TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

スピーキング 勉強法

【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit3の勉強法・対策を紹介する【応答問題】

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC S&W Unit3(応答問題)が苦手な人


 

「TOEIC S&W スピーキングパートのUnit3(応答問題)が苦手すぎる」

たしかにTOEIC S&Wのスピーキングパートって難しいですよね。

 

特に応答問題は、簡単そうで意外と難しいです。

どうやって対策したら良いか分からない人も多いでしょう。

 

そこでこの記事では、TOEIC S&WスピーキングパートUnit3(応答問題)の勉強法についてまとめてみました。

 

ぜひ1つの意見として、参考にしてみてください。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&W Unit3(応答問題)の問題形式

TOEIC S&W Unit3(応答問題)の問題形式

 

最初にTOEIC S&W Unit3の問題形式について解説します。

 

TOEIC S&W Unit3は応答問題です。

応答問題は計3問、 解答時間は最初の2問が各15秒、最終問題には30秒が与えられます。

 

TOEIC S&W Unit3(応答問題)の例題

TOEIC S&W Unit3は、「外国のマーケティング会社からインタビューを受ける」と言う設定です。

例えば「好きな食べ物はなんですか」、「よく行くレストランについて教えてください」といった質問がされます。

 

準備時間はなく、質問をされたらすぐに解答する必要があります。

瞬発力を問われる試験ですね。

 

TOEIC S&W Unit3(応答問題)の採点基準

TOEIC S&W Unit3(応答問題)では、0、1、2、3の4段階で評価されます。

数字が大きくなるほど、評価が高いです。

 

採点3

  • 質問に対して適切な回答ができている
  • 聞き手が理解しやすい
  • 適切な語彙・語句が使われている

 

採点2

  • ある程度は適切に回答できている
  • 完璧とは言いがたく、適切でない部分がある
  • だいたい理解できるが、理解できない箇所もある

 

採点1

  • 質問に対して、きちんと回答できていない
  • 理解するのが難しい
  • 使用されている語彙・語句が正確でない

 

 

採点0

  • 解答していない
  • テストの内容と全く関係ないことを話している

 

 

TOEIC S&W Unit3(応答問題)のオススメ勉強法・対策

TOEIC S&W Unit3(応答問題)のオススメ勉強法・対策

 

TOEIC S&W Unit3(応答問題)の勉強法・対策としては、以下の3つがオススメです。

 

【オススメ勉強法】

1:問題を解く

2:英語フレーズを覚える

3:オンライン英会話をする

 

1:TOEIC S&W Unit3の問題を解く

1つ目のオススメ勉強法が「問題をたくさん解く」です。

 

TOEIC S&Wは、あくまでもテストです。

そのため、問題形式に慣れることができれば、スコアが上がりやすくなります。

 

学生の時、テスト前に過去問を解いたりしましたよね?

イメージとしては、そんな感じです。

 

参考書は、「TOEICスピーキングテスト リアル模試15回」がオススメです。

名前の通り、15回分の模試を解けるので、たくさん練習できます。

 

 

最初のうちは模範解答を英訳するのがオススメ

先ほど、「TOEIC S&W Unit3の問題をたくさん解こう」と書きました。

で、最初のうちは、イチから英語で解答するのって大変だと思うんですね。(僕はそうだった)

 

そんな人は、まず「模範解答を英訳する」という勉強がオススメです。

「英語を話す ≒ 頭の中で素早く英語を書く」なので、英訳できればスピーキング力も上がります。

 

なにより英訳は文章構成を考える必要がなく、イチから書くことを考えるより楽です。

以下の写真の問題なら、「音楽番組を見るのが好きです・・・」から英訳していきましょう。

 

頂上制覇 TOEIC(R)テスト スピーキング/ライティング 究極の技術

 

そして英訳が終わったら、音読してください。

音読することにより、記憶に定着しやすくなります。

 

英訳する時は知っている語彙だけで表現できないかを考えよう

英訳をする時は、「できるだけ自分の知ってる語彙で表現できないか」を考えながら書きましょう。

 

例えば、「彼は即戦力じゃないと思う」と言いたいけど、即戦力ってどうやって表現すれば良いか分からない場合。

この場合は「I think he needs training.(彼はトレーニングが必要だと思う)」と訳しても、即戦力じゃないことが伝わりすよね。

 

自分の知っている語彙だけで表現できないかを考える癖がついていると、覚えている単語が少なかったとしても話せる英語の幅が増えます。

 

単語をたくさん覚えることも大事ですが、「あれっ、〇〇って英語で何て言うんだろう?」と思うたびに辞書を引いていたらキリがありません。

なので、まずは「自分の知っている語彙だけで表現できないか」を考えてみましょう。

 

イチから書いた方が力はつくと思いますが、英訳でも十分効果を期待できます。

なので「文章を考えるのが苦手」という場合は、英訳から始めると良いと思います。

 

 

2:英語フレーズを覚える

2つ目のオススメ勉強法が、「英語フレーズを覚える」です。

知っている英語フレーズが多ければ多いほど、話せる英語の幅が増えていきます。

 

TOEIC S&Wでハイスコアを狙うには、コツコツと英語フレーズを覚えていくことが非常に重要です。

通勤・通学などのスキマ時間を使って、少しずつ英語フレーズを覚えていきましょう。

 

教材としては、スタディサプリENGLISHがオススメです。

ストーリー仕立てになっていて、英語フレーズが覚えやすいように工夫されています。

 

スタディサプリENGLISH(日常英会話)のディクテーション

 

スタディサプリENGLISH(日常英会話)ディクテーション問題の解答

 

スタディサプリENGLISH(日常英会話)のなりきりスピーキング

 

スタディサプリENGLISH(日常英会話)の会話文チェック

 

詳しいレビューについては、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕がスタディサプリENGLISHを100時間やった感想【日常英会話コース】

 

 

3:オンライン英会話をする

3つ目の勉強法が、「オンライン英会話」です。

おそらくTOEIC S&Wの受験者にもっともある悩みのひとつが「英語が瞬時に口から出てこない」ということでしょう。

 

なぜ英語がすぐに出てこないのかというと、瞬発力がないからです。

何かを英語で言われた時、すぐに英語で返答する力が弱いというわけですね。

 

瞬発力を鍛えるには英会話が1番

瞬発力を鍛えるには、英会話をしましょう。

「早く英語で返答しなきゃ」という状況にないと、瞬発力は鍛えられません。

 

今はオンライン英会話があるので、家にいながら格安で英会話をできます。

瞬発力を鍛えるために、英会話を少しずつやっていきましょう。

 

オススメのオンライン英会話については、以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

ちなみに話すテーマに関しては、なんでもOKです。

あくまでも瞬発力を鍛えるだけなので。

 

オススメのオンライン英会話勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【初心者向け】簡単で効果的なオンライン英会話の受け方とは?

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&W Unit3(応答問題)を解くときのポイント

TOEIC S&W Unit3(応答問題)を解くときのポイント

 

最後にTOEIC S&W Unit3(応答問題)を解くときのポイントについて。

 

応答問題のコツは、3つあります。

この3つを意識しながら、トレーニングしましょう。

 

1:質問に使われる疑問詞を注意深く聞く

1つ目のコツは、「質問に使われる疑問詞を注意深く聞くこと」です。

なぜかと言うと、疑問詞を聞き逃してしまうと、的確な回答ができなくなってしまうからです。

 

例えばHow often do you go to the supermarket?の疑問詞を聞き逃して、How do you go to the supermarket?と勘違いしてしまったとしましょう。

 

かなり意味合いが変わってしまいますよね。

前者は「どれくらいの頻度でスーパーに行くか」を聞いているのに、後者は「どのようにスーパーへ行くのか?」を聞いているからです。

 

このように、「疑問詞を注意して聞く」と心がけるのは非常に重要です。

 

2:解答を思いつかなかったら時間稼ぎをする

2つ目のコツが、「解答を思いつかなかったら時間稼ぎをする」ということ。

 

おそらく質問を聞いて、パッと答えが出てこないこともあると思います。

その場合は、少しでも考える時間を作るために、時間稼ぎをしましょう。

 

実際の会話でも間が空くと変な空気になることがありますよね。

イメージとしては、そんな感じです。

 

具体的には、Let me see.(ええと・・・)という英語フレーズを使うのがオススメです。

解答が瞬時に思い浮かばなかったら、とりあえずLet me see(ええと・・)と言ってしまいましょう。

 

僕も解答が思いつかなかったら、Well...Let me see...と時間稼ぎをしています。

意外とこの時間で、解答がパッと思い浮かぶことがあるのでオススメです。

 

まとめ

まとめると、TOEIC S&W Unit3(応答問題)のオススメ勉強法・対策は以下の3つです。

 

【TOEIC S&W Unit3のオススメ勉強法】

  1. 問題を解く
  2. 英語フレーズを覚える
  3. オンライン英会話で瞬発力を鍛える

 

そして応答問題のコツは、2つあります。

この2つを意識しながら、トレーニングしましょう。

 

【TOEIC S&W Unit3のコツ】

  1. 質問に使われる疑問詞を注意深く聞く
  2. 解答を思いつかなかったら時間稼ぎする

 

以上がTOEIC S&W Unit3(応答問題)の対策・勉強法でした。

 

その他のスピーキングパートの勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC S&W】スピーキングパートのオススメ勉強法・対策【まとめ】

 

オススメのスピーキングパートの教材については、以下の記事に詳しくまとめました。

>>【TOEIC S&W】スピーキングパートのオススメ参考書・教材を紹介する

 

参考になれば嬉しいです。

では。

 

*その他のTOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

RELATED

-スピーキング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.