TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

リスニング 勉強法

【TOEIC L&R】なまりで聞き取れない場合の効果的な対策とは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆なまりが気になってしまう人


 

TOEIC L&Rのリスニングパートを苦手に感じる理由の一つに、「なまり」があります。

たしかに、なまりのある英語って聞き取りづらいですよね。

 

その気持ちはよくわかります。

僕もTOEICの勉強を始めたばかりの頃は、「なまり分からなすぎ。。」と思っていました。

 

そこでこの記事では、「なまった英語を聞き取れない対策」についてまとめました。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

なまりを聞き取れない理由

 

では、なぜ「なまり」があると聞き取れないのでしょうか。

 

なまりが気になるのはリスニング力が気になるから

結論から言ってしまうと、「リスニング力が低いから」です。

 

例えば僕たち日本人は、外国人のなまった日本語でも聞き取れますよね?

たしかに聞き取りにくいですが、ちゃんと意味は理解できます。

 

なぜ、なまりがあっても聞き取れるかというと、これは僕たちの日本語に対するリスニング力が高いからです。

 

英語のリスニング力が高ければ、なまりがあっても聞き取れる

英語も同じです。

英語のリスニング力が高けば、なまりがあったとしても聞き取れるようになります。

 

つまり「なまりが気になる対策」としては、英語のリスニング力をアップさせるしかありません。

これしか、なまりのある英語を聞き取る方法はないのです。

 

【Point!】

なまった英語を聞き取れないのは、リスニング力が低いから

 

 

国籍別の特徴なんて知る必要はない

 

TOEIC L&Rのスピーカーの国籍は4カ国です。

それが「アメリカ」、「イギリス」、「オーストラリア」、「カナダ」です。

 

【スピーカーの国籍】

◆アメリカ

◆イギリス

◆オーストラリア

◆カナダ

 

特に聞き取りにくいのは"オーストラリア"と"イギリス"

TOEICのスピーカーで、特に聞き取りづらいのが「イギリス」と「オーストラリア」ではないかなと思います。

ちょっと言語化するのは難しいのですが、少しこもった感じに聞こえると思います。

 

アメリカとカナダの英語の方が、よりクリアに聞こえやすいです。

日本人にとって、もっとも親みのある英語かなと。

 

なまりの特徴なんて知らなく良い

「TOEICのなまりが気になるなら、それぞれのなまりの特徴を知ろう」

と解説しているサイトは珍しくありません。

 

しかし、"国籍別のなまりの違い"なんて知る必要はありません。

なぜなら、先ほども書いた通り、聞き取れない根本的な理由は、「リスニング力が低いこと」だからです。

 

国籍別のなまりの特徴を勉強している暇があるのなら、ひたすら英語を聴き込んだ方が100万倍良いです。

その方が、確実に英語を聞き取れるようになります。

 

【Point!】

国籍別のなまりの特徴は知る必要がない

 

リスニング力アップに注力すべき

「なまり」のことは、ひとまず忘れましょう。

リスニング力アップに注力してください。

 

そうすれば遅かれ早かれ、なまりは気にならなくなります。

なまりが気になるかもしれませんが、気にしたところで聞き取れるようにはなりません。

 

ひたすらリスニングの勉強をするしか、なまりを聞き取る方法はないのです。

 

 

スポンサーリンク

リスニング力を上げるには

 

ではリスニング力を上げるには、どのような勉強をすれば良いのでしょうか?

 

おすすめのリスニング勉強法

僕は以下のようなステップで勉強することをオススメしています。

 

【オススメのリスニング勉強法】

1:発音

2:品詞分解

3:リスニング音声に合わせて音読

4:音声スピードを速くして聴きこむ

5:リスニング音声をひたすら聴き込む

6:瞬間英作文

7:模試を繰り返し解く

 

詳しくは、以下の記事にまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてください。

>>TOEC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

 

リスニング力アップにもっとも重要なのは英語を聴きこむこと

効果的なリスニング力アップの勉強法は、先ほど書いた通りです。

しかしリスニング力をアップさせるのに、もっとも重要なのは勉強法ではありません。

 

では、もっとも重要なことは何か。

それは「リスニングにより多くの時間を費やすこと」です。

 

効果的な勉強法を知っていたとしても、英語をたくさん聴き込まなければリスニング力はアップしないのです。

これは非常に重要なことなのですが、意外と分かっていない人が多かったりします。

 

コツコツ英語を聞くことの重要性については、以下の記事にまとめました。

このサイトで1番人気のある記事なので、ぜひチェックしてみてください。

>>あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

スキマ時間をリスニングに費やそう

リスニング力を上げたければ、英語をひたすら聞きましょう。

 

通勤・通学などのスキマ時間を有効活用して、英語を聞きまくってください。

そうすればリスニング力がアップし、なまりなんて気にならなくなってきます。

 

通勤・通学中の電車でできるTOEIC法については、以下の記事にまとめました。

あわせてチェックしみてください。

>>通勤電車でできるおすすめの勉強法・参考書を紹介する

 

まとめ

なまりが気になってしまうのは、「リスニング力が低いから」です。

国籍別のなまりの特徴を勉強している暇があったら、英語を聞きまくりましょう。

 

そうすればリスニング力がアップし、なまりは気にならなくなります。

コツコツと英語を聴き込んでリスニング力をアップさせるしか、なまりを聞き取れるようにはならないのです。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-リスニング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.