TOEIC L&R 勉強法 TOEIC L&R 参考書

【TOEIC L&R】通勤電車でできるおすすめの勉強法・参考書を紹介する

更新日:

この記事が役に立つ人

◆勉強時間が足りなくて悩んでいる人

◆通勤のスキマ時間を有効活用したい人


 

「勉強する時間が足りない!」

勉強時間を作るのって大変ですよね。

 

その気持ち、とてもよく分かります。

そんな悩みを解決する手段の1つが、通勤電車の勉強でしょう。

 

仮に通勤時間が往復1時間で月20日勤務だとすると、20時間の勉強時間を作り出すことができます。

20時間って、かなり大きいですよね。

 

このように、塵も積もれば山となるのです。

そこでこの記事では、通勤電車での勉強にぴったりの勉強法・参考書を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

通勤電車で効果的に勉強するためのポイント

 

通勤電車で効果的に勉強するためのポイントは、大きく分けて2つあります。

それが「持ち運びが楽な参考書を選ぶこと」、そして「スキマ時間でも勉強できる内容であること」です。

 

この2つのポイントを外すと、一気に効率が悪くなるので注意しましょう。

1:持ち運びが楽な参考書を選ぶ

1つ目のポイントが、持ち運びが楽な参考書を選ぶこと。

例えば「TOEIC公式問題集」のような大きな参考書は、通勤電車の中には向いてません。

 

大きいというだけで、混雑する電車の中では勉強しにくいです。

というか混んでいる電車の中で、大きな参考書を広げていたら迷惑にもなります。

 

そして何より、持ち運ぶのが面倒くさい。

持ち運ぶのが面倒だと、「まぁ今日は電車で勉強しなくてもいいや。。」となる可能性がでてきます。

 

できるだけコンパクトな参考書を選んで、勉強するためのハードルを下げましょう。

 

2:スキマ時間にできる内容であること

2つ目のポイントが「スキマ時間にできる内容であること」です。

例えば、TOEIC Part7のような長文をスキマ時間で勉強しようとすると、中途半端なところで勉強が中断してしまいがちです。

 

これでは勉強の効率が悪いのは言うまでもありません。

5分程度のスキマ時間にできる勉強をしましょう。

 

具体例を出すと、「TOEIC Part5」のような短い問題だったり、「リスニングパート」ですね。

これらは、ちょっと時間ができた時でも勉強しやすいです。

 

 

通勤中にできるオススメTOEIC対策

 

通勤電車の免許うにオススメしたいのが、「スタディサプリ ENGLISH」というアプリです。

僕がスタディサプリENGLISHをオススメするポイントは2つあります。

 

1:スマホで勉強できるので持ち運びが楽

1つ目のおすすめポイントが、「持ち運びが楽」という点。

スタディサプリENGLISHはスマホで勉強できるので、紙の参考書に比べると格段に持ち運びが楽です。

 

スマホなら家に忘れてしまうこともないですし、何よりバッグからも取り出しやすいですよね?

紙の参考書は、混雑する電車内だと少し勉強しづいらいです。

 

2:TOEIC全パートの対策が可能

2つ目のメリットが、「TOEIC全パートの対策が可能」ということ。

アプリ一つで、リスニングパートからリーディングパートまで勉強できてしまうのです。

要するに、TOEIC Part1〜Part7全てです。

 

さらに言うと「英単語」、「英文法」も学べます。

参考書をたくさん持ち運び必要がないので、まさに通勤・通学中の勉強に最適です。

 

【Part1イメージ】

 

 

【Part2イメージ

 

 

【Part3イメージ

 

 

【Part4イメージ

 

【Part5イメージ

 

 

【Part6イメージ

 

 

【Part7イメージ

 

 

その他のスタディサプリENGLISHおすすめポイント

通勤中に勉強しやすいだけでなく、スタディサプリENGLISHには以下のような特徴があります。

 

【スタディサプリENGLISHの特徴】

◆TOEIC対策の人気講師によるビデオ講義を視聴できる

◆学習時間を記録できるので、学習計画を立てやすい

◆クイズ感覚で勉強できるため、モチベーション維持をしやすい

 

通勤・通学中や昼休みなどのスキマ時間を積み重ねれば、1日1時間以上は確実に作れます。

勉強時間の捻出が難しい社会人にとって、スタディサプリENGLISHは頼もしい味方なのです。

 

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や2ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れます。

 

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかどうかを確認した上で、課金するか決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



 

ちなみに、スタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

 

 

スポンサーリンク

通勤中にできるリーディング勉強法・参考書

 

次に通勤電車でできるTOEICリーディングの勉強について。

僕がおすすめしているのは、以下の勉強法です。

 

通勤電車でできるオススメのリーディング勉強法

先ほどもチラッと書きましたが、電車の中では「TOEIC Part5だけ」勉強しましょう。

理由は、Part5の英文は短いので、ちょっとしたスキマ時間でも勉強しやすいからです。

 

【通勤電車での勉強におすすめのリーディング勉強】

◆TOEIC Part5

 

もしかしたら

「TOEIC Part5は得意だから、Part7のような長文の勉強したいなぁ」

と思った人もいるかもしれません。

 

しかしPart5の勉強は、Part7のような長文の勉強に最適なのです。

なぜかというと「長文は短い文の集まりだから」です。

 

つまりPart5のような短い英文を速く正確に読めれば、Part7のような長文も速く正確に読めるようになるというわけですね。

 

実際、僕はPart7に特化した問題集などは一切やらずにTOEIC900点に到達しました。

本番直前に模試を解いたくらいです。

 

本当にこの勉強法で英語を速く正確に読めるようになります。

オススメの勉強法なので、ぜひトライしてみてください。

(詳しくは以下の記事参照)

>> リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

 

通勤電車での勉強にオススメなリーディング参考書

僕がオススメしているのは、千本ノックシリーズです。

 

1日1分! TOEIC L&Rテスト千本ノック! (祥伝社黄金文庫)

 

 

僕が千本ノックシリーズをオススメする理由は3つあります。

理由1:持ち運びがしやすい

最初の理由が、「持ち運びしやすい」という点。

先ほど紹介した「スタディサプリ ENGLISH」に比べれば持ち運びやすさは劣りますが、千本ノックシリーズも文庫本サイズなので比較的持ち運びやすいです。

 

通勤・通学の電車の中で勉強するのに、まさにピッタリと言える参考書です。

僕はこの千本ノックシリーズを5冊ほど、通勤時間に勉強していました。

 

理由2:Part5の問題で構成されている

2つ目の理由が、「Part5の問題で構成されている」という点です。

先ほども書いた通り、短い英文を速く正確に読めれば、長文も速く正確に読めるようになります。

 

そのため、短い英文で構成されているPart5の問題をたくさん解くのは、リーディングパートのスコアアップに非常に効果的です。

 

理由3:値段が安い

そして3つ目の理由が、安いという点です。

千本ノックシリーズはどれも安く、800円前後で買えます。

 

僕が5冊も買ってしまった理由は、単純に安いからです。

お財布にも優しいのは、かなりデカイですね。

 

オススメなので、興味があればチェックしてみてください。

 

 

通勤中にできるリスニング勉強法・参考書

 

次に通勤電車でできるTOEICリスニングの勉強について。

僕がおすすめしているのは、以下の勉強です。

 

通勤電車でできるおすすめリスニング勉強法

リスニングに関しては、どのパートを勉強してもOKです。

なぜかというと、リスニングは聴くのに時間がかからないため、スキマ時間でも勉強しやすいからです。

 

リスニングの勉強をする際の注意点は、リスニングする英文の品詞分解と和訳をあらかじめしておきましょう。

英文の意味を理解せずに英語を聴き込んだところで、リスニング力はアップしません。

そして、ちゃんと聞き取れるようになるまで繰り返し同じ英文をリスニングするようにしてください。

 

【リスニング勉強のポイント】

◆事前にリスニングする英語の品詞分解・和訳をする

◆繰り返し同じ英文をリスニングする

 

ちなみに「聞き流すだけでリスニング力アップ!」のような教材が人気なようですが、あれは完璧に情弱専用の教材です。

聞き流すだけで、リスニング力がアップするなんてありえません。

 

夢を見るのはやめましょう。(詳しくは以下の記事参照)

>> TOEICリスニング対策に「聞き流し」は意味がない理由

 

リスニング用ウォークマンを買うと勉強が捗る

ちなみに英語専用ウォークマンを購入すると、リスニング学習がめちゃくちゃ捗ります。

僕が買ったのはSONY ウォークマン Eシリーズ 4GBです。

 

SONY ウォークマン Eシリーズ 4GB ブルー NW-E083/L

 

僕みたいにiTunesで音楽を普段聴いている方は、新たにMedia Go(SONY版iTunesみたいなやつ)でリスニング音源を管理しなければならないという煩わしさはあるんですけどね。

 

こういった欠点はありますが、あえて僕がこのウォークマンを使っている理由が4つあります。

1:ノイズキャンセリング機能がついている

ノイズキャンセリング機能とは、簡単に説明すると、「外の雑音をシャットアウトしてくれる機能」です。

例えば、電車の「ガタンゴトン」という音ですね。

 

このガタンゴトンという音があると、当然リスニング音源が聞き取りにくくなります。

 

しかしノイズキャンセリング機能があると、不快なガタンゴトンをシャットアウトできるわけです。

 

リスニング学習がめちゃくちゃ捗るので、本当にオススメです。

カフェ勉好きな人もノイズキャンセリング機能があると勉強が捗りやすいのではないかなと。

 

2:再生速度を変えられる

再生速度を変えることも可能です。

勉強中は聞き取れるのに、TOEIC本番だと速く聞こえてしまうということはありませんか?

 

そう感じたことがある人は、普段から再生速度を速くしてリスニングするのがおすすめです。

僕は+1.25%の速さでリスニングの練習をして、慣れてきたら+1.5%に上げて勉強をしていました。

 

僕の経験上、+1.5%の速さが普通と感じられるようになったら、TOEIC L&Rテストのリスニングはかなりできるようになります。

スコアでいうと、リスニングパートだけで450点以上のスコアを狙えるのではないかと思います。

 

SONY ウォークマン Eシリーズ 4GBは、以下の9段階で再生速度を設定ができます。

【速度調整】

0.5

0.75

0.9

1

1.1

1.25

1.5

1.75

2.0

 

3:音楽を聴かなくなる

英語学習用にウォークマンを買うと「今日は仕事を頑張ったから」とか「今日は疲れたから」と言い訳して、リスニング勉強をせず好きな音楽を聴いてしまうのを防げます。

 

僕はそんなに意思が強くないという自覚があったので、英語学習専用にウォークマンの購入は非常に効果的でした。

英語専用ウォークマンには僕の好きな音楽が入っていないので、リスニングの勉強に集中できるようになったのです。

 

英語専用ウォークマンを購入すると、リスニングの勉強しかできない環境を作れます。

僕のように勉強する意思が弱いという自負がある人には非常にオススメです。

 

4:安い

なんとこのウォークマン、安いのも大きな特徴です。

1万円程度あれば買えてしまいます。

 

たった1万円ほどの投資で英語学習が捗るなら安い買い物かなと。

以上が僕がこのSONY ウォークマン Eシリーズ を買って良かった理由です。

 

ちなみに容量は4GBなんですけど、僕は今17枚のリスニングCDを入れていて1.8GBしか容量を使っていません。

 

なので、40枚弱くらいCDを入れられるのではないかと思います。

英語学習専用で使うなら充分な容量ですね。

 

*廃盤になったっぽいので、現在は少し値段が上がっています

 

 

 

 

通勤電車勉強にオススメのリスニング参考書

最後にオススメのリスニング参考書について。

リスニング参考書は「速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」がおすすめです。

 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

 

名前の通り単語帳なのですが、音声CDが付属しているのでリスニングに最適です。

おすすめポイントは、何と言っても「英文がTOEIC形式」ということですね。

 

TOEICリスニングによくあるシチューションの英文なので、リスニング対策に有効です。

TOEIC形式の英文なので、品詞分解や和訳をしながら勉強すれば、リーディング対策にもなります。

 

これ1冊でリスニング対策はもちろんのこと、リーディング対策にもなってしまう。

さらに、コンパクトな参考書なので持ち運びも楽。

 

かなりおすすめです。

より詳しいレビューは、以下の記事を参考にしてください。

>> 語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

 

【おすすめポイント!】

◆TOEIC形式の英文

◆リスニング音声CD付き

◆リスニング対策だけでなく、リーディング対策にもなる

◆コンパクトなので、持ち運びが楽

 

 

 

「速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」は、高校レベルの単語帳です。

なので、中学レベルからやりたいという場合は、「速読速聴・英単語 Basic 2400」がオススメです。

 

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

「速読速聴・英単語 Basic 2400」も音声CDが付いているので、リスニング対策にはもってこいです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

電車内でTOEICの勉強するときは、以下の2つのポイントを押さえるようにしましょう。

 

【ポイント!】

◆持ち運びが楽な参考書を選ぶこと

◆スキマ時間でもできる内容であること

 

その点を考えると、電車内での勉強は「スタディサプリ ENGLISH」が1番良いかなと。

スマホアプリなので持ち運びもしやすく、TOEICの全パートを対策できるので。

 

ただし、スタディサプリENGLISHは有料アプリです。

なので、1週間の無料体験をして自分に合うかどうかをチェックしてから、課金するようにしてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら

 

以上、通勤電車でできるおすすめの勉強法・参考書でした。

では!

RELATED

-TOEIC L&R 勉強法, TOEIC L&R 参考書

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.