TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

TOEIC600点って転職に有利なの?-ホントのところを徹底解説-

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC600点が転職でどれくらい役立つか知りたい人


 

「TOEIC600点って、転職活動でどれくらい役に立つんだろう?」

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

転職は人生のターニングポイントともなりうる重大なイベントです。

たしかに気になりますよね。

 

この記事を読めば、あなたの疑問は晴れるはずです。

では本題へ!

 

スポンサーリンク

TOEICは転職活動で役に立つ?

 

そもそもTOEICのスコアは、転職活動に役立つのでしょうか?

結論から言うと、TOEICは転職活動において役立ちます。

 

TOEICが転職活動に役立つ理由

僕が「TOEICは転職活動に役立つ」と言う理由は2つあります。

 

1:7割近くの企業がTOEICのスコアを参考にしている

1つ目の理由が、「多くの企業が採用にTOEICのスコアを参考にしている」ということ。

「上場企業における英語活用実態調査 」報告書によると、7割近くの企業がTOEICスコアを採用時に参考にすると回答しています。

 

引用:「上場企業における英語活用実態調査 」報告書

 

 

この報告書は少し古いですが、中途社員へ期待する入社する際のTOEICスコアは710点となっています。(新入社員は565点)

 

2:英語を学ぶ意欲をアピールできる

2つ目の理由が、「英語を学ぶ意欲をアピールできる」という点。

今後の英語テストの利用について問われた企業の回答は、以下のようになっています。

 

引用:「上場企業における英語活用実態調査 」報告書

 

「より多くの社員ぶ受験を推奨したい」が44.3%、そして「定期的な受験を制度化していきたい」が31.6%となっています。

 

英語試験の受験を奨励している企業が合計で約75%と、かなり多いですよね。

企業側の「英語力を高めてほしい」という意向が、とてもよく分かるデータです。

 

要するに、TOEICのスコアを持っていれば、転職面接において「英語を学ぶ意欲がある」というポジティブな印象を与えられるのです。

 

転職後もTOEICのスコアは役に立つ

ちなみにTOEICのスコアは転職活動中だけでなく、転職後も役に立ちます。

なぜそんなことを言えるかというと、TOEICスコアを異動、昇進・昇格の要件にしている企業が15.8%もあるからです。

 

引用:「上場企業における英語活用実態調査 」報告書

 

15.8%と聞いて、少ないと思った人もいるかもしれません。

しかし「将来的に異動、昇進・昇格の要件にする可能性がある」と回答している企業が45.2%と、かなり多いのです。

 

要するに、TOEICのスコアが高ければ、これからチャンスが大きく広がる可能性があります。

TOEICのスコアが低くて損することはあっても、高くて損することはまずないのです。

 

TOEIC 600点は転職活動に有利?

 

では、TOEIC600点は、転職活動に有利なのでしょうか?

結論から言うと、TOEIC600点だと可もなく不可もなくといった感じです。

 

中途採用社員に期待するTOEICスコアは700点以上

なぜTOEIC600点だと、可もなく不可もなくかというと、中途社員に期待するTOEICスコアは700点以上だからです。

TOEIC600点は、新卒社員に期待される平均TOEICスコアで、中途採用の社員にはさらに上でのレベルが求められます。

 

 

引用:「上場企業における英語活用実態調査 」報告書

 

転職でTOEICスコアを武器にしたいなら700点以上を目指そう

転職でTOEICスコアを武器にしたい場合、TOEIC700点以上を目指す必要があります。

なぜかというと、「TOEICのスコアが700点以上の88%が希望する会社に転職できている」というデータがあるからです。

参照:TOEICスコア700点以上の88%が、希望する会社に転職 – 年収も大幅アップ

 

TOEIC700点を超えると転職活動で有利になるので、少しでも良い会社へ転職したいならTOEIC700点を目指しましょう。

TOEIC700点を目指す勉強法については、以下の記事がオススメです。

>>【TOEIC L&R】 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する 

 

ちなみに英語をバリバリ使う国際部門で働きたいなら、最低でもTOEIC800点が必要です。

より詳しく知りたい場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

>> TOEICのスコアは何点から履歴書に書ける?-正しい書き方について解説します-

 

TOEIC600点でも選択肢は多い

ただし、TOEIC600点台なら履歴書に書いても無駄というわけではありません。

実際、TOEIC600点前後を足切りにしている企業もあるので、足切りを回避する上ではTOEIC600点は有用です。

 

「TOEIC600点」というスコアは、可もなく不可もなくといった感じで、比較的足切りはされにくいです。

もし転職を考えているなら、DODA(デューダ)に登録して、自分の価値を確認してみるのも良いでしょう。

 

紹介してくれる求人を見れば、自分の大まかな推定年収を把握できます。

(もちろん確認するだけで、すぐに転職活動を始める必要は全く問題ない)

 

転職エージェントは、無料で利用できます。

すぐの転職を考えていなくても、求人情報のメールを定期的にもらえるので、転職の意思が少しでもあるなら登録しておかないと損です。

>> DODAに無料登録する

 

スポンサーリンク

TOEIC700点を取得するには

 

ここまで読み進めて、「転職活動を有利に進めるにはTOEIC700点が必要」ということが分かったと思います。

そこで、最後にどのような勉強をすればTOEIC700点を取得できるか解説します。

 

TOEIC700点以下の場合は基礎力を鍛える必要がある

TOEIC700点以下の場合、まだ英語の基礎があやふやな可能性があります。

そのためTOEIC700点を超えられないなら、英語の基礎をしっかり固めましょう。

 

具体的に言うと、英文法と英単語をミッチリやってください。

この2つが英語の基礎中の基礎です。

 

オススメの文法参考書と単語帳

オススメの文法参考書と単語帳は、以下のものです。

 

中学レベルから勉強する場合

まず中学レベルから勉強したい場合は、以下の2冊を買いましょう。

英語学習初心者でも勉強しやすいです。

 

【文法参考書】

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

【単語帳】

速読速聴・英単語 Basic 2400

 

高校レベルから勉強する場合

高校レベルから勉強したい場合は、以下の3冊がオススメ。

 

【文法参考書】

山口俊治 英文法講義の実況中継1

山口俊治 英文法講義の実況中継2

 

【単語帳】

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

文法と単語を勉強したあとはひたすら問題演習

基礎学習が終わったら、ひたすら問題演習をしましょう。

TOEICはテストです。

 

そのため問題演習をすればするほど、スコアは上がりやすくなります。

学生の時、テスト前に過去問を解いたりしましたよね?

イメージとしては、そんな感じです。

 

詳しくは、以下の記事にまとめました。

TOEIC700点を目指す人にオススメです。

>>【TOEIC L&R】 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する 

 

まとめ

TOEIC600点の転職での評価は、可もなく不可もなくといった感じです。

そのため有利に転職活動をしたいなら、できればTOEIC700点を目指しましょう。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ。

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.