TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

勉強ノウハウ

英語学習が続かない人に効果的な「勉強を続けるコツ」を教える

更新日:

この記事が役に立つ人

◆英語学習が三日坊主になってしまう人


「英語の勉強が長続きしない!」

たしかに勉強を続けることって大変ですよね。

 

僕もいろんなことを三日坊主してきたので、その気持ちはすごくよく分かります。

そこでこの記事では、「英語学習が長続きしない」と悩んでいる人向けに、勉強を続けるためのコツを紹介したいと思います。

 

では本題へ!

 

スポンサーリンク

習慣化しよう

英語学習が続かない人が意識すべきことは、「英語学習を習慣化する」ということです。

習慣の力は非常に強力なので、三日坊主になってしまう人は習慣化に力を入れてください。

 

例えば、歯磨きって当たり前のように毎日しますよね?

英語の勉強も、歯磨きと同じように「当たり前」の状態へもっていくのです。

 

ヒトは、いったん習慣化してしまうと惰性で同じことを続けてしまう生き物です。

つまり英語学習を習慣化してしまえば、それだけで英語が上達していきます。

 

習慣化するコツとは

とは言っても、

「習慣化できないから困っている」

という人が、ほとんどでしょう。

 

そこで習慣化するのに、とても効果的なコツを紹介します。

これは英語学習以外にも役立つので、このコツを知っておくだけで人生に良い影響がでます。

必ず知っておきましょう。

 

では「習慣化のコツ」とは何か。

それは「目標設定を挫折しないレベルまで下げること」です。

 

先ほど「歯磨き」を例に出しましたが、歯磨きするのってすごく簡単ですよね?

だから、途中で歯磨きパタリとやめたりしないわけです。

 

僕の経験上、途中で挫折してしまう原因のほとんどは、高過ぎる目標設定にあります。

例えば、「毎日2時間勉強する」とかですね。

今まで勉強の習慣がなかったのに、毎日2時間も勉強できるわけがありません。

 

自分に期待したい気持ちも分かります。

しかし、高い目標設定は三日坊主の原因となります。

 

なぜなら目標を達成できないことにより、自己嫌悪に陥るからです。

「なんて自分はダメなやつなんだ」と思って、やる気が削がれてしまうんですね。

 

そこで目標設定を低くします。

そうするだけで「自分はダメなやつ」という思考に陥りにくくなり、モチベーションを保ちやすくなるのです。

 

三日坊主になりやすいという自覚がある場合は、ハードルを低くして「習慣化」に力を入れましょう。

スポンサーリンク

英語学習を習慣化する具体的な方法

では英語学習を習慣化するには、具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか。

先ほども書いたように、まずは「ハードルの低い目標」を設定してください。

 

例えば「最低でも1日5個は新しい単語を覚える」みたいな目標ですね。

これが難しいようだったら、「新しい単語を1日1個覚える」でも良いです。

 

これでも難しいと感じたら、「1日1回参考書を開く」でも「机に向かう」でも、「洋楽を1曲聴く」でも良いです。

とにかく英語の勉強をするまでのハードルを下げましょう。

 

とりあえず、英語学習に関する何かしらのアクションをすることが重要です。

「とりあえず行動すること」がなぜ重要かというと、行動しないことにはやる気がでないからです。

 

よく「やる気が出ないけど、どうすれば良いか」と悩んでいる人がいます。

しかし、これは根本的に間違った悩みです。

順番が逆で、行動していないからやる気がでないんですね。

 

【やる気がでるメカニズム】

〇:行動する→やる気がでる

×:やる気がでる→行動する

 

例えば、掃除する気が起きなかったけど、いったん始めたら掃除をとことんやったという経験はありませんか?

それと全く同じメカニズムです。

 

つまり英語学習に手をつけるハードルを下げれば、あとは徐々にやる気がでやすくなるということですね。

これは英語学習の習慣化に非常に有効な手段なので、ぜひ試してみてください。

 

少しずつハードルを上げていこう

とは言っても、敷居の低い目標設定をずっと続けているのも、あまりよくありません。

少しずつで良いので、ハードルを上げていきましょう。

 

例えば「新しい単語を1日1個覚える」から「1日5個覚える」、「1日10個覚える」というように、徐々に難易度を上げていくのがオススメです。

 

で、ハードルを上げて達成できなかった場合。

その場合は再びハードルを下げましょう。

 

設定した目標を達成できないと自己嫌悪に陥り、それが勉強へのモチベーションを下げてしまいます。

そこで、目標を達成できなかった場合のルールをあらかじめ組み込んでおくのです。

 

こうすることにより、自己嫌悪によるモチベーション低下をある程度抑えることができます。

あらかじめルール化しておくと、「ちゃんとルール通りに行動できている」と思えて、「自分はなんてダメなやつなんだ」と自己嫌悪に陥りにくくなるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

「自分は変わるんだ!」と意気込むことは良いことですが、決意を新たにしてもほとんどの人は変わりません。

これは誰もが経験したことがあるので、直感的に分かると思います。

 

決意を新たにすることよりも重要なのは、ハードルの低い目標を作り、英語学習を習慣化することです。

習慣化してしまえば、あとは勝手に英語が上達していきます。

 

「どうしても三日坊主になってしまう。。」

という人は、習慣化を心がけてみてください。

 

数ヶ月後、数年後、きっと効果を実感できるはずです。

「すぐに結果を出そうとせず、少しずつ前進していけば良い。」

そんな気軽な気持ちで、勉強を続けるのが個人的にはオススメです。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

RELATED

-勉強ノウハウ

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.