【TOEIC L&R】リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

この記事が役に立つ人

◆TOEIC L&Rテストのリーディングパートが終わらない人


「TOEIC L&Rのリーディングパートが時間内に終わらない!」

こんな悩みを持っている人は、かなり多いのではないでしょうか。

その気持ち、とても良く分かります。

今でこそ5分くらい時間が余るようになりましたが、僕もかつては時間内にリーディングが終わらなくて悩んでいました。

で、そんな人に僕は

「TOEIC Part7のような長文の勉強はしなくて良い」

とアドバイスをしたいです。

では本題へ!

時間内に終わらない理由

では、なぜTOEIC のリーディングパートが時間内に終わらないのでしょうか。

結論から言ってしまうと、単純に英語を読むスピードが遅いからです。

実はTOEIC L&Rテストの問題の難易度は、そこまで難しいものではありません。

しかし、問題量が非常に多い。

問題数が多すぎるがゆえに、ほとんどの人は時間内に読み終えることができないのです。

僕の経験上、TOEIC800点以下では、時間内に終わりません。

TOEIC L&Rテストで800点を取れるのは、受験者の上位15%程度です。

ほとんどの受験者は、リーディングパートが時間内に終わらないのです。

TOEIC L&Rテストのリーディングパートを時間内に終わらせる方法はただ1つ。

それが「英語を読むスピードを速くする」ということです。

まぁ当たり前の結論なんですけど笑

速く正確に英語を読めるようになる勉強法とは?

では、どのような勉強をすれば、英語を速く正確に読めるようになるのでしょうか?

僕がよくするアドバイスは「Part7のような長文の勉強はするな」というものです。

英語を読むスピードを上げたいなら、むしろ短い文を速く正確に読む練習をするべきなのです。

要するに、TOEIC L&RテストでいうPart5を速く読めるようにひたすら練習しましょう。

【Point!】

◆Part5を速く正確に読む練習をしよう

Part5を重点的に勉強すべき理由

「英語を読むスピードを上げたいなら、長文を読むな」と言うと、

多くの人が「・・・・(´・_・`)??」みたいな反応をします。

が、僕は大まじめです。

では、なぜ短い英文を速く読む練習が、TOEIC L&Rテストを時間内に終わらせることにつながるのか。

理由は単純で、Part7のような長文はPart5のような短い文の集まりに過ぎないからです。

つまりPart5を速く読めるようになれば、Part7も必然的に速く読めるようになるというわけです。

この勉強法の利点は、それだけでありません。

Part5の問題は文章が短いので、数十秒で解くことができます。

そのため、問題を解き終わるまでに集中力が途切れにくいのです。

Part7のような長文の勉強なんてする必要はありません。

あんな長い文章を日ごろから読んでたら、TOEICの勉強が嫌になること間違いなしです。

Part5だけ速く読めるように集中すれば良いのです。

それだけやってれば、TOEICは時間内に解き終えることができます。

(ただし本番前の模試では、Part7はトライしましょう)

スポンサーリンク

Part5の勉強が出来るおすすめ参考書

僕がおすすめしているTOEIC L&RテストのPart5を勉強できる教材は、以下の3つです。

▼千本ノックシリーズ

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)

千本ノックシリーズは、短い英文問題で構成されていることがポイントで、TOEIC L&RテストのPart5の練習に非常に最適な参考書です。

最新版の千本ノックは全127問で構成されているので、たくさんの問題を練習することができます。

またコンパクトな参考書なので、持ち運びにも便利です。

通勤・通学中にも手軽に勉強しやすく、隙間時間の勉強にも最適な1冊と言えます。

また値段も700円ちょっとと非常に安いので、コスパがめちゃくちゃ良い参考書です。

僕は過去シリーズも含めて計3冊を買って、ひたすらPart5を速く読む練習をしていました。

リーディングの勉強では、千本ノックシリーズに1番お世話になったのではないかと思います。

僕がTOEIC L&Rテストで900点を超えるスコアを取得できたのも、千本ノックをひたすら読み込んだからと言っても過言ではありません。

【おすすめポイント】

◆コスパが良い

◆コンパクトで持ち運びに便利

◆Part5のような問題を多く練習できる

▼スタディサプリENGLISH

2つ目にお勧めなのがスマホアプリの「スタディサプリ ENGLISH」です。



このアプリも千本ノックシリーズと同様に、TOEICパート5の対策をバッチリできます。

スマホアプリなので、通勤・通学やお昼休みなどのスキマ時間にササッと勉強できるのがポイントですね。

このアプリの大きなメリットは、時間制限機能」がついてること。

時間制限機能を使うことにより、普段から英語を速く読む意識を植え付けることができます。

個人的には、20秒くらいに設定して英語を読み込むのがオススメです。

これくらいのスピードで読めるようになると、TOEICリーディングパートは時間内に終わるようになります。

ちなみにスタディサプリENGISHでは、Part5だけでなく全パートの対策をできます。

TOEIC対策の人気講師による「効果的な勉強法」や「解答のコツ」などの授業動画も視聴できるので、「TOEIC初心者」や「スコアが伸び悩んでいる人」には特に良いかなと。

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や3ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

まとめ

TOEIC L&Rテストのリーディングパートを時間内に終わらせるカギは「Part5のような短い英文を速く読めるようになること」です。

なぜならPart7のような長文は、短い英文が集まったものに過ぎないからです。

もちろん問題の先読みや、ダブルパッセージから先に解くなどのテクニックを使えば、さらに速く問題を解くことができます。

ただ問題の先読みなどのテクニックは、時間内に終わらせるための本質的な解決方法ではなく、あくまでもテクニックだということを忘れてはいけません。

英語を速く読める能力があって、初めて効果的に機能するのです。

なので時間内にリーディングが終わらない人は、問題の先読みなどのテクニックを覚える前に、Part5を速く読めるように集中しましょう。

Part5を速く読めるようになってしまえば、TOEIC L&Rテストを時間内に終わらせることなんて簡単です。

*タイトルに「Part7の勉強はするな!」とは書いてますが、模試のPart7は飛ばさずにちゃんと解いておきましょう。

(念のため)

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

フォローする

【TOEIC L&R】リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!