TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

ライティング 勉強法

【TOEIC S&W】かなり効果のあったUnit7の勉強法・対策を紹介する【写真描写問題】

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC S&W ライティングパートのスコアが伸びない人


 

「TOEIC S&W ライティングパートの写真描写問題(Unit7)が苦手すぎる」

たしかにTOEIC S&Wのライティングパートって難しいですよね。

 

そこでこの記事では、TOEIC S&W ライティングパートの写真描写問題の勉強法や対策についてまとめてみました。

 

僕自身、TOEIC S&Wを何度も受験し、ライティングパートのスコアは200点満点中190点を取っています。

なので勉強法については、そこそこ自信があります。

 

ぜひ1つの意見として、参考にしてみてください。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)の問題形式

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)とは?

 

最初にTOEIC S&W Unit7の問題形式について解説します。

 

TOEIC S&W Unit7は写真を描写する問題です。

写真描写問題は計5問あり、制限時間は8分です。

 

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)の例題

TOEIC S&W Unit7では、写真に対して2つの語(句)が与えられています。

この2つの語(句)を使って写真の内容に合う英文を書きます。

 

以下の写真を例に、具体的に解説します。

 

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

man / presentation

 

この問題では、manとpresentationという語を与えられているとしましょう。

その場合、「A man is making a presentation.」という解答をします。

 

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)の評価基準

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)は、0〜3の4段階で採点されます。

それぞれの目安について簡単に解説すると、以下のような感じです。

 

採点3

  • 文法的に間違っていない
  • 与えられた語句を適切に使っている
  • 記述した内容が写真と合っている
  • 1文で構成されている

 

採点2

  • 記述した内容が写真と合っている
  • 文法の間違いがある
  • 与えられた語句を適切に使っているが、語形が正確ではない
  • 複数の文で構成されている

 

*語形

現在形、現在進行形、過去形などのこと

 

採点1

  • 意味を理解できないレベルの間違いがある
  • 与えられた語句を1つまたは両方使っていない
  • 記述した内容と写真が一致しない

 

採点0

  • 解答なし

 

 

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)のオススメ勉強法・対策

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)のオススメ勉強法

 

次にTOEIC S&W Unit7(写真描写問題)の勉強法・対策について解説します。

 

TOEIC S&Wの問題を解きまくろう

勉強法と言っても、TOEIC S&W Unit7の問題を解きまくるだけです。

 

Unit7(写真描写問題)は、ぶっちゃけかなり簡単なので、特別な対策しなくても問題ありません。

普通に参考書の問題をこなしていれば、スコアは伸びるでしょう。

 

参考書としては、頂上制覇 TOEIC(R)テスト スピーキング/ライティング 究極の技術がオススメです。

 

この参考書では、目標スコア別に解答する時のコツを詳しく解説してくれています。

個人的には、かなり参考になりました。

 

 

 

詳しいレビューについては、以下の記事に書きました。

ぜひチェックしてみてください。

>>【TOEIC S&W】ライティングパートのオススメ参考書・教材を紹介する

 

英語フレーズを覚える勉強にも力を入れよう

問題数をこなす以外には、英語フレーズをたくさん覚えることに力を入れましょう。

なぜかというと、覚えている英語フレーズが多ければ多いほど、書ける英語の幅が広がるからです。

 

英語フレーズを覚える教材としては、スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)がオススメです。

ストーリー仕立てになっていて、かなり英語フレーズが覚えやすいです。

 

 

 

詳しいレビューについては、以下の記事に書きました。

興味があれば、ぜひチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕がスタディサプリENGLISHを100時間やった感想【日常英会話コース】

 

 

スポンサーリンク

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)を解くときのポイント

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)を解くときのポイント

 

最後にTOEIC S&W(写真描写問題)を解くときのポイントについて。

僕が特に注意していたポイントは、4つあります。

 

1:複雑な文章を書かない

最初に気をつけたいことが、「複雑な文章を書かない」ということ。

 

例えば、冒頭の例題としてだした以下の写真。

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

man / presentation

 

A man wearing a black jacket is making a presentation about some kind of chart in the meeting room.

のように書く必要はありません。

 

なぜかというと、複雑な英文を書くことはミスにつながるからです。

それよりも「与えられた語句を使って、簡潔かつ文法的に正しい文」を心がけましょう。

 

A man is making a presentation.で十分です。

実際、僕はこれくらいの英文しか書きませんでしたが、200点満点中190点を取れました。

 

2:1問当たり70秒で解く

2つ目に気をつけるべきことが「時間配分」です。

1問あたり70秒程度を目安に解きましょう。

 

イメージとしては、6分程度で問題を解いて、2分で見直しです。

意外としょぼいミスをしていることが多いので、見直しすることを強くオススメします。

 

例えば僕の場合だと、『does』を『dose』と書いていたり、『a』や『the』などの前置詞の書き忘れ、『動詞に三単現のsをつけていない』などのミスを見直しの時間に発見しました。

 

3:写真の内容に合っている文章を書く

3つ目が「写真の内容に合っている文章を書く」ということ。

 

与えられた語句を使って文章を書いたとしても、書いた英語と写真がマッチしていなくては意味がありません。

ちゃんと写真の内容に合った英語を書きましょう。

 

例えば、現在形を用いた受動態で書かなければならないのに、現在形で書いてしまったという間違いはよくあります。

特に語形には注意を払ってください。

 

4:複数の文章を書かない

最後に気をつけたいのが、「複数の文章を書かない」ということ。

先ほどの問題を例にすると、「A man is standing. 」と「He is making a presentation.」の2つに文章を分けてはいけません。

 

なぜかというと、2文以上で書くと、採点対象が1文のみとなってしまうからです。

与えられた語句が別々の文で使われていると、減点の対象となります。

 

 

まとめ

TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)の難易度は、そこまで高くありません。

 

ぶっちゃけ、かなり簡単な部類です。

なので、そこまで深く考えず、参考書の問題を解くことをオススメします。

 

そして英語を書くときは、以下の4点に気をつけてください。

これを心がけえるだけで、十分ハイスコアを狙えるでしょう。

 

【Unit7(写真描写問題)のポイント】

◆複雑な文章を書かない

◆1問あたり70秒で解く

◆写真の内容に合った英語を書く

◆複数の文章を書かない

 

以上、TOEIC S&W Unit7(写真描写問題)のオススメ勉強法・対策でした。

 

その他のライティングパートの勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC S&W】ライティングパートのオススメ勉強法・対策【まとめ】

 

オススメのライティングパートの教材については、以下の記事に詳しくまとめました。

>>【TOEIC S&W】ライティングパートのオススメ参考書・教材を紹介する

 

参考になれば嬉しいです。

では。

 

*その他のTOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

RELATED

-ライティング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.