TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 勉強法

【TOEIC L&R】 公式問題集の効果的で正しい使い方!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆公式問題集を最大限に活用したい人


 

「TOEIC公式問題集は、どうやって勉強したら良いんだろう?」

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

僕がTOEIC900点を取るために実際やった勉強法なので、効果はお墨付きです。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC公式問題集の効果的な使い方とは

 

まず、TOIEC公式問題集の基本的な使い方について確認しましょう。

基本的な公式問題集の使い方

TOEIC公式問題集は、以下のようなステップで勉強しましょう。

 

【基本的なTOEIC模試の使い方】

STEP1:本番と同じ時間で問題を解く

STEP2:答え合せをする

STEP3:復習する

 

STEP1:本番と同じ時間で解く

まず、TOEIC本番と同じ制限時間で問題を解いてください。

本番と同じ制限時間で解くことによって、自分の今の実力を把握することができます。

 

時間制限なしで解いてもあまり意味がありません。

ちゃんと時間は守りましょう。

 

STEP2:答え合せをする

ステップ2が答え合せです。

どれくらいのスコアを取れそうなのか確認しましょう。

 

STEP3:復習する

最後が復習です。

答え合せだけで満足して、公式問題集の勉強を終わらせてしまう人は意外と多いです。

 

しかし、それではダメです。

できなかった問題は、しっかりと復習しましょう。

 

 

公式問題集の勉強で1番重要なのは復習

 

公式問題集の勉強で1番重要なのは「復習」です。

公式問題集を解いて答え合せして、「これくらいの点数なら取れそうだな」で終わりにしてはダメです。

 

復習が最も重要な理由

復習の役割は「弱点を潰すこと」です。

答え合せをすると、自分の弱点があぶり出されます。

 

例えば「Part3のリスニングが苦手だな」とか「Part5の文法問題ができない」などですね。

弱点を1つずつ潰していくことにより、効率的かつ効果的にスコアアップを期待できるのです。

 

公式問題集は教材として最高

公式問題集はその名のとおり「公式」です。

そのため、公式問題集にはTOEICでよく使われる単語や英語表現が、たくさん組み込まれています。

 

要するに、TOEICでハイスコアを取りたい人にとって最高の教材なのです。

ちゃんと復習して、これらをしっかり吸収しましょう。

 

ただし、最高な教材と言っても「公式問題集だけで対策する」のは良くないです。

他の参考書と組み合わせることが大事なので、そこは勘違いしないようにしましょう。(詳しくは以下の記事参照)

>>【無理】「TOEIC対策は公式問題集だけでOK」は完全にウソな件

 

 

スポンサーリンク

効果的なTOEIC リスニングパート復習法

 

繰り返しになりますが、公式問題集を効果的に使うカギは「復習」です。

そこで「リスニングパート」と「リーディングパート」に分けて、効果的な復習のやり方を解説していきます。

 

TOEICリスニングパートの復習は、以下の3ステップでやりましょう。

1:間違えた問題の意味を確認

まず、間違えた問題の意味を確認しましょう。

なぜなら、意味を理解していない英語は聞き取れないからです。

 

具体的に何をやるかというと、品詞分解して「これが主語で、これが動詞で・・」と確認し、和訳してください。

品詞分解をすることにより、英語を英語のまま理解できるようになります。

 

2:間違えた問題の音声を何回も聞く

次に間違えた問題のリスニング音声を、何度も聴いてください。

最低でも、10回以上は聴き込むと良いでしょう。

この時に、「リンキング」や「音の消失」を確認してください。

 

リンキングの具体例は「check it out」が「チェックイットアウト」ではなく、「チェケラ」のように音同士がつながることを指します。

そして音の消失は、「good at」が「グッド アット」ではなく「グッダッ」のようにtの音が消えてしまうことを指します。

 

このようにリンキングしたり音が消失するため、日本人にとって英語は聞き取りにくくなっています。

そこで、「どの音が消え、どの音がリンキングしているのか」を確認するのです。

 

音の消失とリンキングを意識しながら勉強をしていると、

リスニング力が上がっている!!」

と必ず実感できるようになります。

 

リンキング・音の消失に関しては、以下の記事に詳しく書きました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>> リスニングが苦手な人はリンキング・音の消失を勉強しよう

 

3:音声と一緒に音読をする

ステップ2まで終わったら音読します。

音読することにより、英語を英語のまま理解できる英語脳が作られるのです。

 

僕は音読を勉強に取り入れてから、TOEICのリスニングパートのスコアが一気に65点(395⇒460)上がりました。

そのため、音読は非常に効果的なリスニング勉強法だと自分の経験から断言できます。

 

音読の効果については、以下の記事に詳しくまとめました。

オススメの記事なので、ぜひチェックしてください

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

 

リスニング力アップに重要なこと

 

ここまで勉強法について書いてきましたが、リスニング力アップに最も重要なのは勉強法ではありません。

実はもっと重要なことがあります。

 

リスニング力アップに最も重要なこと

リスニング力アップに最も重要なのは「英語を聴き込むこと」です。

勉強法も大事ですが、「どれだけ英語を聴いたか」はもっと重要なのです。

 

英語は聴き込まないことには、聞き取れるようにはなりません。

残念ながら、簡単にリスニング力が上がることはないのです。

 

聴き込むことの重要性は、以下の記事にまとめました。

このサイトで最も人気な記事の1つなので、興味があればチェックしてください。

>> あなたがTOEICリスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

スキマ時間にもリスニングしよう

ちょっとした空き時間ができたら、リスニングしましょう。

例えば、通勤・通学中やお昼休みですね。

 

このコツコツが、あなたのリスニング力をアップさせます。

スキマ時間にオススメの教材は以下の記事にまとめたので、チェックしてみてください。

>> 通勤電車でできるおすすめの勉強法・参考書を紹介する

 

 

スポンサーリンク

効果的なTOEIC リーディングパート復習法

 

TOEICリーディングパートの復習は、以下の3ステップでやりましょう。

1:分からない単語・表現をチェック

最初に分からなかった単語や英語表現をチェックしてください。

当たり前ですが、単語や熟語をどれだけ知っているかで、TOEICのスコアは決まってきます。

 

公式問題集に出ている単語や英語表現は、本番でも出題される可能性が高いです。

必ずチェックしておきましょう。

 

単語などの効果的な覚え方は、以下の記事に書きました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>> 効果抜群!TOEICの英単語を覚えるためのマル秘テクニック

 

2:品詞分解をする

次に品詞分解をします。

要するに「これが主語で、これが動詞で・・・」のように、確認するということです。

 

どの単語が主語(S)・動詞(V)・目的語(O)・補語(C)なのかをちゃんと理解できなければ、英語は速く正確に読めません。

 

品詞分解をすることにより、英語のを速く正確に読めるようになります。

リーディングの練習は、とりあえず品詞分解をいっぱいやりましょう。

 

品詞分解があまりよく分からないという人は、以下の記事をチェックしてみてください。

>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

3:音読する

最後のステップは音読です。

先ほども書いたように、音読には「英語を英語のまま理解できる英語脳」を作る効果があります。

 

当然、英語を英語のまま理解できるようになると、英語を読むスピードが上がります。

音読は1つの英文につき、最低10回くらいしましょう。

 

音読をしている人の方が、確実にスコアアップしやすいです。

騙されたと思って、やってみることを強くオススメします。

 

音読の効果については、以下の記事をチェックしてください。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

 

リーディング力アップに重要なこと

 

僕がリーディング力アップに重要だと考えていることは、リスニングと全く同じことです。

 

リーディング力アップに最も重要なこと

リーディング力アップに最も重要なこと。

それは「たくさん英語を読むこと」です。

 

勉強法も大事です。

しかし「どれだけ英語を読んだか」はもっと重要なのです。

 

英語はたくさん読まないことには、英語を速く正確に読めるようにはならないのです。

(詳しくは以下の記事参照)

>> リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?

 

スキマ時間にもリーディングしよう

ちょっとした空き時間ができたら、英語を読むようにしましょう。

通勤・通学中やお昼休みなどを有効活用すれば、一日1時間は捻出できるはずです。

 

このコツコツが、あなたのリーディング力をアップさせます。

スキマ時間にオススメの教材は以下の記事にまとめたので、チェックしてみてください。

>> 通勤電車でできるおすすめの勉強法・参考書を紹介する

 

 

スポンサーリンク

TOEICの問題をたくさん解こう

 

TOEICはあくまでもテストです。

そのため問題をたくさん解くことにより、スコアが上がりやすくなります。

 

公式問題集は2〜 3冊解こう

公式問題集は2〜3冊解きましょう。

1冊当たり2回分の模試に挑戦できるので、2冊買えば4回分、3冊買えば6回分ですね。

 

これだけ解けば、かなり実力がきます。

ちなみに、僕は3冊解きました。

 

公式問題集は新しい順に買いましょう。

詳しい公式問題集の選び方は、以下の記事を参考にしてください。

>> TOEIC 公式問題集はどれから解けば良いの?

 

そして問題を解くときに重要なのが、時間配分を意識しながら解くということです。

特にリーディングパートは、時間配分を知らないと確実に時間が足りなくなるので注意が必要です。

 

時間配分については、以下の記事にまとめました。

あわせてチェックしてみてください。

>> 【TOEIC L&R】リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】

 

スタディサプリENGLISHの模試もオススメ

「スタディサプリ ENGLISH」の模試もオススメです。

スマホアプリなので公式問題集よりも持ち運びしやすく、ちょっとしたスキマ時間に勉強しやすいです。

 

【参考画像】

◆Part1

 

◆Part2

 

◆Part3

 

◆Part4

 

◆Part5

 

◆Part6

 

◆Part7

 

 

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や2ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

 

月額2,980円なので、公式問題集1冊の値段で3回分の模試を解けるということですね。

1ヶ月ごとに問題が新しくなるので、問題数をこなしたい人には非常に最適です。

 

1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかどうかを確認した上で、課金するか決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



 

ちなみにスタディサプリENGLISHには、他にもメリットがあります。

僕が実際に使ってみて感じたその他のメリットは、簡単にまとめると以下のような感じです。

 

【スタディサプリENGLISHの特徴】

◆単語・文法からTOEIC全パートの対策までスマホ1つで完結

◆TOEIC対策の人気講師によるビデオ解説あり

◆学習時間を記録できる

◆クイズ感覚で勉強できるため、モチベーション維持をしやすい

 

ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

 

 

まとめ

以上がTOEIC公式問題集の効果的な復習方法でした。

まとめると、以下のステップで勉強するのがおすすめです。

 

【リスニングパートの復習方法】

1:品詞分解

2:リスニング音声を聞きこむ

3:リンキング・音の消失を確認

 

【リーディングパートの復習方法】

1:分からない単語・表現のチェック

2:品詞分解

3:音読

 

 

そして注意したいのが、「勉強法も大事だけど、勉強時間はもっと重要」ということです。

TOEICのスコアを上げたければ、コツコツ勉強するしかないのです。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.