TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

あなたがTOEIC L&Rテストをすぐに卒業すべき理由

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rテストの勉強をしている人


 

TOEIC L&Rテストは、英語力を測る試験として非常に人気があります。

実際「TOEIC L&Rテストで〇〇〇点以上をとるように」と、一定レベルのTOEICスコアを社員に義務付けている会社も増えてきました。

 

楽天はTOEIC800点以上を社員に義務づけていることで有名ですよね。

やはりグローバル化の流れが避けられない以上、「英語力は必須」ということなのでしょう。

 

このように企業の採用でも評価されているTOEIC L&Rですが、「スコアが高ければ高いほど良い」というわけではありません。

一定レベルのスコアに達したら、とっととTOEIC L&Rテストは卒業すべきなのです。

 

では、なぜTOEICはとっとと卒業すべきなのか。

この記事では、その理由についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

TOEIC L&Rテストをとっとと卒業すべき理由とは?

TOEIC L&Rテストをとっとと卒業すべき理由とは?

 

なぜ僕が「TOEIC L&Rをすぐに卒業すべき」と言うのか。

理由は、スピーキング力が重視されつつあるからです。

 

TOEIC S&Wの受験者がすごい勢いで増加している

実はスピーキング力とライティング力を測るTOEIC S&Wの受験者がかなり増えてきています。

 

TOEIC公式サイトのデータによると、2006年の受験者が1200人しかいなかったのに、たった8年で24000人まで増えています。

実に20倍にもなっているのです。

 

TOEIC S&Wの受験者数

出典:TOEIC公式サイト

 

TOEICの受験者は主にビジネスパーソンです。

つまりTOEIC S&Wの受験者が増えている理由って、仕事で英語を話す機会が増えているからなんですよね。

 

*TOEIC S&Wについて、より詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

 

TOEIC L&Rの受験だけで評価される時代は終わりつつある

実はTOEIC L&Rのスコアが高くても、英語を話せるようにはなりません。

 

英会話の勉強をしないことには、スピーキング力はつかないのです。

(詳しくは以下の記事)

>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先に勉強するべき?

 

今まではTOEIC L&Rのスコアだけで評価してもらえていました。

しかし、これからはどうでしょうか。

 

TOEIC S&Wの受験者数の推移を見ていると、あと数年で終わるのではないかなと思わざるをえません。

 

 

ただし「TOEIC L&Rの受験が無駄」というわけではない

ただし「TOEIC L&Rの受験が無駄」というわけではない

 

ここまで読み進めて、もしかしたら「TOEIC L&Rの受験をやめて、TOEIC S&Wの受験をしようかな」と思った人もいるでしょう。

しかし、僕が言いたいのはそういうことじゃありません。

 

あくまでも、何も考えずに「ひたすらハイスコアを狙うのをやめるべき」と言っているのです。

まずはTOEIC L&Rをちゃんと受験してください。

 

最初にTOEIC L&Rの受験をすべき理由

なぜTOEIC L&Rの受験を最初にすべきなのか。

それはリスニングとリーディングができなければ、英会話はできないからです。

 

リスニング力とリーディング力がなければ、相手の言っていることを聞き取れないし、理解もできないからです。(詳しくは以下の記事)

>> TOEICの勉強をすれば英語を話せるようになる?-TOEIC900点の僕が暴露します-

 

要するに、TOEIC L&Rである程度のスコアを取れなければ、TOEIC S&Wはできないのです。

TOEIC L&Rの問題を解けないのに、TOEIC S&Wを受験すると確実に撃沈します。

 

なので、まずはTOEIC L&Rを受験しましょう。

>> 「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちを受けるべき?

 

TOEIC L&Rの目標スコアは800点

TOEIC L&Rの目標スコアは800点です。

最低でも700点ですね。

 

TOEIC800点を取れたら、TOEIC L&Rは卒業して英会話の勉強にシフトしましょう。

TOEIC990点(満点)を目指すのはコスパが悪いという話という記事にも書いたように、やみくもにTOEIC990点(満点)を目指すのは時間の無駄です。

 

勉強法については、以下の記事にまとめました。

TOEIC800点未満の方は、チェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】 目標800点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

すでにTOEIC800点を取れているようなら、オンライン英会話またはTOEIC S&Wの受験などを始めましょう。

 

TOEIC800点を取れていれば、英会話をするための下準備は十分です。

スピーキングの勉強に関しては、以下の記事がオススメです。

 

【オンライン英会話】

初心者でもできる!簡単で効果的なオンライン英会話の勉強法

 

【TOEIC S&W】

TOEIC S&Wのオススメ参考書・問題集とは?-これだけやれば大丈夫!-

 

 

スポンサーリンク

TOEIC L&Rはあくまでも通過点

TOEIC L&Rはあくまでも通過点

 

僕がこの記事を通して伝えたかったのは、「TOEIC L&Rはあくまでも通過点」ということです。

スピーキング力重視の流れになりつつあるので、TOEICのスコアはほどほどにして卒業しましょう。

 

TOEIC900点でも英会話をできない人はたくさんいる

実はTOEIC900点でも、英会話をできな人はたくさんいます。

実は、かつての僕もその一人でした。

 

TOEIC900を取った時、「あっ、TOEIC900点って、これくらいの実力なんだ。。」と思いました。

(詳しくは以下の記事)

>>【暴露】TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

 

おそらく「TOEIC900点だけど英会話をできない人」は、「TOEIC900点かつ英会話をできる人」より多いと思います。

 

世間的には「TOEIC900=すごい」という風潮がありますが、実際のところ、そんなものなのです。

それくらいTOEIC L&Rのスコアは過大評価されています。

 

TOEIC L&Rのスコアだけ高い人になりたいですか?

この記事を読んだあなたは、「TOEIC L&Rのスコアだけ高い人」になりたいと思いますか?

たぶん、ほとんどの人が「NO!」と答えるでしょう。

 

実際、企業の採用担当者も「TOEIC L&Rのスコアだけ高い人」の存在に気づきつつあります。

遅かれ早かれ、TOEIC L&Rのスコアが過大評価される時代は終わります。

 

なので個人的には、TOEIC L&Rは早めに卒業して、英会話の勉強にシフトするのがオススメです。

TOEICだけでなく英会話もできた方が、選べる仕事の範囲も増えますし、海外旅行の時にもとても便利です。

 

メリットが大きすぎます。

 

 

まとめ

近い将来、TOEIC L&Rのスコアだけでは評価されなくなるでしょう。

そのためTOEICで800点以上のスコアを取得したらTOEICは卒業することをオススメします。

 

TOEIC L&Rテストを卒業して、「TOEIC S&W」や「オンライン英会話」を通して、どんどんスピーキング力を伸ばしていくべきです。

 

TOEICでハイスコアを取るのは通過点に過ぎません。

実際のところ、一般的に「すごい!!」と思われがちな900点ですら、実際は大したことがないのです。(詳細は下記参照)

>> TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

 

参考なれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.