TOEICスコアに有効期限があるのは本当なのか?-真相を解説する-

この記事が役に立つ人

◆TOEICスコアの有効期限を知りたい人


「TOEICスコアの有効期限ってどれくらいなんだろう?」

履歴書などのTOEICスコアを書く場合、確かに有効期限って気になりますよね。

そこでこの記事では、「TOEICスコアの有効期限」について、詳しくまとめてみました。

では本題へ!

TOEICスコアの有効期限とは

結論から言うと、TOEICのスコアに有効期限はありません

一度取得したら、いつまで経っても公式スコアとして認められます。

「TOEICのスコアは2年しか有効ではない」とか、「一定期間経過すると無効になる」といった話を聞きますが、そんなことはありません。

何年前のスコアであろうと、無効になることはないです。

TOEICのスコアに有効期限など存在しないのです。

これはTOEICの公式ページにも書かれています。

参照:TOEIC 公式ページ

【Point!】

TOEICのスコアに有効期限はない

スポンサーリンク

なぜ有効期限説があるのか

前述の通り、TOEICに有効期限はありません。

それにも関わらず、なぜ有効期限があるという噂が出てきたのでしょうか。

理由としては2つ考えられます。

1:再発行の期限と勘違いされた

1つ目が「再発行の期限と勘違いされた」という点。

実はTOEICスコアの結果は再発行できます。

この再発行期限が、実は2年となっているのです。

「再発行期限が2年」なのに、話が大きくなって「TOEICスコアには有効期限がある」になってしまったと考えられます。

ちなみに再発行は、公式認定証1部につき500円 かかります。

詳しくは以下のページからチェックしてみてください。

>>> 公式認定証の再発行

2:企業の求めるTOEICスコアが期限付きの場合がある

2つ目が「企業の求めるTOEICスコアが期限付きの場合がある」というものです。

例えば就職活動や転職活動では「2年以内に取得したスコアを記載すること」という制約が設けられている場合があります。

この場合は、いくらTOEICのスコアに有効期限がないといっても、企業が要求している期限を過ぎている場合は無効となるので注意してください。

定期的に受験することも大事

繰り返しになりますが、TOEICスコアに有効期限はありません。

しかし、できるだけ最近のスコアである方が望ましいのは確かです。

例えば「10年前のスコア」と「1年前のスコア」を比較した場合、1年前のスコアの方が信頼性があるのは直感的に分かりますよね?

さすがに10年前のスコアだと、この人の英語力は本当に大丈夫だろうかと思うでしょう。

そのため、就職活動や転職活動でTOEICスコアを利用する予定があるのであれば、定期的に受験するのがオススメです。

勉強法については、以下の記事がオススメです。

>>> TOEIC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

>>> TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

まとめ

TOEICのスコアには有効期限はありません。

一度取得したら、ずっと有効です。

ただし、会社によっては「〇年以内に取得したスコアを記載すること」といったように、制約を設けている場合があるので注意しましょう。

参考になれば嬉しいです。

では!

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

フォローする

TOEICスコアに有効期限があるのは本当なのか?-真相を解説する-
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!