TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

TOEICリーディングが終わらない!効果的な勉強法・対策とは?(Part7編)

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC リーディングパートで時間が足りない人


 

「TOEIC リーディングパートの時間が足りない!!」

 

TOEIC L&Rテストを受験したことがあるなら、ほとんどの人がこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

これはハッキリ言って「TOEICあるある」と言っても良いほど、当たり前のことです。

 

僕も今でこそTOEIC900点を超えていますが、TOEIC受験を始めたころは「このテスト、本当に時間内に終わるんかいな・・・」と思っていました。

 

それくらいTOEIC L&Rテストは、時間に余裕がない試験なのです。

そこで、この記事では「TOEICのリーディングパートが時間内に終わらない」という人向けに、英語を速く読むための勉強法や対策についてまとめました。

 

では本題へ!

*Part5・6の勉強法・対策については下の記事をどうぞ。

>> TOEICリーディングが終わらない!効果的な勉強法・対策とは?(Part5・6編)

 

 

スポンサーリンク

TOEIC リーディングを時間内に読み終わる人のスコア

 

まずTOEIC L&Rテストを時間内に終わらせるには、いったいどれくらいのスコアが必要なのかを確認しておきましょう。

 

リーディングを時間内に終わらせるのに必要なTOEICスコア

僕の経験から言うと、時間内に終わらせられるのは「TOEIC800点以上の人」です。

しかもリーディングパートだけで、400点以上を取れる人だけです。

 

リーディングパートのみで400点以上のスコアを取れるのは、全受験者の上位10%くらいです。

つまり、単純計算で10人に1人しか時間内に終わらないということです。

 

【Point!】

◆TOEIC800点以上の上級者でなければ終わらない

 

TOEIC800点でも時間内に終わらないこともある

さらに驚くべきことに、リーディングだけで400点を取れる人でも、ギリギリ終わるか終わらないかのレベルです。

 

余裕がでてくるのは、リーディングパートで450点くらいになってからかなと。

リーディングパートで450点くらい取れるようになると、5分くらい時間が余るようになります。

 

スコア別の目安は以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 スコア別の目安を徹底解説-実際どれくらいの実力なの?-

 

「TOEICリーディングが時間内に終わらない」と悩む必要はない

全体の10%しか時間内に終わらないということは、ほとんどの人は時間内に終わらないということです。

なので、TOEICの勉強を始めたばかりの頃は「終わらないのが普通」と開き直るくらいでいた方が良いと思います。

 

悩んでる暇があるのなら、その時間を勉強に充てましょう。

その方が明らかに生産的です。

 

【Point!】

◆終わらないのが当たり前のテストなので、落ち込んでる暇があったら勉強しよう

 

TOEICができなさすぎて、モチベーションコントロールが難しいと感じている場合は、以下の記事を参考に勉強を頑張りましょう。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

 

TOEIC Part7の具体的な勉強法

TOEIC Part7の勉強法

 

では、なぜTOEIC L&Rテストを時間内に解き終えることができないのでしょうか。

答えは簡単で、「英語を速く正確に読めないから」です。

 

つまり速く正確に英語を読む練習をすることが、TOEICのリーディングパートを時間内に終わらせるための秘訣だということです。

では具体的には、どんな勉強をするべきなのでしょうか?

 

TOEIC リーディングで時間が足りなくなってしまう人は、次の2つを重点的にやりましょう。

それが「品詞分解」「音読」です。

 

【やるべき勉強】

◆品詞分解

◆音読

 

ちなみに品詞分解と音読を効果的にやるには、英文法の知識が必須です。

もし「英文法をあやふやにしか理解していない」という場合は、以下の記事を参考にまずは英文法の勉強をしてください。

>>【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

品詞分解の効果

日本人が英語を読むのが苦手な理由は、語順の違いがあるからです。

例えば、「I need this textbook.」の語順を日本語に直すと、「私は必要です。この教科書を」となります。

 

この語順に慣れていないために、英語を読むのが遅くなって、TOEICリーディングパートで時間が足りなくなってしまうわけです。

 

では、どうすれば良いのか。

そんな人は、品詞分解をやりましょう。

 

品詞分解の練習をすることにより、語順の違いに慣れることができます。

その結果、英語を英語のまま理解できるようになり、リーディングスピードが上がるのです。

 

もし品詞分解がよく分からないという場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

音読の効果

音読も品詞分解と同様、英語を英語のまま理解する「英語脳」を作ってくれます。

音読を何度も何度も繰り返すことによって、英語を日本語に訳すことなく、英語のまま理解できるようになるのです。

 

例えば「Thank you」とか「I love you」のような英語なら、誰もが英語のまま意味を理解できますよね?

音読を繰り返しすることにより、「Thank you」や「I love you」のように瞬時に理解できる英語が増えていくのです。

 

音読はシンプルな勉強法ですが、非常に効果的な勉強法です。

TOEICのスコアを早く上げたいなら、音読は最も力を入れなければいけない学習法と言えるでしょう。

 

音読の詳しい勉強法については、以下の記事がオススメです。

ぜひチェックしてみてください。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

 

スポンサーリンク

品詞分解・音読をする際のポイント

 

品詞分解・音読をする時のポイントが2つあります。

 

1:Part5のような短い文章で、品詞分解・音読する

1つ目の注意点が、品詞分解と音読する時は「TOEIC Part5のような短い文章でする」ということです。

Part7のような長い文章で品詞分解と音読をやる必要はありません。

 

「えっ、短い文で良いの?!」と思った人もいるかもしれませんが、それで良いんです。

なぜなら、Part7のような長文は、Part5のような短い英文の集まりに過ぎないからです。

 

要するに、短い英文を速く正確に読めれば、長文も速く正確に読めるようになるのです。

実際、僕は本番前の模試でPart7を解いたくらいで、Part7に特化した対策はしたことがありません。

 

それに長文って読むの疲れないですか?

長文を品詞分解して音読するのは、かなり大変です。

 

一方、短い文は英語を読むストレスを最小限にすることができます。

英語を読むのが遅い段階では、長文よりも短い文で練習した方が絶対に良いです。

 

【Point!】

◆Part5のような短い文で、品詞分解と音読をする

◆長文は短い文の集まりに過ぎない

 

詳しくは以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

 

2:品詞分解をしてから音読する

2つ目の注意点が、品詞分解してから音読するということです。

 

なぜかというと、英文の構造・意味を理解した上で音読しなければ意味がないからです。

品詞分解して、英文の意味をちゃんと理解してから音読しましょう。

 

品詞分解なしの音読をいくらしたところで、英語を英語のまま理解できるようになりません。

 

【Point!】

◆品詞分解→音読の順番が重要

 

 

TOEIC Part7対策にオススメな参考書

 

ちなみに参考書は以下の2つがお勧めです。

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1

 

世界一わかりやすいTOEICテストの授業

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

 

「そもそも品詞分解が苦手」という人向け。

タイトルの通り、本当にわかりやすいです。

 

TOEIC600点〜700点くらいの人には簡単過ぎる気がするのですが、それよりスコアが下の人ならかなりオススメですね。

 

 

 

中村澄子の千本ノック

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

 

「時間をかければ、品詞分解を問題なくできる」という人は、「新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!」がオススメです。

 

Part5・6のような短い英文で構成されているので、英語を速く正確に読む練習に最適です。

僕は千本ノックシリーズの大ファンで、計4冊を買って勉強しました。

 

僕が時間内にリーディングを終わらせられるようになったのは、この参考書のおかげと言っても過言ではないでしょう。

携帯するのに便利なサイズ感なので、通勤・通学のお供にもオススメです。

 

 

 

もっと詳しくオススメの参考書について知りたい場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】Part7対策にオススメの参考書とは?

 

そして、ある程度Part7対策ができたら、仕上げに公式問題集を解いてみましょう。

公式問題集の選び方については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC公式問題集はどれから解けば良いの?-公式問題集の選び方を解説-

 

スポンサーリンク

効率的なTOEIC Part7の解き方

 

ここまで書いてきたように、TOEICを時間内に終わらせるには「英語を速く正確に読めるようになること」が重要です。

それに加え、効率よく問題を解く方法を知っていれば、時間内に終わらせる確率をさらに高めることができます。

 

僕がPart7を効率的に解くためにやっていること。

それが「問題の先読み」です。

 

先読みのメリット

問題の先読みとは、「本文を読む前に、まず設問を読む」ことを指します。

では設問を最初に読むことのメリットは何か?

 

それは、「本文中に書いてある内容を予測しながら読める」ということです。

例えば、「田中さんはボブさんに、何をして欲しいと頼みましたか?」という設問があったとしましょう。

 

設問を読んだ後に本文を読み始めれば、「田中さんがボブさんに頼んだこと」に注意しながら、英文を読み進めることができますよね?

 

このように、設問を先に読むことによって、本文に書いてある内容の「何に注意しながら読めば良いのか」が分かるのです。

そのため、本文を1回読んだだけでも、「内容が頭にスッと入ってきやすい」という大きなメリットがあります。

 

先読みをしないとどうなるか

一方、設問を読まずに、最初から本文を読んでいたらどうなるでしょうか?

読む情報すべてが、自分にとって新しいので、内容を把握するのが大変になってしまいます。

 

ようやく本文を読み終わって「さぁ、問題を解くぞ!」と設問を読み始めたあなたは、きっとこう思うことでしょう。

「田中さんはボブさんに何か頼みごとをしてたなー。。。でも何を頼んでたんだっけ?」

 

このように設問を先に読んでいないと理解があやふやになってしまい、もう1回本文を読み直さなければならない可能性がでてきます。

 

これは、かなりのタイムロスになります。

時間に余裕のないTOEICで、このタイムロスは致命的です。

 

そのため、何度も本文を読み直すことを防ぐためにも、問題の先読みは必ずしましょう。

 

 

問題の先読みをする方法

 

先読みの方法をまとめると以下のとおりです。

*1つの英文に対して5問の設問がある場合

 

【先読みの6ステップ】

1:設問を2-3問を読む

2:本文を読む

3:本文を読みながら答えが分かったらその都度マークする

4:残りの設問を読む

5:最後まで本文を読む

6:解答する

 

以上の順番で行いましょう。

 

先読みの具体例

以下の問題を例に説明します。

TOEIC Part7の問題

引用:TOEIC公式サイト

 

まず「What is suggested about the car?(車について何が示唆されますか?)」という設問を読んでください。

そうすると、「この文章は車について書かれているんだな」と、車について注意深く読むことがでます。

 

注意点としては、「選択肢は読んではいけない」ということです。

あくまでも設問だけ読んでください。

 

なぜなら、4つの選択肢のうち3つは、ウソが書いてあるからです。

つまり選択肢まで読んでしまうと、本当のことかウソなのかを混同してしまう可能性があるのです。

 

「設問は読むけど、選択肢は読まない」

これを絶対に忘れないようにしましょう。

 

【Point!】

◆設問の先読みはOKだが、選択肢の先読みはNG

 

時間配分に注意しながら読もう

そして問題を解くときは、時間配分に注意しながら読んでください。

タイムマネジメントをしていないと、確実に時間が足りなくなります。

 

Part7の時間配分は「1問あたり1分」程度が目安です。

このペースで解く練習を日頃からするようにしましょう。

 

より詳しい時間配分は、以下の記事を参考にしてください。

>> リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】

 

時間配分を意識しながらの問題演習にオススメな教材

時間を意識しながら問題を解く練習は、「スタディサプリ ENGLISH」というアプリがお勧めです。

このアプリの大きなメリットは、「時間制限機能」がついていること。

 

時間制限機能を使うことにより、普段から英語を速く読む意識を植え付けられます。

(下画像の上の方にタイマーがついている)

 

【TOEIC Part5】

スタディサプリENGLISH Part5の問題

 

【TOEIC Part6】

スタディサプリENGLISH Part6の問題

 

【TOEIC Part7】

スタディサプリENGLISH Part7の問題

 

ちなみにスタディサプリENGISHでは、リーディングパートだけでなく全パートの対策をできます。

問題演習以外にも、TOEIC対策の人気講師による「効果的な勉強法」や「解答のコツ」などの授業動画も視聴できるので、「TOEIC初心者」や「スコアが伸び悩んでいる人」には特に良いかなと。

 

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や2ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

 

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかを確認した上で、課金するかを決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



 

ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

 

 

スポンサーリンク

TOEICリーディングのスコアアップに最も重要なこと

 

ここまでリーディング力アップに効果的な勉強法や参考書について紹介してきました。

しかし最も重要なのは「勉強法」や「参考書」ではありません。

 

リーディング力アップに最も重要なこと

勉強法や参考書よりも重要なこと。

それは「英語をたくさん読むこと」です。

 

リーディング力は、簡単に上がるものではありません。

日々コツコツと英語を読み続けるしかないのです。

 

「簡単にリーディング力アップ!」といった参考書や情報は完全に嘘なので、騙されないように注意しましょう。

 

通勤・通学中やお昼休みなどのスキマ時間を活用し、少しでも多くの英語を読んでください。

日々の努力でしか、あなたのリーディング力はアップしません。

 

多読の重要性については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、チェックしてみてください。

>> リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?

 

TOEIC勉強のやる気が起きないなら、目標設定を変えてみよう

コツコツ英語を読む必要があるということは、三日坊主になってはいけないということです。

 

でも、それが難しいんですよね。

僕も仕事をしながらTOEICの勉強をしていたので、その気持ちはよく分かります。

 

ほとんどの人は「毎日3時間勉強する」みたいな、できもしない目標を掲げます。

しかし当然そんな目標は達成できないので、「自分ってダメなやつだな」と自己嫌悪に陥り、やる気がなくなっていくのです。

 

もしモチベーションコントロールが難しい場合は、目標設定を変えてみましょう。

 

TOEICの勉強が三日坊主にならないための目標設定法は、以下の記事にまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

 

まとめ

最後に、僕がこの記事を通して言いたかったことを簡単にまとめておきます。

 

英語を速く正確に読む練習をする

TOEIC L&Rテスト リーディングを時間内に終わらせるためには、英語を速く正確に読む練習をする必要があります。

具体的には、Part5・6のような短い英文で「品詞分解」や「音読」をするのがお勧めです。

 

より詳しい品詞分解の勉強法については、以下の記事がオススメです。

>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

また音読の勉強法については、以下の記事がオススメです。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

時間が足りない人へのお勧めの参考書

短い英文を速く正確に読む練習をするのにお勧めの参考書は以下の3つです。

 

【お勧めの参考書】

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1

 

そもそも品詞分解が苦手な人は、世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)が特にオススメです。

時間をかければ品詞分解できる人は、新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスンがオススメです。

 

TOEIC Part7を効率的に解く方法

TOEIC Part7を効率的に解くには、「問題の先読み」をしましょう。

問題の先読みをすることによって、本文の内容が頭に入ってきやすくなります。

 

ただし、選択肢まで先読みしてはいけません。

あくまでも問題文だけ先読みします。

 

そして時間配分にも気をつけましょう。

Part7は1問1分が目安です。

 

今は「スタディサプリ ENGLISH」のような便利なアプリもあります。

時間制限機能があるので、こういうアプリを利用して、速く正確に読む習慣をつけてください。

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかどうかを確認した上で、課金するか決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら

 

最も重要なのは「英語をたくさん読む」こと

勉強法や参考書も大事ですが、最も大事なのは英語をたくさん読むことです。

リーディングに多くの時間を費やさなければ、英語を早く正確に読めるようにはなりません。

 

通勤・通学中のスキマ時間を有効活用しましょう。

ちょっとした空き時間を使って勉強しなければ、英語はなかなか上達しません。

 

 

以上が、「TOEICリーディングパートで時間が足りない対策(Part7編)」でした。

参考になれば嬉しいです。

 

TOEIC L&RテストPart5・6対策については以下の記事に書きました。

ぜひ、あわせて読んでみてください。

>> TOEICリーディングが終わらない!効果的な勉強法・対策とは?【Part5・6編】

 

では!

 

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.