英語の勉強はどこから始めれば良い?-TOEIC900・通訳案内士の僕が教えます-

この記事が役に立つ人

◆英語の勉強を始めたい人


「英語の勉強をしたいけど、何から始めれば良いんだろう?」

たしかに、何から手をつけて良いかって分からないですよね。

その気持ちは、よく分かります。

そこでこの記事では、英語学習初心者向けに「どこから英語学習を始めれば良いか」についてまとめてみました。

では本題へ!

英語を話せるようになるには

「英語の勉強を始めたい」

こう思う人の最終目標は、もちろん英語を話せるようになることでしょう。

ちなみに、僕は大人になってから英語の勉強を本格的に始め、今ではTOEIC900点、通訳案内士の資格を取得できる程度には英語ができるようになりました。

この経験上、英語を話せるようになるまでには、以下のような過程を経ます。

【英語を話せるようになるまで】

ステップ1:英語を読める

ステップ2:英語を聞き取れる

ステップ3:英語を書ける

ステップ4:英語を話せる

要するに、英語を話せるようになりたい人は、最初に「英語をちゃんと読めるようになる必要がある」ということです。

英語を話せるようになりたければ、まずはリーディング力を鍛えましょう。

どこから英語の勉強を始めれば良いか

ここまで読み進めて、英語を話せるようになりたければ「英語をちゃんと読めるようになるべき」ということは分かったと思います。

では、リーディング力を上げるには何を勉強すべきか。

それが「文法」と「単語」です。

▼文法が重要な理由

文法が重要な理由。

それは「英文法=英語のルール」だからです。

例えば野球をしようと思ったら、まずはルールを覚えますよね?

ルールを覚えなければ野球をできないことは、誰にでも分かるでしょう。

英語もそれと同じです。

「英語をできるようになりたい」と思ったら、まずは英文法というルールをみっちり覚える必要があるのです。

英文法のオススメ参考書は、以下の記事で詳しく紹介しました。

TOEIC対策の記事ですが、参考になると思います。

興味があればチェックしてみてください。

>>> 【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

▼単語が重要な理由

文法と同じくらい重要なのが「単語」です。

言うまでもないですが、知っている英単語が少なければ少ないほど、表現できる英語の数も少なくなってしまいます。

逆に言うと、知っている英単語が多ければ、表現できる英語もそれだけ増えるということですね。

将来的に英語を話せるようになりたいのであれば、ある程度の単語力は必須です。

オススメの単語帳は、以下の記事で詳しく紹介しました。

TOEIC対策向けの記事ですが、参考になると思います。

興味があればチェックしてみてください。

>>> 【TOEIC L&R】 語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

スポンサーリンク

オススメの英語勉強法

英語を話せるようになりたい人は、とりあえず「英文法と英単語から勉強すべき」ということは分かっていただけたと思います。

しかし

「じゃあ、具体的にはどんなふうに勉強すれば良いの?」

と思った人も、いるのではないでしょうか?

僕がオススメしているのは、TOEIC L&Rの受験です。

先ほど、英語を話せるようになるには、まず英語を読めるようになって、それから聞けるようになる必要があると書きました。

【英語を話せるようになるまで】

ステップ1:英語を読める

ステップ2:英語を聞き取れる

ステップ3:英語を書ける

ステップ4:英語を話せる

TOEIC L&Rは「読む・聞くの試験」なので、英語の基礎力を養うのに効果的なのです。

僕もまずはTOEIC L&Rの受験から始めました。(詳しくは以下の記事参照)

>>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先にするべき?

目標スコアは最低でも700点、できれば800点かなと。

これくらいのスコアがあれば、英会話をするための基礎はある程度できていると判断できます。

TOEICができても意味がないは大嘘

よく

「TOEICができなくても、英会話をできる人はいる」

という批判があります。

しかし、この批判は間違っています。

TOEIC L&Rができないということは、相手が言っていることを聞き取れないということです。

どうやって、相手の言っていることを理解して会話しているのでしょうか。

僕にはそのメカニズムが全く分かりません。

リーディング力とリスニング力は、英語の基礎中の基礎です。

これを身につけなければ、英会話へのステップアップはありえないのです。

詳しくは、以下の記事にまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>> 英語を話せるようになりたい人がTOEICの勉強を最初にするべき理由

TOEIC L&Rの勉強が終わったら

先ほど、

「英語を話せるようになりたければ、TOEIC L&Rで最低でも700点は取りましょう。」

と書きました。

ではTOEIC L&Rの勉強の目標スコアを達成したら、どうすれば良いのか。

僕は「オンライン英会話」または「TOEIC S&Wの受験」をオススメしています。

▼オンライン英会話

オンライン英会話とは、無料通信アプリSkype(スカイプ)を使った「マンツーマンの英会話レッスン」です。

オンライン英会話の特徴は、何と言ってもその安さ。

月額5000円から6000円程度で、毎日25分のレッスンを受けられます。

通学型英会話教室だと、月額数万円ということも当たり前なので、かなり格安ですね。

(詳しくは以下の記事参照)

>>> 徹底比較!「オンライン英会話」と「通学型英会話教室」の違いとは?

ちなみに以下の記事に、オンライン英会話の効果的な活用法をまとめました。

この方法は、ライティング力とスピーキング力の両方を向上させられるのでオススメです。

>>>【初心者向け】簡単で効果的なオンライン英会話の受け方とは?

▼TOEIC S&W

2つ目の選択肢が「TOEIC S&Wの受験」です。

TOEIC S&Wは、スピーキングとライティングの試験ですね。(詳しくは以下参照)

>>> TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

スコアとして自分の実力を可視化できるので、「ちゃんと実力を測りたい」という人にはピッタリかなと思います。

あとTOEIC L&Rを受けてみて、スコアを上げるのに快感を覚えてしまった人も、ゲーム感覚で勉強できるので良いかなと。

勉強法などについては、以下の記事を参照してください。

>>>【TOEIC S&W】効果的なライティング対策・勉強法を解説する

>>>【TOEIC S&W】効果的なスピーキング対策・勉強法を解説する

まとめ

英語の勉強は、どこから始めるべきか。

それは「英文法」と「単語」です。

この2つをちゃんと勉強しないことには、何も始まりません。

それらを効果的に勉強するのに最適なのが「TOEIC L&R」です。

最低でも700点、できれば800点を目指しましょう。

目標スコアをクリアしたら、オンライン英会話やTOEIC S&Wの受験などで英会話力を鍛えれば、英語を話せるようになります。

参考になれば嬉しいです。

では!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

英語の勉強はどこから始めれば良い?-TOEIC900・通訳案内士の僕が教えます-
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!