語は語順が違う

日本語と英語の大きな違いの1つが「語順」です。

 

具体例を出しましょう。

例えば、「I love you」を品詞分解すると、「主語( I )+動詞(love)+目的語(you)」となります。

 

次に日本語の「私はあたなを愛しています」を品詞分解してみましょう。

「主語(私は)+目的語(あなたを)+動詞(愛しています)」 という順番になります。

 

英語:I love you

語順:主語( I )+動詞(love)+目的語(you)

 

日本語:私はあなたを愛しています。

語順:主語(私は)+目的語(あなたを)+動詞(愛しています)

 

英語と日本語の語順を比べると、動詞と目的語の順番が入れ替わっていますよね。

I love youはシンプルな英語なので分かりやすいですが、複雑な英語だと語順がさらに分かりにくくなります。

 

英語を読むのが難しいのは語順の違いが原因

実はこの語順の違いが、日本人が「英語のリーディングは難しい」と感じる原因となっています。

 

リーディングの途中で意味が分からなくなってしまい、文頭に戻って読み直してしまったことはありませんか?

なぜ戻り読みをしてしまうかというと、英語の語順に慣れていないからです。

 

英語の語順に慣れていないと、リーディングスピードが落ちます。

その結果、TOEICリーディングパートが終わらないというわけですね。

 

品詞分解すると語順の違いに慣れることができる

何が言いたいかというと、「品詞分解のトレーニングを積むと、英語の語順に順応できる」ということです。

 

その結果、英語を速く正確に読めるようになります。

これが英語脳です。

 

リーディングが苦手な人は、品詞分解をするのが非常に遅いです。

品詞分解をちゃんとできないと、英語を速く正確に読めないし、戻り読みをたくさんすることになります。

 

品詞分解を瞬時にできなければ、制限時間内にTOEICを終わらせるなんて夢のまた夢なのです。

TOEICを時間内に終わらせたいなら、品詞分解をちゃんとできるようになりましょう。

 

品詞分解をできるようになると、リーディングの正確性が増し、読むスピードも圧倒的に速くなります。

 

 

品詞分解におすすめの参考書

 

オススメの参考書を紹介する前に、品詞分解の勉強をする際のコツを解説します。

品詞分解のトレーニングは短い英文でやろう

品詞分解のトレーニングは、短い英文でやりましょう。

具体的に言うと、TOEICのPart5みたいな英文ですね。

 

長文は短い英文が集まったものに過ぎません。

そのため、短い文を速く正確に読めれば、長文も速く正確に読めるようになるのです。

 

実際、僕はPart7のような長文対策はほとんどせずにTOEIC900点を取れるまでになりました。

Part7は本番直前に模試を解いたくらいですね。

 

Part5を速く正確に読むトレーニングを続ければ、TOEICリーディングパートは時間内に終わらせることが可能なのです。(詳しくは以下の記事参照)

>> リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

 

オススメ参考書・教材

では、品詞分解の勉強にオススメの参考書・教材を紹介します。

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

1つ目にオススメしたいのが、新形式問題対応 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

先ほども書いた通り、品詞分解の勉強はPart5のような短い文でやるのがオススメです。

そのため、Part5とPart6に特化しているこの参考書は、品詞分解のトレーニングにピッタリなのです。

 

「どの単語が主語で、どの単語が動詞で〜」と丁寧に書いてくれているので、品詞分解が苦手な人でも取り組みやすいと思います。

「品詞分解に苦手意識がある」という人は、この参考書から勉強してみましょう。

 


 

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!

 

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

 

次にオススメしたいのが、千本ノックシリーズです。

この参考書もPart5・6に特化しています。

 

解説はアッサリしていますが、品詞分解のトレーニングにはピッタリです。

僕はこの千本ノックシリーズがすごく好きで、「英語を読む練習用」に計4冊買っています。

 

 

TOEIC900点を僕が取れたのは、この千本ノックシリーズを読み込んだからと言っても過言ではありません。

コンパクトで持ち運びもしやすいので、通勤・通学の勉強のお供にオススメです。

 


スポンサーリンク

品詞分解の効果を最大化する方法

 

最後に、品詞分解の効果を最大化するポイントを紹介します。

品詞分解した英文を音読しよう

品詞分解をしたら、品詞分解した英文を音読しましょう。

音読も品詞分解と同様、英語脳を作るのに役立ちます。

 

 

要するに、音読をすることによって「英語を英語のまま理解できるようになる」ということですね。

品詞分解とセットで音読をすれば、効果が倍になります。

 

リーディング力をアップさせ、TOEICを時間内に終わらせたいのなら、必ず音読もしましょう。

 

音読はどれくらやるべきか

 

音読をどれくらいやるべきかですが、僕は1つの英文につき、だいたい15回くらい音読していました。

ただし15回というのはあくまでも目安で、人によって必要な回数は違ってきます。

 

基本的には、つっかえることなく読めるまで音読すると良いでしょう。

これを繰り返せば、リーディング力は確実にアップします。

 

音読については、以下の記事にまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は音読だ!

 

 

まとめ

以上が、TOEICリーディングが苦手な人向けの勉強法でした。

品詞分解は本当に効果的な勉強法なので、ぜひ試してみてください。

 

ただし品詞分解は、リーディングを上達させるための基本中の基本の勉強法に過ぎません。

他にもリーディング力をアップさせるためにやるべきことがあるのです。

 

僕がTOEIC900点を取るためにやったリーディング勉強法は、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、チェックしてみてください。

>>TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-リーディング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.