あなたの英語力をアップさせる英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

スピーキング

【ONE OK ROCK】Takaの英語の発音がキレイに聞こえる理由を徹底解説!

更新日:

 

ONE OK ROCK(ワンオクロック)のTakaさんの英語の発音ってキレイですよね。

なぜ日本人なのに、こんなにキレイに発音できるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、

  • ONE OK ROCKのTakaさんの英語の発音がキレイに聞こえる理由

についてまとめてみました。

 

この記事を書いている僕は、TOEIC900点や国家資格である通訳案内士を持っています。

なので、多少は参考になるかなと。

 

では本題へ!

 

 

ワンオクTakaの発音がキレイなのには理由がある

 

なぜONE OK ROCKのTakaさんの英語の発音はキレイに聞こえるのでしょうか。

 

ワンオク Takaは英語の発音ルールを守っている

ONE OK ROCKのTakaさんは、英語の発音ルールを守って英語詞を歌っています

だから、キレイな英語に聞こえるわけです。

 

直感的に分かると思いますが

  • 日本語の発音
  • 英語の発音

は全く違います。

 

英語の音は43個ありますが、そのうち日本語と同じ音はたったの5、6個です。

つまり、英語のほとんどは日本語にはない音なんですね。

 

そのため、発音ルールを勉強せずに日本人が英語っぽく話すのは非常にハードルが高くなります。

 

日本人の多くは英語の発音を日本語の発音に置き換えてしまっている

多くの日本人の英語が、なぜ英語っぽく聞こえないか。

 

理由は

英語の発音に対して、日本語の似ている発音を無理やりはめ込んでいるから

です。

 

例えば「Right(右)」は、日本語だと「ライト」と読みますが、英語だと「ゥライト」みたいな発音になります。

 

発音学習をしていないと、本当は「ゥライト」と発音しないといけないのに、「ライト」というカタカナ英語に置き換えてしまうというわけですね。

 

その結果、英語っぽく聞こえなくなるのです。

 

 

スポンサーリンク

ワンオク TakaはRの発音がキレイ

 

 

多くの日本人は、「Rの発音」をできていません。

けど、ONE OK ROCKのTakaさんは、ちゃんとRの発音をできています。

 

Rの発音をできると英語っぽく聞こえる

例を出すと、「Light(光)」と「Right(右)」は、日本語ではどちらも「ライト」と発音しますよね?

しかしLとRの発音は、実は英語だと違います。

 

先ほども少し書きましたが、Lightは「ライト」と発音してOKですが、Rightは巻き舌で「ゥライト」のように発音します。

 

日本人からするとあまり変わらないように聞こえますが、この差を意識するだけで英語っぽさが増します。

 

ワンオク TakaのRの発音

「Taking Off」という曲を聴いてみましょう。

「Thought we had it right」というフレーズの「right」を、「ゥライト」のように発音しているのが分かると思います。

 

 

 

「ア」の発音も完璧なワンオクTaka

 

ONE OK ROCKのTakaさんは、「ア」の発音もしっかりできています。

 

アの発音をできると英語っぽく聞こえる

日本語では「ア」の発音は1つだけですが、英語には大きく分けて3つあります。

 

1つ目が日本語と同じような「ア」。

 

2つ目が物忘れに気付いた時のような「あっ」という発音。

 

そして3つ目が、エとアが混ざったような「ェア」のような発音です。

 

1つ目と2つ目の「ア」の発音は特に難しくないですが、3番目の「ア」の発音が日本人は本当に苦手です。

しかしONE OK ROCKのTakaさんは、3番目の「ア」の発音もちゃんとできています。

 

ワンオク Takaの「ア」の発音

「The Beginning」を例に出しましょう。

注目すべきは、「take my hand」というフレーズの「hand」の発音。

 

「hand」は日本語だと「ハンド」と発音しがちですが、強引にカタカナにすると「ハェァンド」みたいな感じになります。

 

MVを観ると、Takaさんも「ハンド」ではなく、ちゃんと「ハェァンド」のように発音しているのが分かると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

ワンオクTakaはthの発音も完璧

 

thの発音は、日本語にありません。

そのため、この発音も日本人が苦手としています。

 

日本人が苦手なthの発音もワンオクTakaは発音できている

日本人はTheを「ザ」と発音することが多いですが、実は違います。

 

thの音は

両前歯で下の先を軽く噛み、スッと息を吐きながら舌を引っ込めた時の音

なのです。

 

ザジズゼゾの"ザ”ではありません。

しかしONE OK ROCKのTakaさんは、日本人が苦手とするthの発音もちゃんとできています。

 

ワンオクTakaのthの発音

「Clock Strikes」という曲の「Nothing for good」といフレーズの「Nothing」という単語。

 

日本人はこれは「ナッシング」と発音しがちですが、ナッシングではありません。

日本語の「シ」は「th」ではなく、「sh」の音なのです。

 

繰り返しになりますが、thの音は

両前歯で下の先を軽く噛み、スッと息を吐きながら舌を引っ込めた時の音

です。

 

「Clock Strikes」を聴くと、「ナッシング」と発音していないのが分かると思います。

MVをよくよく観ると、Nothingと歌う時に両前歯で舌の先を軽く噛んでthの発音をしていますよね?

 

 

 

ワンオクTakaはリンキングもキレイ

 

ONE OK ROCKのTakaさんは、リンキングも上手いです。

 

リンキングができるとより英語っぽく聞こえる

リンキングを理解していると、より英語っぽく聞こえるようになります。

 

例えばDJの人がよく「チェキラ」って言ってますよね。

 

これは

  • Check
  • it
  • out

という単語がつながって、「チェキラ」と聞こえるのです。

 

この単語と単語がつながることを「リンキング」と言います。

先ほども書いたように、ONE OK ROCKのTakaさんもリンキングがうまいです。

 

ワンオクTakaのリンキング

「Deeper Deeper」を例に出します。

分かりやすいリンキングの例は「Let it go」という部分。

 

「レット イット ゴー」ではなく、「Let」と「it」と「go」がつながって「レリゴー」のように発音していますよね。

 

 

 

スポンサーリンク

結論:ワンオクTakaの発音はかなりキレイ

 

Takaさんの発音は、かなりキレイです。

Wikipediaによると帰国子女でもないようですし、日本人でこのレベルの発音の人は、なかなかいないと思います。

 

ネイティブじゃないのだから完璧じゃなくて当たり前

ネットの評価をパッと見た感じ、「全然ネイティブレベルではない」と書き込みがされていたんですが、実際にネイティブじゃないんだから「当たり前やんけ」って感じです。

 

YouTubeのコメント欄もチェックしてみましたが、外国人視聴者による「発音が日本人とは思えない」というコメントも多くみられました

 

この事実から、発音がキレイなのは間違いないです。

僕も英語学習者の一人なので分かるのですが、このレベルの発音になるには努力も重要ですが才能も必要です。

 

純日本人にもかかわらず、このレベルの発音をできているのはホントにすごいと思います。

完璧な発音ではないかもしれないですが、十分キレイと言ってよいレベルでしょう。

 

ワンオクTakaのようなキレイな発音になりたい人にオススメの勉強法

ワンオクTakaさんのようなキレイな発音になりたい人は、以下の記事で紹介した勉強法がオススメです。

実際に僕がやった発音学習について、まとめてあります。

 

 

僕自身、ワンオクTakaさんレベルのキレイな発音というわけではないですが、一応TOEIC S&Wという試験で3段階中もっとも評価の高い"HIGH"の認定を受けています。

 

彼レベルのキレイな発音になるのは難しいです。

が、決して不可能ではありません。

 

興味がある場合は、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

ワンオクTakaさんの英語の発音はキレイです。

日本人でこのレベルの人は、ほとんどいないでしょう。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-スピーキング

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.