勉強ノウハウ

「英語の勉強が楽しくない」と思っている奴!!そんなの当たり前だろ!!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆英語の勉強が楽しくないけど、なんとかしたい人


「英語の勉強が楽しくないけど、もっと楽しくできないかなぁ」

この記事では、こういった疑問に答えます。

 

確かに勉強って辛いですよね。

その気持ちは、とても良くわかります。

 

でもこの記事を最後まで読めば、多少は解決に向かうのではないかなと、

では本題へ!

 

スポンサーリンク

どうすれば英語の勉強が楽しくなるのか

 

ぶっちゃけた話、英語の勉強を心から楽しいと思っている人は、ほとんどいないでしょう。

仮に英語の勉強がメチャクチャ楽しいものだとしたら、もっと英語ができる人はたくさんいるはずです。

 

でも、どうせなら「英語の勉強は楽しい」と思いながら勉強したいですよね?

実は1つだけ、確実に「英語の勉強が楽しい」と思える方法があります。

 

英語の勉強が楽しいと思える確実な方法

では、英語の勉強が楽しいと思える方法とは何なのか。

それは「周りの人よりも、英語ができるようになること」です。

 

例えば、スポーツでもTVゲームでも、勝てると楽しいですが負けるとつまらないですよね。

英語の勉強も同じです。

 

ぶっちゃけ、勉強を始めたばかりの頃は特につまらないと思います。

分からないことが多すぎて、上達する気がしないからです。

 

なので、「英語の勉強が楽しい」と思いたいのであれば、英語をある程度できるようになるしかありません。

 

英語の勉強が楽しくないと思うのは当たり前

僕自身、今ではTOEIC900点や通訳案内士検合格など、それなりに英語ができるようになってきました。

なので、今は英語学習も楽しくできています。

 

しかし英語の勉強を始めた当初は、全く面白いと思わなかったです。

むしろ出来なさ過ぎて、何度も挫折しそうになりました。

 

英語の勉強が楽しいなと思い始めたのが、TOEIC800点を超えたくらいでしたね。

800点を超えると「すごいですね!」と褒めてもらえることが多くなるので(←単純)

 

英語は直線的に上達しない

 

一般的に、勉強さえ続けていれば、右肩上がりで上達すると思われがちです。

しかし英語の勉強は、直線的に上達することはありません。

下の図のように、グーンと一気に英語ができるようになることはないのです。

 

 

実際は「停滞期」と「上昇期」の繰り返し

では、実際はどのように上達するのか。

それを示したのが、以下の図です。

 

 

これは英語に限ったことじゃないんですけど、他の勉強だったりスポーツも、上の図のように上達していきます。

要するに、停滞期を必ず経験することになるのです。

 

英語の勉強が嫌になるのは成長を実感できない時

で、英語の勉強が嫌になるのは、たいてい「プラトー」と呼ばれる時期です。

図で示すと、ここです。

 

 

プラトーとは、「勉強をしているにも関わらず、成果が出ない期間のこと」を指します。

プラトーでは、頑張っても頑張っても上達している感覚がなく、むしろ後退しているように感じることもあるのです。

 

確かに頑張っているのに報われないと、嫌になっちゃいますよね。

このプラトーに耐えられなくなって、多くの人は英語の勉強を途中でやめてしまうのです。

スポンサーリンク

英語学習を継続するには

 

英語の勉強は楽しくないけど、英語はできるようになりたい。

そう思うなら、周りの人よりも英語をできるようになるしかありません。

 

では、どうすれば英語の勉強を継続できるのでしょうか。

人間の意志はコンニャク並みにフニャフニャなので、「頑張ろう」と決意を新たにしたところで、ぶっちゃけ意味がありません。

 

色々とコツはあるのですが、僕が特に押さえておくべきだと考えているのは3つです。

 

1:すぐに上達しないことを受け入れる

1つ目のコツが「英語はすぐに上達しないと受け入れる」ことです。

これ、めっちゃ重要です。

 

先ほども書いたように、多くの人はプラトーの時に「全く英語ができるようにならない。自分には向いてないんだ」と思い込んで、英語の勉強が嫌になって途中で挫折してしまいます。

 

 

そこで大切になってくるのが「プラトー」を理解しておくことです。

もしプラトーの存在をあらかじめ知っていたら、どうでしょうか?

 

今は「グーンと実力が伸びる時期じゃないから仕方ない。もうちょっと頑張れば、ワンランク上にいけるはずだ」と前向きに考えることができます。

 

一方「プラトーは誰もが経験する」ということを知らなかったら、どうでしょうか。

「自分には向いていないんだ」というような、マイナスの思考に陥りやすくなってしまいます。

 

その結果、せっかく始めた勉強をやめてしまうのです。

もうちょっとでグーンと上達するフェーズに入るかもしれないにも関わらずです。

 

このように知っているか知っていないかで、モチベーションに大きな差が出てきてしまうのです。

 

2:高すぎる目標設定をしない

そして2つ目が「高すぎる目標設定をしない」ということです。

よくありがちなのが「毎日1時間勉強する」というような目標です。

 

実はこの目標、意外と達成が難しいです。

おそらく100人いたら10人も出来ないでしょう。

 

目標を達成できないと、「自分はダメなやつだ」と自己嫌悪に陥ります。

その結果、やる気が削がれてしまうのです。

 

なので、目標はできるだけ達成しやすいものにしましょう。

例えば「1日5個の単語を覚える」とかですね。

 

これもダメなら、「1日1回は教科書を開く」でもいいです。

とりあえず、英語学習の習慣化に専念しましょう。

 

ただし低い目標設定のままだと良くないので、徐々に難易度を上げていくことがオススメです。

 

3:英語の勉強を頑張っている友人・知人を作る

3つ目は「英語の勉強を頑張っている友人・知人を作る」ということです。

やはり頑張っている人が身近にいると、自分も頑張ろうと思えるものです。

 

「モチベーション」や「感情」は伝染します。

例えば結婚式に参加すると、幸せな気持ちになりますよね。

 

あれと同じで、英語の勉強を頑張っている人が近くにいると、自分も頑張ろうと自然に思えるようになるのです。

それだけ、付き合う人は重要なんです。

 

もしかしたら「そんな人、周りにいないよ」という人もいるかもしれませんが、今はインターネットで手軽に繋がることができます。

 

例えばTwitterは、すごくオススメです。

僕も英語学習者の方たちをTwitterで何人かフォローしているんですが、いつも刺激をもらっています。

 

なので、周りに英語の勉強をしている人がいないのであれば、とりあえずTwitterで英語学習者の方たちを片っ端からフォローしていきましょう。

 

ちなみに僕のアカウントは↓です。

フォローお待ちしております。

>> @tomo_k09

 

まとめ

英語の勉強を楽しく感じるには、周りの人よりも英語ができるようになるしかありません。

周りの人よりもできるようになると、楽しくなってきて「さらに勉強を頑張る」→「さらに英語が上達」という上昇気流に乗ることができます。

 

なので、以下にコツコツ勉強を続けて、周りの人よりも英語ができるようになるかが勝負ということですね。

 

以下の記事で、より詳しく勉強を続けるコツについてまとめてました。

興味があればチェックしてみてください。

>>英語学習が続かない人に効果的な「勉強を続けるコツ」を教える

 

またTOEIC L&Rの受験もオススメですね。

スコアとして自分の実力が分かるので、目標設定がしやすく、勉強が続きやすいです。

 

TOEICの勉強法については、以下の記事をチェックしてみてください。

>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

参考になれば嬉しいです。

では!

RELATED

-勉強ノウハウ

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.