【TOEIC L&R】 リンスニングが苦手な人はオーバーラッピングをやるべき!

この記事が役に立つ人

◆TOEIC リスニングのスコアが伸びない人


「勉強しているはずなのに、スコアが伸びない!」

こんな悩みを持っている人は、かなり多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、TOEICのリスニングスコアがなかなか上がらないという人に、是非トライしてもらいたい勉強法を紹介したいと思います。

僕はこの勉強法で一気にリスニングのスコアを65点も上げる事ができました。

そのため、非常に効果がある勉強法であると確信しています。

この記事を読み終わったら、すぐにこの勉強法を実践して、リスニングのスコアを劇的に上げちゃってください。

TOEICのリスニングスコアをアップさせる勉強法

では、僕がTOEICのリスニングスコアを一気に65点アップさせた勉強法とは、どのようなものなのか。

それは「オーバーラッピング」と呼ばれる勉強法です。

もしかしたら「オーバーラッピングなんて初めて聞いた」とザワザワしている人もいるかもしれないので、オーバーラッピングとはどんな勉強法なのかを解説したいと思います。

オーバーラッピングとは?

たぶん「シャドーイングなら聞いたことあるよ」という人は多いのではないかと思います。

実は、オーバーラッピングもシャドーイングに似ています。

しかしオーバーラッピングはシャドーイングよりも簡単な勉強法です。

念のために解説しておくと、シャドーイングは英語の音声を聞き、少しタイミングをずらして聞こえた英語をマネして声に出すという勉強方法です。

イメージはこうです。

【シャドーイング】

音声: You should sleep for at least 8 hours.

自分:    You should sleep for at least 8 hours.

一方、オーバーラッピングとは「英文を見ながら、流れてくる音声に合わせて音読する」というものです。

つまりこんな感じですね。

【オーバーラッピング】

音声: You should sleep for at least 8 hours.

自分: You should sleep for at least 8 hours.

イメージとしては「カラオケに近い」かなと思います。

好きな歌手の曲を聴いてるときに、一緒に口ずさんだことってありませんか?

誰しもが1度はやったことあると思うんですけど、そんなイメージです。

オーバーラッピングは音声と一緒に英語を音読するという勉強法です。

オーバーラッピングは簡単な勉強法

オーバーラッピングとシャドーイングの何が違うかって、難易度がぜんぜん違います。

オーバーラッピングの方が初心者には断然簡単です。

シャドーイングは流れてくる英語をちゃんと聞き取って、参考書を見ずにマネしなければいけないので、正直かなり難しい勉強法だと思います。

特にTOEICで700点くらいのレベルだとシャドーイングは難しくて嫌になる気がします。

だって流れてくる音声を聞いて、その英語をテキストを見ずに真似しなきゃならないなんて、難しすぎませんか?

僕は一応TOEIC900点以上のスコアを取得していますが、900点を取得するまで、シャドーイングで勉強したことはないです。

理由は難しくて嫌だからです(笑)

一方、オーバーラッピングはテキストの英文を見ながら、流れてくる音と一緒に音読すれば良いので、シャドーイングに比べると難易度が圧倒的に下がるんですよね。

そのため、シャドーイングよりも、とっつきやすいリスニング勉強法だと個人的に思っています。

英語自体を理解するのが難しいのに、勉強法もとTOEICの勉強が嫌になってしまうでしょう。

「シャドーイングが難しい」と感じている人は、是非オーバーラッピングの導入をお勧めしたいと思います。

繰り返しになりますが、僕はこの勉強法を取り入れてから、リスニングのスコアがぐーんと伸びたので効果はお墨付きです。

オーバーラッピングにはどんな効果がある?

オーバーラッピングの効果としては主に3つあります。

1つ目が「英語のアクセント、リズム感が身につく」、2つ目が「音の連結・消失が身につく」、3つ目が「英語を英語のまま理解できるようになる」というものです。

1: 英語のアクセント、リズム感が身に付く

英語と日本語では、アクセントとリズムが全く違います

どれくらい違うかと言うと、「メロン」と「メロンパン」くらい違います。

つまり、英語のアクセント、リズムを体感的に分かっていないと、TOEICのリスニングスコアはなかなか上がらないということです。

オーバーラッピングを繰り返しすることにより、「どの部分が強調されて話されているのか」、「英語独特のリズム感」などに慣れることができます。

その結果、TOEICのリスニングスコアが上がりやすくなるのです。

2: 音の連結・消失が身に付く

オーバーラッピングの2番目の効果としては、音の連結・消失が身につくということです。

リスニングをしていると「あれ、テキストの英文と違うように聞こえる」と思ったことはないでしょうか。

これはだいたい音の連結・消失が原因です。

では音の連結・消失とは何か? 例えば「I like it」という英語は「アイ ライク イット」とは聞こえません。

音が連結・消失して「アイ ライキッ」というように聞こえます。

これが音の連結・消失というものです。

例:I like it.の聞こえ方

✖ アイ ライク イット

〇アイ ライキッ

この音の消失・連結に慣れていないと、TOEICのリスニングはいつまでたってもちゃんと聞き取れません。

普段からオーバーラッピングをして慣れておく必要があるのです。

音の連結については以下の記事に詳しく書きましたので、興味があればチェックしてみてください。

>>> TOEIC リスニング力向上!-音の連結・消失を理解しよう-

3:英語を英語のまま理解できるようになる

3つ目のオーバーラッピングの効果としては、英語を英語のまま理解する「英語脳」を作れるということが挙げれられます。

つまり、オーバーラッピングを何度も何度も繰り返すことによって、英語を日本語に訳することなく、英語のまま理解できるようになるのです。

例えば「Thank you」とか「I love you」のような英語なら、誰もが英語のまま意味を理解できると思います。

オーバーラッピングをすることにより、「Thank you」や「I love you」のように英語を瞬時に理解できるようになるのです。

以上がオーバーラッピングをすることにより得られる効果です。

このように流れてくる英語に合わせて音読をしていると

「あれ、なんか自分が出してる音はCDの音声とはちょっと違うな」

とか

「ちょっと自分が喋ってる英語のリズムっておかしいかも」

など、オーバーラッピングをしていると、かなり気づきがあります。

本当に良いことばっかりなのです。

このようにオーバーラッピングはTOEICのリスニングスコアを劇的に向上させるには最適な勉強法だと思います。

しかもシャドーイングに比べて簡単なので、とてもお勧めです。

スポンサーリンク

オーバーラッピングはどれくらい効果があるの?

オーバーラッピングはリスニング力を上げるためには最適な勉強法であることは分かったけど、実際どれくらい効果があるのかを知りたいという人も中にはいると思います。

そんな要望があると思ったので、これから僕が体を張って実験した結果を恥を忍んで公開します。

では僕が以前受験したTOEICの結果をご覧ください。

IMG_0232-1 (2)

リスニングパートのスコアは390点です。

この時は約8年ぶりに受験したですが、「久しぶりの割にはけっこう点数取れてるじゃん」と完全に調子に乗っていました。

調子に乗ったがゆえに、「英語を聞き流すだけでもリスニング力は上がるわ」と勘違いし、オーバーラッピングは一切せず、音声を聞き流すだけというかなーりダメダメな勉強方法に終始しました。

そして2か月後に受けたのTOEICの結果がこちら。

IMG_0233 (2)

5点しか上がってません。

2か月も勉強したにも関わらず5点しか上がっていないのです。

「リスニングの勉強してなかったんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、毎日リスニングの勉強はしてました。

「英語を聞き流すだけ」という勉強法ですが。

さすがに5点しか上がらないのは勉強法に問題があると思い、導入したのがオーバーラッピングです。

そして、さらに2か月後に受けたTOEICの結果がこちら。

IMG_0234 (2)

一気に65点アップです。

すごくないですか!?(僕がじゃなくて、オーバーラッピングがすごくない?って意味です)

最初の2か月はたったの5点しかアップしてないのに、オーバーラッピングを導入した次の2か月は一気に65点もアップしたのです。

同じ2か月なのに13倍も違います

これでオーバーラッピングのすごさを分かっていただけたのではないかと思います。

オーバーラッピングは、こんなに効果があるのです。

「まだオーバーラッピングをやったことがない!!」という人は、今日からやりましょう。

きっと効果を実感できるはずです。

効果的なオーバーラッピングのやり方

ではオーバーラッピングを効果的にするには、どのようにすれば良いのでしょうか。

僕は以下のような流れでオーバーラッピングをしました。

1:英語の音声を何回か聴く

まず最初に英語の音声を何回か聴きます。

ここでどの部分で音の消失・連結がしているかをチェックします。

2:英文の意味を理解する

次にオーバーラッピングする英文の意味をちゃんと理解します。

英文を品詞分解したり、この構文は何だろう?意味は何だろう?と考えてることが重要です。

3:オーバーラッピングをする

ここまでやってから、はじめてオーバーラッピングをします。始めのうちはなかなか上手く出来ないと思うので、TOEICのPart2のような短い文からオーバーラッピングを始めるのが個人的にお勧めです。

いきなり長文からチャレンジするのは大変なのでやめたほうが良いです。

TOEICのPart2でオーバーラッピングをして慣れてきたら、Part3、4のような英文をオーバーラッピングをすると効果的だと思います。

そして、つっかえることなくオーバーラッピング出来るまで頑張ってください。

この地道な練習があなたのリスニング力を劇的に向上させます。

また、どうしてもスピードが速くてオーバーラッピングができないようであれば、スピードを落としてオーバーラッピングすると良いと思います。

僕は英語専用のウォークマンを買ってリスニングの勉強をしているのですが、SONY ウォークマン Eシリーズは再生スピードを調整できるので非常にお勧めです。

しかもノイズキャンセリング機能もついているので、通勤・通学の電車の中でもリスニングの勉強がしやすいです。

以上がオーバーラッピングの効果的なやり方でした。

オーバーラッピングはリスニング力向上に非常に効果があります

もしリスニングのスコアが上がらなくて困っているのであれば、是非やってみてください。

その効果に驚くはずです。

参考になれば幸いです。

では!

◇あわせて読みたいオススメ記事◇

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

【目標スコア別おすすめ参考書】

TOEIC900点を取るのに実際に使ったおすすめの参考書を公開!

目標800点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!
【TOEIC L&R】 リンスニングが苦手な人はオーバーラッピングをやるべき!
この記事をお届けした
英語学習の処方せんの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする