発音

【TOEIC L&R】英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆発音の勉強をしたことがない人

◆TOEIC L&Rのリスニングパートが苦手な人


 

「TOEICのリスニングパートが全く聞き取れない!」

 

TOEICの勉強をしている人なら、このような経験が1度はあるでしょう。

僕も今でこそTOEIC900点を取れましたが、勉強を始めたばかりの頃は「知っている単語でも聞き取れないのはなぜだろう?」とすごく悔しい思いをしました。

 

リスニングが苦手と感じる原因としては色々考えられるのですが、大きな理由の1つが「発音の勉強をしていないこと」が挙げられます。

TOEIC L&Rでハイスコアを取るためには、発音学習が非常に重要なのです。

 

そこでこの記事では、発音学習におすすめの参考書を紹介します。

この参考書でしっかり勉強して、リスニング力アップを狙いましょう。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

発音学習が重要な理由

 

オススメの参考書を紹介する前に、「なぜ発音学習が重要なのか」について簡単に解説します。

より勉強に身が入るので、勉強すべき理由についても、ちゃんと知っておきましょう。

 

発音を学ぶべき理由とは?

なぜ発音学習が重要なのか。

それは「英語の発音と日本語の発音は全く違うから」です。

 

全く発音が違うので、日本人にとって英語はとても聞き取りにくいのです。

つまり英語の発音を学ばなければ、リスニング力は絶対に上がりません。

 

発音の違いの具体例

例えば「right」と「light」は、どちらも日本語では「ライト」と発音しますよね?

 

しかし、これらの英語の発音は全く違います。

しかも「Right」と「Light」の違いは、ほんの一例に過ぎません。

 

「She」と「See」も、「シー」とは発音しません。

「The」だって、実は「ザ」と発音しないのです。

 

ちなみに英語には43個の音があるのですが、このうちの5〜6個しか日本語と同じ音はありません。

 

つまり僕たち日本人にとって、英語の音はほとんどなじみのない音なのです。

この音の違いが、英語を聞き取りにくくしているというわけです。

 

より詳しい発音学習の重要性については、以下の記事により詳しくまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】 リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

 

 

発音学習はフォニックスが1番オススメ

 

 

僕がオススメしている発音学習の参考書は、「フォニックス<発音>トレーニングBOOK」です。

発音学習は、とりあえずフォニックスで勉強しましょう。

 

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

フォニックスで発音を勉強すれば、TOEIC L&Rで900点を取得するのも夢ではありません。

では、フォニックスで発音を勉強するメリットについて解説していきます。

 

 

 

フォニックスで発音を学ぶメリット

フォニックスで発音を学ぶ利点は4つあります。

 

1:リスニング力が上がる

何と言っても「リスニング力が上がること」が1番のメリットです。

 

先ほども書いたように、英語と日本語の発音には大きな違いがあります。

そのため、英語の発音をちゃんと学ばなければ、英語を聞きとることができないのです。

 

でも、フォニックスで勉強すれば大丈夫です。

発音ルールの基礎をみっちり学べるので、絶対にリスニング力が上がります。

 

「なぜ今まで勉強してこなかったんだろう。。」と、感じるのではないかなと。

それくらい勉強する前と後で差を感じると思います。

 

自分が発音できない音は、聞き取ることができません

そのため、発音学習なしでTOEIC L&Rリスニングパートで高得点を取るのは。まず無理と言って良いでしょう。

 

それだけ発音学習は、TOEIC L&Rテストで高得点を取るために重要なのです。

 

2:初見の単語でも発音が分かるようになる

2つ目の利点が「初見の単語でも発音が分かるようになる」ということ。

 

実はアルファベットには、読み書きのルールがあります。

このルールを学んでいるため、英語圏の子供は耳から入ってきた音を文字へと瞬時に変換できるのです。

 

例えばA、B、C、D・・・は、普通だったら「エー、ビー、スィー、ディー・・・」と発音しますよね?

しかしフォニックスでは、それぞれ「ア、ブ、ク、ドゥッ・・」と発音します。

 

【普通の読み方】

A(エー)、B(ビー)、C(スィー)、D(ディー)

 

【フォニックスの読み方】

A(ア)、B(ブ)、C(ク)、D(ドゥッ)

 

ォニックス読みの利点は、「実際の英語の読み方」を学べることです。

 

例えば「Do」という単語のDは「ディー」と読みませんよね?

「Do」という単語のDは、フォニックス読みの「ドゥ」と発音します。

 

このようにフォニックス読みを学べば、初めて見る単語でも発音が簡単に分かってしまうのです。

 

4:伝わりやすい英語を話せるようになる

発音を学ぶメリットは、リスニング力が上がるだけではありません。

「自分の話す英語が、相手に伝わりやすくなる」というメリットもあります。

 

TOEIC L&Rの勉強をしているということは、いずれ「英語を喋れるようになりたい」と考えている人が多いと思います。

そんな人にとって重要なのが「相手に伝わりやすい英語を喋れるようになる」ということです。

 

たまに「英会話は発音なんて重要じゃない」と訳の分からないことを言っている人がいますが、そんなことは絶対にありません。

 

先ほども書いた通り、英語と日本語の発音は全く違います。

そのため、カタカナ英語で話していたら絶対に伝わりません。

 

フォニックスで勉強すると、「えっ、こんなに違ったんだ。。」と思うはずです。

それくらい大きな違いがあります。

 

会話は言葉のキャッチボールなので、相手に伝わりやすく発音できた方が絶対に良いです。

英語の勉強において、発音学習は避けて通れないのです。

 

4:楽しく勉強できて分かりやすい

そしてフォニックスには、楽しく勉強できるような工夫がされています。

 

フォニックスの付属CDを使うと、メトロノームの音に合わせて、楽しくリズミカルに発音の練習ができます。

経験すると分かるのですが、クセになる楽しさなんですよね。

 

また発音をする際の「口の形」や「舌の位置」をイラストを交えて解説してくれてるのも大きなポイント。

視覚的にも理解しやすいです。

 

フォニックス

 

フォニックス

 

さらに言うと、フォニックスは子ども向けの参考書です。

そのため、簡単な日本語で解説されているので、発音学習初心者でも分かりやすくなっています。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめると、フォニックスで発音を学ぶ利点は4つです。

それが「リスニング力が上がる」、「初見の単語の発音が分かる」、「伝わりやすい英語を話せるようになる」、「楽しく勉強できて分かりやすい」です。

 

【フォニックスで発音を学ぶ利点】

リスニング力が上がる

初見の単語の発音が分かる

伝わりやすい英語を話せるようになる

楽しく勉強できて分かりやすい

 

要するに発音学習をすると、TOEIC L&Rのスコアアップを期待できる上に、伝わる発音で英語を話せるようになるのです。

 

本当にフォニックスはお勧めの参考書です。

TOEIC900点の取得はもちろんのこと、英会話でも役に立つこと間違いなしです。

 

実際、僕はフォニックスで発音学習をしっかりしたので、TOEICで900点を取れましたし、オンライン英会話でも「君の発音は聞きやすい」と言ってもらえることが多くなりました。

 

このように、発音を学ぶメリットは非常に大きいです。

まだ発音の勉強をしたことがない人は、ぜひ勉強してほしいです。

 

きっと勉強して良かったと思えるでしょう。

 

【おすすめポイント】

◆初見の単語の発音が分かる

◆リスニング力が上がる

◆伝わりやすい英語を話せるようになる

◆子供向けなので、楽しく勉強できて理解しやすい

 

 

 

ちなみにTOEICリスニングが 苦手な場合は、以下の記事もあわせて読むのがオススメです。

僕がTOEIC900点を取るためにやったリスニング勉強をまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

【追記】

発音学習は、「自分の発音が正しいか」を確認することも大事です。

自分の発音をチェックする方法については、以下の記事をあわせて読んでみてください。

>> 自分の英語の発音が正しいかを確認する簡単な方法を教える

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-発音

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.