TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

文法 参考書

【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆英文法が苦手な人

◆分かりやすい英文法の参考書を探している人


 

「英文法の参考書ってどれが良いんだろう?」

本屋さんに行くとたくさん英文法の参考書があるので、どれを買えばいいのか分かりませんよね。

 

特に英文法は、TOEIC学習において最初に勉強すべき非常に重要な分野です。(詳しくは以下参照)

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

そこでこの記事では、僕がTOEIC900点を取るのに役立ったと強く思っている「英文法の参考書」を紹介します。

僕の知る限り、これよりも分かりやすい英文法の参考書はないです。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC対策にオススメの英文法参考書

 

僕がオススメする英文法の参考書は、「山口俊治 英文法講義の実況中継」です。

TOEICの勉強を始める際に、本屋さんで色んな英文法の参考書を立ち読みしたんですが、山口英文法は自信を持ってオススメできます。

 

山口俊治 英文法講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

最初にこんなことを言うのはアレなんですが、この参考書は2冊に分かれているというデメリットがあります。

しかし、そのデメリットにもかかわらず、僕がこの参考書を選んだのには理由があります。

 

それは「とても分かりやすい」ということ。

英文法の参考書を選ぶ理由なんて、これだけで十分です。

 

僕は「オススメの文法の参考書は何か?」と聞かれたら、秒速で山口英文法と答えます。

それくらい分かりやすい。

 

簡単な言葉で解説+イラスト付き

一般的な英文法の参考書は、難しい言葉で解説されています。

例えば、英文法に苦手意識のある人が嫌いな現在完了形(have+過去分詞)は、こんな感じで説明されています。

 

【現在完了形とは】

完了時制とは現在・過去・未来のある時を基準にして、動作の完了・結果、経験、動作や状態の継続を表すもの

 

すごく分かりにくいですよね?

このように難しい表現で書かれているから「英語わかんなーい、やーめた!」と、英語を嫌いになってしまう人が多いのです。

 

しかし、山口英文法は違います。

簡単な言葉で解説されている上、イラスト付きなので視覚的にも分かりやすくなっています。

 

予備校の講義ような参考書

山口英文法を一言で表すなら、「予備校の講義のような参考書」です。

 

予備校の授業を受けたことのある人なら分かると思うのですが、学校の先生の1万倍くらい分かりやすいですよね?

この参考書は予備校の高技能用に、英文法を「これでもか」というくらい分かりやすく解説してくれているので、英語が苦手すぎて挫折したことのある人でも、理解しやすいと思います。

 

著者の山口先生は、駿台や代ゼミで教えていた講師なんですけど、本当にさすがだなと。

堅苦しい文章ではなく、語り口調で書かれているので、スッと頭に入ってきやすいんです。

 

「目からうろこ」とはこのことですね。

今でも、初めてこの本を手に取った時の感動が思い出されます。

 

英文法の参考書で、山口英文法よりオススメのものは今のところないですね。

だまされたと思って、ぜひ買ってほしいなと思います。

 

 

 

 

 

 

山口英文法はこんな人にオススメ

 

山口英文法を使い込んだ僕が思うに、特にこの参考書がオススメなのは以下に該当する人です。

 

【山口英文法がオススメな人】

◆中学レベルの英語は分かる人

◆TOEIC L&R600点未満の人

 

1:中学レベルの英語は分かる人

まずオススメなのが「中学レベルの英語は分かる人」です。

 

山口英文法は、高校レベルの参考書です。

そのため中学英語の基礎知識がないと、いくら分かりやすいとはいえ理解するのが難しいでしょう。

 

中学英語が少し怪しいという場合。

 

その場合は、「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」という参考書をまず勉強してください。

この参考書も非常に分かりやすくまとまっています。

 

そして「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」の勉強が終わったら、山口英文で勉強しましょう。

山口英文法まで勉強が終われば、TOEICでハイスコアを狙うための基礎は十分です。

 

 

2:TOEIC600点未満の人

次にオススメなのが「TOEIC600点未満の人」です。

TOEIC600点未満の場合、まだまだ英文法の知識が不十分な可能性があります。

 

先ほども書いた通り、英文法は英語のルールなので、しっかり理解していないと、なかなかTOEICのスコアは上がりません。

山口英文法で、英語の基礎をしっかりと身に着けておきましょう。

 

英文法は、土台の役割を果たします。

家は土台がしっかりしていないと建てられませんが、これは英語も同じです。

 

英文法という土台がちゃんとしていないことには、英語は読めないし、聞き取ることもできません。

ましてや、喋ることなんて絶対に無理です。

 

英文法を理解できているかどうかで、TOEIC L&Rのスコアの伸び方が全く変わってくるので、最初に基礎をしっかりと固めておきましょう。

基礎がしっかりしていれば、TOEIC900点なんて遅かれ早かれ到達します。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

なぜ英文法の勉強は重要なのか

 

たまに「英文法の参考書なんて必要ない」という人がいます。

しかし、その考えは明らかに間違っています。

 

英文法の勉強が重要な理由

英文法の勉強が重要な理由。

それは「英文法=英語のルール」だからです。

 

例えば、将棋を指そうと思ったら、まずはルールを覚えますよね?

英語もそれと同じで、英文法というルールを覚えなければ上達しないのです。

 

英文法の勉強をしなければ、TOEICのスコアは確実に上がりません。

 

重要なことなので繰り返しますが、「英文法=英語のルール」です

ルールだからこそ、あやふやではなく、しっかりと理解しなければなりません。

 

英文法を知らないと意味を理解できない

英文法の重要さを知ってもらうために問題を1つだします。

次の英文を和訳してください。

 

【問題】

This is all you have to do.

 

ちゃんと訳せましたか?

 

正解は「これがあなたたち全員が、しなければならないことだ」です。

と思ってしまった、そこのあなた!

 

残念ながら英文法の勉強が足りていません。

 

本当の正解は

「これが、あなたがやらなければいけないことの全てです」

(=あなたがやらなければいけないことはこれだけです。)

です。

 

間違った解答と比較してみると、全く意味が違います。

 

【解答の比較】

×:「これがあなたたち全員が、しなければならないことだ」

〇:「これがあなたが、やらなければいけないことの全てだ」

 

なかには「単語を知っていれば、英語なんて簡単だよ」と言う人もいますが、それは違います。

その証拠に上の例文で使われている単語は、全て簡単なものばかりですよね。

 

英文法を知らないと全く違う訳し方をしてしまいます。

このような間違いをしないためにも、英文法はきっちり勉強しましょう。

 

英文法の重要性については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>「英文法の勉強はいらない」は本当か?-120%大ウソです-

 

 

まとめ

英文法の参考書は、山口英文法がオススメです。

 

これだけ理解しやすい参考書はなかなかないので、英文法が苦手な人は山口英文法で勉強しましょう。

「こんなに分かりやすい参考書があったのか」と感動すると思います。

 

【オススメの英文法参考書】

山口俊治 英文法講義の実況中継(1)

山口俊治 英文法講義の実況中継(2) 

 

ただし、山口英文法は高校レベルの参考書です。

もし中学英語が怪しい場合は、「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」をまず勉強してください。

 

【中学英語から勉強する場合】

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

以上「英文法が苦手な人にオススメの参考書」でした。

 

英文法の勉強が終わった後は、どんどんTOEIC対策をしていきましょう。

個人的にはスコアの伸びやすいリスニングから勉強するのをオススメしています。(詳しくは以下の記事参照)

>>【TOEIC L&R】「リスニング」と「リーディング」どっちを先に勉強するべき?

 

詳しい勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

 

リーディングの勉強法はこちらです。

>> TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-文法 参考書

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.