TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

オンライン英会話 悩み・疑問

オンライン英会話によるTOEIC対策は意味ない件について-TOEIC900点の僕が解説します-

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&R対策のためにオンライン英会話を使おうと思っている人


 

「オンライン英会話で、TOEICのスコア〇〇〇点アップ!!」

 

こんな広告を見たことありませんか?

オンライン英会話のホームページによく書いてある宣伝文句です。

 

「TOEICに効果があるのなら、オンライン英会話をやってみようかな」と考えている人もいるでしょう。

しかし、結論から言うと「オンライン英会話でTOEIC対策は効率がかなり悪い」です。

 

そこでこの記事では、「TOEIC L&R対策としてのオンライン英会話をオススメできない理由」についてまとめました。

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

オンライン英会話をTOEIC対策に使わない方が良い理由

オンライン英会話がTOEIC対策に効果がない理由

 

なぜオンライン英会話でTOEIC対策をするのをオススメできないのか。

理由は、たった1つです。

 

【理由】

  • オンライン英会話とTOEIC L&Rでは鍛えられる英語力が違う

 

TOEICとオンライン英会話では鍛えられる英語力が違う

TOEIC L&Rとオンライン英会話では、鍛えられる英語力に違いがあります。

 

TOEIC L&Rで鍛えられるスキルは、以下の2つです。

TOEICで向上できるスキル

〇:リスニング

〇:リーディング

 

一方、オンライン英会話で鍛えられるのは以下の技能です。

【オンライン英会話で向上するスキル】

〇:スピーキング

△:リスニング

 

オンライン英会話で向上スキルとしてリスニングを△に分類している理由は、TOEICとオンライン英会話ではリスニングする内容が違うからです。

 

TOEICで扱うトピックは、「駅や空港でのアナウンス」や「会社の会議」、「レストランやスーパーでのやりとり」など、ビジネスシーンや日常生活で最低限必要な英語です。

 

一方、オンライン英会話は違います。

「趣味」や「自分が先行した学問」、「仕事に対する考え方」など、TOEICよりも扱うトピックが多いです。

 

限られたトピックしか出題されないのであれば、その「限られたトピックを集中してリスニングした方が効率的」というわけです。

 

TOEICができない状態でオンライン英会話をやっても得られることは少ない

そもそもTOEICができない状態で、オンライン英会話をやっても得られることは少ないです。

 

TOEICのスコアが低いということは、リスニング力とリーディング力が低いことを意味します。

この状態で、オンライン英会話の先生の発言を理解するのは、正直かなり厳しいです。

 

そのため、オンライン英会話でTOEIC対策をするのは、全くオススメしません。

 

 

オンライン英会話ではなくTOEICに特化した勉強をしよう

 

この記事で言いたいことは、「TOEIC対策にオンライン英会話は必要ない」ということです。

 

TOEICのスコアを上げたいのであれば、オンライン英会話ではなくTOEICに特化した対策・勉強をしましょう。

これが1番効率的かつ効果的です。

 

オンライン英会話の広告を信用してはいけない

オンライン英会話サービスのホームページに書いてある「オンライン英会話で〇〇○点上がりました!」という広告を信用してはいけません。

 

先ほど書いた通り、「TOEICとオンライン英会話では、鍛えられる英語力に違いがあるから」です。

確実に"オンライン英会話だけ"でTOEICのスコアがアップしたわけではりません。

 

オンライン英会話だけでなく、基礎学習をしていたからTOEICのスコアがアップしたのです。

 

オススメのTOEIC対策・勉強法

僕自身、オンライン英会話を何度も利用していますが、実体験から「TOEIC対策への効果は薄い」と強く思います。

 

TOEIC対策としてオンライン英会話の受講を考えているのであれば、かなり遠回りになるのでやめましょう。

 

大事なことなので何度も言いますが、TOEICのスコアを上げたいならTOEICに特化した対策をした方が良いです。

オススメの勉強順は、以下の通りです。

 

【TOEIC学習で最初にするべきこと】

  1. 文法を理解する
  2. 単語を覚える
  3. 発音を学ぶ
  4. TOEICリスニング対策
  5. TOEICリーディング対策
  6. TOEIC模試を解く

 

より詳しくは、以下の記事をどうぞ。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

 

スポンサーリンク

TOEICの勉強はオンライン英会話に効果的

TOEICの勉強はオンライン英会話に効果的

 

TOEIC対策としてオンライン英会話をやりたいということは、最終目標が「英会話をできるようになること」なのだと思います。

 

なので、「TOEIC対策にオンライン英会話はやめておけ」と言われて、テンションが落ちた人もいるでしょう。

 

しかし、実は「オンライン英会話をするためにTOEICの勉強をするのは良いこと」なのです。

「TOEIC対策としてオンライン英会話をするのは効果が薄い」ですが、「オンライン英会話をするためにTOEIC対策をするのはかなり効果がある」のです。

 

ポイント

Good:TOEIC→オンライン英会話

Bad:オンライン英会話→TOEIC

 

オンライン英会話をするためにTOEIC対策をすべき理由

なぜオンライン英会話をするためにTOEIC対策をすべきなのか。

それはリスニングとリーディングができないと、英会話はできないからです。

 

最低限のリスニング力とリーディング力がなければ、オンライン英会話の先生の発言を理解できません。

そのため、円滑にオンライン英会話を受けるには、ある程度のリスニング力とリーディング力が必須なのです。

 

詳しくは以下の記事をチェックしてください。

>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先に勉強するべき?

 

オンライン英会話をするための目標スコアはTOEIC700点

オンライン英会話をやるのであれば、どんなに低くてもTOEIC600点、できればTOEIC700点くらい必要です。

 

これ以下のスコアだと、先生が何を言ってるかも分からないし、自分の言いたいことも伝えられません。(詳しくは以下の記事)

>> オンライン英会話はTOEICのスコアが何点なら始めても大丈夫?

 

まずはTOEIC600点を目指しましょう。(できればTOEIC700点)

その方が英会話の上達は早いです。

 

詳しい勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

すでにTOEIC600点以上を取れているなら、オンライン英会話を受けてみましょう。

課題もたくさん見つかると思いますが、得られることもかなり多いはずです。

 

オススメのオンライン英会話サービスについては、以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

 

まとめ

TOEICのスコアを上げたいなら、TOEIC対策に特化してやりましょう。

 

TOEIC対策としてオンライン英会話を利用する必要は全くありません。

TOEICのスコアを上げたいのであれば、TOEICの参考書を使って勉強するのが1番効果的かつ効率的です。

 

オススメのTOEIC対策の参考書は、以下の記事が参考になります。

 

最終目標が「英会話をできるようになること」だったとしても、TOEICである程度のスコアを取ってからの方が英会話は上達しやすくなります。

 

いっけん遠回りなようですが、まずは基礎学習に力を入れましょう。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のオンライン英会話の記事は、こちらからどうぞ

>> 他のオンライン英会話の記事を読む

RELATED

-オンライン英会話 悩み・疑問

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.