TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

【TOEIC L&R】 リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

更新日:

この記事が役に立つ人

◆発音の勉強をしたことがない人

◆TOEICリスニングパートが苦手で全く聞き取れない人


 

「TOEICリスニングパートのスコアが上がらない!!」

そんな人がやるべき勉強の1つが「発音学習」です。

 

「TOEICの勉強はしているけど、発音の勉強はしていない」という人は、意外と多かったります。

それもそのはず、「発音学習は大事だよ」と書かれているTOEIC関連の参考書がほとんどないからです。

 

しかし発音学習は、TOEICのスコアアップを狙うなら避けて通れません。

そこでこの記事では、「なぜTOEICのスコアアップに発音学習が重要なのか」についてまとめてみました。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

なぜTOEICリスニング対策に発音学習は重要なのか

 

もしかしたら「TOEIC対策に発音学習が大事なんて聞いたことがない!」と思った人もいるかもしれませんね。

では、なぜTOEICリスニングパートのスコアを上げるのに発音学習は大事なのでしょうか?

 

TOEICリスニングパート対策に発音学習が重要な理由

TOEICリスニングパート対策に発音学習が重要な理由は、「日本語の発音と英語の発音は全く違うから」です。

全く違う発音であるがゆえに、英語をちゃんと聞き取れないのです。

 

発音学習をしたことがない人は、英語を聞いたときに強引に日本語の発音に置き換えます。

例えば、Theは日本語では表現できない発音ですが、強引に日本語の「ザ」に変換してしまいます。

 

これは、ほんの一例にすぎません。

他にもSeaを「シー」と置き換えたり、「Right」を「ライト」に置き換えてしまいます。

 

これらの単語も、本当の英語の発音は「シー」や「ライト」じゃないのに、「シー」と「ライト」に変換してしまうのです。

この強引な変換が、TOEICリスニングパートが聞き取れない原因となっています。

 

【Point!】

「日本語の発音」と「英語の発音」は全く違う

 

日本語と英語の発音は共通点がほとんどない

日本語と英語の発音は、共通点がほとんどありません。

英語には43個の音があるのですが、このうちの何個が日本語と同じ音だと思いますか?

 

なんと、たったの「5〜6個」です。

つまり日本人にとって、「英語の発音はほとんど馴染みのない音」と言っても過言ではありません。

 

これだけ共通点がないと、「だから英語が聞き取りにくいのか」と納得がいきませんか?

だからこそ、発音はしっかりと勉強する必要があります。

 

 

カタカナ英語のままだとリスニング力は伸びない

 

「英語の発音なんて関係ない」と言う人もいますが、こういうことを言う人の発言は信用しない方が良いです。

 

最低限の発音ルールを知らなければ、絶対にリスニング力は上がりませんし、何より伝わりやすい英語を話せません。

英語学習において、発音学習は避けては通れないのです。

 

カタカナ英語のままではリスニング力は上がらない

発音学習をしないと、英語を日本語風に読む「カタカナ英語」で英語を理解することになります。

しかしカタカナ英語で英語を聞き取ろうとしても、リスニング力は絶対に伸びません。

 

なぜなら「日本語の発音」と「英語の発音」は完全に別のものだからです。(重要なことなので繰り返す)

日本語の発音と英語の発音は、5、6個しか同じものがないので、発音学習をしなければリスニング力が上がることはないのです。

 

カタカナ英語で覚えていると違いが分からない英語

いくつか例を出しましょう。

 

「Sea(海)」と「She(彼女は)」の発音の違いは分かりますか?

カタカナ英語では、どちらも「シー」ですが、実はこれらの発音は大きく異なります。

 

「Light(光)」と「Right(右)」の発音の違いは分かりますか?

カタカナ英語では、どちらも「ライト」ですが、実はこれらも発音が違います。

 

「But(しかし)」と「Bat(コウモリ)」の発音の違いは分かりますか?

カタカナ英語では、どちらも「バット」ですが、これらの発音も違います。

 

発音学習をしなければ、これらを聞き分けることはできません。

 

 

スポンサーリンク

発音学習をした人と発音学習をしていない人の違い

 

ここまで読み進めた人は、「発音学習をするとリスニング力が上がる」ということは分かっていただけたと思います。

では具体的には、「発音学習をした人」と「発音学習をしていない人」で、どのように違うのでしょうか。

 

発音の勉強をした人と発音の勉強をしていない人の違い

「発音の勉強をした人」と「発音の勉強をしていない人」の違いを、「Right (右)」という英単語を例に解説します。

発音学習をしていない人は、以下のステップを経てリスニングします。

 

【発音学習をしていない人】

1:「Right」と聞こえる

2: 「Right」か「Light」のことだな

3:文脈から考えると「Right」だな

4: 意味は「右」だ!

 

発音学習をしていない人は、このように4ステップでリスニングしています。

4ステップもあるので、かなり集中していないと聞き取ることはできません。

 

正直、このように英語を聞いていると、かなり大変です。

一方、発音学習している人は、どのように英語を聞いているのでしょうか。

 

【発音学習をしている人】

1:「Right」と聞こえる

2:「Right」だな

 

発音学習をしていると、このように英語を英語のまま理解できるようになります。

その結果、文脈から意味を把握する作業が必要ないので、ストレスなく英語を聞きとれるわけです。

 

発音学習をすると英語の聞こえ方がガラリと変わる

今まで発音学習をしてこなかった人は、特にその効果を実感できるでしょう。

「えっ、こんなに英語の聞こえ方が違うのか」と思うはずです。

 

発音学習の方法ですが、フォニックスという参考書を使って勉強するのがオススメです。

フォニックスは、発音の勉強をしたことがない人でも理解できるよう、これでもかというくらい分かりやすく解説してくれています。

 

発音学習ならフォニックスで決まりですね。

本当にオススメなので、ぜひトライしてみてください。

 

より詳しいレビューを見てから購入したい場合は、以下の記事をどうぞ。

>> 英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

 

 

ちなみに発音学習は、「自分の発音が合っているか」を確認しながらやるのが効果的です。

発音の確認をする方法については、以下の記事をチェックしてみてください。

>> 自分の英語の発音が正しいかを確認する簡単な方法を教える

 

 

まとめ

TOEIC関連の参考書では、発音学習は軽視されがちです。

しかしTOEICのスコアアップを狙うには、発音学習は避けて通れません。

 

リスニング力をアップさせるには、発音学習が必須なのです。

なので、しっかり勉強しましょう。

 

僕がTOEIC900点を取るために実際にやったリスニング勉強法については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>>TOEC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

 

またリスニング力アップの秘訣は、「勉強法」だけではありません。

もう1つ重要なポイントがあります。

 

その秘訣については、以下の記事にまとめました。

リスニング力をアップさせたい人は、ぜひチェックしてみてください。

>> あなたがTOEICリスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

 

以上「リスニング力アップに発音学習が重要な理由」でした。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.