TOEIC S&Wのスコアはどれくらいを目指すべき?

この記事が役に立つ人

◆TOEIC S&Wの目標設定が分からない人


「TOEIC S&Wの目標スコアって、どれくらいが良いんだろう?」

たしかに目標設定って難しいですよね。

そこでこの記事では、一時期毎月のようにTOEIC S&Wを受けていた僕の経験を踏まえ、どれくらいのスコアを目指せば良いかまとめてみました。

では本題へ!

TOEIC S&Wの目標スコア

僕がオススメしているTOEIC S&Wの目標スコア。

それは「スピーキング 160点」「ライティング 180点」です。

TOEIC S&Wを受験するということは、「英語で話す」とか「メールを英語で書く」といったことを、日常生活または仕事でしたいという人が大多数でしょう。

僕の経験上、「日常生活または仕事でそれなりに英語を使えるレベル」というのが、「スピーキング 160点」、「ライティング 180点」くらいです。

なので、これくらいのスコアをまずは目指すのが個人的にオススメです。

スピーキング 160点、ライティング 180点を取れるようになると、TOEIC S&W試験も「それなりに手応えあったなぁ」と思えます。

【オススメの目標スコア】

スピーキング:160点

ライティング:180点

ちなみに、TOEIC S&Wのスコア別の目安は以下の記事にまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>> 【TOEIC S&W】スコア別の目安を徹底解説!

スポンサーリンク

S:160点、W:180点でも困らないわけではない

ただし、スピーキング160点、ライティング180点を取れたとしても、英語を完全に使いこなせるというわけではありません。

あくまでも、「英語で困ることが少なくなる」といったレベルです。

正直、「これは英語で何て言うんだろう」と思うことは、頻繁にあるでしょう。

しかしこのレベルになると、自分の言いたいことはなんとか伝えられます。

メールであれば、ほぼ確実に大丈夫です。

何が言いたいかというと、このレベルになると「実戦でどれだけ英語を使うかの方が重要」ということです。

あとは、仕事や日常生活で場数を踏むだけです。

スピーキング160点、ライティング180点のスコアを取れるならば、英語を使うことに慣れることさえできれば、すぐに仕事や日常生活で支障をきたさないレベルに達すことができるはずです。

S:160点、W:180点が高いと思う場合

もし「スピーキング 160点、ライティング 180点を目標にするのは自分には高いなぁ」と思う場合。

その場合は、スピーキング130点、ライティング150点を目指しましょう。

これくらいのスコアがあれば、基礎力はある程度問題ないと判断しても大丈夫だと思います。

具体的に言うと、海外旅行などではあまり困らないでしょう。

ちなみにTOEIC S&Wの平均スコアは、スピーキングが120点くらいで、ライティングが150点くらいです。

なので、スピーキング130点、ライティング150点は平均ちょい上くらいということになります。

まとめ

とりあえずTOEIC S&Wは、「スピーキング 160点」、「ライティング 180点」を目指しましょう。

このスコアを取れれば、そこそこ英語が使えるようになります。

勉強法などは、以下の記事にまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

【TOEIC S&W】効果的なライティング対策・勉強法を解説する

【TOEIC S&W】効果的なスピーキング対策・勉強法を解説する

参考になれば嬉しいです。

では!

あわせて読みたいオススメ記事

TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

【TOEIC S&W】効果的なライティング対策・勉強法を解説する

【TOEIC S&W】効果的なスピーキング対策・勉強法を解説する

その他のTOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

 >>> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

TOEIC S&Wのスコアはどれくらいを目指すべき?
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!