TOEIC L&R 疑問・悩み

TOEICリーディングパートが終わらない!効果的な勉強法・対策を教えます

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC リーディングパートで時間が足りない人


 

「TOEIC リーディングパートの時間が足りない!!」

 

TOEIC L&Rテストを受験したことがあるなら、ほとんどの人がこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 

これはハッキリ言って「TOEICあるある」と言っても良いほど、当たり前のことです。

 

僕も今でこそTOEIC900点を超えていますが、TOEIC受験を始めたころは「このテスト、本当に時間内に終わるんかいな・・・」と思っていました。

 

それくらいTOEIC L&Rテストは、時間に余裕がありません。

 

そこで、この記事では「TOEICのリーディングパートが時間内に終わらない」という人向けに、英語を速く読むための勉強法や対策についてまとめました。

 

僕の経験をもとに書いたので、多少は参考になるかと思います。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

時間内にTOEICリーディングパートが終わらない人はどんな勉強をすべきか

 

結論から言うと、TOEICリーディングが終わらない人は、以下の3つを重点的に勉強しましょう。

 

【やるべき勉強法】

  • 品詞分解
  • 音読
  • 問題演習

 

以上3つの勉強をすれば、英語を速く正確に読めるようになります

 

遅かれ早かれ、TOEICリーディングパートは、時間内に終わるようになるでしょう。

 

ちなみに、これらの勉強を効果的にやるには、英文法の知識が必須です。

 

もし「英文法をあやふやにしか理解していない」という場合は、以下の記事を参考にまずは英文法の勉強をしてください。

>>【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

品詞分解をやるべき理由

なぜ日本人が英語を読むのが苦手かというと、英語と日本語の語順が違うからです。

 

例えば、「I need this textbook.」を日本語の語順で訳すと、「私は必要です。この教科書を」となります。

 

日本語としては、少し不自然ですよね?

 

この語順の違いに慣れていないために、英語を読むのが遅くなり、TOEICリーディングパートで時間が足りなくなってしまうというわけです。

 

品詞分解をすることにより、日本語と英語の語順の違いに慣れることができます。

 

その結果、英語を英語のまま理解できるようになり、リーディングスピードが上がるのです。

 

ポイント

英語を読むのが遅いのは、日本語と英語の語順に違いがあるから

 

もし品詞分解がよく分からないという場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

音読をやるべき理由

品詞分解と同様、音読にも英語を英語のまま理解できるようになる効果があります

 

例えば「Thank you」とか「I love you」のような英語なら、誰もが英語のまま意味を理解できますよね?

 

音読を繰り返すことにより、「Thank you」や「I love you」のような、瞬時に理解できる英語が増えていきます。

 

その結果、速く正確に英語を読めるようになるというわけです。

 

音読はシンプルな勉強法ですが、非常に効果的です。

 

TOEICのスコアを早く上げたいなら、音読は最も力を入れなければいけない学習法と言えるでしょう。

 

音読の詳しい勉強法については、以下の記事がオススメです。

 

ぜひチェックしてみてください。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

問題演習をやるべき理由

3つ目にやるべきなのが問題演習です。

 

問題演習が重要な理由は、大きく分けて2つあります。

 

【理由】

  • 問題演習をすればするほどスコアが上がりやすくなる
  • 英語をたくさん読むと速く正確にリーディングできるようになる

 

理由1:問題演習をすればするほどスコアが上がりやすくなる

学校のテスト前に、過去問を解いたことはありませんか?

 

過去問を解くと傾向が分かるので、点数が上がりやすくなりますよね。

 

イメージとしてはそんな感じで、TOEICもテストなので、問題演習をすればするほどスコアが上がりやすくなります

 

理由2:英語をたくさん読むと速く正確にリーディングできるようになる

リーディング力をアップさせるには、英語をたくさん読む必要があります。

 

コツコツ英語を読み続けた結果、リーディング力がつくのです。

 

問題演習を通して英語をたくさん読むことは、TOEICリーディングパートのスコアアップにつながります。

 

コツコツ英語を読むことの重要性については、以下の記事にまとめました。

 

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?

 

 

TOEICリーディングパートを時間内に終わらせるための具体的な勉強法

 

具体的には、どのような勉強をすれば良いか。

 

僕は以下の3つに注意しながら勉強することをオススメしています。

 

【注意点】

  • Part5のような短い英語を速く正確に読む練習をする
  • 英語の意味を理解した上で音読する
  • たくさん問題演習をする

 

1:Part5のような短い英語を速く正確に読む練習をする

TOEICリーディングパート対策としては、Part5のような短い英語を速く正確に読む練習をメインにやりましょう。

 

最初のうちは、Part7のような長い文章を品詞分解しながら読む必要がありません

 

理由は2つあります。

 

理由1:短い英語を速く正確に読めれば、長文も速く正確に読める

長文=短い英文の集まりです。

 

つまり、短い英語を速く正確に読めれば、長文も速く正確に読めるようになるのです。

 

実際、僕は本番前の模試でPart7を解いたくらいで、Part7に特化した対策はしたことがありません。

 

それでもTOEIC900点を取れました。

 

理由2:長文を読むのは疲れる

さらに言うと、英語を読むのが遅い段階で長文を読むのは苦痛です。

 

これが「もうTOEICの勉強なんて嫌だ。。」という挫折につながるんですよね。

 

一方、短い英語ならリーディングにともなうストレスを最小限にできます

 

英語を読むのが遅い段階では、長文よりも短い文で練習した方が絶対に良いです。

 

ポイント

  • 短い英語を速く正確に読めれば長文も速く正確に読める
  • 短い英語ならストレスを感じにくい

 

より詳しくは、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

 

2:英語の意味を理解してから音読する

2つ目の注意点としては、品詞分解をして英文の意味を理解した上で音読するということ。

 

なぜかというと、意味を理解した上で音読をしても無駄だからです。

 

意味を理解しないまま音読をしたところで、英語を英語のまま理解できるようにはなりません。

 

ポイント

意味を理解した上で音読しよう

 

3:たくさん問題演習をする

そして、たくさん問題演習をしましょう。

 

先ほども書きましたが、TOEICリーディングパートを時間内に終わらせるには、問題数をこなすことがとても重要です。

 

解いた問題が多ければ多いほど、英語を読むスピードが速くなっていきます。

 

自分で言うのもアレですが、僕もTOEIC900点を取るまでにたくさん問題を解きました。

 

「勉強の質が大事」とよく聞きますけど、あれはウソです。

 

量をたくさんこなした結果、質が高くなっていくのです。

 

ポイント

時間内に解き終えるには、問題数をこなすことが重要

 

 

スポンサーリンク

TOEICリーディングパート対策のオススメ参考書・教材

 

TOEICリーディングパートを時間内に終わらせるのにオススメの参考書は以下の3つです。

 

【オススメ参考書】

  • 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)
  • 中村澄子の千本ノック
  • スタディサプリENGLISH

 

世界一わかりやすいTOEICテストの授業

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

おすすめポイント

  • 品詞分解が苦手な人でも理解しやすい

最初にオススメしたいのが、新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)です。

 

この参考書は、「〇〇が主語で、△△が動詞で、××が副詞で・・・」と丁寧に解説してくれています。

 

「品詞分解のやり方は分かってる!」という人は買う必要はないですが、ちょっと品詞分解に自信がない場合は、この参考書でまず勉強してみましょう。

 

TOEIC Part5・6に特化した参考書なので、使われている英語の長さも短くて勉強しやすいです。

 

 

中村澄子の千本ノック

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

 

おすすめポイント

  • 品詞分解の練習にピッタリ
  • 小さいので持ち運びしやすい

 

「時間をかければ、問題なく品詞分解できる」という人には、新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!がオススメです。

 

Part5・6のような短い英文で構成されているので、英語を速く正確に読む練習をするのにピッタリです。

 

僕は千本ノックシリーズの大ファンで、4冊も買ってしまいました。

 

携帯するのに便利なサイズ感なので、通勤・通学のお供にもオススメです。

 

 

スタディサプリENGLISH

スタディサプリ ENGLISH

 

おすすめポイント

  • 問題演習をたくさんできてコスパが良い
  • リーディング力がアップしやすい機能
  • スマホで勉強できるのでスキマ時間を有効活用しやすい

 

スタディサプリENGLISHは、TOEIC対策のスマホアプリです。

 

僕がスタディサプリENGLISHをオススメする理由は3つあります。

 

1:問題演習をたくさんできてコスパが良い

スタディサプリENGLISHは、問題演習をたくさんできます

 

どれくらいたくさん問題演習をできるかというと、TOEIC模試10回分以上の問題数です。(もちろん、リーディングだけでなく、リスニングパートの問題も解ける)

 

しかも、毎月問題が追加されるので、問題をたくさん解きたい人にピッタリなのです。

 

月額2980円しますが、公式問題集が1冊3000円以上もして模試2回分なので、スタディサプリENGLISHがどれだけコスパが良いか分かると思います。

 

【例】

 

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part5

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part6

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part7

 

2:リーディング力がアップしやすい機能

スタディサプリENGLISHには、リーディング力がアップしやすい機能があります。

 

それが時間制限機能です。

 

以下の画像はPart5の問題なのですが、画面の上の方にタイマーがついていますよね?

 

スタディサプリENGLISHの実践問題集 Part5

 

普段から時間制限を意識して英語を読むことになるので、「英語を速く正確に読む」という習慣が自然と身につきます

 

TOEICリーディングパートを時間内に解き終えるには、時間感覚がとても重要です。

 

なので、スタディサプリENGLISHの時間制限機能は個人的にとても良い機能だなと感じました。

 

3:スキマ時間を有効活用しやすい

リーディング力は、ちょっと英語を読んだくらいではつきません。

 

「少し空き時間ができたら英語を読む」くらいのスタンスでいることが、TOEICリーディングパートを時間内に終わらせる上で非常に重要なのです。

 

その点、スタディサプリENGLISHはスマホアプリなので、通勤・通学などのスキマ時間で勉強しやすいです。

 

スタディサプリENGLISHを利用して、時間を有効活用しましょう。

 

月額2980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

 

1日96円で、TOEIC800点・900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月・2ヶ月と決めて勉強すれば元は取れるでしょう。

 

スタディサプリENGLISHは、7日間の無料体験を体験できます

 

なので、無料体験をして自分に合うかを確認した上で、課金するかを決めてください。

 

スタディサプリ ENGLISH

 

 

TOEICリーディングパートの効果的な解き方

TOEICリーディングパートの効果的な解き方

 

次にTOEICリーディングパートの効果的な解き方について解説します。

 

TOEIC Part5・6の効果的な解き方

TOEICの参考書には、よくこんなふうに書いてあります。

 

TOEIC Part5・6は、空欄の前後と選択肢だけを読んで問題を解きましょう。

 

最初から最後まで読んでいると時間が足りなくなります。

 

しかし、このアドバイスは全く実用的ではあません。

 

なぜなら、最近のTOEICは空欄の前後を読むだけで解ける問題が少ないからです。

 

このアドバイス通りに問題を解くと、大きなタイムロスになります。

 

時間が命のTOEICにおいて、これは致命的です。

 

TOEIC Part5・6は素直に文頭から読もう

TOEIC Part5・6は、素直に文頭から読みましょう。

 

この方法が1番タイムロスが少なく確実です。

 

例えば、以下の問題の場合であれば、素直にCutomerから読み始めます。

 

TOEIC Part5の問題

引用:TOEIC公式サイト

 

「カスタマーレビューは、現代のモバイルデバイスは、しばしば不要に------であると示している」という英語なので、「(D)complicated」が正解です。

 

空欄の前を見るとbe動詞があるので、「(A)complication」も入る可能性はありますが、文脈的に明らかに違うことが分かります。

 

空欄の前後を見るだけでは文脈が分からないので、冒頭から素直に読んだ方が時間はかかりません。

 

ポイント

文頭から読んで問題を解いた方が良い

 

TOEIC Part5・6では変なテクニックを使う必要はない

「文頭から読む」という解き方は、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。

 

しかし、「空欄の前後」という中途半端なところから読むと、間違った選択肢を選ぶことにつながります

 

なので、僕は空欄の前後だけ読む解き方は、全くオススメしないです。

 

素直に文頭から読みましょう。

 

品詞分解、音読、問題演習を繰り返しやれば、確実にTOEICは時間内に終わるようになります。

 

TOEIC Part7の効果的な解き方

TOEIC Part7では、設問の先読みをやりましょう。

 

先読みのメリット

設問の先読みとは、「本文を読む前に、まず設問を読むこと」です。

 

設問を先読みすることにより、本文中に書いてある内容を予測できるようになるので、リーディングの精度が上がります

 

例えば、「田中さんはボブさんに、何をして欲しいと頼みましたか?」という設問があったとしましょう。

 

設問を読んだ後に本文を読み始めれば、「田中さんがボブさんに頼んだこと」に注意しながら、英文を読み進めることができますよね?

 

先読みするだけで、内容が頭に入ってきやすくなるので、設問の先読みはとてもオススメです。

 

先読みの具体例なやり方

では、先読みの具体的なやり方について解説します。

 

以下の問題をご覧ください。

 

TOEIC Part7の問題

引用:TOEIC公式サイト

 

まず「What is suggested about the car?(車について何が示唆されますか?)」という設問を読んでください。

 

そうすると、「この文章は車について書かれているんだな」と、車について注意深く読むことがでます。

 

注意点としては、「選択肢は読んではいけない」ということです

 

あくまでも設問だけ読んでください。

なぜなら、4つの選択肢のうち3つは、ウソが書いてあるからです。

 

つまり選択肢まで読んでしまうと、本当のことかウソなのかを混同してしまう可能性があるのです。

 

「設問は読むけど、選択肢は読まない」

 

これを絶対に忘れないようにしましょう。

 

より詳しい先読みの方法については、以下の記事にまとめました。

 

ぜひチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】TOEIC900点の僕が先読みのやり方を詳しく解説します

 

 

スポンサーリンク

TOEIC リーディングが時間内に終わらなくても落ち込む必要はない

 

最後に「TOEICリーディングが時間内に終わらなくても、落ち込む必要は全くない」ということについて、書いておきたいと思います。

 

TOEICリーディングパートはほとんどの人が終わらない

なぜ落ち込む必要がないかというと、ほとんどの人は時間内に終わらないからです。

 

どれくらいの人がTOEICリーディングパートを時間内に終わらせられないかというと、受験者の90%くらいは終わりません。

 

僕の経験上、TOEICリーディングパートを時間内に終わらせられるのは、TOEIC800点以上の人だけです。

 

さらに言えば、TOEIC800点の中でも、リーディングパートだけで400点以上を取れる人だけしか時間内に終わりません。

 

リーディングパートのみで400点以上のスコアを取れるのは、全受験者の上位10%くらいなので、単純計算で10人に1人しか時間内に終わらないというわけです。

 

ポイント

実は受験者の90%は時間内に解き終わらない

 

より詳しいスコア別の目安は以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 スコア別の目安を徹底解説-実際どれくらいの実力なの?-

 

「TOEICリーディングが時間内に終わらない」と悩む必要はない

TOEIC上級者にならないと、TOEICリーディングは終わりません。

 

そのため、最初のうちは「TOEICは終わらないのが普通」と開き直るくらいでいた方が良いです。

 

落ち込んでいる暇があるのなら、その時間を勉強に充てましょう。

 

その方が明らかに生産的です。

 

コツコツ勉強していれば、遅かれ早かれ時間内に終わるようになります。

 

ポイント

「TOEICは終わらないのが普通」と開き直ろう

 

TOEICができなさすぎて、モチベーションコントロールが難しいと感じている場合は、以下の記事を参考に勉強を頑張りましょう。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

 

まとめ

少し長くなったので、この記事を通して何を言いたかったかを簡単にまとめておきます。

 

英語を速く正確に読む練習をする

TOEIC L&Rを時間内に終わらせるには、英語を速く正確に読む練習をする必要があります。

 

で、英語を速く正確に読むには、以下の3つの勉強が効果的です。

 

【やるべき勉強法】

  • 品詞分解
  • 音読
  • 問題演習

 

TOEICリーディングを時間内に終わらせるのにオススメの教材

おすすめの教材は以下の3つです。

 

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

おすすめポイント

  • 品詞分解が苦手な人でも理解しやすい

 

 

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

 

おすすめポイント

  • 品詞分解の練習にピッタリ
  • 小さいので持ち運びしやすい

 

 

スタディサプリENGLISH

スタディサプリ ENGLISH

 

おすすめポイント

  • 問題演習をたくさんできてコスパが良い
  • リーディング力がアップしやすい機能
  • スマホで勉強できるのでスキマ時間を有効活用しやすい

 

スタディサプリ ENGLISH

 

 

以上が、「TOEICリーディングパートで時間が足りない対策」でした。

参考になれば嬉しいです。

 

では!

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.