TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み TOEIC S&W 悩み・疑問

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアに相関関係はある?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&RとS&Wの関係性について知りたい人


 

「TOEIC L&RとTOEIC S&Wのスコアって相関するのかな?」

たしかに、相関関係があるかって気になりますよね。

 

僕自身、TOEIC L&RとTOEIC S&Wを何度も受験しました。

なので、この分野に関してはかなり詳しいと自負しています。

 

そこでこの記事では、「TOEIC L&RとS&Wのスコアの相関関係」についてまとめてみました。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアには相関関係がある?

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアは相関関係にある

 

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアには、相関関係があるのか。

僕の経験上、相関関係はあります。

 

TOEIC L&RとTOEIC S&Wは相関関係にある

例えば、TOEIC L&Rのスコアが低い場合。

この場合はTOEIC S&Wのスコアも低いです。

 

一方、TOEIC L&Rのスコアが高い場合。

この場合は、TOEIC S&Wのスコアも高い傾向にあります。

 

【Point!】

◆TOEIC L&Rのスコアが高ければTOEIC S&Wのスコアも概ね高い

 

TOEIC公式サイトのスコア比較表を見ても、相関関係があります。

TOEIC L&Rのスコアが高い人は、TOEIC S&Wのスコアも高いです。

 

参照:http://www.iibc-global.org/library/redirect_only/library/toeic_data/sw/pdf/score_comparison_list.pdf

 

TOEIC L&Rのスコアが高ければS&Wのスコアも高いとは限らない

しかし「TOEIC L&Rのスコアが高い人が、必ずTOEIC S&Wでもハイスコアを取れる」というわけではありません。

 

例えば、上の表だとTOEIC L&R900点の人は、スピーキングテスト160点、ライティングテスト170点を取れることになっています。

 

しかし僕がTOEIC900点の時に初めて受験したTOEIC S&Wのスコアは、スピーキング120点、ライティング140点でした。

かなりスコアに開きがありますよね。

 

なぜかというと、当時の僕はスピーキング・ライティングの勉強をしたことがなかったからです。

TOEIC L&Rのスコアが高かったとしても、スピーキングとライティングの勉強をしなければ、TOEIC S&Wでハイスコアを取ることはできないのです。

 

TOEIC L&Rのスコアが高い人は「TOEIC S&Wでもハイスコアを取れるポテンシャルがある」というのが1番近い表現でしょう。

 

 

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」に相関関係がある理由

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」に相関関係がある理由

 

では、なぜ「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアに相関関係があるのでしょうか。

 

TOEIC L&RとS&Wに相関関係がある理由

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアはなぜ相関するのか。

理由は「リスニングとリーディングができて、はじめてスピーキングとライティングをできるようになるから」です。

 

よく「TOEIC L&Rできなくても、英会話はできる人いるよ」と言っているがいるんでけど、それは完全に勘違いです。

ありえません。(詳しくは以下の記事)

>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先に勉強するべき?

 

リスニング力・リーディング力が低いとTOEIC S&Wでハイスコアは取れない

例えば、TOEIC L&Rのスコアが低いということは、リスニング力が低いということですよね?

リスニング力が低いと、TOEICスピーキングテストの問題を聞き取ることができません。

 

そしてリーディング力が低いということは、文法の知識もあやふやだし知っている単語も少ないことを意味します。

そのため、言いたいことを話せない上に書くこともできません。

 

このような理由により、「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアは相関するのです。

TOEIC L&Rのスコアが低ければTOEIC S&Wのスコアも低いし、TOEIC L&Rのスコアが高ければTOEIC S&Wのスコアも高くなり傾向があります。

 

 

スポンサーリンク

TOEIC L&Rの受験から始めるのがオススメ

TOEIC S&WではなくTOEIC L&Rの受験から始めよう

 

TOEIC L&RとTOEIC S&W、どっちから受けるか迷っている場合。

その場合は、TOEIC L&Rから受けることを強くオススメします。

 

TOEIC L&Rから受験すべき理由

なぜTOEIC L&Rから受験すべきなのか。

繰り返しになりますが、TOEIC L&Rができないと、TOEIC S&Wはできないからです。

 

簡単に言ってしまえば、「TOEIC L&R=基礎の試験」で、「TOEIC S&Wは応用の試験」なんですね。

当たり前ですが、基礎がしっかりできていなければ、応用はできません。

 

まずはTOEIC L&Rを受験しましょう。

基礎を飛ばして応用であるTOEIC S&Wを受験しても、得られるものはほとんどないです。(詳しくは以下の記事)

>>「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちから受けるべき?

 

【Point!】

TOEIC L&R=基礎の試験

TOEIC S&W=応用の試験

 

TOEIC L&Rの目標スコアは、とりあえず800点くらいを目指すと良いと思います。

どんなに低くても700点ですね。

 

TOEIC700点を目指すための勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

オンライン英会話もTOEIC L&Rの受験後がオススメ

話はそれますが、オンライン英会話も同様です。

TOEIC L&Rを受験して英語の基礎を身につけてから、オンライン英会話を受講した方が良いです。

 

「オンライン英会話でTOEICのスコアが〇〇点アップ!」

といった広告が打たれていることがありますが、あれは嘘です。

 

リスニングとリーディングができなければ、英語を話すことはできません。(詳しくは以下の記事)

>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先に勉強するべき?

 

 

まとめ

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアには、相関関係があります。

ただしTOEIC L&Rのスコアが高い人が、必ずTOEIC S&Wのスコアも高いというわけではありません。

 

かつての僕のようにTOEIC L&Rのスコアが高くても、スピーキング・ライティングの勉強をしていなければ、TOEIC S&Wで良いスコアは取れません。

 

あくまでも、「TOEIC S&Wでもハイスコアを取れるポテンシャルがある」だけです。

 

まずはTOEIC L&Rを受験して800点くらい取れるようになりましょう。

そのあとTOEIC S&Wを受験すると、スムーズに勉強が進みます。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

 >> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み, TOEIC S&W 悩み・疑問

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.