【TOEIC L&R】リスニング音声が速く聞こえる対策-効果的な勉強法-

【TOEIC L&R】リスニング音声が速く聞こえる対策-効果的な勉強法-

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rテストのリスニング音声が速く聞こえてしまう人


「リスニング音声が速すぎるヽ(;▽;)ノ」

こう思ったことがある人は僕だけではないでしょう。TOEIC L&Rテストの勉強を始めた当初、僕はあのリスニング音声のスピードにかなり絶望したことを、いまだに鮮明に覚えております。「えっ、ぜんぜん聞き取れないやんけ・・・(´・ω・`)」みたいな(笑)

で、ネットで調べてみると、TOEICって徐々に難化傾向があるようですね。その影響もあって、リスニング音声が以前に比べて、ちょっと速くなってきているようです。

しかし、リスニング音声の速さに絶望していた僕でも、勉強を続けているうちにTOEIC L&Rテストで900点に到達することができました。そこで今回は、僕がどのように「リスニング音声が速く聞こえてしまう対策」をしたのかを書いていきたいと思います。

ちなみに今回紹介する方法は、英語の発音学習をしたことがない人には、あまり効果を発揮できません。なぜなら日本語の発音と英語の発音は大きく異なるためです。発音学習をしていないということは、リスニングの勉強をするスタートラインにすら立てていないことを意味します。

なので、発音学習をしたことがない人は、下記の記事をまずご覧になるようお願いします。

【発音学習に関する記事】

必ずやるべき!英語の発音学習ならこの参考書が断然おすすめ!

では本題へ!

スポンサーリンク


リスニング音声が速く聞こえる対策

では、僕がどのように「リスニング音声が速く感じてしまう症状」を改善したのか?

答えは「普段から速い音声でリスニングの練習をする」というものです。リスニング音声が速く感じるなら、「普段から音声を速くして、TOEIC L&Rテストのリスニング練習をすれば良いじゃん」という単純な考えです。

やはりこのリスニング勉強法は、すっごい効果がありました。TOEIC L&Rテスト本番のリスニングで「あれっ、こんなに遅かったっけ?」と錯覚してしまうレベルで激変したんです。

とても単純な勉強法ですが、非常に効果のある勉強法です。なので、「リスニング音声が速い」と感じてる人には、ぜひ騙されたと思ってトライしてほしいと思います。

リスニング音声を速くする方法

リスニング音声を速くする方法は2つあります。それが「スマホアプリを使う」「TOEIC用ウォークマンを購入する」です。

1:スマホアプリを使う

僕は当時iPhoneにリスニングの音源を入れていたので、あるアプリを使ってリスニング音声を速くしていました。

そのアプリというのがAudipo -倍速再生、耳コピ、リスニングに-です。一応、このアプリの画像を貼っておきます。

2015-09-05 22.19.23

このアプリを使うことによって、0.5倍から2倍まで(0.01%単位)自分の好みの速さに変えて、リスニングの練習をすることができます。しかもこのアプリ無料です。だいたい僕は1.3倍くらいの速さでリスニングの練習をしていました。

正直、使用感は微妙だなと思ったのですが、無料アプリなのでそれは仕方ないですね。気になる方は、試しに使ってみるのもアリなのではないかと思います。詳しくはダウンロードページに書いてあるので、興味があれば参照してみてください。

App store (iPhone用)

Google play (Android用)

2:英語専用のウォークマンを購入する

お金に余裕がある場合は、英語専用のウォークマンを購入するのもお勧めです。実は僕はもう先ほど紹介したアプリは使っていません。なぜなら英語学習用に新たにウォークマンを買ったからです。

アプリもあることだし、新しく買うのは勿体ないかなーと思ったんですけど、「買ってみたら英語学習がかなり捗った」ので、今回は僕が買ったウォークマンを紹介したいと思います。

で、僕が買ったウォークマンがこちらです。

これ、けっこう良かったんですよね。僕みたいにiTunesで音楽を普段聴いている方は、新たにMedia Go(SONY版iTunesみたいなやつ)でリスニング音源を管理しなければならないという煩わしさはあるんですけどね。

こういった欠点はありますが、あえて僕がこのウォークマンを使っている理由が4つあります。

1:再生速度を変えられる

もちろん、このウォークマンも再生速度を変えることができます。ただし先ほどのアプリのように0.01%刻みで変えられるのではなく、0.25%刻みです。ただ実際に使ってみて、正直0.25%単位で充分だなという感じです。全く問題ありません。

僕は+1.25%の速さでリスニングの練習をして、慣れてきたら+1.5%に上げて勉強をしていました。僕の経験上、+1.5%の速さが普通と感じられるようになったら、TOEIC L&Rテストのリスニングはかなりできるようになります

スコアでいうと、リスニングパートだけで450点以上のスコアを狙えるのではないかと思います。

2:ノイズキャンセリング機能がついている

このウォークマンはノイズキャンセリング機能がついています。ノイズキャンセリング機能とは、簡単に説明すると外の雑音をシャットアウトしてくれる機能です。

僕は電車通勤をしている時にリスニングの練習していました。その時に嫌だったのが、電車のガタンゴトンという音です。iPhoneを使って練習していた時は、電車のガタンゴトンという騒音でリスニング音声がかき消されてイライラしてたんですよね。

しかし、このウォークマンを使い始めてからノイズキャンセリング機能の威力を知ってしまいました。電車のガタンゴトンが気にならないんですよね。リスニング音声が電車の中であろうとクリアに聞こえるので、電車内での英語学習が捗ります。

なので、通勤・通学中にリスニング学習をしたい方には特にオススメです。

3:音楽を聴かなくなる

僕がiPhoneでリスニングの練習をしていた時は、「今日は仕事を頑張ったから」とか「今日は疲れたから」等と言い訳をして、リスニングの練習をせ、自分が好きな音楽を聴いてしまうということがありました。

僕ははっきり言ってそんなに意思が強くないので、流されやすいのです。しかし、英語学習専用のウォークマンを買うことによって、通勤中に音楽を聴かなくなりました。

なぜなら英語専用ウォークマンには僕の好きな音楽たちは入ってないからです。リスニングの練習しかできないのです。なので、僕のように勉強する意思が弱いという自負がある人にもオススメです。

4:安い

なんとこのウォークマン安いのも大きな特徴です。なんと1万円あれば買えてしまいます。たった1万円の投資で英語学習が捗るなら安い買い物かなと。

以上が僕がこのSONY ウォークマン Eシリーズ を買って良かった理由です。ちなみに容量は4GBなんですけど、僕は今17枚のリスニングCDを入れていて1.8GBしか容量を使っていません。

なので、40枚弱くらいCDを入れられるのではないかと思います。英語学習専用で使うなら充分な容量ですね。

個人的にはとてもおすすめのウォークマンです。「本気でTOEIC L&Rテストのスコアを上げてやろう」と考えてる人には本当にお勧めです。リスニングの勉強が非常に捗るので、1万円の投資以上のリターンを得られると思います。

リスニング音声を速くする際の注意点

TOEIC L&Rテストのリスニング音声が速く聞こえるのであれば、「リスニング音声を速くして練習する」という勉強が非常に効果的です。

ですが、最初にちょろっと書いた通り、リスニングの勉強は最初に「発音学習」をしてからでないと十分な効果を発揮できません。なぜなら日本語の発音と英語の発音は大きく異なるからです。

なので、発音の勉強をしたことがない人は、リスニング音声を速くする前に発音学習を終わらせてからやりましょう。

【発音学習に関する記事】

必ずやるべき!英語の発音学習ならこの参考書が断然おすすめ!

また、リスニング音声を速くしたからといって、すぐにリスニング力が向上するわけではありません

あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-という記事にも書きましたが、それなりにリスニングの勉強に時間をかける必要があります。要するにコツコツ勉強する必要があるということです。

あなたの周りにいるTOEIC高スコアの人も、最初から高得点を取れたわけではありません。かなりコツコツ勉強しています。なので、効果がすぐに得られなくても、途中であきらめず頑張りましょう。コツコツできる人だけが、結果を得られるということを忘れてはいけません。

では!

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする