TOEIC L&R 目標800点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

この記事が役に立つ人

◆現在TOEIC700点台で800点を目指している人


「参考書がいっぱいありすぎて、どれを買えば良いのか分からない!!」

その気持ち、とても良くわかります。

かつての僕も同じことで悩んでいました。

たしかにTOEIC関連の参考書はたくさん出版されているので、どれを買えば良いのか分からないですよね。

そこでこの記事では、TOEIC L&Rテストで800点以上のスコアを取得するためのお勧め参考書と勉強法について解説します。

僕の実体験に基づいて書いたので、多少は参考になるかと思います。

まだTOEIC L&Rテストで700点に到達していないという人は、下の記事をまずチェックしてみてください。

>>> 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

では本題へ!

TOEIC800点のレベルとは?

最初にTOEIC L&Rテストで800点とは、どれくらいのレベルなのかを解説します。

TOEIC L&Rテスト 800点は、全受験者の上位15%程度に当たります。

東大の文系学部の平均スコアが800点と言われているので、日本人の中では高めの英語力と言って良いでしょう。

参照:TOEIC L&Rテスト スコア分布

TOEIC L&Rテストはリスニングパート・リーディングパートの2つで構成されており、それぞれ495点満点です。

TOEIC L&Rテストのスコアが800点で、リスニング・リーディングのスコアが、それぞれ400点と仮定した場合の英語力は以下のようになります。

あくまでも個人的な体感ですが、だいたいこのくらいのレベルでしょう。

TOEIC 800点レベルのリスニング力

TOEIC L&Rテストのリスニングパートくらいの速さであれば、ところどころ聞き取れない部分はあるものの、言っていることの概要はおおむね理解することがきます

具体的には、TOEICの内容であれば8割程度は理解できます。

ただし、TOEICの範囲を超えた内容だと、理解するのが難しくなります。

例えば、オンライン英会話で先生が話すことを聞き取るのは少し難しいです。

先生の表情などを見て「こんな感じのことを言っている」というのが、なんとなく分かる程度でしょう。

TOEIC 800点レベルのリーディング力

TOEIC800点レベルのリーディング力(リーディングパート400点)は、英語を読む力がかなりついていると言えます。

例えば、時間をかければ英語で書かれている記事や本を読むことが出来るレベルです。

TOEIC L&Rテストのリーディングパートは、ギリギリ終わるか終らないかのレベルです。

出題問題の難易度によっては、時間内に終わることもあれば、時間内に終わらない時もあるでしょう。

TOEIC800点を目指すための勉強法

僕が考えるTOEIC L&Rテスト800点を取得するための勉強は以下の2つです。

【TOEIC 800点を目指すための勉強】

1:ひたすら英語を聴き込む

2:ひたすら英語を読み込む

TOEIC700点と800点の違いは何か。

それはどれだけの時間をリスニングと英文読解に費やしたかの違いです。

TOEIC700点台であれば、高校英文法などの英語基礎力は十分でしょう。

つまりTOEIC L&Rテストで800点を目指すためには、「英語を聴き込むこと」、「英文を読み込むこと」の2つを重点的に行い、実践的な力をつけていく必要があるということです。

では、これらについて詳しく解説していきます。

TOEICリスニングのおすすめ参考書

TOEIC L&Rテストで800点に到達するためには、英語を聴き込むことに多くの時間を費やすことが非常に重要です。

リスニング対策のおすすめ参考書

僕がおすすめしているリスニング対策の参考書は以下の3冊です。

<フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

この3冊を重点的に勉強しましょう。

▼<フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本

CD BOOK <フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 (アスカカルチャー)

この参考書は、発音学習の参考書です。

目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説するという記事で、フォニックスという発音の参考書を紹介しましたが、それの姉妹本ですね。

以前紹介したフォニックスは単語の発音にフォーカスしていましたが、今回紹介する参考書はリンキングなどの「音の変化」がフォーカスされています。

では、音の変化とは何でしょうか?

分かりやすい例だと、DJが言っている「チェケラ」です。

チェケラは「check it out」の音が変化しているので、チェケラに聞こえるわけです。

だいぶ違いますよね。

「知っている英語のはずなのに聞き取れなかった・・・」という経験をしたことはありませんか?

なぜこんな不思議なことが起こるかというと、英語の音が大きく変化しているためです。

ではどうすれば良いのか。

この参考書で音の変化を学べば聞き取れるようになります

その結果、リスニング力が格段に上がるのです。

個人的には是非トライして欲しい参考書です。

勉強する前と後では、英語の聞こえ方が全く違います。

音の変化については、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> リスニングが苦手な人はリンキング・音の消失を勉強しよう

▼速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

この単語帳は、目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説するでも紹介しました。

しかし、TOEIC L&Rテストで800点を目指す段階でも使える万能単語帳です。

この単語帳は、音声CDがついています。

つまり通勤・通学中に聴き込むことによって、語彙力アップに加えてリスニング力アップも期待できるのです。

また英文がTOEIC形式かつ、本番同様にアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアの4カ国の発音で収録されているので、本番の試験に慣れることもできます。

僕の友人にも、この参考書を愛用していた人がいるのですが、彼はTOEIC L&Rテスト600点台から800点くらいまで上がっていたので、自信を持って良い参考書だと言えます。

詳しいレビューについては、下の記事が詳しいです。

>>> 語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

▼TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

この参考書では、TOEIC L&Rテストでよく出題されるスタンダードな問題をたくさん学ぶことができます。

公式問題集というだけあって、質の良い問題が多く、リスニングの練習に最適です。

TOEIC700点台の人とTOEIC800点台の人の違いは、単純に英語を聴き込んだ時間が多いか少ないかだけです。

TOEICもテストである以上、問題に慣れることが非常に重要なのです。

この参考書でリスニングの練習を積めば、スコアは自然と伸びていくでしょう。

TOEICリスニングのおすすめ勉強法

リスニングの勉強は「品詞分解」、「リスニング音声の聴き込み」、「音読」の3ステップを意識してやりましょう。

【リスニング勉強の3ステップ】

1:品詞分解

2:リスニング音声の聞き込み

3:音読

1:品詞分解

最初にリスニングする英文の品詞分解をします。

品詞分解をして、どのような構文が使われているのか、どのような意味の英文なのかを確認しましょう。

品詞分解については、以下の記事が詳しいです。

リーディングの勉強用に書いた記事ですが、参考になると思います。

>>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

2:リスニング音声を聴き込む

意味を理解できたら、リスニング音声をひたすら聴き込みます。

通勤・通学中などのスキマ時間に聴き込みましょう。

たまに

「なかなかリスニング力が上がらないのですが、なぜですか?」

と聞かれるのですが、単純に英語を聴いている時間が少ないからです。

「暇があったら英語を聴く」くらいの意気込みでないと、リスニング力は上がりません。

(詳しくは以下の記事参照)

>>> あなたがTOEICリスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

3:音読

通勤・通学中はできないと思いますが、英語を聴きながら音読すると、さらに効果的です。

「オーバーラッピング」と言う勉強法なのですが、僕のイチオシですね。

オーバーラッピングについては、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>> リスニングが苦手なら「オーバーラッピング」をやるべき!

スポンサーリンク

リーディングのおすすめ参考書・勉強法

TOEIC L&Rテストで800点に到達するためには、英語を読み込むことに多くの時間を費やすことが非常に重要です。

リ―ディング対策のおすすめ参考書

僕がおすすめしているリ―ディング対策の参考書は以下の3つです。

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 

TOEIC®テスト文法640問(スマホアプリ)

この3つを重点的にやりましょう。

▼速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

前述の通り、この単語帳はTOEIC形式の英文で構成されています。

そのためリスニング対策だけではなく、リーディング対策にも使える万能な参考書です。

「CD音声を聴く」、「品詞分解をして英文の意味を理解する」、「音読する」の3ステップでリスニング・リーディング対策を同時にするのがお勧めです。

▼新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

この参考書は目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説するでも紹介しましたが、TOEIC L&Rテストで800点を目指す段階でも使えます。

このサイトでは、リーディング対策はPart7のような長文ではなく、Part5・6のような短い英文を速く読む練習をしましょうと何度も書いています。

なぜかというと、長文は「短い文の集まり」に過ぎないからです。

つまり、短い文を速く正確に読めれば、長文も速く読めるようになるのです。

(詳しくは、以下の記事参照)

>>> リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

この千本ノックシリーズは、TOEIC L&RテストのPart5・6のような短い文が集まった問題集なので、リーディング対策に非常に効果的です。

【追記】

最新版(2017.3現在)として、以下の3冊が同時販売されました。

複数買うのが嫌なら、先ほど紹介した新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! で問題ないです。

対象:700点未満

対象:730点以上の中級者

対象:860点以上の上級者

▼TOEIC®テスト文法640問(スマホアプリ)

千本ノックシリーズと同様に、僕がお勧めしているのがTOEIC®テスト文法640問というアプリです。

このアプリもPart5・6のような短い英文を読む練習をできるので、リーディング力の向上に効果的です。

ちなみに問題は以下のような感じです。

2015-09-20 10.18.26

僕は通勤時間や友達との待ち合わせまでの暇つぶに、このアプリをよくやっていました。

ちょっとした隙間時間に勉強できるので、とてもお勧めです。

しかも時間制限機能がついているので、速く正確に解くクセをつけることが可能です。

>>> Android版のTOEIC®テスト文法640問1はこちら

>>> Android版のTOEIC®テスト文法640問2はこちら

リ―ディング対策のおすすめ勉強法

リーディングの勉強は「品詞分解」、「音読」の2つを重点的にやりましょう。

【リーディングの復習】

1:品詞分解をする

2:音読をする

1:品詞分解

リスニングでも重要な品詞分解ですが、リーディングでも重要な勉強です。

必ず品詞分解をしましょう。

品詞分解を瞬時にできるようになると、英語を速く正確に読めるようになります。

詳しくは以下の記事参照。

>>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

2:音読

音読することにより、英語を英語のまま理解できる「英語脳」を作ることができます。

英語を英語のまま理解できると、どうなるか。

当たり前ですが、リーディングのスピードが飛躍的に上がります。

音読は軽視されがちな勉強です。

しかし、本当に効果のある勉強法なのです。

騙されたと思って、ぜひトライしてください。

効果を実感できるはずです。

音読について、以下の記事が詳しいです。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

TOEIC対策のおすすめ参考書・勉強法

TOEICもテストである以上、対策をすることによりスコアアップを狙えます。

学校のテスト前に、テスト対策として過去問を解いたのと同じです。

短期間でのスコアアップを狙うのであれば、TOEIC対策は必ずやりましょう。

TOEIC対策のおすすめ参考書

公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

TOEIC対策は、公式問題集を使いましょう。

気をつけたいことは、1番新しい公式問題集で勉強するということです。

なぜかというと、新しい公式問題集がもっとも最新の傾向に近いからです。

現時点で最も新しいのが、公式TOEIC Listening & Reading 問題集2です。

*公式問題集が難しく感じるようであれば、以下の3冊を合わせて勉強するのがお勧めです。

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 7 読解)

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)

これらの参考書はいわゆるTOEICの攻略本とも言えるもので、「解き方のコツ」を学ぶことができます

つまり、「問題の先読みをするべきか」、「リーディングの時間配分はどうすれば良いか」などを練習問題をやりながら学んでいくということです。

もう自分流の解き方があるという人は勉強する必要はないですが、少し迷走気味の場合にはお勧めです。

TOEICもテストである以上、解き方を工夫すればスコアアップを期待できます。

TOEIC対策の勉強法

公式問題集を使った勉強法で注意するべきことは、大きく分けて2つあります。

それが「時間制限つきで解くこと」、「必ず復習すること」です。

1:時間制限つきで解く

まずは実際の制限時間で、問題を解いてみましょう

制限時間をつけることで、体感的にどれくらいのスピードで解けば良いかを理解できるようになります。

TOEIC800点台に満たない場合は、時間内に終わらせることはかなり難しいです。

なので、時間内に終わらなくても落ち込む必要はありません。

落ち込んでる暇があったら、勉強しましょう。

2:必ず復習する

ここで注意したいのが、解いたら必ず復習をするということです。

解き終わって「これくらいのスコアなら取れそうだなー」で終わってはダメです。

ちゃんと復習をしてください。

復習する際、リーディングパートは「間違えた問題の品詞分解」と「音読」の2点を必ずやりましょう。

【TOEIC対策リーディング勉強法の2ステップ】

1:間違えた問題の品詞分解

>>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

2:音読

>>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

そしてリスニングパートは「間違えた問題の品詞分解」、「リスニング音声の聴き込み」、「音読」の3点を必ずやってください。

【TOEIC対策リスニング勉強法の3ステップ】

1:間違えた問題の品詞分解

>>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

2:リスニング音源を聴き込む

>>> あなたがTOEICリスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

3:音読(オーバーラッピング)

>>> リスニングが苦手なら「オーバーラッピング」をやるべき!

これらを重点的にやることによって、英語を読む力・聴く力が格段に上がります。

まとめ

長くなったのでおすすめの参考書についてまとめておきます。

【リスニング対策のおすすめ参考書】

<フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

【リーディング対策のお勧め参考書】

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 

TOEIC®テスト文法640問(スマホアプリ)

>>> Androidは版こちら

【TOEIC対策のおすすめ参考書】

TOEIC 公式問題集

*公式問題集を勉強して少し難しく感じるなら下記の参考書も

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 7 読解)

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)

以上が、TOEIC800点を目指すのにオススメの参考書です。

参考になれば幸いです。

では!

あわせて読みたいオススメ記事 

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【朗報!】簡単にできる英語学習を長続きさせる4つのコツ

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

TOEIC L&R 目標800点!おすすめ参考書・勉強法を解説する
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!