TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R TOEIC S&W

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちが就活・転職に役立つの?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆就活・転職で、TOEICの受験を考えている人


 

TOEICには大きく分けて2種類あります。

それが「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」です。

 

就活・転職において、どちらのTOEICの方が役立つのかって気になりませんか?

この記事では、そのことについてまとめてみました。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

「TOEIC L&R」と「 TOEIC S&W」どっちが就活・転職に役に立つ?

 

「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」では、どちらの方が就活や転職に役立つのでしょうか。

結論から言ってしまうと、TOEIC L&Rの方が役に立ちます

 

TOEIC L&Rの方が就活・転職に役立つ理由

TOEIC L&Rの方が就活・転職に役立つ理由。

それは「TOEIC L&Rの方がメジャーな試験だから」です。

 

TOEICにも何種類がありますが、一般的に「TOEIC」という場合、TOEIC L&Rのことを指します。

それくらいTOEIC L&Rはメジャーなのです。

 

TOEIC S&Wを知らない採用担当者もいる

実は採用担当者の中には、TOEIC S&Wの存在を知らない人もいます。

 

実際、僕が転職活動をしていた時、履歴書に「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」のスコアをどちらも書いていたのですが、「S&Wってなんですか?」と言われたことがあります。

 

それくらい「TOEIC S&W」は、まだまだマイナーな試験です。

なので就活・転職のためにTOEICを受けようと思っているのであれば、「TOEIC L&R」を受験した方が良いでしょう。

 

TOEIC L&Rの勉強方法については、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

TOEIC L&RとTOEIC S&W違いとは?

ちなみに、TOEIC L&RとTOEIC S&Wの違いは、測定する英語力の違いです。

 

TOEIC L&Rは、リスニング(L)とリーディング(R)。

そしてTOEIC S&Wは、スピーキング(S)とライティング(W)を測る試験となっています。

 

【測れる英語力の違い】

TOEIC L&R:リスニングとリーディング

TOEIC S&W:スピーキングとライティング

 

その他にも、受験料や受験時間などの細かい違いはたくさんあります。

 

より詳しい違いについては、以下の記事を参照してください。

>> TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

 

 

「TOEIC S&Wは就活・転職に意味ない」というわけではない

 

先ほど、就活・転職ではTOEIC L&Rの方が役に立つと書きました。

しかしこれは、「TOEIC S&W=意味がない」というわけではありません。

 

あくまでも、「TOEIC L&Rの方が知名度が高く、アピールになりやすい」というだけです。

TOEIC S&Wも就活・転職に役立ちます。

 

TOEIC S&Wも就活・転職に役立つ

なぜTOEIC S&Wを就活・転職に役立つかというと、TOEIC S&Wができれば、英語を「読める・聞ける」だけでなく、「話す・書く」もできることを証明できるからです。

 

実はTOEIC L&Rのスコアが高くても、英語を話せない人はたくさんいます。

これは企業の採用担当者も知っていることです。

 

なので、TOEIC L&RのスコアとTOEIC S&Wのスコアを一緒に履歴書へ書ければ、「TOEIC L&Rのスコアだけ高い人ではない」ことをアピールできるのです。

 

もちろん、TOEIC S&Wの知名度はそこまで高くないので、TOEIC S&Wを知らない採用担当者もいるでしょう。

しかし、面接の中で「TOEIC S&Wのスコアにもあるように英語もちゃんと話せます」と、根拠を持ってアピールすれば良いだけの話です。

 

TOEIC S&Wの知識は仕事で役に立ちやすい

TOEIC S&Wで勉強することは、仕事でかなり役立ちます。

 

例えば、「英語によるメールのやり取り」や「外国人の同僚とのコミュニケーション」などがある環境であれば、TOEIC S&Wで勉強したことが存分に発揮されるでしょう。

 

このような理由により、TOEIC S&Wの受験も決して無駄にはなりません。

むしろ仕事において、必ず活きてきます。

 

就活・転職で使うのならTOEIC L&Rの受験を優先すべきですが、余裕があるのならTOEIC S&Wの受験もするのがオススメです。

 

TOEIC S&Wに関するより詳しい解説は、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>> TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

 

 

スポンサーリンク

就活や転職でアピールになるTOEICスコアとは?

就活や転職でアピールになるTOEICスコアとは?

 

では転職でアピールできるTOEICスコアは、どれくらいなのでしょうか?

 

就活・転職で役立つTOEIC L&Rの目標スコア

履歴書には、TOEIC600点から書くことができます。

それ以下だと評価はされません。

 

しかし600点でも、まだ評価としては可もなく不可もなくといったところです。

最低でもTOEIC700点ほしいですね。

 

なぜなら、「TOEIC700点以上の88%が、希望する会社への転職できる」というデータがあるからです。

(詳しくは以下の記事)

>> TOEIC700点って転職に有利なの?-ホントのところを徹底解説-

 

なので、まずはTOEIC700点を目指しましょう。

700点あれば、就活・転職の選択肢も増えていきます。

 

TOEIC700点を目指す勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 目標700点!おすすめ参考書・勉強法を解説する

 

就活・転職で役立つTOEIC S&Wの目標スコア

実はTOEIC S&Wの目標スコアは、明確にはお答えできません。

なぜかというと、就活・転職でTOEIC S&Wのスコアが活用されているデータが揃っていないからです。

 

しかし個人的には、TOEIC S&Wの目標スコアは、スピーキング160点・ライティング180点が良いと考えています。

 

なぜかというと、僕の経験上、「日常生活または仕事でそれなりに英語を使えるレベル」というのが、「スピーキング 160点」、「ライティング 180点」くらいだからです。

 

これくらいのスコアであれば、面接でも「英語できます」と自信を持って言えるでしょう。

 

履歴書に書けるTOEICスコアについては、以下の記事に詳しくまとめました。

就活・転職の予定がある場合は、あわせてチェエックしてみてください。

>> TOEICのスコアは何点から履歴書に書ける?-正しい書き方について解説します-

 

 

【重要】TOIEC L&Rから勉強しよう

 

最後に注意点。

「リスニングとリーディングができるより、英語を話せた方が良いからTOEIC S&Wから勉強しよう」とは、思わないようにしてください。

 

まずはTOEIC L&Rを受験しましょう。

 

TOEIC S&Wではなく、TOEIC L&Rから受験すべき理由

なぜTOEIC L&Rから受験すべきなのか。

それは「リーディング・リスニングができなければ、スピーキング・ライティングはできないから」です。

 

例えば、リスニング力がない状態で、相手の話す英語を聞き取れると思いますか?

まず無理ですよね。

 

リーディング力がないということは、知ってる単語が少ないということです。

この状態では、相手の話す英語の意味も理解できません。

 

リスニング力とリーディング力がなければ、英語を書く・話すはできないのです。

 

TOEIC L&Rは基礎試験、TOEIC S&Wは応用試験

TOEIC L&Rは英語の基礎学習という位置付けです。

一方、TOEIC S&Wは応用です。

 

基礎をおろそかにすると、応用はできません。

これは英語も同じです。

 

以上のような理由から、TOEIC L&Rをまず受験しましょう。

遠回りなようですが、「TOEIC L&R」→「TOEIC S&W」の順番で勉強した方が、早く英語は上達します。

 

より詳しい解説は、以下の記事を参照してください。

>> 「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」どっちから受けるべき?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事を簡単にまとめると、以下のようになります。

 

【Point!】

◆就活・転職にはTOEIC L&Rが有利

◆TOEIC S&Wは、英語による「メールのやり取り」や「コミュニケーション」に役立つ

◆TOEIC L&Rから先に受験しよう

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*TOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

 

*TOEIC S&Wの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC S&Wの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R, TOEIC S&W

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.