英会話をしたい人がTOEICの勉強を最初にすべき理由

この記事が役に立つ人

◆英語を話せるようになりたいと思ってる人


「英会話の勉強をしたいからTOEICの勉強はしない」

と言う人がたまにいます。

まず最初に言ってしまうと、この考えでは確実に英語を話せるようにはなりません。

むしろ英会話をしたい人ほど、TOEICの勉強をするべきなのです。

では、なぜそう言い切れるのか。

それをこの記事でまとめてみました。

では本題へ。

英会話をしたい人がTOEICの勉強を最初にすべき理由

英会話をしたい人が、TOEICの勉強を最初にすべき理由。

それは「TOEICができない人は、英会話もできないから」です。

少し考えてみましょう。

TOEICができない人が、相手の英語を聞き取ることができると思いますか?

まず無理ですよね?

英語には「インプット学習」と「アウプット学習」があります。

具体的にいうと、TOEICの勉強はインプット、そして英会話はアウプットに属します。

英会話のようなアウトプットをするには、TOEICのようなインプット学習をしっかりとしなければならないのです。

インプットとアウトプットの違い

では「インプット学習」と「アウトプット学習」の違いって何でしょうか。

インプット学習は、いわゆる覚える勉強です。

例えば「単語を覚える」や「英語を読む」といった勉強ですね。

一方アウプット学習は、覚えたことを実際に使う勉強です。

「英会話」や「英語を書く」といった勉強ですね。

▼インプット

◆単語を覚える

◆文法を理解する

◆発音のルールを学ぶ

◆英文を読む

◆英語を聴く

◆音読する(アウトプット効果もアリ)

など

▼アウトプット

◆音読する(インプット効果もアリ)

◆英語を書く(ライティング)

◆英語を喋る(スピーキング)

など

インプットとアウトプットの関係性

インプット学習とアウトプット学習は、有機的につながっています。

何が言いたいかというと「インプット学習をしっかりしなければ、良質なアウトプットはできない」ということです。

例えばですけど、「発音のルールを覚える」というインプット学習をちゃんとしていなければ、「スピーキング」というアウトプット学習をしても、十分にその効果を発揮することはできません。

なぜなら間違った発音で音読することになるからです。

発音が間違っていれば、相手に言いたいことが伝わりません。

また「文法を覚える」というインプット学習をしなければ、英語のルールを無視したとんでもなく間違った英語を使うことになります。

「単語を覚える」というインプットをしなければ、言いたいこともろくに話せません。

このようにインプット学習をしなければ、アウトプット学習をしても全く意味がないのです。

インプットは基礎、アウトプットは応用と考えれば分かりやすいと思います。

これがインプット学習にちゃんと時間を費やさなければいけない理由です。

インプット学習を十分にしなければ、英会話なんて夢のまた夢なのです。

スポンサーリンク

英語ができるかは喋らせれば分かる

企業の採用面接官は、候補者が本当に英語ができるかを確認するために、実際に英語を喋らせてみるそうです。

なぜなら「英語を話す」というアウトプットができれば、インプットもできると分かるからです。

要するに「英語を話せる」→「単語や文法もちゃんと理解している(インプットも十分)」という証明になるわけです

重要なことなので何度も書きますが、「インプット学習」という土台がしっかりしていないと、英語を話すという「アウトプット」はできないことを意味します。

英語のインプットに最適な勉強とは?

これで、「英語を話せるようになりたいなら、インプット学習が重要」ということを理解していただけたのではないかと思います。

では、どうやってインプット学習を進めれば良いのか。

答えは簡単で、「TOEIC L&Rテストの受験」です。

なぜかというと、TOEIC L&Rの勉強は英会話をする上で必要な英語力を養うのに最適だからです。

目標スコアは最低でも600点、できれば800点です。

800点以上のスコアであれば、英会話に必要な基礎力ができていると判断して問題ないでしょう。

TOEIC L&Rテストの勉強法については、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

まとめ

英会話を早くしたいからといって、インプット学習を飛ばし、オンライン英会話などのアウトプット学習をするのは望ましくありません。

「インプット」をしっかりやってこその「アウトプット」なのです。

「とりあえず外国へ行けば、英語を喋れるようになる」と勘違いして、インプット学習をしないまま海外へ行ってしまう人もいますが、これも典型的なインプット軽視です。

当然ですが、インプットをしてないのなら、たとえ英語を使う環境にいたとしても喋れるようにはなりません。

「英語を話せるようになろう」といきなりオンライン英会話を始めたり、ワーホリに行ったりして、お金と時間を無駄にしてほしくないなと思います。

まずはTOEIC L&Rの受験を通して、基礎学習をしっかりとやりましょう。

それが遠回りなようで、1番の近道です。

>>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

英会話をしたい人がTOEICの勉強を最初にすべき理由
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!