TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

リーディング 勉強法

【TOEIC L&R】リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆リーディングスピードを上げたい人


 

「もっと速く英語を読めるようになりたい!」

TOEIC リーディングパートは、時間が足りなくなることで有名です。

 

僕も今でこそTOEIC900点に到達し、時間内に終わるようになったものの、受験を始めたばかりの頃は「こんなの終わらなくね?」と思っていました。

時間が足りな過ぎて絶望しますよね(笑)

 

そこでこの記事では、「どうすればリーディングスピードをアップさせられるか」についてまとめてみました。

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

リーディングスピードを上げるのに1番重要なこと

 

「リーディングスピードのアップに1番重要なこと」とは何か。

僕はこの疑問に対する明確な答えを持っています。

 

TOEICリーディングパートを速く読むには

リーディングスピードをアップさせるのに1番大事なことは「英語をたくさん読むこと」です。

まぁ、当たり前なんですけど(笑)

 

もちろん「設問の先読み」などのテクニックを使っても、速く問題を解けるようになります。

しかし、これは英語を速く読めるスキルがあって、はじめて機能するのです。

 

具体的にはTOEIC600点以上ですね。(600点以上の人は以下の記事をどうぞ)

>>【TOEIC L&R】TOEIC900点の僕が先読みのやり方を詳しく解説します

 

「もっと速くTOEICリーディングパートを読めないかな」と思っているのであれば、まずは小手先のテクニックに頼らず、英語をたくさん読むようにしましょう。

 

リーディングスピードを上げる1番の方法は、英語の多読以外にありえません。

 

リーディングスピードが遅い人にありがちなこと

TOEICリーディングパートを読むのが遅い人は、以下のようになりがちです。

 

【リーディングスピードが遅い人にありがちなこと】

1:「TOEICリーディングが時間内に終わらない!」

2:「もっといい勉強法があるはずだ!」

3:インターネットで検索

 

でも実は、勉強法が問題なのではありません。

単純に今までに読んだ英語の量が少ないから、リーディングスピードが遅いのです。

 

TOEICリーディングパートを速く読みたいのであれば、たくさん英語を読むしかありません。

勉強法も大事ですが、勉強時間の方がより重要なのです。

 

僕はTOEIC900点を取得していますが、かなり英語を読み込みました。

その経験上、英語をたくさん読むことが1番の解決策だと自信を持って言えます。

 

僕がTOEIC900点を取るまでにやったリーディング学習については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

 

 

リーディングスピードを上げるための勉強法

TOEICリーディングスピードを上げるための勉強法

 

リーディングスピードを上げるには、英語をひたすら読むことが大事だと言いました。

では、どのように英語を読むべきなか。

 

僕は「品詞分解しながら読むこと」をオススメしています。

品詞分解しながら丁寧に英語を読むことにより、リーディングスピードは確実に上がります。

 

*これ以降の解説は「英文法は分かる」ことを前提にしています。

英文法が全然わからない場合は、以下の記事を参考に英文法の勉強を最初にしてください。

>>【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

品詞分解とは

品詞分解とは「どれが主語で、どれが動詞で・・・と確認していく作業」のことです。

以下の英文を例に説明します。

 

【例】

I believed she was innocent.

(私は彼女が無実であると信じていた)

 

上の英文では、どれが主語で、どれが動詞か。

どれが目的語で、どれが補語か分かりますか?

 

この英文では、主語が2つ、動詞が2つ、そして補語が1つで構成されています。

 

まず主語が「I」と「she」、動詞が「believed」と「was」、そして「innocent」が補語に当たります。

大きなくくりで見ると「she was innocent」がbelieveに対する目的語です。

 

【答え】

主語: 「I」と「she」

動詞:「believed」と「was」

補語:「innocent」

目的語:「she was innocent」

 

これが品詞分解です。

 

品詞分解の役割

英語と日本語は「語順」が違います。

例えば、「I have to keep this room clean」という英語をそのままm日本語にすると、「私は しなければならない 保つ この部屋を きれいに」となります。

 

かなり語順が違うのが分かると思います。

このように語順に違いがあるため、日本人は英語を読むのに苦労してしまうわけです。

 

品詞分解は英語の語順に慣れるのに最適な勉強法です。

英語の語順に慣れることにより、リーディングスピードが一気に上がります。

 

品詞分解については、以下の記事まとめました。

もっと詳しく知りたい場合は、チェックしてみてください。

>> 【TOEIC L&R】 リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

ちなみに、品詞分解した後に音読をすると、さらにリーディング力がアップします。

なぜなら音読をすると、英語を英語のまま理解できるようになるからです。

 

音読の重要性については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

 

スポンサーリンク

リーディングスピードを上げるにはどのような英語を読むべきか

リーディングスピードを上げるにはどのような英語を読むべきか

 

ここまでの話をまとめると、リーディングスピードをアップさせるには「品詞分解をしながら、英語をたくさん読もう」ということになります。

 

ただし、「がむしゃらに英語を読めば良い」というわけではありません。

読む英語をちゃんと選びましょう。

 

では、リーディングスピードを上げるにはどんな英語を読むべきなのか。

僕がオススメしているのは、「短い英文」です。

 

より詳しくいうと、TOEICPart5のような英文ですね。

短い英文を読むメリットは2つあります。

 

1:長文は短い文の集まりだから

1つ目の理由は、「長文=短い文の集まり」ということ。

 

長文も分解してしまえば、短い文が集まっただけです。

つまり短い英文を速く正確に読めれば、TOEIC Part7のような長文も速く正確に読めるようになるのです。

 

2:集中力が途切れにくい

2つ目の理由は、「短い英文だと集中力が途切れにくい」ということ。

 

長文を読んでいると、途中で意味が分からなくなって嫌になったりしませんか?

僕は嫌になることがあります(笑)

 

けど、短い英文を読む練習なら話は別です。

短い英文なら少し頑張ればすぐに終わるので、集中力が途切れにくくなります。

 

 

TOEICリーディングのオススメ教材・参考書

TOEICリーディングのオススメ参考書

 

次にオススメの参考書・教材を紹介します。

リーディングスピードに問題がある場合は、以下の参考書がオススメです。

 

1:世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

1冊目にオススメなのが、「新形式問題対応 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)」です。

この参考書はTOEIC Part5・6に特化した参考書なので、「短い文を品詞分解しながら読む」のに最適です。

 

この参考書の何が良いのかというと、「どの単語が主語で、どの単語が動詞で・・・」と丁寧に書いてくれているところです。

 

品詞分解に慣れていないと「どれが目的語で、どれが補語なのか」なかなか分かりません。

まさに品詞分解が苦手な人にはぴったりの参考書と言えます。

 

丁寧に品詞分解してくれている参考書って意外と少ないんですよね。

「品詞分解なら得意!」という人には必要ないですが、品詞分解初心者にはとてもお勧めです。

 

 

 

2:新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

 

次にオススメなのが、千本ノックシリーズ。

この参考書もPart5・6に特化しています。

 

僕はこの千本ノックシリーズがすごく好きで、計4冊買っているくらいです。

コンパクトで持ち運びにも便利なので、僕は通勤中によく勉強していました。

 

僕がTOEIC900点に到達したのも、この参考書をやりこんだからこそだと思います。

1冊目に紹介した参考書に比べると解説はあっさりしていますが、この参考書をスラスラ読めるようになれば、TOEICのリーディングパートは楽勝でしょう。

 

短い英文を読む練習をするのに最適な参考書です。

 

 

今回は2冊だけ紹介しましたが、他のオススメ参考書は以下の記事で紹介しました。

興味があればチェックしてみてください。

>> 必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

 

 

スポンサーリンク

TOEICリーディングパートを解く時は時間配分を意識しよう

 

リーディングスピードを上げるための方法として、最後に紹介したいのが「時間配分を意識して問題を解く」ということです。

TOEICは時間がシビアな試験なので、普段から時間配分を意識して問題を解くことが非常に重要です。

 

TOEICリーディングパートの最適な時間配分

最初にTOEICリーディングパートの時間配分について。

以下のような時間配分で解くのがオススメです。

 

【リーディングパートの時間配分】

Part5:約7分(1問あたり15秒)

Part6:約10分(1問あたり35秒)

Part7:約58分(1問あたり60秒)

 

ただしこの時間配分は、あくまでも最低限の目標です。

できればPart5・6をさらに早く終わらせて、なるべく多くの時間をPart7に使うのが理想です。

 

TOEICの時間配分については、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>> リーディングパートの最適な時間配分とは?

 

時間配分を意識しながらTOEIC対策をできるオススメの教材

時間配分を意識しながらTOEIC対策をできる教材としては「スタディサプリENGLISH」がオススメです。

アプリ一つで、TOEIC全パートを対策できます。

 

 

僕がスタディサプリENGLISHをオススメする理由は、時間制限機能がついているからです。

そのため、普段から時間を意識して問題を解くことができます。

 

これは紙の参考書にはない大きなメリットですね。

時間を意識しながら読む練習をすれば、必然的にリーディングスピードがアップします。

 

下画像の上の方を見ると、タイマーがあるのが分かりますよね?

 

【Part5】

スタディサプリENGLISH Part5

 

 

【Part6】

スタディサプリENGLISH Part6

 

【Part7】

スタディサプリENGLISH Part7

 

これまで紹介してきた勉強法も大事ですが、「普段から時間を意識して英語を読んでいるか」も非常に重要です。

この意識があるか・ないかで、リーディングスピードに大きな差が出てきます。

 

問題演習以外にも、TOEIC対策の人気講師(先ほど紹介した参考書の著者)による「問題の解き方のコツ」や「効果的な勉強法」に関する講義も視聴できます。

なので、スコアが伸び悩んでいる人は一見の価値アリかなと。

 

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や2ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

 

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、7日間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかを確認した上で、課金するかを決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら


 

より詳しいレビューについては、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた-TOEICに効果ある?-

 

 

まとめ

リーディングスピードを上げたいのであれば、丁寧に品詞分解をしながら英語をたくさん読みましょう。

音読もすると、さらに良いです。

 

ちまたによくある「〇〇すれば、すぐに英語を速く読めるようになる!」みたいな魔法はありません。

地道にコツコツと英語を読み続けるしかないのです。

 

もしあなたの周りにTOEICでハイスコアの人がいるなら、「どれくらい勉強したか」を聞いてみることをオススメします。

おそらく「めっちゃ勉強した」と言うはずです。

 

TOEICでハイスコアを持っている人も、始めからスラスラと英語を読めたわけではありません。

少しずつリーディングスピードが上がっていったのです。

 

地道に頑張りましょう。

もし勉強するモチベーションが続かないという場合は、以下の記事をあわせて読んでみてください。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-リーディング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.