TOEIC L&R 勉強法

【TOEIC L&R】 公式問題集の効果的で正しい使い方!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆公式問題集を最大限に活用したい人


 

「TOEIC公式問題集は、どうやって勉強したら良いんだろう?」

 

たしかに、TOEIC公式問題集の効果的な勉強法って分からないですよね。

 

そこでこの記事では、「TOEIC公式問題集の使い方」について、まとめてみました。

 

僕自身もイチ英語学習者で、TOEIC900点・通訳案内士資格を持っています。

 

なので、多少は参考になるのではないかなと。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC公式問題集の効果的な使い方

 

では、さっそくTOEIC公式問題集の効果的な使い方について解説します。

 

TOEIC公式問題集を効果的に使うための3つの注意点

僕の経験上、効果的にTOEIC公式問題集を使って勉強するには、以下の3つを意識することが大事です。

 

【効果的なTOEIC公式問題集の使い方】

  1. 本番と同じ制限時間で問題を解く
  2. 間違えた問題は復習する
  3. 繰り返し問題を解く

 

注意点1:本番と同じ制限時間で問題を解く

TOEIC公式問題集で勉強するときは、本番と同じ制限時間で問題を解きましょう。

 

同じ制限時間で問題を解くことにより、今の自分の実力をちゃんと測ることができます

 

注意点2:間違えた問題は復習する

TOEIC公式問題集を解いたら、必ず間違えた問題を復習しましょう。

 

マルつけをして「これくらいのスコアなら取れそうだなぁ」で終わってはいけません

 

注意点3:繰り返し問題を解く

TOEIC公式問題集は、繰り返し解き直しましょう。

 

TOEICは繰り返し問題演習することにより、スコアが上がりやすくなります

 

特に重要なのは「復習」と「繰り返し問題を解く」こと

TOEIC公式問題集で勉強するときは、特に「復習すること」と「繰り返し問題を解くこと」が大事です。

 

「本番と同じ制限時間で解く」に関しては時間を測るだけでOKなので、特に解説することはないのですが、「復習すること」と「繰り返し問題を解くこと」に関しては、解説しておきたいことがたくさんあります。

 

なので、この記事では「間違えた問題の復習」と「繰り返し問題を解く」をメインに詳しく解説していきます

 

ポイント

間違えた問題の復習と繰り返し問題を解くことが特に重要

 

 

TOEIC公式問題集で間違えた問題はちゃんと復習しよう

 

TOEIC公式問題集を使って勉強する上で、もっとも重要なことが「間違えた問題の復習」です。

 

TOEIC公式問題集を解いて「これくらいのスコアなら取れそうだな」で終わりにしないようにしましょう。

 

TOEIC公式問題集で間違えた問題を復習すると自分の弱点をつぶせる

なぜTOEIC公式問題集の問題を解き終わったら復習した方が良いのかというと、復習することにより自分の弱点をつぶせるからです。

 

僕の場合、解き終わった後マルつけをしていて、明らかにPart4の正答率が低いことに気づきました。

 

そこでPart4を重点的に対策し、結果的にリスニングパートのスコアが一気に50点以上アップしたことがあったのです。

 

このように、復習をすると自分の弱点があぶり出されます。

 

その弱点を1つ1つ潰していくことにより、効率的かつ効果的にスコアアップを狙えるというわけです。

 

TOEIC公式問題集 リスニングパートの効果的な復習法

TOEICリスニングパートの復習は、以下の3ステップでやりましょう。

 

【TOEICリスニングパートの復習法】

  1. 間違えた問題の意味のを確認
  2. 間違えた問題の音声を繰り返し聴く
  3. 音声と一緒に音読する

 

1:間違えた問題の意味を確認

まず、間違えた問題の意味を確認しましょう。

 

具体的には、品詞分解をして「これが主語で、これが動詞で・・」と確認しつつ、和訳してください。

 

品詞分解をやりながら和訳することにより、英語を英語のまま理解できるようになります

 

その結果、リスニング力が上がるのです。

 

2:間違えた問題の音声を何回も聞く

次に間違えた問題のリスニング音声を、何度も聴きましょう。

 

最低でも、10回以上は聴き込むことをオススメします。

 

リンキング・音の消失を確認しよう

英語を聴き込むときは、「リンキング」や「音の消失」を確認してください。

 

リンキングとは、単語同士の連結を意味します。

 

例えば、「check it out」が「チェックイットアウト」ではなく、「チェケラ」のようにつながることです。

 

【リンキングの例】

check it out

"チェケラ"に聞こえる

 

音の消失は、そのままの意味で音が消えることを言います。

 

例えば、「good at」が「グッド アット」ではなく「グッダッ」のようにtの音が消えてしまうことです。

 

【音の消失の例】

good at

"グッダッ"に聞こえる

 

僕は音の消失があった箇所には( )を、リンキングがあった箇所には⌒を書き込んでいました。

 

例えば、下のような感じです。

 

【例】

I wen(t) to Tokyo and⌒I was very excited.

 

日本人がリスニングに苦手意識を持つのはリンキング・音の消失のせい

英語はリンキングしたり音が消失するため、日本人にとって聞き取りにくいです。

 

そのため、「どの音が消え、どの音がリンキングしているのか」を確認するだけで、リスニング力が上がりやすくなります

 

僕の経験上、音の消失とリンキングを意識しながら、英語を聴く練習をすれば、必ず「リスニング力が上がっている!!」と実感できるようになります。

 

リンキング・音の消失に関しては、以下の記事に詳しく書きました。

 

興味があれば、ぜひチェックしてみてください。

>> リスニングが苦手な人はリンキング・音の消失を勉強しよう

 

3:音声と一緒に音読をする

音読することにより、英語を英語のまま理解できるようになります

 

なので、必ず音読しましょう。

 

TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!という記事でも書きましたが、TOEICのスコアアップを狙う上で、音読がもっとも重要な勉強法だと僕は考えています。

 

実際、音読をするようになってから、TOEICのリスニングパートのスコアが一気に65点(395⇒460)上がりました。

 

ぜひ、黙されたと思って音読してみてください。

 

きっと効果を実感できるはずです。

 

TOEIC公式問題集 リーディングパートの効果的な復習法

次にリーディングパートの効果的な復習法について解説します。

 

TOEICリーディングパートの復習は、以下の3ステップでやりましょう。

 

【TOEICリーディングパートの復習法】

  1. 分からない単語・表現のチェック
  2. 品詞分解をしつつ英文を読む
  3. 音読する

 

1:分からない単語・表現をチェック

まず分からなかった単語・表現をチェックしましょう。

 

当たり前ですが、単語や熟語をどれだけ知っているかで、TOEICのスコアは決まってきます。

 

TOEIC公式問題集に出ている単語や英語表現は、本番でも出題される可能性が高いです。

 

必ず知らなかった単語や表現はチェックして、知らないことを1つずつ潰していきましょう。

 

単語などの効果的な覚え方は、以下の記事に詳しくまとめました。

 

興味があれば、チェックしてみてください。

>> 効果抜群!TOEICの英単語を覚えるためのマル秘テクニック

 

2:品詞分解しつつ英文を読む

次に品詞分解をします。

 

どの単語が主語(S)、動詞(V)、目的語(O)、補語(C)なのかをちゃんと理解できなければ、英語は速く正確に読めません

 

先ほども書いたように、品詞分解することにより、英語を英語のまま理解できるようになります。

 

品詞分解はリーディング力アップに効果的な勉強法なので、必ずやりましょう。

 

品詞分解がよく分からないという人は、以下の記事をどうぞ。

>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

3:音読する

最後のステップは音読です。

 

先ほども書いたように、音読をすることにより、英語を英語のまま理解できるようになります

 

当たり前ですが、英語を英語のまま理解できれば、英語を読むスピードが上がるので、リーディングパートのスコアが上がりやすくなるというわけです。

 

音読は1つの英文につき、最低10回以上はやりましょう。

 

本当に効果的な勉強なので、ぜひ音読をしてみてください。

 

音読の効果については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

 

スポンサーリンク

TOEICのスコアアップには問題演習をたくさんやることが重要

 

学校のテスト前に過去問を解いた経験はないですか?

 

イメージとしてはそんな感じで、TOEICもテストなので、問題を解けば解くほど、スコアが上がりやすくなります

 

TOEIC公式問題集は繰り返し勉強しよう

TOEIC公式問題集は、繰り返し勉強しましょう。

 

個人的にオススメしたいのが、TOEIC公式問題集2〜3冊をローテーションで解くことです。

 

1冊の公式問題集を繰り返し解いていると、「次の問題はAが答えだった」みたいな感じで、問題を読む前から答えが分かってしまうことがあります。

 

しかし、ローテーションで解けば、答えを完璧に覚えてしまうことはありません。

 

新しいTOEIC公式問題集で勉強しよう

TOEIC公式問題集は新しいものから買いましょう。

 

最新版のTOEIC公式問題集が、1番最近の傾向をとらえているからです。

 

より詳しいTOEIC公式問題集の選び方は、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC 公式問題集はどれから解けば良いの?

 

時間配分を意識しながら問題を解こう

TOEIC公式問題集を解くときに重要なのが、時間配分を意識しながら解くことです。

 

特にリーディングパートは、時間配分を知らないと確実に時間が足りなくなるので注意が必要です。

 

時間配分については、以下の記事に詳しくまとめました。

 

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>> 【TOEIC L&R】リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】

 

スタディサプリENGLISHも問題演習としてオススメ

スタディサプリ ENGLISH

 

問題演習としては、スタディサプリENGLISHというアプリもオススメです。

 

理由は以下の3つです。

 

【オススメの理由】

  • TOEIC公式問題集よりコスパが良い
  • スコアアップしやすい機能が満載
  • スキマ時間で勉強しやすい

 

理由1:TOEIC公式問題集よりコスパが良い

まず、スタディサプリENGLISHは、TOEIC公式問題集よりコスパが良いです。

 

TOEIC公式問題集は3000円以上して2回分の模試を解けるだけですが、スタディサプリENGLISHは月額2980円で10回分以上の模試を解けます。

 

なので、TOEIC公式問題集を何冊も買いたくない場合は、スタディサプリENGLISHで問題演習をするのがオススメです。

 

【Part1】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part1

【Part2】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part2

 

【Part3】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part3

 

【Part4】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part4

 

【Part5】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part5

 

【Part6】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part6

 

【Part7】

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part7

 

理由2:スコアアップしやすい機能が満載

そして、スタディサプリENGLISHには、スコアアップしやすい機能が満載です。

 

特に僕が良いなと思ったのは以下の2点です。

 

リスニング力がアップするディクテーション機能

リスニング力がアップするかは、どれだけ集中して普段から英語を聞いているかで決まります

 

で、自然と英語を集中して聞くための仕組みがディクテーション機能です。

 

ディクテーションとは、書き取りのことです。

 

例えば、以下の問題では、「He's looking at a screen.」と音声が流れます。

 

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part1

 

この時、「He's looking at a screen.」と書き取るのが、ディクテーションです。

 

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part1

 

「書きとらなきゃ」という意識が働くことにより、自然と集中して英語を聞くようになります

 

その結果、リスニング力が上がるのです。

 

リーディングスピードが上がる時間制限機能

2つ目に良いなと個人的に思った点は、時間制限機能があることです。

 

下の画像を見ると、上の方にタイマーがついていますよね?

 

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part5

 

時間制限があることにより、普段から「速く正確に英語を読む意識づけ」ができます

 

TOEICリーディングパートは時間が足りなくなることで有名ですが、速く正確に読む意識を持てるかどうかが非常に重要です。

 

そういった意味で、スタディサプリENGLISHは、リーディング力をアップさせたい人にピッタリな教材と言えます。

 

理由3:スキマ時間で勉強しやすい

あなたがTOEICリスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-とか【TOEIC L&R】リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?という記事でも書きましたが、英語はコツコツ勉強することが非常に重要です。

 

その点、スタディサプリENGLISHはスマホアプリなので、TOEIC公式問題集よりも持ち運びしやすく、ちょっとしたスキマ時間でも勉強しやすいです。

 

なので、「忙しくて勉強する時間を作り出すのが大変」という人には、特にオススメですね。

 

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や1ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

 

月額2,980円なので、1日あたりたったの96円です。

 

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、7日間の無料体験をできます

 

なので、無料体験をして自分に合うかどうかを確認した上で、課金するか決めてください。

 

 

スタディサプリ ENGLISH

 

ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

 

 

まとめ

以上がTOEIC公式問題集の効果的な勉強法でした。

 

まとめると、以下のステップで勉強するのがおすすめです。

 

【効果的なTOEIC公式問題集の使い方】

  1. 本番と同じ制限時間で問題を解く
  2. 間違えた問題は復習する
  3. 繰り返し問題を解く

 

特に重要なのは、ステップ2の復習とステップ3の問題演習です。

 

復習は以下のステップでやりましょう。

 

【TOEICリスニングパートの復習法】

  1. 間違えた問題の意味のを確認
  2. 間違えた問題の音声を繰り返し聴く
  3. 音声と一緒に音読する

 

【TOEICリーディングパートの復習法】

  1. 分からない単語・表現のチェック
  2. 品詞分解をしつつ英文を読む
  3. 音読する

 

そして、たくさん問題演習をしてください。

 

解いた問題が多ければ多いほど、TOEICのスコアが上がりやすくなります。

 

問題演習に関しては、以下の2つの方法がオススメです。

 

【オススメの問題演習】

  • TOEIC公式問題集2〜3冊をローテーションで解く
  • スタディサプリENGLISH

 

参考になれば嬉しいです。

では!

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-TOEIC L&R 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.