TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか解説する

TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか解説する

この記事が役に立つ人

◆TOEICの勉強をどこから始めれば良いのか分からない初心者


「TOEICの勉強はどこからすれば良いのだろう?」

TOEICの勉強を始めようとする人が、最初にぶつかる問題だと思います。僕も最初どこから手をつけて良いのか分からなかったので、その気持ちは良く分かります。

TOIECには例えば文法、単語、発音、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングなど勉強するべきことがたくさんあります。これだけあると、「どこから勉強したら良いのか分からない!!」というのも当然でしょう。

そこでこの記事では、どのような順番で勉強すれば効果的なのかをまとめてみました。実際に僕はこの順番で勉強してTOEIC900点に到達したので、この勉強方法はけっこう良かったのではないかなと思います。

では本題へ!

スポンサーリンク

TOEIC学習で最初にすべき3つの勉強

結論から言うと、TOEICで学習において、最初にするべきことは「文法を理解する」、「単語を覚える」、「発音を学ぶ」の3つです。

【TOEIC学習で最初にするべきこと】

1:文法を理解する

2:単語を覚える

3:発音を学ぶ

では、なぜこれらの勉強が重要なのか。それを解説していきます。

文法を最初に学ぶべき理由

なぜ文法を最初に学ぶ必要があるのか。それは文法とは英語におけるルールだからです。ここは重要なので繰り返します。「英文法=ルール」です。この事実をしっかりと覚えておきましょう。

当たり前のことですが、どんなことでも基本ルールを知らなければ何もできません。例えば、将棋のルールを知らなければ、将棋をすることはできないですよね?英語も文法というルールを知らないことには上達しないのです。

よく単語を知っていれば、文法は知らなくても大丈夫という方がいますが、それは間違いです。いきなり問題を出しますが、以下の英文を訳すことができるでしょうか。

Q:以下の英文を訳しなさい

This is all you have to do.

きちんと訳せたでしょうか。「これがあなたたち全員がしなければならないことです」と訳してないですか?この訳では間違いです。本当の正解は「これがあなたがやらなければいけないことの全てです」なのです。(=あなたがやらなければいけないことはこれだけです。)

このように、文法の知識がないと単語は分かっていても、間違った意味としてとらえてしまうことがあります。これで文法というルールを最初に理解する必要性を理解できたのではないでしょうか。

文法の理解は英語学習の土台です。文法の知識があやふやのままでは、英語力が伸びることはまずありません。TOEICの勉強をこれから始めるという人は、まず文法をしっかりと理解しましょう。

お勧めの文法の参考書としては、以下の3冊です。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

山口俊治 英文法講義の実況中継(1)

山口俊治 英文法講義の実況中継(2) 

中学から英語が苦手だったという人は、中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。から取り組みましょう。

「中学英語は問題ないけど、高校英語は微妙」という人は、山口俊治 英文法講義の実況中継(1)山口俊治 英文法講義の実況中継(2) の2冊だけで良いでしょう。

単語もしっかりと覚えよう

単語を覚えることも非常に重要です。なぜなら知っている単語の量が多ければ多いほど、理解できる英語が増えるからです。例えば「require」という単語の意味を知らなければ、お手上げです。英語の意味を理解することはまず無理でしょう。

そのため、最初にある程度の量の単語を覚えることが重要になってきます。おすすめの単語帳は以下の2冊です。

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

中学から英語が少し苦手だった場合は、速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3の単語帳から取り組みましょう。CDがついているので、リスニングをしながら単語を覚えるようにしましょう。

中学レベルの英語は大丈夫!という人は、速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800だけで良いと思います。こちらもリスニング音源を聴き込みつつ、単語を覚えるようにしてください。

僕の友人は、リスニング音源を聴きつつ何回も何回も音読していたんですけど、TOEIC800点近くのスコアを取れるまでになっていました。

発音学習をやるべき理由

発音学習もTOEICを学び始めに取り組んでおいた方が良い勉強の1つです。発音学習はTOEICの勉強において軽視されがちですが、メチャクチャ重要です。なぜなら英語の発音と日本語の発音は全く別物だからです。

全くの別物であるがゆえに、日本人は英語を聞き取るのが非常に苦手なのです。例えば日本人は「right」と「light」をどちらも「ライト」と読んでしまいがちです。しかし、実はこれらの単語の発音は全く違うものなのです。

発音は「英語を正しく読むためのルール」と言えます。このルールを学ばない限りはリスニング力の向上はありえません。そういった発音の違いを学ぶことが、あなたのリスニング力向上につながるのです。

一般的に自分が発音できる音しか、聞き取ることはできないと言われています。そのため、TOEICのリスニングの勉強に力を入れる前に、発音学習をすることが重要なのです。TOEICのリスニング勉強に取りかかる前に、発音を学ぶことによってと効率的にリスニング力を養うことができるようになります。

お勧めの発音学習参考書はCDBフォニックス<発音>トレーニングBOOKです。初心者にも分かりやすいイラストを交えて解説されているので、個人的に1番お勧めです。

【追記】

ちなみに自分の発音が合っているかを確認できる音声通訳 Proというアプリとフォニックスを併用することにより、より効果的に発音学習をすることができます。

文法、単語、発音の勉強した後にするべき勉強

文法、単語、発音を勉強した後は本格的にTOEIC対策の勉強をしましょう。具体的に言うと、文法、単語、発音を勉強⇒TOEICリスニング、リーディング対策⇒模試⇒問題をひたすら解きまくるのが良いです。

 

1:文法、単語、発音

【あわせて読みたい記事】

効果抜群!TOEICの英単語を覚えるためのマル秘テクニック

英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

2:TOEICリスニング、リーディング対策

【あわせて読みたい記事】

リスニングが苦手な人がやるべき勉強方法のまとめ

リスニング音声が速く聞こえる対策-効果的な勉強法-

リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

3:TOEIC模試を解く

【あわせて読みたい記事】

TOEIC 公式問題集はどれから解けば良いの?

TOEIC 公式問題集の効果的で正しい使い方!

TOEIC公式問題集以外でおすすめの模試はこれだ!

4:ひたすら問題を解きまくり英語に慣れる

【あわせて読みたい記事】

あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

参考書の浮気はダメ、絶対!

同じ参考書を何回勉強すれば良いのか解説する

特に1の文法、単語、発音は力を入れて勉強して欲しいです。なぜならこれらは英語の基礎とも言える部分なので、ここをしっかり理解しているかしていないかでその後の英語力の伸びが変わっていくからです。

以上がTOEICのスコアを効果的かつ効率的に勉強する順番です。参考になれば幸いです。では!

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする