TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

スピーキング 勉強法

【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit1の勉強法・対策を紹介する【音読問題】

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC S&W Unit1(音読問題)が苦手な人


 

「TOEIC S&W スピーキングパートの音読問題(Unit1)が苦手すぎる」

たしかにTOEIC S&Wのスピーキングパートって難しいですよね。

 

音読は簡単そうで、意外と奥が深いです。

どうやって対策したら良いか分からない人も多いでしょう。

 

そこでこの記事では、TOEIC S&WスピーキングパートUnit1(音読問題)の勉強法についてまとめてみました。

 

ぜひ1つの意見として、参考にしてみてください。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&W Unit1(音読問題)の問題形式

TOEIC S&W Unit1(音読問題)の問題形式

 

最初にTOEIC S&W Unit1の問題形式について解説します。

 

TOEIC S&W Unit1は音読問題です。

音読問題は計2問あり、 各設問に対して準備時間45秒、解答時間45秒が与えられます。

 

TOEIC S&W Unit1(音読問題)の例題

TOEIC S&W Unit1では、PC画面上に表示される60~70語くらいの英文を音読します。

内容はスーパーマーケットの広告から、留守番電話のメッセージまで様々です。

 

出典:TOEIC公式サイト

 

TOEIC S&W Unit1(音読問題)の採点基準

TOEIC S&W Unit1(音読問題)の採点項目は2つあります。

それが「Pronunciation Level」、「Intonation and Stress Level」です。

 

これらが0、1、2、3、4の4段階で評価されます。

数字が大きくなるほど、評価が高いです。

 

【Pronunciation Level】

Pronunciation Levelは、発音の評価です。

 

採点3

ミスやなまりが少しあるが、とても分かりやすい

 

採点2

ミスやたまりた多少あるが、おおむね分かりやすい

 

採点1

わかりやすい部分もあるが、全体的に聞き取りにくい

 

採点0

「問題文とは違うことを話している」または「解答なし」

 

【Intonation and Stress Level】

Intonation and Stress Levelは、イントネーションとアクセントの評価です。

 

採点3

イントネーション・アクセントともに適切

 

採点2

多少ミス・なまりがあるが、全体的に問題ない

 

採点1

イントネーション・アクセントが適切でない

 

採点0

「問題文とは違うことを話している」または「解答なし」

 

 

TOEIC S&W Unit1(音読問題)のオススメ勉強法・対策

TOEIC S&W Unit1(音読問題)のオススメ勉強法・対策

 

TOEIC S&W Unit1(音読問題)の勉強・対策は、以下のステップでやるのがオススメです。

 

【オススメ勉強法】

1:発音・音の変化を学ぶ

2:アクセント・イントネーションに注意しながら音読

3:オンライン英会話でチェック

 

1:発音・音の変化を学ぶ

まず「発音」や「音の変化」を学びましょう。

音読問題でハイスコアを狙う上で、これらの勉強は必須です。

 

発音の勉強は、フォニックスという参考書がオススメです。

イラストつきで分かりやすいし、解説も丁寧なことが特徴です。

 

フォニックス

フォニックス

 

【おすすめポイント!】

◆発音する際の口の形が絵で書いてあり視覚的に理解しやすい

◆簡単な言葉で発音する時のコツが解説されている

 

 

詳しいフォニックスのレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> 英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

 

 

発音の勉強したら、音の変化について学びましょう。

音の変化を学ぶと、より英語っぽい英語を話せるようになります。

 

音の変化の具体例としては、こんな感じですね。

 

【音の変化の例】

like it

×:ライク イット

〇:ライキット

 

need to

×:ニード トゥ

〇:ニィットゥ

 

参考書は、「<フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 」がオススメです。

先ほど紹介したフォニックスの姉妹本ですね。

 

この参考書も、めっちゃ分かりやすいです。

本当にオススメ。

 

【おすすめポイント!】

◆簡単な言葉で解説されている

◆リンキング、音の消失を学べる

 

 

詳しいレビューについては、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】リスニングが苦手な人はリンキング・音の消失を勉強しよう

 

2:アクセント・イントネーションに注意しながら音読

発音や音の変化の勉強をしたら、参考書の問題を実際にやってみましょう。

 

まず音声を聞いて、「アクセント」、「イントネーション」、「発音」、「どこで音が変化しているか」、「どこで息継ぎをしているか」などを注意深く確認します。

 

【チェックすること】

◆アクセント

◆イントネーション

◆発音

◆どこで音の変化をしているか

◆どこで息継ぎをしているか

 

ここまで確認したら、チェックしたことを意識しつつ、何度も音読します。

「かなりスムーズに読めるようになった」と思えるまで音読しましょう。

 

できれば、音読した音声を録音して聞い見ることをオススメします。

たぶん絶望すると思います(笑)

 

自分の音声を聞く→修正するの繰り返しが大事です。

地道なトライ&エラーが、あなたの英語を上達させます。

 

参考書は、「TOEICスピーキングテスト リアル模試15回」がオススメです。

名前の通り、15回分の模試を解けるので、たくさん練習できます。

 

 

 

3:オンライン英会話でチェック

「上手く音読ができるようになってきた」と思ったら、オンライン英会話の先生に最終確認してもらうのがオススメです。

 

なぜかというと、「自分はできている」と思っていても、意外とできていないからです。

以下のようなステップでやりましょう。

 

【手順】

1:Today I'd like to practice reading aloud.と先生に伝える

訳:今日は音読の練習をしたいです。

 

2:Skypeのチャットボックスで、音読する英文を先生に送る

(あらかじめテキストを入力しておきましょう)

 

3:I will read aloud this sentenceと先生に伝える

訳:この英文を音読します。

 

4:Could you check my pronunciation, intonation and accent?と先生に伝える

訳:発音、イントネーション、アクセントを確認してくれませんか?

 

この4ステップで、スムーズにオンライン英会話で音読の練習をすることができます。

 

発音やイントネーション・アクセントは、自分だけで勉強できません。

格安で自分の英語を評価してもらえるので、とてもオススメの方法です。

 

オススメのオンライン英会話ですが、レッスン料が安いものを選べば良いでしょう。

やることが決まっている場合は、値段が安いかろうが高かろうが変わらないです。

 

オススメのオンライン英会話については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&W Unit1(音読問題)を解くときのポイント

TOEIC S&W Unit1(音読問題)を解くときのポイント

 

最後にTOEIC S&W Unit1(音読問題)を解くときのポイントについて。

 

音読問題は、最初に与えられる45秒の準備時間が重要です。

この準備時間では、以下の4つのポイントに気をつけましょう。

 

1:速く読む必要はない

まず「速く読む必要はない」ということ。

 

僕の経験上、この「速く読まないことを意識する」のが1番重要です。

なぜかというと、速く読もうとするとミスが多くなるからです。

 

音読問題は、どんなに遅く読んだとしても、必ず読み終わります。

準備時間を使って、「ミスしない程度の速さで読む練習」をしましょう。

 

ただし、あまりにも遅く読むとマイナス評価の可能性もあります。

なので、不自然なくらい遅く音読しないように気をつけてください。

 

2:意味のかたまりを確認する

2つ目にポイントが、「意味のかたまりを確認する」こと。

意味のかたまりを確認し、変なところで区切って読まないように気をつけてください。

 

例えば、以下の英文の「意味のかたまり」を確認してみましょう。

 

【例】

At 9 o'clock today, an important meeting will be held in Room 301.

訳:本日の9時に、重要な会議が301号室で行われます。

 

この英文を意味のかたまりごとに/で区切ると、以下のようになります。

At 9 o'clock today, / an important meeting / will be held / in Room 301.

 

ちなみに悪い例は、こんな感じ。

At 9 o'clock / today, an important / meeting will be held in / Room 301.

 

3:疑問文の種類を確認する

3つ目のポイントが、「疑問文の種類を確認する」こと。

疑問文は、種類によって「上げ調子で読む」のか、「下げ調子で読む」のか変わります。

 

具体的に言うと、「What」や「Where」などのWHの疑問文は下げ調子。

そして、Yes/Noで答えるタイプの疑問文は上げ調子で読みます。

 

【例】

1:Where are you from?↓

2:Are you thinking of learning English?↑

 

4:音の変化がありそうな箇所を確認する

4つ目のポイントが「音の変化をする箇所の確認」です。

先ほども少し書きましたが、英語は音が消えたり、音がつながったりします。

 

例えばfind outは「ファインド アウト」ではなく、「ファインダウト」のように音がつながります。

went toは「ウェント トゥ」ではなく、「ウェントゥ」のように音が消失します。

 

【音の変化の例】

find out

〇:ファインダウト

×:ファイド アウト

 

went to

〇:ウェントゥ

×:ウェント トゥ

 

音の変化については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>  必ず知っておきたいリンキング・音の消失の基本ルール

 

 

まとめ

音読問題は、簡単なようで意外と難しいです。

日本語と英語は全く違う言語なので、その差に苦労すると思います。

 

音読の上達は、音読をたくさんするしかありません。

ひたすら音読問題の練習をしましょう。

 

そして音読問題をやるときは、以下の4点に気をつけてください。

これを心がけると、ハイスコアを狙いやすくなります。

 

【Unit1(音読問題)のポイント】

◆速く読む必要はない

◆意味のかたまりを確認する

◆疑問文の種類を確認する

◆音の変化がありそうな箇所を確認する

 

以上、TOEIC S&W Unit1(音読問題)のオススメ勉強法・対策でした。

 

その他のスピーキングパートの勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC S&W】スピーキングパートのオススメ勉強法・対策【まとめ】

 

オススメのスピーキングパートの教材については、以下の記事に詳しくまとめました。

>>【TOEIC S&W】スピーキングパートのオススメ参考書・教材を紹介する

 

参考になれば嬉しいです。

では。

 

*その他のTOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

RELATED

-スピーキング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.