TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 勉強法

【TOEICL&R】本番直前はどのような勉強をすべきか-最後まで悪あがきしよう-

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC本番直前の効果的な勉強法を知りたい人


 

「TOEIC本番直前はどんな勉強をすれば良いんだろう?」

たしかに時間もないし、何をやったら良いか分からないですよね。

 

そこでこの記事では、「TOEIC本番直前のオススメ勉強法」についてまとめてみました。

最後の悪あがきをして、スコアアップを狙いましょう。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC本番直前のオススメ勉強法(TOEIC600点未満の場合)

TOEIC本番直前のオススメ勉強法(TOEIC600点未満の場合)

 

現在のスコアがTOEIC 600点未満の場合は、まだまだ英語の基礎が十分ではありません。

なので、やるべきことは基礎学習です。

 

TOEIC600点未満の人は基礎学習を中心に勉強しよう

TOEIC600点未満の人は、基礎学習を中心に勉強しましょう。

ネットで検索すると「本番直前で〇〇点アップさせる方法」みたいな記事が散見されますが、あれは100%の嘘です。

 

TOEIC900点かつ通訳案内士資格所持の僕が言うんだから間違いありません。

完全に嘘なので騙されないようにしてください。

 

そんな簡単にスコアアップするなら、誰も苦労はしません。

僕がこれから紹介する勉強法をした方が100万倍マシだと断言できます

 

ここから先は、英文法と英単語の勉強をひと通りやっている人向けです。

もし英文法と英単語の勉強をしていないようなら、以下の記事を参考に英文法と英単語の勉強を最初にやりましょう。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

TOEIC本番直前1週間前のオススメ勉強法(TOEIC600点未満)

TOEIC600点未満の人は、以下の流れで勉強しましょう。

本番直前1週間前なので、時間がありません。

 

なので、スコアの上がりやすいリスニングパートを重点的に勉強するのがオススメです。(詳しくは以下の記事)

>>【TOEIC L&R】「リスニング」と「リーディング」どっちを先に勉強するべき?

 

本番直前にオススメなリスニングパート対策

以下の3ステップでリスニングしましょう。

 

【リスニング勉強法】

1:リスニングする英文の意味を理解する

2:リスニング音声を聴く

3:音声を真似して音読する

 

1:リスニングする英文の意味を理解する

まずリスニングする英文の意味を理解してください。

分らないままリスニングしても意味がありません。(詳しくは以下の記事)

>>TOEICリスニング対策に「聞き流し」が意味ない理由

 

2:リスニング音声を聴く

リスニングする英文の意味を理解したら、リスニング音声を聴き込んでください。

「空き時間は英語を聴く」という姿勢でいましょう。

 

通勤・通学、お昼休みなど、空き時間を合計すれば1日1時間は捻出できるはずです。

この積み重ねがあなたのリスニング力をアップさせてくれます。

 

コツコツ英語を聴くことでしか、リスニング力は鍛えられません。(詳しくは以下の記事)

>> あなたがTOEICリスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

3:音声を真似して音読する

リスニング音声を聴いたら必ず音読しましょう。

音読をすることにより、英語を英語のまま理解できるようになるので、リスニング力がアップします。(詳しくは以下の記事)

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

 

本番直前にオススメなリーディングパート対策

リーディングパートは、以下の2つを重点的に勉強しましょう。

 

【リーディング勉強法】

1:品詞分解

2:音読

 

1:品詞分解

英語を読むのが遅いのは、英語の語順に慣れていないことが原因です。

 

品詞分解をすると、英語の語順に慣れることができます。

その結果、リーディングスピードが速くなるのです。

 

Part5のような短い英文で品詞分解しながら読む練習をするのがオススメです。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

2:音読

先ほど書いた通り、音読は英語を英語のまま理解するのに役立ちます。

英語のまま理解できれば、リーディングスピードが上がるというわけです。

 

品詞分解して英語の意味を理解したら、音読をしましょう。

音読するか・しないかで、TOEICスコアの伸びが変わってきます。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

TOEIC本番直前2日前のオススメ勉強法(TOEIC600点未満)

本番2日前に、公式問題集を解いて予行練習しましょう。

 

ちゃんと本番同様の時間制限で解いてください。

模試は時間制限アリで解くことに意味があります。

 

解き終わったら、必ず採点をしましょう。

間違えた問題はあなたの弱点です。

 

一つずつ分らないことを潰していくことがスコアアップにつながります。

 

TOEIC公式問題集の選び方については、以下の記事をチェックしてください。

>> TOEIC公式問題集はどれを解けば良いの?-選び方を徹底解説-

 

 

TOEIC本番前日のオススメ勉強法(TOEIC600点未満)

本番前日も、引き続き公式問題集の復習にあてましょう。

 

新しい勉強に手を出したところで、大した効果は望めません。

それよりも自分の弱点を徹底的に補強した方が、スコアアップを期待できます。

 

公式問題集の復習は、効率よく自分の弱点を改善できるコスパ最高の勉強法です。

 

詳しい公式問題集の使い方は、以下の記事をチェックしてください。

>>【TOEIC L&R】 公式問題集の効果的で正しい使い方!

 

 

TOEIC本番直前のオススメ勉強法(TOEIC600点以上の場合)

TOEIC本番直前のオススメ勉強法(TOEIC600点以上の場合)

 

現在のTOEICスコアが600点以上の場合は、英語の基礎はできていると言えます。

このレベルの人は、どんどん問題演習をしましょう。

 

TOEIC本番直前1週間前のオススメ勉強法(TOEIC600点以上)

TOEIC600点以上の人は、本番直前の1週間すべて問題演習に費やしてください。

以下のサイクルで勉強しましょう。

 

【オススメ勉強法】

1:問題演習

2:復習する

3:問題演習

4:復習する

以下繰り返し

 

1:問題演習

問題演習としてオススメの教材は、「TOEIC公式問題集」と「スタディサプリENGLISH」です。

 

TOEIC公式問題集は、家でじっくり解く用に使ってください。

(公式問題集の選び方については、以下の記事参照)

>> TOEIC公式問題集はどれから解けば良いの?-公式問題集の選び方を解説-

 

スタディサプリENGLISHは、TOEIC対策アプリです。

アプリなので、通勤・通学やお昼休みをはじめとした空き時間に勉強するのにピッタリです。

 

詳しいレビューについては、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリENGLISH」の体験談を書いてみた-TOEICに効果ある?-

 

 

2:復習する

問題演習をしたら「難しかったなー」で終わらせてはいけません。

必ず答え合わせをして復習してください。

 

問題演習をすると、自分の弱点が見えてきます。

ひたすら間違えた問題を復習しましょう。

 

1つずつ弱点をなくしていけば、スコアは自然と上がっていきます。

 

TOEIC本番直前は、問題演習をしまくりましょう。

時間の許す限り「問題演習」→「復習」→「問題演習」→「復習」→「以下同じ」を繰り返してください。

 

TOEIC600点を越えると、「どれだけ問題数をこなしたか」がスコアアップに大きく関わってきます。

 

効果的な復習方法については、以下の記事をどうぞ。

>> 公式問題集の効果的で正しい使い方!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC本番当日の注意点

TOEIC本番当日の注意点

 

最後にTOEIC本番当日の注意点について。

僕が受験時に注意していたことを簡単にご紹介します。

 

1:分からない問題は捨てる

1つ目が「分らない問題は捨てる」ということ。

「分からない問題」に固執しすぎると、他の「分かる問題」を解くための時間がなくなってしまいます。

 

僕の場合は、「分からない問題はCにマークする」というように機械的に決めていました。

こうすることにより、タイムロスがなくなったり、集中力が途切れにくくなります。

 

2:リーディングパートは時間を意識して解く

リーディングパートは時間を意識しながら解かないと、確実に時間が足りなくなります。

必ず制限時間を念頭におきながら、問題を解くようにしましょう。

 

大まかな時間の目安については、以下の記事をチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】

 

ちなみにTOEIC800点以下の人は、時間内に解き終わることはまずないです。

なので、現時点で800点に満たない人は、終わらなくても落ち込む必要はありません。

 

「自分の弱点が分かってラッキー」と思うようにしましょう。

詳しいスコア別の目安については、以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 スコア別の目安を徹底解説-実際どれくらいの実力なの?-

 

3:マークシート用のシャーペンを用意する

3つ目が「マークシート用のシャーペンを用意する」ということ。

普通のシャーペンや鉛筆では遅すぎるので、マークシート用のシャーペンを買いましょう。

コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D

 

通常の芯(0.5mm)よりもかなり太くないので、1問あたり約3秒の節約になります。

リーディングは全部100問あるので、3秒×100問=計300秒の節約ができるのです。

 

Part5は1問あたり15秒で解くため、浮いた300秒で20問も解ける計算になります。

「塵も積もれば山となる」で、ここまで大きな差がでます。

 

ワンコインで買えるので、ぜひ使ってみて欲しいなと。

今まで普通のシャーペンや鉛筆を使っていた人は、そのスピードの速さに感動すると思います。

 

 

まとめ

TOEIC直前の勉強は、何をすべきか迷いますよね。

しかしTOEIC本番直前の悪あがきは、あなたのスコアを確実にアップさせます。

 

この記事で紹介した勉強法をぜひやってみてください。

きっとスコアが上がるはずです。

 

以上、TOEIC直前の勉強法でした。

参考になれば嬉しいです。

では!

 

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 勉強法

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.