TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

リスニング 勉強法

【TOEIC L&R】初心者がやるべきリスニングパート勉強法とは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC初心者でリスニングパートの勉強法が分からない人


 

「リスニングの勉強法が分からない!!」

TOEICの勉強を始めたばかりだと、確かに何をすれば良いか分からないですよね。

 

そこでこの記事では、TOEIC初心者向けに「リスニングパートの勉強法」をまとめてみました。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

初心者がやるべき3つのリスニング学習

 

TOEIC初心者が特に重点的にやるべきリスニング学習は3つあります。

それが「発音学習」、「音読」、「英語の聞き込み」です。

 

【TOEIC初心者がやるべき勉強】

◆発音学習

◆音読

◆英語の聞き込み

 

この3つの勉強を重点的にやりましょう。

そうすれば、リスニング力は必ずアップします。

 

ちなみに、「まだ英文法の知識があやふや」という場合。

その場合は、まず文法を勉強してください。

 

文法は英語学習の基礎中の基礎です。

ちゃんと理解していないと英語は上達しないので、しっかし勉強しましょう。

 

英文法の勉強については、以下の記事をチェックしてください。

>>英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

 

発音学習

最初にやるべき勉強は、発音学習です。

 

発音学習が重要な理由

英語と日本語の発音は、全く違います。

そのため英語の発音をちゃんと学ばなければ、リスニング力は上がらないのです。

 

例えば「Right(右)」と「Light(光)」。

これらの発音は、どちらも日本語だと「ライト」で、同じ発音です。

しかし英語では、これらは全く違った発音なのです。

 

「She(彼女は)」と「Sea(海)」も、日本語だと「シー」ですよね。

しかしこれらの単語も、英語だと発音が異なります。

 

以上のように、カタカナ英語のままでは、英語を正確に聞き取ることができません。

そのため発音学習は、最初にやる必要があるのです。

 

発音学習がなぜリスング力アップに重要なのかについては、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

 

発音学習の勉強法

発音学習は、「フォニックス」という参考書をやりましょう。

 

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

この参考書は、本当に分かりやすいの一言です。

発音する時の口の形がイラストで書いてあるので、直感的に理解しやすいですね。

 

発音学習は、この1冊を買っておけば間違いないです。

発音学習が終わると、英語がよりクリアに聞こえるようになります。

ぜひトライしてみてください。

 

 

 

フォニックスの詳しいレビューは、以下の記事に書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>>英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

 

 

スポンサーリンク

音読

 

発音学習が終わったら、音読に力を入れましょう。

 

音読が重要な理由

音読をすることにより、英語を英語のまま理解できるようになります

英語のまま意味が分かるので、日本語→英語への変換を必要としません。

 

そのため音読に力を入れれば入れるほど、英語を聞き取る力がついていくのです。

音読は本当に重要な勉強法なので、面倒がらずに必ずやりましょう。

 

余談ではありますが、リスニング力アップだけでなく、リーディング力のアップにも音読は効果があります。

「英語の勉強をする時は必ず音読する」というスタンスでいても良いくらいです。

 

音読の重要性については、以下の記事にまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>>TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は音読だ!

 

音読の勉強法

音読の勉強は、以下のステップで進めてください。

 

【音読の勉強法】

1:リスニングする英文の品詞分解

2:リスニング音声を聴く

3:リスニング音声をマネして音読

 

1:リスニングする英文の品詞分解

まずリスニングする英文の品詞分解をして、英文の内容を理解しましょう。

 

英文を理解せずに聞き流しても、リスニング力はアップしません。(詳しくは以下の記事)

>> TOEICリスニング対策に「聞き流し」は意味がない理由

 

2:リスニング音声を聴く

次にリスニング音声を聴きます。

 

だいたい5〜10回くらい聴きましょう。

この時、「発音」や「イントネーション」、「アクセント」に注意してリスニングしてください。

 

3:リスニング音声をマネして音読

品詞分解が終わったら、いよいよ音読です。

 

発音やイントネーション、アクセントを意識ながら音読しましょう。

カタカナ英語のまま音読しても意味がないので注意してください。

 

ちなみに品詞分解がよく分からない場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

リーディングパート向けに書いた記事ですが、参考になると思います。

>>リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

音読のオススメ参考書

参考書は「速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」がオススメです。

リスニングCD付きなので、リスニング対策にはピッタリですね。

 

 

 

詳しいレビューについては、以下に記事に書きました。

ぜひチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】 語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

 

 

英語の聴き込み

 

英語をたくさん聴くことも、リスニング力アップには重要です。

 

英語の聴き込みが重要な理由

TOEIC初心者の場合「なかなかリスニング力が上がらないのは、勉強法が悪いからかも。。」と思いがちですが、勉強法はそこまで重要ではありません。

 

何が1番大事かと言うと、英語のリスニングにより多くの時間を費やすこと

 

「勉強法が悪いのかも」と思う気持ちも分かります。

しかし、ほとんどの場合、リスニング力が上がらないのは、英語を聴いた時間が少ないことが原因なのです。

 

リスニング力がつくには、どうしても時間がかかります。

根気よくリスニング学習を続けることが重要なのです。

 

詳しくは以下の記事にまとめました。

このサイトで1、2を争う人気記事なので、ぜひ読んでみてください。

>>あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

英語の聴き込みの勉強法

まず品詞分解・音読をして、しっかり意味を理解してから聴き込みましょう。

 

先ほども書いたように、なんとなく聞き流してもリスニング力は上がりません。

>>TOEICリスニング対策に「聞き流し」は意味がない理由

 

個人的にオススメしているのが、通勤・通学などのスキマ時間に英語を聴き込むという方法。

前日の夜に品詞分解・音読をして、翌日の通勤・通学の時間をリスニング音声の聴き込みに費やすと、良い感じに聴き込む時間を捻出できます。

 

ちょっとしたスキマ時間を有効活用しましょう。

スキマ時間の積み重ねが、リスニング力を上げる秘訣です。

 

先ほど紹介した「速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」を教材として聴きこんでもいいですし、以下の記事で紹介している教材を使うのでも良いと思います。

 

好みの参考書を使ってみてください。

>>通勤電車でできるおすすめの勉強法・参考書を紹介する

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が、TOEIC初心者向けのリスニングパート勉強法でした。

 

とりあえずTOEIC初心者は、「発音学習」、「音読」、「英語の聞き込み」を重点的にやりましょう。

この3つの勉強をすれば、必ず英語を聞き取る力がついてきます。

 

重要なことなので繰り返し書きますが、先ほども書いたように、リスニング力アップには「英語の聞き込み」がもっとも大事です。

コツコツ英語を聴き続けて、ようやくリスニング力がアップするのです。

 

なので、ちょっと勉強したくらいでやる気をなくさないよう頑張りましょう。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-リスニング 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.