TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

「TOEICと英語力は関係ない」は大ウソな件について

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rテストと英語力の本当の関係を知りたい人


 

「TOEIC L&Rのスコアと英語力は関係ないよ」

これはTOEIC L&Rテストに対するよくある批判です。

 

しかし僕は、この批判に全く同意できません。

絶対に関係があります。

 

そこでこの記事では、「TOEICと英語力は関係ない」に対する僕の意見をまとめてみました。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEICと英語力は関係ある

TOEICと英語力は関係ある

 

「TOEIC L&Rテストのスコアと英語力は関係ない」と批判されることがあります。

しかし関係ないなんてことは、絶対にありません。

 

そもそも英語力とは?

そもそも英語力とは何でしょうか?

 

英語は4つの技能で構成されています。

それが「リスニング」、「リーディング」、「スピーキング」、「ライティング」です。

 

【英語力とは】

◆リスニング

◆リーディング

◆スピーキング

◆ライティング

 

これらの力をまとめたのが、いわゆる「英語力」です。

 

「TOEIC L&Rのスコアが英語力と関係ある」と言い切れる理由

なぜ「TOEICと英語力は関係がない」がウソと言い切れるのか。

それは、TOEIC L&Rテストが「リスニング」と「リーディング」の力を測る試験だからです。

 

先ほど書いたように、英語は「リスニング」、「リーディング」、「スピーキング」、「ライティング」の4技能で構成されています。

 

TOEIC L&Rテストは「リスニング」と「リーディング」の力を測る試験なので、4技能のうち2技能と関係しているわけです。

 

こう考えると、明らかにTOEICは英語力と関係していますよね?

「英語力とTOEICは関係ない」は、どう考えてもおかしな主張です。

 

 

TOEICでは総合的な英語力の評価はできない

TOEICでは総合的な英語力の評価はできない

 

ここまで書いてきた通り、英語力とTOEIC L&Rのスコアは関係あります。

しかし、総合的な英語力の評価はできません。

 

TOEIC L&Rで総合的な英語力の評価ができない理由

なぜTOEIC L&Rで総合的な英語力の評価ができないのか。

それは先ほども書いた通り、TOEIC L&Rはリスニングとリーディングの力しか測れないからです。

 

よく勘違いしている人がいるのですが、TOEIC L&Rのスコアが高くても英語を話せるようにはなりません。

実はTOEIC900点を取っていても、ペラペラ話せない人はたくさんいるのです。

 

実はかつての僕も「TOEIC900点だけど、英語を話せない人」でした。

(詳細は以下の記事)

>> TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

 

総合的な英語力を上げるにはTOEIC L&Rだけでは不十分

総合的な英語力を上げるには、TOEIC L&Rの受験だけでは不十分です。

さらにスピーキングやライティングの勉強をする必要があります。

 

TOEICと英語力は、確実に関係あります。

しかし、総合的な英語力を上げるのには、TOEIC受験は適していないのです。

 

たまに「TOEIC満点を目指す勉強法」みたいな記事を見かけますが、TOEIC満点を目指すのはコスパが悪いのでやめといた方が良いです。

TOEIC満点を目指したところで、リスニング力とリーディング力が上がるだけです。

 

TOEIC満点のコスパの悪さについては、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>> TOEIC990点(満点)を目指すのはコスパが悪いという話

 

 

スポンサーリンク

総合的な英語力を上げる勉強方法とは?

総合的な英語力を上げる勉強方法

 

最後に総合的な英語力を上げる方法について、簡単に解説します。

僕が通訳案内士試験をパスできるレベルの英会話力になった勉強法なので、効果はお墨付きです。

 

1:TOEIC L&Rの受験

総合的な英語力を上げたいのであれば、まずTOIEC L&Rを受験しましょう。

「リスニング力」と「リーディング力」は、英語学習の基本中の基本です。

 

ここが飛ばしてしまうと、英会話はできるようにはなりません。

(詳しくは、以下の記事参照)

>> TOEICの勉強をすれば英語を話せるようになる?-TOEIC900点の僕が暴露します-

 

目標スコアは、海外旅行で使える英会話力を目指すならTOEIC600点。

仕事や転職などで英語力をアピールしたいならTOEIC800点です。(最低でも700)

 

TOIEC L&Rの勉強法については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

2:オンライン英会話 or TOEIC S&Wの受験

TOEIC L&Rである目標スコアを取れたら、スピーキング・ライティングの技能を伸ばす段階です。

勉強法として僕がオススメしているのは「オンライン英会話」と「TOEIC S&W」です。

 

好きな方を選んで勉強しましょう。

ちなみに僕はどっちもやりました。

 

オンライン英会話とは?

オンライン英会話は、PCやスマホでレッスンを受けられるサービスです。

メリットとしては、「自分の都合の良い時間にレッスンを受けれる利便性」と「レッスン料のコスパの良さ」が挙げられます。

 

英会話をたくさんしたい人には、本当にオススメですね。

毎月25分のレッスンを月額6000円程度で受けられます。

 

ただし、ぶっつけ本番でレッスンを受けると、相づちしか受けてない可能性があります。

なので、必ず予習してレッスンに臨みましょう。

 

詳しい勉強法については、以下の記事が詳しいです。

ぜひチェックしてみてください。

>> 初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

 

そもそも「オンライン英会話って何?」という人は、以下の記事をどうぞ。

かなり詳しくまとめたので、参考になると思います。

>>  オンライン英会話って何?メリット・デメリットから注意点まで徹底解説!

 

TOEIC S&Wとは?

TOEIC S&Wは、あまりメジャーな試験ではないですが、スピーキング力とライティング力を測る試験です。

「電話応対」や「自分の意見を述べる」、「Eメールの返信」など、かなり実践的な内容となっています。

 

ビジネスパーソンには、特にオススメの試験ですね。

受験料は少し高いものの、参考書の種類も最近増えてきたので、1度受験してみるのもアリだと思います。

 

あと、自分の英会話力がスコアとして分かるので、客観的な指標としてすごく良いかなと。

「目標があった方が頑張れる」という人には、TOEIC S&Wの受験がオススメです。

 

TOEIC S&Wの目標スコアについては、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC S&W】スコア別の目安を徹底解説!

 

ちなみに僕が初めて受験した時は、ボロボロでした(笑)

TOEIC L&Rよりも格段に難しいですね。(詳しくは以下の記事)

>> 「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちを受けるべき?

 

難しいですが、「リスニング」、「リーディング」、「スピーキング」、「ライティング」の4技能をバランスよく養えるので、TOEIC S&Wでハイスコアを狙うのはオススメです。

 

TOEIC S&Wの詳しい解説については、以下の記事を参照してください。

>> 初心者向け!TOEIC S&Wとはどんな試験なのか簡単に解説する

 

 

まとめ

「TOEICと英語力は関係ない」という主張は大嘘です。

 

英語力は「リスニング」、「リーディング」、「スピーキング」、「ライティング」で構成されているので、リスニング力とリーディング力を鍛えるTOEICは密接に英語力と関係しています。

 

むしろ総合的な英語力を上げたいのであれば、英語の基礎力を養うためにTOEIC受験をするのは非常に有用です。

雑音に惑わされないようにしましょう。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.