オンライン英会話で本当に英語を喋れるようになるのか

オンライン英会話で本当に英語を喋れるようになるのか

この記事が役に立つ人

◆これからオンライン英会話(スカイプ英会話)を始める人

◆オンライン英会話で本当に英語を話せるようになるのか疑問の人


「オンライン英会話で本当に英語を話せるようになるの?」

オンライン英会話は比較的最近のサービスなので、こんなふうに思うのも無理はないかなと思います。ネイティブスピーカーの先生が少なく、英語を第2言語として使っているフィリピン人の先生が多いことも心配のタネとなっているようです。

そこで、この記事では「オンライン英会話で本当に英語を話せるようになるのか」という疑問に対する僕の考えをまとめてみました。

オンライン英会話で英語を話せるようになる?

結論から言うと、僕は「オンライン英会話で英語を話せるようになることは可能」だと強く思っています。なぜかというと、僕自身がオンライン英会話を始めてから、英語を話せるようになってきたという実感があるからです。

具体的にどれくらい喋れるようになったかというとこんな感じです。

【僕ができるようになったこと】

1:外国人に道案内をする

2:海外旅行で特に困らない(レストランでの注文とか)

3:あるニュースに対して簡単に自分の意見を言える

このような実感があるので、オンライン英会話は英語を話せるようになるための手段として、かなり有効であると僕は確信しています。「オンライン英会話では英会話は上達しない」という人もいるようですが、そんなことはありません。絶対に上達します。

オンライン英会話を受けるだけではダメ

ただし、オンライン英会話を受講している“だけ”では英語を喋れるようにはなりません。オンライン英会話は「英会話」です。要するに言葉のキャッチボールをするわけなので、英語の基礎力がない段階で受講するとレッスンが悲惨なことになります。

例えば言いたいことがあったとしても、英単語が分からなければ完全にお手上げです。ジェスチャーを交えながら、知ってる単語を羅列して何とか伝えるということになるでしょう。

このジェスチャーゲームをして「英語ができるようになった」と勘違いしてしまう人が少なからずいますが、これは英会話ではありません。あくまでもジェスチャーゲームです。英会話のスキルが上がった気にはなるかもしれませんが、全く上達していないのです。

このようにオンライン英会話を受ける“だけ”では、限界があります。受けるだけのオンライン英会話では英会話スキルを上げるのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

スポンサーリンク

オンライン英会話で英語を話せるようになる方法

ではどうやったらオンライン英会話で英語を話せるようになるのでしょうか。僕が考えるやるべきことは2つです。1つ目が「TOEIC700点以上を取得し、英語の基礎力をつける」、2つ目が「レッスン受講前に予習をする」というものです

1:TOEIC700点以上のスコアをとる

オンライン英会話を効果的に受講するには、TOEIC700点以上のスコアが必要です。なぜかというと、TOEIC700点未満では会話するために必要なリスニング力や語彙力などが足りていない可能性があるからです。要するに英語の基礎力が全く足りていないのです。

TOEICはインプットの勉強で、英会話はアウトプットの勉強なわけですが、アウトプットというのは莫大なインプットがなければできません。つまり、TOEICの勉強を通して英語を頭に大量に詰め込むことにより、ようやく意味のあるアウトプットができるのです。

TOEICは英語の基礎力を養うのに非常に良いテストです。そのためTOEIC700点の取得を目指して英語の勉強をするのは、英会話上達のための方法として非常に理にかなっています

TOEICのスコアが700点に満たないようであれば、まずはTOEIC700点を目指しましょう。そうすることによって効率的に英会話の上達が期待できます。

関連記事:TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか解説する

逆にTOEIC700点以上のスコアがあるなら、オンライン英会話でどんどんスピーキング力を磨いていくべきでしょう。

関連記事:オンライン英会話はどれがおすすめ?-おすすめスクール3選-

2:予習をする

TOEIC700点以上の英語力がついたら、オンライン英会話を受講し始めます。そして、この時に重要なのがレッスン前に予習をするということです。

つまり、「今日はこんなことを話そう」「次のレッスンではこの表現を使ってみよう」と考えながら台本(カンペ)を事前に作っておくのです。このように予習をすることによって使える表現が増えていき、徐々に英語を喋ることができるようになります。

ちなみに最初は、自己紹介を20分くらいできるように練習するのがお勧めです。詳しくは下記の記事に書いたので、興味があればご覧になってください。

関連記事:初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

ネイティブ信仰は捨てよう

そしてオンライン英会話を受講する日本人にありがちなのがネイティブ信仰です。要するに「オンライン英会話にはフィリピン人講師が多いけど、ネイティブ講師じゃなくて大丈夫なの?」というものです。

この件に関しては、先生がネイティブじゃなくても全く問題ないと僕は考えています。なぜかというと、第2言語として英語を使っているフィリピン人はかなり英語が上手いからです。はっきり言って日本人の1万倍ペラペラです。

なぜ日本人よりも英語がペラペラの人から格安で英語を学べるというのに、ネイティブじゃないと嫌なのか意味がわかりません。なかには「ネイティブ講師じゃないから、英会話が上達しない」と言う人もいるようですが、それは違います。本人の努力不足です。

関連記事:フィリピン人の英語力って実際どうなの?

まとめ

オンライン英会話は適切に利用すれば、ちゃんと英語を喋れるようになります。ただし、オンライン英会話を効果的に使うには「英語の基礎力をつける」、「あらかじめカンペを作り予習する」の2点を満たす必要があるのです。

TOEIC700点を満たしていない場合は、まずはTOEIC700点を目指しましょう。英語の基礎力がない状態でオンライン英会話を受講してしまうと、お金も時間も無駄になってしまいます。

オンライン英会話の記事なのに「まずはTOEIC700点をとろう」と書いてあって、テンションが下がった人もいるかもしれないですが、TOEICは英語の基礎を学ぶには良い試験です。むしろTOEICで基礎力を養った後にオンライン英会話を受ければ、英会話は上達しやすいです。

基礎がないと英会話は絶対に上達しません基礎がないまま英会話を始めるてしまうと、逆に上達が遅くなる可能性すらあります。つまり、コツコツ勉強できる人だけが英語を喋れるようになるのです。英語は1日、2日で上手くなるものではないので、気長に頑張りましょう。

【関連記事】

TOEICを受験するメリットとデメリットって何?

TOEICの勉強が全く無駄じゃない3つの理由

逆にTOEIC700点以上のスコアをすでに取得しているのであれば、オンライン英会話でどんどんスピーキング力を磨いていくのがオススメです。その際は必ずカンペをあらかじめ作って、レッスンを受講しましょう。予習をすることで、自分が喋る時間を各段に増やすことができます。

参考になれば幸いです。では!

◇あわせて読みたいオススメ記事◇

【人気記事】

オンライン英会話はどれがおすすめ?-おすすめスクール3選-

僕がDMM英会話をおすすめする5つの理由

【おすすめスピーキング勉強法】

英語をペラペラ話すために重要な考え方と勉強法

初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

英語を話せるようになりたい人がやるべき3つの勉強

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする